コートは着丈がカギ!バランス良く着こなすポイントをご紹介

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬の「コート」は必需品!子供に着せたいおしゃれなブランド

寒くなるとコートが手放せなくなります。特に気温が低い真冬には暖かいコートを子供に着せ...

ニットはインする?アウトする?スカートとパンツの着こなし

秋冬になるといろいろな種類のニットが販売されます。どんなニットを購入しようかと悩む方がいるの...

ジーンズにスニーカー、靴下でお洒落なレディースコーデを!

ジーンズにスニーカーそして靴下、レディースコーデにおいてはそれぞれが重要な役割を担うアイテムです...

カーディガンを冬にも活用!アウターとしての選び方やコーデ

ニットカーディガンは、秋冬に心も体も暖めてくれる必須アイテムですよね。また、厚みがあることか...

スカートは人気のレディースアイテム!その歴史と変遷を紹介

レディースのファッションに欠かせないアイテムといえば、スカートではないでしょうか。スカートの...

大人気デニム着物を着こなす!街歩きが楽しくなるコーデ術!

近頃話題にあがっているおしゃれに、デニム着物があります。近年では着物を愛用する若い人も、少し...

スウェットの黒色は着回しに便利!でも色落ちが気になる…

スウェットは、運動着に部屋着にパジャマ代わりにと様々な用途で重宝する便利なウェアーです。中で...

レギンスに再びブーム到来!コーデを豊かに楽しむ冬が来た!

「レギンスはもう古い!」実は、その概念は覆りつつあります。確かにレギンスは、一時の圧倒的なブ...

メンズ向けシャツとセーターをお洒落に組み合わせたコーデ!

何となくシャツだけだと心持たない。どうも、セーターだけだと今一つパッとしない。それぞれを...

ニットの毛羽立ちを直す!防ぐ!対策方法を知っておこう!

セーターやカーディガン、帽子にマフラー・ストールなど数多くあるニット製品ですが、使用していると毛...

トップスで印象大違い!定番ジーンズの大人おしゃれコーデ術

ファッションの定番アイテムであるジーンズは、トップスに何を合わせるかでかなり印象が変わります。...

デニム等のレギンスでマタニティ期もおしゃれにコーディネート

妊娠中であっても、「おしゃれをしながら過ごしたい」という方もいるかと思います。そのよ...

トップスにシースルー(白)を合わせるレディースコーデ!

暖かい季節の訪れと共に、透け感のあるシースルートップスが存在感を高めてきます。合わせるだけで...

トップスにレースを合わせる!色は黒がお洒落見え抜群!

合わせるだけで女性らしさと可愛らしさを印象付けることができるレーストップスは注目のアイテムです。...

作業着を一新!ジーンズとワンピースの重ね着コーディネート

ジーンズは作業着、というものだったのは今は昔のお話です。今では、ニューヨークの有名モデルやア...

スポンサーリンク

コートはバランス!ちょっとしたコツで見違える!

コートは、さまざまな着丈に加え、色、形、素材、実に様々な種類が揃っていますね。

おそらく、どなたでも一着はお持ちのアイテムでしょう。

そして、コートはすべての洋服の上に羽織るため、その人の印象が強く残るアイテムです。

コートの着丈とファッションとのバランスが取れていると、コーディネートがピタッと決まり、非常によい印象になります。

コートの中に着ている服が決まっていても、コートの着丈がファッションに対してアンバランスだと、コーディネート全体が残念な印象になってしまう恐れがあるのです。

たかがコート、されどコート、ということです。

ファッションとのバランスを考えてコートを選ぶことがいかに大切なことかを、お分かりいただけるかと思います。

ベストバランスな着丈を知るために!いつものコーデでコートを選ぼう!

ファッションの仕上げともいうべきコートを選ぶ際、着丈と服とのバランスがとても重要であることが分かりました。

とはいえ、手持ちの洋服はひとつではないですし、かといってそれらに合わせて何種類もコートを持つことは難しいですね。

何を基準に着丈を選べばよいのかと、頭を悩ませる方が多いでしょう。

ファッションの流行の速度はすさまじく、店舗にはその年の流行のスタイルのものがずらっと並びます。

流行を取り入れることは大切ですが、それは必ずしも自分に合ったものであるとは限りません。

おすすめなのは、自分の定番のコーディネートでコートを選ぶことです。

例えば、何種類も服を持っているとしても、それらはいずれも似通った色であったり、形であったりしていませんか?

