ニットに一工夫!日常を楽しくお洒落にするリボンの結び方

ニットは、ファッションの定番です。

着用している人も多く、人気素材の一つと言えるでしょう。

しかし、周囲と同じファッションでは個性は出にくく、飽きてきた人も多いのではないでしょうか?

そんなときは、ワンポイントとしてリボンを結んであげることでお洒落に大変身することができます。

お洒落を追及する人のために、いろんなリボンの結び方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーカーはデートで着ても大丈夫?パーカー女子の着こなし術

デートの予定があると、当日はどんなコーディネートにしようか悩みますよね。 特に屋外でデ...

ビジネスシャツの選び方とおすすめシャツブランドをご紹介

ビジネスシーンでは欠かせないシャツですが、どのように選んでいますか。 「どれも似たようなもの」...

コートは冬の定番アイテム!男性にはブランドものがおすすめ

冬は着用するファッションアイテムが多いので、コーディネートの幅も広がる季節です。 冬の...

ジーンズを合わせた春夏のレディースコーデはこれで決まり!

春夏は待望のジーンズの季節! もちろん、ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムに...

ジーンズの色落ちにも種類が!ヒゲやハチノスについて知ろう

ジーンズの魅力のひとつには、穿き続けていくうちにできる「色落ち」も挙げられます。 その色落ちに...

おしゃれデニムにリメイク!ダメージ加工をセルフで行うには

もしご自宅のクローゼットの中に、はかなくなったデニムがあるようなら、リメイクしてみませんか?...

ライダースは黒?茶?ネイビー?さまざまな着こなしをご紹介

ライダースジャケットは、その名の通り、もともとはバイクに乗る人のために作られた特徴的なジャケ...

スカートと黒タイツをおしゃれに着こなすには靴もポイント!

秋冬のスカートコーデで欠かせないアイテムが「タイツ」です。 定番の黒タイツであれば引き...

ニットとスキニーに合う靴はスニーカー?それともパンプス?

秋冬コーディネートの定番のひとつには、「ニット×スキニー」が挙げられます。 誰でも簡単...

ジャケットは紺がお洒落!レディースコーデを大人クールに!

紺色のジャケットをさっそうと羽織る女性は格好良く映りますよね。 誰もが憧れてしまうのではな...

おしゃれアイテム「スウェット」レディースを扱うブランド

今やスポーツシーンで着るだけでなく、ファッションアイテムのひとつとしてスウェットは定番となりまし...

ウェーブタイプをもっとかわいく!おすすめサマーコーデ

みなさんは「骨格診断」をご存知ですか? 骨格診断とは、個人の骨格や肉付きのタイプを3つに分け、...

好きなニットの柄で視線を集めるメンズの着こなし

ニットは素材を選べば、四季を通じて楽しめる実用的なおしゃれアイテムの一つです。 気候に合わせた...

コートの長さ、気にしていますか?身長別ベストな長さご紹介

肌寒くなってくると欠かせないアイテムといえば、コートですね。 衣類のもっとも外側に着るコートは...

デニムに合わせたいパンプス!ここに靴下合わせはダサイ?

お洒落デニムのコーディネイトとして合わせて履きたいのがパンプスです。 季節にもよりますが、ここ...

スポンサーリンク

バックリボンの結び方!背中もオシャレにしよう

自分では少し気づきにくいですが、意外とよく見られている部分が背中です。

普段歩いていても人の背中は視界に入ってきますよね?

意外と重要な部分なのです。

背中に一手間、リボンを結んであげることで可愛く、お洒落な印象に変えることができます。

中には、商品自体にリボンを結べるようになっているものもありますので、そういった商品を選ぶのも良いでしょう。

また、カラーリボンを結んであげれば、リボンが強調されてお洒落に見せることができます。

結び方の基本は、蝶々結びです。

蝶々結びであれば簡単かつ取り外しも容易にできますので、最初に試してみる方法として良いでしょう。

ワンポイントも良いですが、ツーポイント、スリーポイントと縦に2つ、3つリボンを結んだり、編み込んだりと、バックリボンだけでもいろんなお洒落を楽しむことができます。

シンプルな可愛さを目指す場合は、首元にワンポイント、少し派手に見せたいときはツーポイント、スリーポイントとリボンを結びましょう。

バックリボンはニットへのワンポイントファッションとしては基本の方法です。

合わせやすく、失敗が少ないため、人気のあるファッションの一つです。

まずは、定番のお洒落で楽しんでみましょう。

袖口へのリボンの結び方!手元もお洒落に見せよう

人と接するときに、目につきやすい部分の一つに手元や袖口周辺があると思います。

日常のファッションをお洒落に可愛く見せたいときは、ニットの袖口にリボンをつけてあげるとお洒落な印象がグッと上がるはずです。

接客やデートのときなど、可愛くお洒落に見せたい場面では役に立つかもしれません。

結び方は、単純に一周ぐるっとまいて蝶々結びでも良いですが、靴ひものように編み込んでから結ぶことでより安定したお洒落さを見せることができます。

ニットの色とは異なる系統の色を使ってリボンを作ることで、相手の印象にも残りやすいでしょう。

気を付けたいのが、あまり紐を長く残しすぎたり、リボンが大きくなりすぎると邪魔になったり、バランスが悪かったりしますので、短く小さめのリボンに作ってあげるのが良いでしょう。

