ワイシャツのオーダーメイドができる東京のお店をご紹介

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

流行のブルゾンでメンズの春コーデをお洒落&アクティブに!

スポーティかつ軽快、アクティブな着こなしが魅力的なブルゾンは、春に活躍してくれる優秀アイテムです...

スカートが静電気でまとわりつく!静電気対策で快適な休日を

寒い冬の季節は着るものが多くなり、外出時はファッションにも気合が入りますよね。しかし、せっか...

お手入れラクチン!ワイシャツはノーアイロンがおすすめ!

ビジネスマンの男性は、清潔感やきちんと感があると相手によい印象を与えられます。清潔感やきちん...

ダウンに半袖が登場!Tシャツ感覚で使える着こなし方とは!

ダウンと言えば、当初は襟が大きく、全体的にもこもことするアイテムでした。しかし近年になってダ...

パーカーをカップルで楽しもう!おすすめのブランドをご紹介

パーカーは、カップルで楽しむのにとても適したアウターです。なぜなら男女ともに似合い、販売され...

オシャレなコートも生地を選べば暖かい着こなしに!

モフモフに膨らんだアウターは見た目にも暖かそうです。しかし、冬の必須アイテムであるコートには...

コートにキャップはおかしい?先入観を捨ててコーデを見直す

コートとキャップ、一見おかしい組み合わせと思いがちですよね。色やかぶり方によっては、違和感を...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

インナーはシャツで!セーターの重ね着をすっきり見せるコツ

セーターを着るときにインナーは何を合わせますか?メンズの場合、Tシャツやタートルネックなどを...

ボトムスは何色に?大人っぽいレディースコーデには断然黒!

コーデのボトムスに合わせる色味によって、コーデ全体の印象は随分と変わってしまいます。落ち...

ジーンズのダメージを裾に施すカットオフスタイルが今人気!

ジーンズのお洒落として、ひざやももの部分が破けるなどのダメージ(加工)がありますよね。これら...

トップスインが苦手でもOK!メリハリコーデに役立つアイテム

トレンドは風のように素早く通り過ぎ、常識だと思っていたことが非常識になり、置いてきぼりをくらった...

ダサくはない!スカートにパンプスと靴下を合わせてみよう!

女性の場合には、靴下を合わせるコーデが意外と難しいと思われているようです。特にスカートの場合...

寒い時期アウターはカジュアルでラフに!メンズ必見

秋風が冷たく感じると温かいアウターが急に恋しくなりますね。メンズのカジュアルなアウターは色々...

アメカジといえば「スウェットシャツ」おすすめブランドは?

メンズのアメカジファッションにおいて、「スウェットシャツ」は定番アイテムですよね。この記事で...