服選びには、その人の癖や好みが出がちですので、お手持ちの服を並べてみるとその人の傾向が見えてくるはずです。

そして、いつも着る服、コーディネートはある程度決まったものになる傾向にあります。

お出かけの際の定番を身に付けてコート選びをすれば、きっと自分の印象に合うコートに出会えるでしょう。

スカート派の方へ!スカート丈別ベストな着丈

スカートはショート派、ロング派、ミドル派と、お好みが分かれるアイテムでしょう。

さまざまな丈のスカートとコートの着丈のバランスは、どのようなポイントで考えるべきなのでしょうか。

それには、どのようなイメージに仕上げたいかを考えるとうまくいきます。

きちんとした印象に仕上げたい場合、スカート丈とコートの着丈を揃えましょう。

よりきちんとした印象に仕上がるのが、ひざ丈スカートと膝あたりの着丈のコートです。

スカートと、それよりも少し長めな着丈のコートを合わせる場合、コートを前開きにしてスカートを見せるように着ると軽やかです。

ロングスカートの裾をロング丈のコートから少しだけ見せるように着ると、大人っぽい中に可憐さが加わります。

着丈のほかにも、コートとスカートの印象や素材を揃えたり異なる印象のもの同士を組み合わせても、面白い効果が生まれます。

例えば、かっちりとしたコートに柔らかな印象のスカートを組み合わせると、カジュアルに仕上がります。

裾がフワッと広がるフレアスカートと、同じく裾が広めなひざ丈のコートを合わせると、柔らかな印象になります。

スカートとコートの着丈に迷ってしまったら、ショート丈のコートを選ぶことをおすすめします。

ショート丈コートはスカートの丈を選ばず、比較的どのようなスカートとも相性が良いので、ひとつ持っておくと便利です。

パンツコーデをバランスよく見せるコートの着丈は?

「スカートは滅多にはかない!」というパンツ派の方におすすめのコートをご紹介しましょう。

パンツといってもデザイン、丈、素材などさまざまです。

特に最近よく見かけるワイドパンツは、合わせるコートの着丈とのバランスに迷うアイテムのひとつなのではないでしょうか。

ボリュームのあるワイドパンツには、実はどのような着丈のコートも面白い印象を生むのです。

ワイドパンツコーデをバランス良く見せるポイントは、ボリュームある素材のコートも使ってみること、フードやファーなどで上半身に視線を集めること、配色や小物を工夫して重たくなり過ぎないようにすることです。

ムートンやダウン、ファーなど、それだけでボリュームたっぷりな印象の素材ですが、意外とワイドパンツにうまくなじみます。

その他のパンツコーデは、着丈と共に色の組み合わせも工夫しましょう。

特に、コートが大活躍する冬場は、全体の印象が重たく、暗くなりがちです。

黒やネイビーなど暗色系のコートに同様のパンツとブーツでもきりっとしまった印象で素敵ですが、少し明るめな色を差し入れることで、一気に明るい印象になります。

ベージュやグレー、ブラウンなど、柔らかさがあり肌なじみのよい色をコートに取り入れると、一気に印象が変わり新鮮です。

自分の印象、つまり肌や髪、目の色などになじむ色は、自分の好みとは異なる場合が多いようです。

いろいろ試着してみて、着丈、色などぴたりとくるものを見つけましょう。

身長の高さが活きる!長身の方向けの着丈はこれ

スラっとした長身の女性は素敵ですが、長身な方の悩みとして、コートを着るとがっちりして見えるといった声があります。

長身の魅力をより生かす、バランスの良いコートの着丈とは、どのようなものでしょう。

ポイントは、膝あたりの着丈のものを選ぶことです。

ロングコートも長身の方にもちろん似合いますし、流行りのアイテムでもあるため、取り入れたいという方が多いでしょう。

しかし、最近よく見かけるチェスターコートなどは迫力が出過ぎてしまったり、体格、骨格によってはたくましく見えてしまいます。

ひざ丈くらいのコートは、種類が豊富に揃っています。

Pコート、ダッフルコート、モッズコートなど、さまざまな種類のコートがありますが、長身ならばコートに負けることなく、いずれも上手に着こなせます。

コートによって印象を変えることが可能ですので、自分のイメージに合うコートを探してみましょう。

小柄を感じさせない!コートの着丈はこれがおすすめ

小柄な女性には、コートへの苦手意識を持つ方が比較的多いようです。

コートと身長との好バランスが分からない、コートに着られてしまう気がする、といったお悩みが多く聞かれます。

小柄な方がコート選びの際に気を付けるべきポイントは、次の3点です。

それは、ジャストサイズを選ぶ、足首が見える着丈にとどめる、ウエストマークをする、ということです。

小柄で華奢な方がオーバーサイズ気味のコートを身に付けると、まるで子供が大人のコートを着ているような印象になってしまいます。

それを避けるためには、肩幅が自分に合っているジャストサイズを選ぶことが大切です。

また、長すぎない着丈のものを選ぶこともポイントです。

小柄な方がロング丈のコートを着ても素敵ですが、長すぎるとやはりコートとのなじみが悪くなります。

ロングコートを選ぶ場合は、自分の足首が見えるくらいの着丈までにとどめましょう。

小柄な方の雰囲気を最も活かす着丈は、膝からふくらはぎくらいまでの着丈といわれますので、参考になさってください。

また、メリハリをつけることで小柄を感じさせない工夫として、コートの上からベルトなどでウエストマークをするのも効果的です。

冬ならば首回りにマフラーやストールを巻いたり、ニット帽をかぶったりすることも多いですね。

上半身に視線が行くように工夫することで、小柄な印象を減らすことが可能です。

小物は大いに活用しましょう。

コートが決まればコーデはより楽しい!

何となく上着として羽織りがちなコートですが、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、コーデ全体が一気にあか抜けるアイテムなのです。

また、身長や体格などに合ったものを選べば、自分の魅力をより引き立たせることができるのです。

自分に似合うためのポイントを押さえておくと、流行の中から自分にフィットするものを選び出せるようになります。

自分研究をしっかり行い、ベストなバランスのコートコーデを楽しんでください。