ジャケット選びに苦労!レディース用の大きいサイズは少数?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーカーとニット帽で、あったか可愛いレディースコーデ!

パーカーもニット帽も、秋冬に大活躍するアイテムで、男女共に使える心強い味方です。特にニット帽...

ボトムスのパンツ種類!レディース仕様の人気アイテムとは?

ファッションアイテムが多様化している現代ですが、レディース用ボトムスパンツにはどんな種類が存在してい...

意外と迷いがち?シャツの重ね着コーデの基本テクを知ろう!

シャツの重ね着やコーデは、日常よく使うものですが、だからこそ迷いがちです。手元にあるシャ...

デニムに合わせたいパンプス!ここに靴下合わせはダサイ?

お洒落デニムのコーディネイトとして合わせて履きたいのがパンプスです。季節にもよりますが、ここ...

かわいいポンチョは小さな子供におすすめ!防寒にも役立つ!

冬は防寒することが重要ですが、小さな子供がいる家庭では、どのような上着を着せていますか。...

ダウンに半袖が登場!Tシャツ感覚で使える着こなし方とは!

ダウンと言えば、当初は襟が大きく、全体的にもこもことするアイテムでした。しかし近年になってダ...

YAECAで日常を豊かに!おすすめシャツ&パンツ&ジャケット

目次 1 シャツとパンツから始まったブランド「YAECA」とは2 YAECAのライン3 YAECAが...

スウェットは夏にピッタリ!レディース向けのコーデをご紹介

スウェットと聞いて、どのような衣類を思い浮かべますか。おそらく、リラックスウェアやスポーツウ...

スカートを合わせるお洒落コーデ!夏はどうするのが正解?

暑い季節には、やはり涼しげな印象となるスカートコーデがおすすめです。せっかくスカートコーデを...

ジャケットとパンツは色の組み合わせ次第でお洒落が決まる!

ジャケットとパンツを組み合わせるジャケパンスタイル。カジュアル感が強いですが、最近ではビジネ...

ジーンズに破れが!プラスに変える裏技でおしゃれになる!

お気に入りのジーンズが破れていたらショックですよね。破れていたから捨てようと考える前に、...

クールビズはYシャツで決まる!快適な素材で夏を爽やかに!

夏に向け気温が上昇してくると、各企業や団体ではクールビズが始まりますね。仕事上、一年中Yシャ...

女性を美しく魅せる!スカートは花柄+ミモレ丈で決まり!

レディースコーデの場合に、パンツスタイルも良いですが、女性らしさを表現するのであればスカートがテ...

シャツを着こなすために種類と名称をしっかりと覚えよう!

シャツの種類とその名称をいくつ知っていますか?シャツは代表的なインナーの1つなので、毎日のよ...

スカートがゆるい…そんな時の対処法はベルト以外にもある?

「スカートのウエストがゆるい!」試着時は丁度良いと思って買ったのに、自宅でしっかり着用してみ...

