増えてしまったTシャツを使って半袖の重ね着テクニック!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターは「サイズ大きめ」が良い?コーディネートもご紹介

昨今では、女性用男性用に限らず「セーターは大きめがおしゃれ」と言われています。しかし、それを...

ジーンズとパーカーは相性抜群!レディースコーデでも活躍!

パーカーは肌触りも良く、部屋着やパジャマとして使われている方も多くいるようです。しかし、実は...

デニムガウチョは優秀!夏におすすめの着こなしをご紹介

デニムは春夏秋冬問わず、一年中で活躍する素材です。なかでも夏はレジャーを楽しむ機会が...

ブルゾンを合わせたレディースコーデが最も輝く季節は秋冬!

秋冬のレディースコーデで、お洒落カジュアルを担ってくれるアウターにブルゾンがあります。ブルゾ...

デニム生地の特徴!それは染料のインディゴと生地の綾織!

気軽に穿けて、丈夫で便利なデニム地のジーンズ。しかし一方で、生地の表と裏で色が違っていたり、...

おすすめのニットブランドは?質の良いメンズニットはこれ!

質の良いメンズニットは、大人のたしなみとして1枚は持っていたいものですよね。しかし、どのよう...

ストールはアレンジ次第でボレロにも!アレンジ術をご紹介!

一般的には肩かけや襟巻きとして使用されるストールは、アレンジ次第で別のものとして活用すること...

デニムを古着で楽しもう! 東京の古着専門店をご紹介

東京には古着を扱うお店が数多くあります。今回は、古着屋の多い街や、デニムに特化した古着屋をご...

鮮やかパーカーのオレンジを着こなしたい!トレンドコーデ!

今トレンドになっているパーカーの中でも、オレンジ色のパーカーが話題になっています。鮮やかな色...

知らぬ間にスカートが回る原因は骨盤の歪みに有り?対策方法

スカートを堂々と履くことができるのは、女性の特権ともいえますね。しかし、スカートを履いて歩い...

セーターは素材によって暖かさが違う! おすすめの選び方とは

セーターは冬にかかせない衣料品ですが、使われている素材にはさまざまなものがあります。選び方は...

シャツを着こなすために種類と名称をしっかりと覚えよう!

シャツの種類とその名称をいくつ知っていますか?シャツは代表的なインナーの1つなので、毎日のよ...

パーカーはペアルックで冬を楽しむのにぴったりなアウター!

「ペアルックに挑戦したい!」そう考えている人も多いことでしょう。ペアルックは...

ニットとスキニーに合う靴はスニーカー?それともパンプス?

秋冬コーディネートの定番のひとつには、「ニット×スキニー」が挙げられます。誰でも簡単...

爽やかなトップスがおすすめ!メンズの夏向けコーディネート

メンズの夏コーデは、トップスにこだわりたいものです。というのは、夏コーデは秋や冬、春と比較す...

スポンサーリンク

半袖のシャツを重ね着で再生する

タンスの奥にしまいっぱなしになっていた半袖のTシャツが、何枚かあるのではないでしょうか?

