白ニットコーデ攻略法!お洒落なレディーススタイルに変身!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

意外と簡単!デニムのブリーチ加工を自宅で行う方法を紹介!

デニムには使い古したユーズド感やビンテージ感を表現するために、様々な加工方法があります。本来...

アウターは黒がいい?紺がいい?どちらも効果的に使う方法!

衣類を購入する際、地味な色を選んでいませんか。特に男性の場合は、黒か紺のアウターが多くなりが...

デニム加工の裏技糊付けスプレー!ヒゲも自在の簡単色落ち!

お洒落デニムの一つに、皺や色落ちがあります。しかし、味わいのある色落ち、ましてやヒゲやハチノ...

パーカーはペアルックで冬を楽しむのにぴったりなアウター!

「ペアルックに挑戦したい!」そう考えている人も多いことでしょう。ペアルックは...

パーカーは大きめを選ぼう!パーカー女子におすすめコーデ!

パーカーを愛用している女子を「パーカー女子」と呼びますが、近年ではパーカーを上手に着こなしている...

丈に悩む?スカートとアウターの上手なバランスのとり方とは

秋や冬のコーディネートにアウターは欠かせませんね。そのアウターにフェミニンなスカートを合わせ...

注目のスカート!スリットが前に入ったフロントスリット!

セクシーな表情から男性の視線を釘づけにしてしまうのがスリットスカートですね。実際には「コーデ...

【デニムの着こなし術】テーパードタイプにおすすめコーデ!

一口にデニムといっても、多くの種類があるのをご存知でしょうか。スキニータイプからワイ...

コート+パーカー+マフラーのあたたかコーデはダサくない!

コート・パーカー・マフラーはそれぞれ単品で、コーデの主役となるアイテムたちです。しかし、...

お洒落なトップス!メンズが秋におさえておきたいアイテム!

秋はメンズもお洒落をより楽しむことができる季節になります。この季節のお洒落の主役は勿論コート...

ニットのノースリーブワンピース!自分に合った着こなしを

おしゃれな女性は、レイヤードスタイルが得意ですよね。レイヤードスタイルとは、いわゆる「重ね着...

ジーンズはストレート?スキニー?体形別のおすすめはこれ!

毎日の着こなしに欠かせないジーンズは、おそらく多くの方が一本は持っているでしょう。と...

デニムにスニーカー!カジュアルコーデが秋冬も女性に人気!

スポーツやレジャーなどのアクティブに活動をする際や、カジュアルな普段使いでも足元で非常に便利な働...

ジーンズに革靴を合わせるのがお洒落!特に茶色がおすすめ!

カジュアルを代表するアイテムといえば「ジーンズ」が真っ先にあげられるかと思います。それ程まで...

Tシャツのたたみ方が問題?シワにならないたたみ方と収納法

暑い季節には、Tシャツを着る機会が増えますよね。人によっては何枚も持っているということもある...

スポンサーリンク

お洒落レディースコーデなら着ぶくれ見えしない白ニットアイテムを!

本記事では白ニットをお洒落に着こなすレディースコーデについてご紹介します。

白ニットを合わせても着ぶくれして見えないようにするには、「そもそも着ぶくれして見えない白ニット選び」と「コーデの合わせ方」の2つが重要になります。

【着ぶくれして見えない白ニット】

まずは、基本アイテムとなる白ニットの着ぶくれして見えないアイテムを考えてみましょう。

●リブニット

白の膨張見えを防ぐには、縦のラインを強調させるのが効果的です。

この場合に、ニットの編み方としては縦ラインが入るリブ編みニットがおすすめです。

●もこもこ感や緩めのサイズ感

もこもこした印象や少し大きめのサイズ感のニットを選ぶのもおすすめです。

これは着ぶくれ防止というよりも体形カバーの役割が大きいです。

●Vネックニットセーター

白のニットの場合、シャープな印象となるVネックニットセーターがおすすめです。

上手にデコルテ・鎖骨を見せて着痩せ効果を図りましょう。

なお、ハイネックやタートルネックだと、顔回りがふくよかな方や肩幅が広い方の場合にはそれが強調されてしまう恐れがあるので避けましょう。

ニットのコーデによる着ぶくれ防止策!

前項ではニットを合わせるレディースコーデの着ぶくれ防止対策として、合わせるニット自体の種類によって解決する方法をご紹介しました。

本項では、コーデの仕方による着ぶくれ防止術をご紹介します。

①合わせるボトムスをタイトめにする

ざっくりとした印象になりがちな白ニットコーデの場合、合わせるボトムスをタイトなアイテムにすると、シルエットが美しくなり引き締まった印象になります。

タイトスカートやスキニーパンツなど細見えするアイテムをボトムに合わせてみましょう。

②白ニットをボトムスにタックイン

ボトムスにタイトめなアイテムを合わせたくない場合には、トップスとなる白ニットをボトムスにタックインして細見え効果を得るのも対応策として有効です。

フレアースカートやワイドパンツなどは思い切ってタックインし、細見え効果を得ましょう。

③ウエストマークでメリハリをつける

また、サッシュベルトなどで白ニットにウエストマークを施すのも細見え効果として有効です。

上述のタックインも、ある意味ではウエストマークと同様の効果ではありますね。

④黒アイテムを使用する

アイテムに収縮色となる黒などの色味を合わせるのもポイントです。

ボトムスやアウターなどに黒色アイテムを合わせてみましょう。

⑤白ニットの範囲を狭める

これは白ニットの露出割合を小さくするものです。

サロペットやオールインワン、ワンピース、ジャンパースカートなどトップスを覆うようなボトムを合わせると効果的です。

また、アウターなどで縦ラインを作るのも良いですね。

白ニットを合わせた基本となる細見えレディースコーデ!