スポンサーリンク

大きいサイズが少ないレディースのお店

レディースと呼ばれる服のサイズは、Mサイズ(9号サイズ)を普通サイズといいます。

服のサイズはJIS規格というもので決まりますが、Mサイズは規格を定める時の平均値の身長や体型を元に決められています。

しかし、平均値よりも体が大きい人は、Mサイズとは異なるものを探すことになります。

レディースの服は、大型スーパーやデザイナーズショップ、百貨店と色々なところで手に入れることができます。

そして、レディースショップの多くはSサイズ(7号サイズ)、Mサイズ(9号サイズ)、Lサイズ(11号サイズ)の3サイズを展開しています。

レディースの服はS・M・L表記の他に、奇数の数を使った1~23号までのサイズがあります。

男性のサイズのY体やA体という表記と違い、女性ならではの体の作りに合わせたサイズ展開になります。

こんなにサイズがあるのに、なぜ7~11号までが多くのお店で販売されているのでしょう。

それは、レディースならではのデザイン性が理由と考えられます。

レディースの服は、デザインによって7号~11号サイズの服でも5~13号サイズの人までサイズカバーをしているものが多くあります。

ふわっとしたチュニックやブラウス、Tシャツ・セーターは、2サイズ違う人でも着ることができるものもあります。

しかし、ジャケットのように体に合わせて着る服は、サイズが違うと窮屈で着ることはできません。

そこで、自分の体に合わせた大きいサイズのものが必要になります。

しかし、ジャケットやスーツの専門店でも、ほとんどのサイズ展開が7~11、または13号サイズまでになります。

大きいサイズのレディースジャケットが少ない理由

それでは、なぜ女性の大きいサイズのジャケットは少ないのでしょうか。

日本に洋服という文化が根付いてからも、長い間、社会進出をする女性の数は男性と比較して限られていました。

そのため、女性は男性のようにジャケットやスーツを着て仕事をする人の数そのものが多くありません。

就業中も制服があったり、カーディガンなどを着用して仕事をすることも多く、ジャケットの需要が少ないことが原因でしょう。

さらに、学生や仕事に就く若い女性はスタイルを気にする人が多く、むしろ痩せ型で大きなサイズを必要としない人が多いことも考えられます。

そのため、レディースショップは11号まで、百貨店や大型スーパーの場合では13号までのジャケットを取り扱っているのが現状です。

男性と比較して、スーツやジャケットを必要とする人が少ないため、紳士服の専門店のように、レディーススーツやジャケットのショップの数も少なくなります。

その上、大柄な体型の人が少ないため、大きいサイズのレディースジャケットを販売しているお店があまりないのです。

大きいサイズのレディースジャケットが充実

男性の大きいサイズを取り扱っているお店で有名なサカゼンでは、レディースの大きいサイズジャケットも扱っています。

サカゼンは、全国展開している大きいサイズの専門店ですが、首都圏の一部ではレディースも取り扱っています。

ジャケットもフォーマルジャケットから、スーツ、入学式・卒業式用のフェミニンなジャケットまで数多く揃えています。

サイズ展開も、13号、15号だけでなく最大9Lの27号までそろえています。

色や形も様々です。

衿は普通のテーラードからノーカラー、柄も黒の無地やストライプ、グレイのチェックもあります。

レディース専門店ではなくても、大きいサイズの専門店なら、大きいサイズのレディースジャケットも充実しています。

全国のサカゼンはメンズが中心です。

レディース用品は首都圏の一部でレディースジャケットを取り扱っているだけになります。

神奈川県や千葉県、埼玉県など大きな店舗では取扱いがありますので、あらかじめお問い合わせください。

大きいサイズのレディースジャケットレディースを探すなら通販で

レディースを扱っている通販サイトでは、大きいサイズのジャケットを取り扱っているお店があります。

例えば、ベルメゾン・ニッセン・セシールといった通販専門のレディースショップでは、色々なサイズの服を展開しています。

その中には、大きいサイズのジャケットもあり、デザインによっては23号まであります。

しかも、トールサイズといって細身ながら背が高く、普通サイズでは身丈が足りない人向けのデザインもあります。

運動をしている人の中には、体重は標準でも身長が高い人がいますね。

ベルメゾンでは、トールサイズのデザインジャケットやスーツも複数あり、男性と同じようにバリバリ仕事をする人にとってとても便利です。

しかし、ベルメゾンなどのレディース専門通販サイトは、ミセス向けのサイトになります。

そのため、若い女性には少し落ち着いたデザインになってしまいます。

学生向けのカジュアルのジャケットが少なく、ほとんどが通勤用・仕事用・セミフォーマルのものになります。

また、通販サイトは実際に商品を試着することができませんので、サイズ交換や返品などがしっかりとしたお店を選ぶようにしましょう。

大きいサイズ専門店のレディースジャケット

大きいサイズ専門のお店はたくさんあるわけではありません。

しかし、ショッピングモールや通販サイトの中には、一部ですが大きいサイズ専門のレディースショップもあります。

レディース専門店ですので種類も多く、ニットやパンツといった普段使いのカジュアルもあればスーツやフォーマルジャケットもあります。

その中には様々なジャケットもあり、若い女性でも自分の好みのデザインを選ぶことができます。

ベルメゾンや大型スーパーの大きいサイズのお店のデザインよりも、華やかで自由なデザインのものが多くなります。

色も黒やグレーだけでなく、パステルカラーのものもあります。

ジャケットのデザインも定番のテーラードから、流行のボリューム袖、ミリタリージャケットなどカジュアルジャケットからも選ぶことができます。

好みや目的、コーディネートに合わせて選ぶことができますので、ぜひ利用してみたいお店です。

同じ仕事や学校でも、目的に合わせて自分好みのデザインジャケットを選んでみましょう。

オーダーで作る大きいサイズのレディースジャケット

自分で気に入ったジャケットがない時は、オーダーという方法はいかがでしょうか。

百貨店のレディースコーナーは、普通サイズだけでなく大きいサイズの専門コーナーもあります。

そして、百貨店の中には、オーダーで作ることができるレディースのお店もあります。

オーダーなら自分にピッタリのサイズ、自分で好みの生地で好きなデザインのジャケットを作ることができます。

もちろん、既製服よりは割高になりますが、オーダーのジャケットは品質が良いので、長く利用しても形が崩れることもありません。

長期に利用できることを考えると、決して割高ではないかもしれません。

男性と同じような生地を使うこともあります。

なお、オーダーのジャケットは、百貨店だけでなく紳士服専門店でもお願いできます。

紳士服がメインのお店ですが、レディースのジャケットを作れるお店もたくさんあります。

百貨店よりもリーズナブルな価格で、オーダージャケットをお願いできるため、自分好みの服が見つからない人にはおすすめです。

ジャケットだけでなく、スーツやワンピースをお願いすることもできます。

特に普通サイズでは、なかなか気に入ったものが見つからない大きいサイズの女性にとって、リーズナブルな価格でレディースジャケットやスーツが作れるお店は貴重です。

仕事や長く利用したいジャケットが欲しい方、品質の良いジャケットが欲しい方には、おすすめの購入方法になります。

少ない選択肢からも自分好みのジャケットを

大きいサイズのレディースジャケットは、決して多くはありません。

しかし、通販サイトや大きいサイズ専門店、百貨店など多くの売り場でレディースジャケットを取り扱うようになりました。

レディースジャケットのオーダーもあります。

サイズがないからとあきらめず、少ない選択肢からも自分好みのジャケットを探していましょう。