メンズ必見!ジーンズに合わせるベルト選びでは色味も大切!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フレア&タイトスカートが似合わない原因と対処の仕方!

スカートは周囲に女性らしい印象を抱かせてくれるアイテムで、毎日のようにスカートを身に着けているな...

ニットアイテムを上手に使った大人女性の上品な色気コーデ!

「色気のある○○」と形容される言葉を耳にしますが、抽象的でイメージのわきにくい印象ですよね。...

さらりと巻くストールはおしゃれなメンズの冬用アイテム!

おしゃれなメンズの間で、ストールが流行しています。何気ない服装でも、そこにストールを加えるだ...

ジーンズの股下がすぐに破れてしまうのは何とかできるのか?

ベストジーニスト賞とまではいかなくても、お洒落にジーンズを履きこなしていたいですよね。「...

シーズン問わず大活躍のコート!レディースの人気色はこれ!

女性のオシャレに必須アイテムのコート。色とりどりの、おしゃれなレディースコートが溢れてい...

おしゃれなペンドルトン!ネイティブアメリカン柄が人気!

「ペンドルトン」というブランドをご存知でしょうか。ペンドルトンはアメリカのオレゴン州で19世...

スカートは人気のレディースアイテム!その歴史と変遷を紹介

レディースのファッションに欠かせないアイテムといえば、スカートではないでしょうか。スカートの...

レギンスは冬にこそ穿くべき!「寒い」はコーディネート次第

レギンスはあたたかく、楽ちんですし、おしゃれなものも多いです。「冬は、レギンスよりタイツやパ...

大人のニット帽コーデ!30代からのニット帽おしゃれ活用術

「ニット帽をつかったコーデは若い子たちがするもの…」と思い込んではいませんか?実はそのような...

レギンスをコーデに取り入れて損なし!50代のこなれコーデ

女性だからこそ楽しめる服といえば、ワンピースやスカート。しかし、年齢と共に微妙に体のラインが...

ダウンはネイビーが定番カラー!おすすめの着こなし術は?

冬の到来と共に、存在感を示してくれるのが最強のアウターと称されるダウンかもしれません。メンズ...

ジーンズに革靴を合わせるのがお洒落!特に茶色がおすすめ!

カジュアルを代表するアイテムといえば「ジーンズ」が真っ先にあげられるかと思います。それ程まで...

おしゃれなトップスもボトムスも手に入る人気メンズブランド

おしゃれでかっこいい男性を見かけると、「どこで洋服を買いそろえているのだろう」と思うことがありま...

ストール使いのコートスタイルでコーディネートの幅をUP!

秋冬のお洒落の定番となるコートですが、自然とヘビーローテーションとなってしまいます。これによ...

メンズジャケットを着こなすためには着丈と身長に注意しよう

ジャケットは、メンズファッションになくてはならないものです。秋から春にかけてのアウターの定番...

スポンサーリンク

ジーンズに合うベルトとは?

「ジーンズに合うベルトとは?」

一見単純な質問ですが、実はその答えは意外と興味深いものなのです。

ベルトは男性ファッションにおいてはとても重要な役割を担っていて、このベルト一つでファッションイメージががらりと変わってしまうこともあります。

そんなベルトですが、ジーンズとの相性は素晴らしく、リーズナブルなジーンズでもベルトの着用で随分とレベルアップしますしお洒落度も高くなります。

ベルトと簡単に言ってしまいますが、形状や素材、装飾、色味などで雰囲気が随分と変わってしまいますね。

このように、ベルト一つでジーンズのイメージ、いやファッション全体のイメージを大きく変えることができるのです。

ベルトはジーンズファッションを決める上でマストアイテムなのですね。

ここで、冒頭の疑問に戻りましょう。

この答え、実は簡単で「ジーンズにはどのようなベルトも合います」となるようです。

奥深いとしたのは、どのようなベルトも合いますが形状や素材、そして色味でイメージを変えることができるところにあります。

形状や素材はもちろんですが、同じものでも色味が異なるだけでも印象が変わってしまうところも注目ですね。

濃いめ茶色や黒色のメッシュベルトはジーンズ以外にも使える万能選手!

まずは、「必ず一本は持っておきたいベルト」という観点から、ベルトについて考えてみましょう。

それには「濃いめの茶色か黒色のメッシュベルト」が、ジーンズはもちろんコットンパンツなど、何にでも合わせやすいのでおすすめです。

さらにカジュアル、フォーマルも問わずに使うことができる万能選手ですね。

これらのことから、この「濃いめの茶色か黒色のメッシュベルト」は、一本持っておくと如何なるファッションコーデにも合わせることができるので便利です。

茶色か黒かの選定は、これは好みが強くなりますし、正直なところどちらでも上手に使い回しができます。

敢えて選定基準を考えるとすれば、カジュアル傾向が強ければ茶色を選び、フォーマル傾向が強ければ黒を選ぶということかもしれません。

仮に、ジーンズをジャケパンスタイル(ジャケットを羽織る)でコーデするなら、濃いめ茶色のメッシュベルトを使うと非常にお洒落で映えるでしょう。

メッシュベルト選定時の色以外の留意点!