スポンサーリンク

東京で手軽にオーダーメイドシャツが作れるお店

皆さんはワイシャツをどこで購入していますか。

スーツの専門店、あるいは大型スーパーの衣服売り場でしょうか。

大きなショッピングモールや大型の地下商店街には、ワイシャツの専門店があります。

こういったお店では、既成のワイシャツを販売していますが、手軽にオーダーメイドシャツを作ることもできます。

例えば東京の場合には、「東京シャツ」「軽井沢シャツ」といったワイシャツの専門店があります。

東京シャツは、お店によって「ブリックハウス」「シャツプラザ」と名前を変えていますので、違うメーカーと思う人もいます。

全て東京シャツのブランドで、ワイシャツの専門店になります。

東京にあるシャツ専門店として最も数が多く、都内に25店舗を構えます。

いずれも新橋や東京駅八重洲口・品川・新宿・池袋とサラリーマンが日常生活をする駅周辺に多く展開し、通勤途中で気軽に立ち寄れる場所にあります。

気になるオーダーメイドですが、生地や形を選んで自分好みのワイシャツを作ることができて6,300円(税別)から展開しています。

恋人へのプレゼントや家族の記念日と、手軽に利用できる価格になっています。

一方「軽井沢シャツ」は軽井沢に本店を構えるワイシャツ専門店ですが、東京では立川高島屋内に実店舗があります。

お任せオーダーなら5,500円(税別)から、お好みオーダーでも6,500円(税別)でお願いすることができます。

実店舗で一度採寸をしてもらうと通販でも購入することができますが、自分で採寸し通販でお願いする人もいるようです。

しかし採寸は難しいので、できればプロの人に採寸してもらうことができる立川高島屋の実店舗をご利用になることをおすすめします。

東京都内のオーダーメイド専門店でワイシャツを作る

「グローバルスタイル」「麻布テーラー」はメンズのオーダーメイド専門店になります。

グローバルスタイルのコンセプトは「全ての人にオーダーメイドスーツを楽しんでいただく」です。

そのため、オーダーメイドスーツはもちろん、ワイシャツのオーダーメイドも充実しています。

更に、コートやジャケット、そして靴のオーダーメイドもありますので、通勤で必要なアイテム全てがオーダーメイドで揃う専門店といえるでしょう。

オーダーメイドとしてオーソドックスな生地・カフス・衿・背中のデザインはもちろん、他店ではほとんど扱っていないポケットや前立てのデザインを選ぶこともできます。

価格は11,000円からと、少し贅沢な一品になります。

東京では銀座の4店舗と、丸の内・神田・新宿に店をかまえ、一流ビジネスマン御用達のお店となっています。

新入社員の皆さんも、いつかグローバルスタイルでオーダーメイドのワイシャツを作ってみてはいかがでしょうか。

麻布テーラーも銀座に5店舗を構える紳士服のオーダーメイド専門店です。

ワイシャツのオーダーメイドは7,000円からお願いすることができます。

デザインは、18種類の生地の他に、衿・カフス・ポケットの他に方から袖付けのデザインを選ぶことができます。

麻布テーラーは、スーツやワイシャツ、ジャケット&スラックスの他に、ジーンズのオーダーメイドを利用することもできます。

スーツと一緒にワイシャツもセットでオーダー

ワイシャツのオーダーメイドを利用する時、スーツのオーダーメイド専門店を利用することもできます。

「ビッグビジョン」はオーダーメイドスーツの専門店ですが、ワイシャツのオーダーメイドも扱っており、スーツとともにワイシャツもオーダーメイドするセット商品という形がおすすめされています。

もちろん単品でお願いすることもできますが、スーツとコーディネートすることで、よりおしゃれを楽しめるということです。

ワイシャツのオーダーメイドには9,900円(税別)という商品もありますが、ほぼ18,000円(税別)の価格帯で注文を受けています。

ビッグビジョンはメンズだけでなく、レディースのオーダーメイドも扱っています。

種類も多く、レディースのシャツブラウスは18,500円(税別)になります。

メンズと同じ生地で作ることができますので、恋人同士や夫婦でおそろいというオーダーメイドもできます。

東京では日本橋や日比谷、神田の他に秋葉原のヨドバシビルや新宿サブナード内にもあり、目立つ看板が目印です。

東京の百貨店でシャツのオーダーメイド

東京都内にはたくさんの百貨店があります。

三越に高島屋・大丸・伊勢丹・松屋・松坂屋といった百貨店にはメンズ売り場があります。

こういった百貨店のメンズ売り場では、既製服のスーツやワイシャツ、メンズ小物の他に、オーダーメイドスーツやオーダーメイドシャツも扱っています。

百貨店のオーダーメイドシャツは高額だというイメージがある人もいますね。

しかし、意外とリーズナブルな価格でワイシャツを作ることができます。

三越の場合には、7,020円、8,100円、10,800円(全て税込)の三種類から選ぶことができます。

三越といえば高級百貨店というイメージでいた人も、意外とお手頃な価格でオーダーメイドができますので、だれかのプレゼントに利用してみてはいかがでしょうか。

オーダーメイドワイシャツのプレゼントは、ワイシャツ生地とお仕立券をセットでプレゼントします。

百貨店ではお誕生日やお中元・お歳暮といったギフトでもお仕立券付きワイシャツ生地を扱っています。

ご本人がその場にいなくてもオーダーメイドの購入ができますので、プレゼントにも最適です。

他にも高島屋が9,720円(税込)、大丸10,800円(税込)伊勢丹9,612円(税込)といった価格で提供されています。

通販の場合は、生地や価格に限りがありますので、プレゼントでも実店舗が選択の幅が広がります。

オーダーメイドなら大きなサイズでも自分好みに

男性でも女性でも、衣服を購入する時に必要な情報がサイズです。

日本で展開されている衣服のサイズはJIS規格(日本工業規格)で定められており、定期的に成人男性・成人女性の体型を元に、Mサイズ、Lサイズといったサイズを決めています。