色を上手くチョイスして自分なりのファッション、お洒落に仕上げてみてください。

肩見せリボンを結んでセクシーな印象を作ろう

ワンポイントの肩見せリボンは、露出も少なめで行けますし、とてもお洒落に見える工夫の一つとして流行っています。

お店に販売されているものも多数ありますが、ニットのトップスでも自分自身で切ってしまい、片方だけ肩見せにすることも可能です。

ロープライスの商品であれば価格も安価に済ませることができますし、家にある着なくなったニットでも試してみることができます。

どんな方でもでき、かつ自分のオリジナリティが出せる方法として人とかぶることがない日常ファッションを楽しむことができるでしょう。

切った部分に自分好みにアレンジしながらリボンを結んであげることで肩見せリボンの完成です。

結び方としては、靴ひものように編み込んで結ぶのもよし、一回だけ通して結ぶのもよいでしょう。

肩はちょい見せ程度の方が、男心をくすぐるセクシー感が出ます。

新しい商品を購入するには、費用面等で控えたいと考える人もいるでしょう。

そんなときは、まず家にある適当な素材を使って試しにアレンジしてみましょう。

最近着なくなったニットでも、肩見せとリボンの活用で新商品のように変身させることができてしまうかもしれません。

自分好みに、オリジナリティが出せることが肩見せリボンのメリットの一つです。

さまざまなやり方がありますので、ぜひ、自分好みにアレンジしてみてください。

ニットに紐ベルト!結び方のパターンによる着こなし方法

紐ベルトもファッションアイテムの一つです。

ニットに紐ベルトを腰に合わせることでファッションにメリハリがつき、印象も大きく変わるはずです。

紐ベルトにはスタイルが引き締まること、ファッションにメリハリがつくといったメリットがあります。

ファッションにメリハリをしっかりつけたい場合にオススメです。

また、実はしっかりと締めることができれば骨盤の調整にも良いと言われています。

骨盤が調整され、歩き方が変わり、姿勢も変われば、周囲からの見え方が変わり、日常もより楽しくなるはずです。

ベルトなので簡単に取り外しが可能であることもメリットですので、家にあるベルトを使って試してみるのがよいでしょう。

紐ベルトの結び方は、①リボンのように結ぶ②リボンは作らず垂らす③片結びにして残りは垂らすといった結び方があります。

紐ベルトを使った方法も家にある素材で十分対応が可能です。

好みやシチュエーションに合わせて紐ベルトを使った日常ファッションを楽しんでみましょう。

前後逆?前リボンで一風変わったニットファッション

最近ではバックリボンだけでなく、ニットの前方にリボンを結んで可愛く見せるファッションも多くあります。

前にリボンを結ぶ場合には、大きなリボンよりは小さ目のリボンを結ぶ方が可愛く見えて良いでしょう。

結び方は、リボンを小さく残りの紐を長めに垂らしてみたり、紐は短めにしてリボンだけが見える形にする方法、リボンと同じ長さで垂らしてみるなどの結び方があります。

むしろ、リボンを結ばず、そのまま垂らしてしまうのもお洒落に見えて良いでしょう。

大きすぎるリボンは目立ちすぎてファッションとしてもアンバランスになってしまうことが多く、合わせるのが難しいかもしれません。

ボリューム感は大きすぎない程度に結ぶことで可愛らしさが増すことでしょう。

周囲とは一風変わった前リボンで注目される対象になるかもしれませんし、日常の印象も変わるはずです。

ぜひ、ニットへの一工夫で日常を楽しんでみましょう。

同じニット、同じリボンの印象を変える結び方!ポイントをアドバイス

蝶々結びは一般的に知られている簡単な結び方の一つですが、実は蝶々結びは綺麗に結ぶことが難しい方法です。

上手く綺麗に結べない場合は、片結びでリボンを作って、残りは垂らして、ニットに合わせてあげると綺麗に見えますのでオススメです。

また、体の真ん中にリボンを作るだけでなく、真ん中よりも少し横にずらして結び、両端を垂らしてみてもお洒落に見えます。

リボンを作る紐がシワを作りやすい素材の場合、シワを残したままにすると少しお粗末なファッションになってしまいますので、しっかりアイロンを当てて綺麗な状態にしておきましょう。

同じニット、同じリボンでもアイデア次第で様々なバリュエーションを楽しむことができます。

一つ工夫を凝らしながら楽しんでみましょう。

工夫次第で大変身!ニットに一手間加えておしゃれに着こなそう

ニットをお洒落にするためのさまざまなリボンの結び方をご紹介しました。

ついつい新しい物を買いたくなりがちですが、予算が追い付かず諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか?

ニットやリボンの結び方のアレンジだけであれば費用もかかりませんし、リボンだけなら100均でも揃えることができます。

リボンの結び方一つでシンプルなニットも、お洒落なニットに大変身させることができます。

マンネリ化した着こなしに一工夫を加えて、ワンランク上のファッションを楽しんでみてください。