それでは白ニットを着こなすレディースコーデをご紹介しましょう。

最初にご紹介するのは、白ニットを合わせた細見え効果抜群の定番となるレディースコーデになります。

【アイテム例】

・トップス 白のVネックリブ編みニットセーター
・ボトムス ブルーのスキニーデニムパンツ
・アウター お尻丈ベージュのムートンジャケット
・足元 黒のストッキングにボルドーのヒールパンプス

トップスに合わせるのは、清潔感を感じさせる白のVネックニットセーターです。

ボトムスとなるブルーのスキニーデニムパンツにタックインでスタイリッシュに合わせます。

Vネックにスキニーデニムパンツ、タックインと細見えスタイリッシュ効果抜群の仕上がりですので、着ぶくれ感は一切ありません。

基本的なニットとデニムのコーデですが、細見え効果は抜群です。

ここにアウターとしてベージュのムートンジャケットを軽やかに合わせましょう。

清潔感バッチリのきちんとめコーデになります。

足元は黒のストッキングにボルドーのヒールパンプスを合わせて、細見えにお洒落効果をプラスしてコーデを締めましょう。

着ぶくれ感を感じさせない、白ニットを合わせた基本のレディースコーデが完成します。

白ニットにジャンスカのストライプで技ありの縦ラインコーデ!

続いてご紹介するのは、ジャンパースカートを合わせるレディースコーデです。

ここでは、技ありのテクニックを使ってお洒落な縦ラインを表現してみましょう。

【アイテム例】

・トップス 白のリブ編みタートルネックニットセーター
・ボトムス やや細身黒のロング丈ジャンパースカート
・足元 黒のショートブーツ

トップスは白のリブ編みタートルネックニットセーターです。

そこまでボリューム感はないので、単体でも着ぶくれ感は少ないアイテムです。

ボトムスには、やや細身黒のロング丈ジャンパースカートを合わせます。

ジャンパースカートが白の面積を狭めること、そして黒という色味にジャンパースカートの広い面積が細見え効果を与えてくれます。

しかしポイントとなるのは、ジャンパースカートの縦ラインとなる黒のストラップシルエットです。

これが決定的な細見え効果を与えて、非常に計算されたコーデとなります。

足元は黒のショートブーツで脚長効果を与えてコーデを締めましょう。

着ぶくれよりもスタイリッシュさが先行するコーデが完成します。

着ぶくれなし!ハイウエストスカートでシンプルなレディースコーデ!

続いてご紹介するのは、ハイウエストスカートを合わせるレディースコーデになります。

ここでは、シンプルにハイウエスト効果を表現してみましょう。

【アイテム例】

・トップス 白のリブ編みボートネックニットセーター
・ボトムス チェック柄グレーのミモレ丈ハイウエストタイトスカート
・足元 白のヒールパンプス

トップスは、白のリブ編みボートネックニットセーターになります。

ボトムスのチェック柄グレーのミモレ丈ハイウエストタイトスカートにタックインで合わせることで、ハイウエスト効果にくびれ効果、ニット面積縮小効果が与えられます。

また、トップスから繋がるタイトスカートのシルエットが美しいIラインとなり、着ぶくれ感は一切感じさせません。

足元は白のヒールパンプスでまとめましょう。

すっきり見せのシンプルコーデが完成します。

アウター使いがポイント!白ニットを合わせたレディースコーデ

最後にご紹介するのは、白ニットとノーカラーコートを合わせるレディースコーデです。

ここでは、上手なアウター使いで細見え効果を表現してみましょう。

【アイテム例】

・トップス 白のリブ編みニットセーター
・ボトムス 黒のスキニーデニムパンツ
・アウター タイトなライトブラウンのノーカラーコート
・アイテム ライトブラウンのニット帽
・足元 ダークグレーの靴下に黒のタッセルローファー

トップスに合わせるのは、白のリブ編みニットセーターです。

ボトムスとなる黒のスキニーデニムパンツには、タックアウトでラフめに合わせましょう。

ここではウエストマークやハイウエスト効果はありませんが、黒のスキニーデニムパンツで充分に細見え効果があります。

ここにアウターとして、タイトめなライトブラウンのノーカラーコートを合わせます。

ノーカラーコートのおかげで、白ニットの面積が半分以下にまで縮小されます。

白ニットがむしろ差し色ワンポイントとしてお洒落見えするコーデです。

頭にはコートと同系色となるライトブラウンのニット帽、足元はダークグレーの靴下に黒のタッセルローファーで、脚長効果を加えてコーデを締めましょう。

アウター使いがポイントになる、白ニットを合わせたレディースコーデの完成です。

白ニットでお洒落感と清楚感もアップ!

今回「白ニットを合わせたお洒落なレディースコーデ」をご紹介しました。

爽やかで清楚な印象となる白ニットですが、一歩間違えると着ぶくれ失敗コーデになってしまう可能性があります。

しかし、今回ご紹介したポイントをおさえておけば、着ぶくれの心配はご無用。

素敵なレディースコーデに仕上げることが可能です。

爽やか白ニットでお洒落感と清楚感両方ともゲットしましょう。