近頃は食の欧米化によって日本人の体型も変化し、平均身長も欧米に近くなりました。

その中でも、子どものころからスポーツをやっている人の中には、とびぬけて体格が良い人もいます。

すると紳士服専門店でも合うサイズのワイシャツが取り扱われておらず、なかなか自分好みのワイシャツを選ぶことができません。

オーダーメイドのワイシャツは、こういった人にとって、とてもありがたいサービスになります。

ワイシャツ生地を購入すれば、購入した分の生地で製作できる範囲ならオーダーメイドの価格は同じになります。

その値段は、たしかに量販店でワイシャツを購入するよりは割高になります。

しかし、体格の良い人はそもそも着ることができる衣服の選択肢が少ないため、自分好みの生地で、自分好みの形のワイシャツが作れるオーダーメイドは、体格の良い人の味方なのです。

東京都内では、百貨店の他にオーダーメイドを取り扱う複数のお店で、大きなサイズもオーダーメイドすることができます。

東京近郊でワイシャツのオーダーメイドができるお店

最後に、東京近郊でワイシャツのオーダーメイドができるお店をご紹介します。

軽井沢シャツは、軽井沢を拠点に長野県内で5店舗をもち、東京では立川高島屋に店舗を持っています。

以前は埼玉県久喜市のモラージュ菖蒲にお店がありましたが、現在は閉店しています。

軽井沢は近郊ではないと感じる人もいることでしょうが、都内から新幹線で1時間20分、車でも2時間30分で行くことができる場所です。

日帰りで軽井沢に行ったついでに、お土産で軽井沢シャツのオーダーメイドをお願いすることもできます。

つづいて、Maker’sシャツ鎌倉は、鎌倉本店を中心に神奈川県、そして東京では銀座、丸の内ビル、アトレ恵比寿などに出店している、パターンオーダーのワイシャツ専門店です。

衿、カフス、そして前立ては二種類から選ぶことができます。

価格は、国産、海外ブランドワイシャツ生地でも9,800円(税別)とほぼ一律です。

しかし、サイズスペックが首回り46cmまでとなっていますので、身体の大きい人はお店で一度、ご確認ください。

若者向けオーダースーツの展開が多いスーツのSADAは、東京を中心に、埼玉・神奈川・千葉と首都圏に複数店舗を展開しています。

首都圏だけでなく実店舗が全国にあり、地元でオーダーメイドができるメンズショップです。

オーダースーツが19,800円からお願いできるSADAは、若い人が気軽にオーダーメイドを楽しめるお店として、ワイシャツのオーダーメイドも行っています。

ワイシャツのオーダーメイドは6,900円(税別)からですが、初回は5,900円(税別)になります。

しかも、2回目からでも複数枚の注文で割引もあり、2枚同時で11,800円(税別)、3枚で14,700円(税別)になります。

複数枚注文すると非常にお得に購入できますので、新入社員の皆さんは、オーダースーツと一緒に揃えてみてはいかがでしょうか。

東京のお店でワイシャツのオーダーメイドをお願いしてみよう

東京都内には、オーダーメイドでワイシャツを作ることができるお店がたくさんあります。

オーダーメイドは贅沢品というイメージが強いです。

しかし、こんなに身近にたくさんのワイシャツを作ってくれるお店があることに、驚かれたのではないでしょうか。

オーダーメイドのワイシャツなら、生地も形も大きさも好みに合わせて作ることができます。

プレゼントにも最適なオーダーメイドのワイシャツを、一度ご利用になってみませんか。