ジャケット選びに苦労!レディース用の大きいサイズは少数?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コートは冬の定番アイテム!男性にはブランドものがおすすめ

冬は着用するファッションアイテムが多いので、コーディネートの幅も広がる季節です。冬の...

スカートの生地が重要!冬はスカートでおしゃれを楽しもう

普段からスカートが好きで、よく着用するという女性は多いでしょう。暖かい時期はあまり気...

ライダースを着た時のサイズ感とは?レディースのご紹介!

ライダースジャケットは「かっこよく見えすぎそうで挑戦しにくい」と思っている女性の方もいるので...

ニットのノースリーブワンピース!自分に合った着こなしを

おしゃれな女性は、レイヤードスタイルが得意ですよね。レイヤードスタイルとは、いわゆる「重ね着...

ポンチョはメンズも着ていい?おすすめアウトドアブランド!

みなさんは、普段どのようなレイングッズを使っていますか?傘やカッパなど、定番のものがいくつか...

ブルゾンを合わせたレディースコーデが最も輝く季節は秋冬!

秋冬のレディースコーデで、お洒落カジュアルを担ってくれるアウターにブルゾンがあります。ブルゾ...

YAECAで日常を豊かに!おすすめシャツ&パンツ&ジャケット

目次 1 シャツとパンツから始まったブランド「YAECA」とは2 YAECAのライン3 YAECAが...

カーディガンは黒と紺どっちを選ぶ?似合う・似合わない問題

黒の服と紺の服、どちらが自分に似合うか悩んだことはありませんか?カーディガンの他にも、コート...

一歩上級のおしゃれ!スカートの生地素材で季節感を出そう!

日本には四季がありますので、季節によって着る服を変えたり、アウターを増やしたりしますよね。季...

コート×ストールのコーディネート方法!巻き方がポイント

寒い冬になると、マフラーやストールなどを身につけるでしょう。しかしいざコートと合わせ...

ジャケットでも涼しく!夏向きレディースジャケットをご紹介

温暖化対策の一環としてのクールビズが、近年浸透してきていますね。ジャケット不要といわれるクー...

ストールとショールの違いはある?おすすめの巻き方をご紹介

防寒対策として、そしてファッションの一つのアイテムとして、ストールやショールを取り入れている人も...

スカートのウエストがきつい!覚えてプラスにする対処法!

スカートを穿くのが好きな方や、いつも穿いている方もいますよね。一方で、穿く機会が少ない方もい...

ジーンズの修理は意外と簡単!お洒落に自分でやってみよう!

ダメージジーンズも魅力的ですが、流石に行き過ぎると修理をしないといけませんね。長く付き合うジ...

パーカーはアディダスで決まり!メンズに人気の秘密とは?

アディダスは世界的に有名なスポーツメーカーで、好きな方も多いのではないでしょうか。特にスポー...