胸のプリントに惹かれて購入したけれど、いざ着てみると思ったような印象ではなかったということがあります。

また、Tシャツ単体で見て立派に見えたものが、着てみたら身体の貧弱さが目立ってしまい、気持ちが削がれてしまったということもあるのではないでしょうか。

半袖のTシャツは、1枚の布で縫製されたカットソーなので、素材も形状もアンダーウェアと近い関係にあります。

思えば、アンダーウェアと似た半袖Tシャツを、アウターのように使おうと思うこと自体に、意識のズレが生まれていたのかも知れません。

日の目を見なくなったTシャツでも、重ね着に使うことで生まれ変わることがあります。

重ね着をすることで、首周りと袖口に2枚のTシャツの色の差を出して、そこに縁取りを作ることができるのです。

出来上がった縁取りによって、半袖のTシャツもアンダーウェアの印象から逃れることができるようになります。

重ね着のポイントをマスターして、眠ったままの半袖のTシャツを活用しましょう。

重ね着のポイントは首と袖と裾

半袖Tシャツの重ね着の狙いは、アンダーウェアの印象から遠ざけることです。

そのためのポイントは、首周りと袖口に縁取りを作ること。

基本は、2枚の色の差を持ったTシャツを用意し、外側のTシャツから内側のTシャツがはみ出すように重ねることです。

首周りの縁取りは、同じブランドの1サイズ違いを使うとキレイなラインが出ます。

その場合には、袖口で内側のTシャツが隠れてしまいますから、ロールアップを使って縁を出すようにしましょう。

首周りの縁取りは、2枚のTシャツのネックラインを変えることでも作り出すことができます。

内側にクルーネックを着て、外側にはVネックやボートネックを合わせるという組み合わせです。

Uネックを合わせても縁取りを作ることは出来ますが、シャープな印象にはならないため、少し難しくなるようです。

縁取りとして作った2つのポイントは、同時にアクセントにもなります。

Tシャツの組み合わせによって変わる、色の差や縁取りの形を楽しみましょう。

アクセントという意味では、裾にも縁取りを作ることができます。

実は、この裾の縁取りが、最も印象を変えることができるポイントです。

裾が作るラインには、上半身と下半身を切り離す重要な役割があります。

そのラインが上がれば、腰の位置を高く見せることができます。

上下濃色の中に、白のロンTなどでラインを太く作れば、全身を3分割することもできるのです。

半袖の重ね着はシャープにスマートに

半袖のTシャツを重ね着する時、気を付けたいのはダボダボにしてしまわないことです。

かつて、インナーの重ね着は古着のコーデやB系の着こなしで流行った時代がありました。

その頃の印象が残っていると、ダボダボ同士で重ねるのがオシャレと感じてしまうかも知れません。

しかし、シャープにスマートにというのが、最近のオシャレの流れです。

この流れは、なにもダボダボが流行った時代へのアンチテーゼであるだけではありません。

身体に合わないサイズを着せられている子供っぽさからの脱却であり、自分のサイズをコントロール出来ている大人を誇示しているものでもあります。

その流れが顕著に現れているのは、ボトムスでしょう。

街では、細身で暗色のボトムスの裾をロールアップさせて、足首が出ている穿き方が好まれています。

袖にも同じことが言えます。

長くブカブカの袖よりも、短めで腕にフィットした幅の袖の方が、スマートで知性的に見えるものです。

袖口がスマートなものを用意できなければ、2枚揃えてロールアップするという手もあります。

重ね着するシャツの色の組み合わせ

半袖Tシャツと肌との間に、明白な境界線を作るには、トーンの差を利用します。

重ね着する2枚のうち、1枚は濃色に、もう1枚は淡色にといった組み合わせです。

淡色側に使うのには、何の色とも相性の良い白が無難でしょう。

内側に濃色を、外側に白を重ねると、肌と生地の間に作られる境界線の色は、内側に着た濃色です。

主張をしていなかった白のTシャツが存在感を主張し、一気にカジュアルな度合いを増します。

内側に白を、外側に重ね着すると、肌と生地の間の境界線の色は白になります。

元々、外に出る色がアンダーウェアの印象を持ち合わせていないため、この組み合わせでは肌との間に境界線を作ることへの必然性はありません。

この組み合わせで作る白の縁取りは、清潔感の演出が目的になります。

裾に出す色を考えると、濃色パンツとの組み合わせでは、内側を白Tにするのがベストな配色になります。

気を付けて欲しいのは、外側のTシャツに薄手の生地のものを選んでしまうと、内側のTシャツの色が透けてしまうという点です。

白は特に透けますので、外側用として使う時には厚手のものを選びたいところです。

逆に、色が透けて見えることを狙いにしても良いと思いますが、狙った通りになっているかは判断が難しいです。

長袖シャツに半袖シャツを重ね着する

かつて流行った半袖Tシャツの下に長袖を重ね着するスタイルは、今でも健在です。

この組み合わせでは、外に着たTシャツはアウターに近い印象になります。

トレーナーやパーカーのように、余裕を持ったサイズの方がバランスよく収まります。

インナーとして着る長袖Tシャツも、腕にピチピチのものでなく、袖に余裕を持ったサイズを選べば全体的にルーズな雰囲気にまとまります。

インナー役の袖の役割は、もはや縁取りではなくアクセントでしかありません。

アウター役のTシャツとのトーンの差を思い切り出し、白と黒の組み合わせや、無地とボーダーの組み合わせを楽しみましょう。

思い切って、インナーにハイネックやタートルネックを合わせられるのも、長袖ならではの楽しみ方です。

逆に、同色で合わせてレイヤード感を薄めてしまうという組み合わせも面白いかもしれません。

この組み合わせでは、袖口でインナー役とアウター役のサイズ感の差を大きく取って、シルエットで楽しむことができます。

また、お気に入りのプリントやブランドロゴを活かしたい時にも、有効なテクニックになります。

ニットとの重ね着でチラ見せを狙う

半袖Tシャツの重ね着には、他にも多くの楽しみ方があります。

特にレディースのコーディネートでは、少しだけ顔を覗かせた下に着たTシャツが、強いアクセントになります。

その中でも、効果的に女性らしさを表現できるのは、ニットとの重ね着でしょう。

クルーネックから覗く白Tは、清潔感を加えます。

ロンTの裾で作った帯は、上下を3つに分割してノッペリ感を消してくれます。

サイドスリットから大ぶりのボーダーを覗かせれば、動きに連れてメリハリが顔を出します。

長めの袖のロンTならば、ニットの袖からはみ出した袖口をクシュっとさせてフェミニンを漂わせることもできます。

レディースファッションにとって、レイヤードスタイルはしなくちゃ損というくらいにメリットだらけ。

使い勝手が良い白のロンTや濃色の長袖は、ぜひ持っていたい重ね着アイテムです。

重ね着によるチラ見せの極意を身に付けて、見せたくなるオシャレを楽しみましょう。

重ね着で自分らしいオシャレを楽しもう

タンスの奥に眠っていた半袖のTシャツも、実は重要な重ね着のアイテムです。

重ね着によって作られる縁取りは、同時にコーディネートを飾るアクセントでもあります。

そのポイントは、場所、色、形を上手く組み合わせること。

曖昧なポイントには縁取りを、物足りない場所にはアクセントを、裾で腰の高さも調整できてしまいます。

重ね着で作るアクセントを使いこなして、自分らしいオシャレを楽しみましょう。