前項で、ジーンズはもちろんですが、あらゆるコーデに重宝する万能ベルトとして「濃いめの茶色か黒色のメッシュベルト」をご紹介しました。

一本は持っておくと、非常に便利に使い回しをすることができます。

さて、このメッシュベルトですが、色以外には選定時に留意しておく点はあるのでしょうか。

【太さを確認】

これは全てのベルト選定時の当たり前のことですが、お持ちのパンツのベルトループにベルトが通らなければ意味がありません。

メッシュベルトには様々な形状がありますので、こちらは必ず確認をしてください。

因みに男性のベルトの場合に、その幅は3センチ程度が基準となるようです。

そして、ベルトループに通るのであれば、見た目の印象も考慮しましょう。

細ければシャープでドレッシーとなり、フォーマル向けになります。

反対に太ければカジュアル傾向に傾きがちです。

【ベルトの厚みもチェック】

ベルト選定時に意外と重要となるのが、このベルトの厚みです。

薄くてペラペラなものだとチープさはもちろんですが、耐久性も悪く、見た目にもあまり好印象とはなりません。

ある程度の厚みのあるものを選ぶことをおすすめします。

【良質なものを選ぶ】

これは上述の厚みともリンクしますが、せっかく一本は持っておきたいメッシュベルトをチョイスするのですから、ある程度の品質のものはおさえておきたいですね。

コストパフォーマンスを考えると、ある程度良質のものを長く使う方がベターです。

また、長く使うことで味や趣となってあらわれてくるので、結果的には良い買い物をすることになります。

以上の点に留意してベルト選びを行いましょう。

色も豊富なレザーベルト!ジーンズコーデもお洒落度がアップ!

ベルトはもちろんですが装飾関連の場合に、革製品はグレードが格上げされますね。

ベルトでも、革製品のレザーベルトは非常にお洒落で高級感があります。

また、レザーベルトは前述のメッシュベルト同様に使い回しも効くので、持っていると重宝します。

もちろん、ジーンズとの相性は抜群になります。

レザーベルトと聞くと、「ごつい茶色の如何にも」というベルトを想像しがちですが、今はデザインも色味もバリエーションが豊富に揃っているので、とてもお洒落なアイテムなのです。

特に、レザーのデザインベルトであれば、フォーマルはもちろんカジュアル面でも非常に素敵な表情を見せてくれます。

【黒ジーンズにレザーのデザインベルトを合わせてみる】

黒のジーンズにレザーのデザインベルトを合わせるのも個性的でお洒落です。

デザインベルトはパープルとレッドの2トーンカラー、ベルトマーク効果でお洒落度がグンとアップします。

こんな風にお洒落に遊ぶことができるのも、レザーベルトのメリットですね。

【グレーのジーンズに黒のレザーベルトを合わせてみる】

グレーの渋めジーンズに、男の定番黒のレザーベルトを合わせてみてもお洒落ですね。

トップスに黒のTシャツをタックインして着こなせば、男らしい統一感のあるカジュアルコーデが完成です。

レザーベルトの場合には、ジーンズを選ぶことはありませんので、黒や普通のインディゴジーンズでも問題ありません。

ジーンズとベルトを色で合わせてみる!

続いては、ジーンズとベルト、それぞれの色の組み合わせを見てみましょう。

前述のように、ジーンズには基本的にどのようなベルトでも合います。

そんな中でも、鉄板となるお似合いのカラーコーディネートを参考までにご紹介いたします。

【意外に白ベルトはお洒落に映える】

白いベルトの場合には、黒のジーンズとコントラストを楽しむのがおすすめです。

素朴に感じる黒のジーンズが、白のベルトで明るさがくわわりお洒落に映えます。

また、黒のジーンズ以外にも、淡い色合いのジーンズとの相性はナチュラル感があり良いですね。

黒ジーンズの場合とは異なり、コントラストではなく馴染み感がポイントになります。

この場合には、トップスにも薄めの色を持ってくる方がより自然に感じられます。

【白のジーンズには茶色のベルト】

普段使いでは存在感の薄い茶色のベルトも、白のジーンズと合わせると存在感が一気にアップします。

トップスに青のデニムシャツを合わせれば鉄板コーデが完成しますね。

【カラーベルト】

●赤色のベルト

男性仕様で赤ベルトは正直意外ですが、ジーンズにTシャツなどのシンプルコーデの場合には、差し色としてお洒落に輝きます。

●青色のベルト

「青に青?」と思われるかもしれません。

しかし、淡い色のジーンズや白のジーンズには爽やか青色ベルトが映えるのです。

あまり利用者が少ないからこそ、楽しめるお洒落ですね。

●黄色のベルト

青と黄色は元々相性が良いのですが、淡い色のジーンズであれば黄色の爽やかさがさらにアップしてお洒落に映えます。

小物と合わせたベルト選び!

ジーンズに合わせるベルト、最後にご紹介するのは靴やバッグなど小物と合わせたベルト選びになります。

小物に合わせるというのは、素材感や色が主となります。

実はこれ、無意識に施している方が非常に多いようですね。

靴やバッグが黒であればベルトも黒にしたり、革製品であればベルトをレザーにしたりとするもので、多くの方が経験しているのではないでしょうか。

しかし、これは結構お洒落コーデとしては重要で、同色にすれば差し色が散らばらないので落ち着いて映ります。

また、素材感を合わせると、こちらもばらつき感をおさえることができるので、落ち着いたコーデに仕上がりますね。

カジュアル感を強めに出せるような際には、キャンバスシューズに布製のベルトで統一感を出すのもおしゃれです。

もう少しフォーマルな場合には、革靴にレザーベルトやメッシュベルトを合わせると、こなれたさりげないお洒落を演出できます。

これを意識すると、ベルトはもちろんですが、バッグや靴にもお洒落コーデの意識が傾けられるので、結果的にトータルコーディネートのクオリティも向上します。

シンプルですが、このコーデ方法も選択肢の一つに入れてみてください。

マッチしたベルトでジーンズをランクアップ!

今回、ジーンズに合わせて楽しめるベルトについてご紹介しました。

愛着あるジーンズを普段使いで輝かせたいからこそ、ベルトを着用する必要があるようです。

お洒落に格好良くジーンズを穿きこなすためには、ベルトは必須アイテムです。

マッチしたベルトを選んで、愛着あるジーンズをランクアップさせましょう。