スポンサーリンク

大きいサイズが少ないレディースのお店

レディースと呼ばれる服のサイズは、Mサイズ(9号サイズ)を普通サイズといいます。

服のサイズはJIS規格というもので決まりますが、Mサイズは規格を定める時の平均値の身長や体型を元に決められています。

しかし、平均値よりも体が大きい人は、Mサイズとは異なるものを探すことになります。

レディースの服は、大型スーパーやデザイナーズショップ、百貨店と色々なところで手に入れることができます。

そして、レディースショップの多くはSサイズ(7号サイズ)、Mサイズ(9号サイズ)、Lサイズ(11号サイズ)の3サイズを展開しています。

レディースの服はS・M・L表記の他に、奇数の数を使った1~23号までのサイズがあります。

男性のサイズのY体やA体という表記と違い、女性ならではの体の作りに合わせたサイズ展開になります。

こんなにサイズがあるのに、なぜ7~11号までが多くのお店で販売されているのでしょう。

それは、レディースならではのデザイン性が理由と考えられます。

レディースの服は、デザインによって7号~11号サイズの服でも5~13号サイズの人までサイズカバーをしているものが多くあります。

ふわっとしたチュニックやブラウス、Tシャツ・セーターは、2サイズ違う人でも着ることができるものもあります。

しかし、ジャケットのように体に合わせて着る服は、サイズが違うと窮屈で着ることはできません。

そこで、自分の体に合わせた大きいサイズのものが必要になります。

しかし、ジャケットやスーツの専門店でも、ほとんどのサイズ展開が7~11、または13号サイズまでになります。

大きいサイズのレディースジャケットが少ない理由

それでは、なぜ女性の大きいサイズのジャケットは少ないのでしょうか。

日本に洋服という文化が根付いてからも、長い間、社会進出をする女性の数は男性と比較して限られていました。

そのため、女性は男性のようにジャケットやスーツを着て仕事をする人の数そのものが多くありません。

就業中も制服があったり、カーディガンなどを着用して仕事をすることも多く、ジャケットの需要が少ないことが原因でしょう。

さらに、学生や仕事に就く若い女性はスタイルを気にする人が多く、むしろ痩せ型で大きなサイズを必要としない人が多いことも考えられます。

そのため、レディースショップは11号まで、百貨店や大型スーパーの場合では13号までのジャケットを取り扱っているのが現状です。

男性と比較して、スーツやジャケットを必要とする人が少ないため、紳士服の専門店のように、レディーススーツやジャケットのショップの数も少なくなります。

その上、大柄な体型の人が少ないため、大きいサイズのレディースジャケットを販売しているお店があまりないのです。

大きいサイズのレディースジャケットが充実

男性の大きいサイズを取り扱っているお店で有名なサカゼンでは、レディースの大きいサイズジャケットも扱っています。

サカゼンは、全国展開している大きいサイズの専門店ですが、首都圏の一部ではレディースも取り扱っています。

ジャケットもフォーマルジャケットから、スーツ、入学式・卒業式用のフェミニンなジャケットまで数多く揃えています。

サイズ展開も、13号、15号だけでなく最大9Lの27号までそろえています。

色や形も様々です。

衿は普通のテーラードからノーカラー、柄も黒の無地やストライプ、グレイのチェックもあります。

レディース専門店ではなくても、大きいサイズの専門店なら、大きいサイズのレディースジャケットも充実しています。

全国のサカゼンはメンズが中心です。

レディース用品は首都圏の一部でレディースジャケットを取り扱っているだけになります。

神奈川県や千葉県、埼玉県など大きな店舗では取扱いがありますので、あらかじめお問い合わせください。

大きいサイズのレディースジャケットレディースを探すなら通販で

レディースを扱っている通販サイトでは、大きいサイズのジャケットを取り扱っているお店があります。

例えば、ベルメゾン・ニッセン・セシールといった通販専門のレディースショップでは、色々なサイズの服を展開しています。

その中には、大きいサイズのジャケットもあり、デザインによっては23号まであります。

しかも、トールサイズといって細身ながら背が高く、普通サイズでは身丈が足りない人向けのデザインもあります。

運動をしている人の中には、体重は標準でも身長が高い人がいますね。

ベルメゾンでは、トールサイズのデザインジャケットやスーツも複数あり、男性と同じようにバリバリ仕事をする人にとってとても便利です。

しかし、ベルメゾンなどのレディース専門通販サイトは、ミセス向けのサイトになります。

そのため、若い女性には少し落ち着いたデザインになってしまいます。

学生向けのカジュアルのジャケットが少なく、ほとんどが通勤用・仕事用・セミフォーマルのものになります。

また、通販サイトは実際に商品を試着することができませんので、サイズ交換や返品などがしっかりとしたお店を選ぶようにしましょう。

大きいサイズ専門店のレディースジャケット

大きいサイズ専門のお店はたくさんあるわけではありません。

しかし、ショッピングモールや通販サイトの中には、一部ですが大きいサイズ専門のレディースショップもあります。

レディース専門店ですので種類も多く、ニットやパンツといった普段使いのカジュアルもあればスーツやフォーマルジャケットもあります。

その中には様々なジャケットもあり、若い女性でも自分の好みのデザインを選ぶことができます。

ベルメゾンや大型スーパーの大きいサイズのお店のデザインよりも、華やかで自由なデザインのものが多くなります。

色も黒やグレーだけでなく、パステルカラーのものもあります。

ジャケットのデザインも定番のテーラードから、流行のボリューム袖、ミリタリージャケットなどカジュアルジャケットからも選ぶことができます。

好みや目的、コーディネートに合わせて選ぶことができますので、ぜひ利用してみたいお店です。

同じ仕事や学校でも、目的に合わせて自分好みのデザインジャケットを選んでみましょう。

オーダーで作る大きいサイズのレディースジャケット

自分で気に入ったジャケットがない時は、オーダーという方法はいかがでしょうか。

百貨店のレディースコーナーは、普通サイズだけでなく大きいサイズの専門コーナーもあります。

そして、百貨店の中には、オーダーで作ることができるレディースのお店もあります。

オーダーなら自分にピッタリのサイズ、自分で好みの生地で好きなデザインのジャケットを作ることができます。

もちろん、既製服よりは割高になりますが、オーダーのジャケットは品質が良いので、長く利用しても形が崩れることもありません。

長期に利用できることを考えると、決して割高ではないかもしれません。

男性と同じような生地を使うこともあります。

なお、オーダーのジャケットは、百貨店だけでなく紳士服専門店でもお願いできます。

紳士服がメインのお店ですが、レディースのジャケットを作れるお店もたくさんあります。

百貨店よりもリーズナブルな価格で、オーダージャケットをお願いできるため、自分好みの服が見つからない人にはおすすめです。

ジャケットだけでなく、スーツやワンピースをお願いすることもできます。

特に普通サイズでは、なかなか気に入ったものが見つからない大きいサイズの女性にとって、リーズナブルな価格でレディースジャケットやスーツが作れるお店は貴重です。

仕事や長く利用したいジャケットが欲しい方、品質の良いジャケットが欲しい方には、おすすめの購入方法になります。

少ない選択肢からも自分好みのジャケットを

大きいサイズのレディースジャケットは、決して多くはありません。

しかし、通販サイトや大きいサイズ専門店、百貨店など多くの売り場でレディースジャケットを取り扱うようになりました。

レディースジャケットのオーダーもあります。

サイズがないからとあきらめず、少ない選択肢からも自分好みのジャケットを探していましょう。