デニムをおしゃれにする決め手!パンプスの色をチョイス!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンはネイビーが定番カラー!おすすめの着こなし術は?

冬の到来と共に、存在感を示してくれるのが最強のアウターと称されるダウンかもしれません。メンズ...

ジャケットで決まる!?フォーマルな場でのキッズを好印象に

フォーマルな場にキッズを連れていく時には、どのような服装をさせるべきか迷うものです。また、フ...

定番スカートは膝丈が無難!?膝から何センチがお洒落?

年齢を重ねるごとに「なんとなくスカートが似合わなくなった」と感じる人も多いのではないでしょうか。...

国産デニムの人気が熱い今、メンズにおすすめのブランドは?

世代や性別を問わず、定番のカジュアルアイテムとなるのがデニムです。ほとんどの方がお持ちのファ...

ジーンズに補修を施す!破れた場合には当て布でリペアーを!

ジーンズと長く付き合うとなると、途中に何度も訪れるのが破れなどの補修作業です。これを乗り越え...

メンズのテーラードジャケットコーデ!ネイビーが知的で上品

メンズのテーラードジャケットは着回しができるため、おすすめです。カジュアルコーデであっても、...

コート+パーカー+マフラーのあたたかコーデはダサくない!

コート・パーカー・マフラーはそれぞれ単品で、コーデの主役となるアイテムたちです。しかし、...

ダウンベストとパーカーの重ね着でメンズコーデもバッチリ!

なかなかお洒落アイテムとして登場する機会が少ないダウンベスト。使い勝手とそのコーデに頭を悩ま...

制服&セーターでおしゃれに!学生に人気のブランドをご紹介

中学生や高校生は、ルールを守っておしゃれに制服を着こなしてスクールライフを楽しみたいですよね。...

カーディガンは黒と紺どっちを選ぶ?似合う・似合わない問題

黒の服と紺の服、どちらが自分に似合うか悩んだことはありませんか?カーディガンの他にも、コート...

ジャケットとパンツは色の組み合わせ次第でお洒落が決まる!

ジャケットとパンツを組み合わせるジャケパンスタイル。カジュアル感が強いですが、最近ではビジネ...

デニムガウチョは優秀!夏におすすめの着こなしをご紹介

デニムは春夏秋冬問わず、一年中で活躍する素材です。なかでも夏はレジャーを楽しむ機会が...

ニットアイテムを上手に使った大人女性の上品な色気コーデ!

「色気のある○○」と形容される言葉を耳にしますが、抽象的でイメージのわきにくい印象ですよね。...

メンズ必見!ニットの選び方やアウターとの合わせ方をご紹介

寒い時期になると、多くの店ではニットが出回ります。着ることでメンズが魅力的に見えるニットがあ...

万能アイテム・スウェット!無地を選べばキッズの魅力アップ

キッズが着ていることの多いアイテムとして、スウェットが挙げられます。また、その中でも無地のも...

スポンサーリンク

若者向け!デニムとパンプスの色はこれで決まり

デニムはスキニータイプも幅広タイプのデニムでもどちらでも可愛く演出ができます。

若い方は、デニム+ス二ーカーが似合うお年頃です。

パンプスは、少しアダルトな大人の女性の靴のイメージがあるからです。

選ぶ時は黒などの落ち着いた色が、若さ溢れる魅力を引き立ててくれます。

「黒は地味すぎない?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

黒っぽい色でも、リボンなどの装飾品をつけた可愛らしいものも揃っています。

特別なお出かけの時には、パンプスが一足あれば重宝しますね。

少し落ち着いた色目のパンプスでヒールの低いものが可愛らしさを演じます。

フレッシュな若々しさと、足元の少し大人びた色が調和し、きれいな仕上がりになります。

普段使いにスニーカー、特別な一日にパンプスで、シチュエーションにあわせた足元の完成です。

若者と大人の境!デニムときれいなパンプスの色の組み合わせ

二十代ともなればパンプスが似合い始める年齢です。

デニムの色は十代の人と同じくどの色も、どの幅のパンツを選んでもきれいに演出する事ができるでしょう。

幅広タイプのパンツは、若い人向けのソフトな印象を与えます。

パンプスの色は、原色よりも少し淡い目の色の方が全体的に優しく映えます。

しかし、ライトブルーのデニムにソフトなパンプスの色との組み合わせは、全体がソフトなかたまりになってしまうので、どちらかを強めの色にしてインパクトが出るようにしましょう。

パンプスの色は、自分をどのように演出させたいかによります。

少女のようにあどけなく演出したいならば、ブルーデニムやソフトブルーデニムに、黄色・ピンク・茶色などのパステルカラーの組み合わせ。

緑は遊び心ある演出ができます。

キャリアウーマン風に見せたいなら黒、赤、白、紫などがおすすめです。

二十代だからこそ、色の冒険を楽しむことができる貴重な時期ですね。

その日の気分に合わせ思いっ切り、自由な組み合わせを楽しんでください。

ミセスにはいてほしいデニムとパンプスの色の組み合わせ

子育てに忙しい毎日を送っている日々は最も充実している毎日でありながらも、自分のおしゃれは毎日忙しい為に後回しになりますね。

自分のことには気が回らないといった方も多いでしょう。

しかし、子供とのお出かけには5分だけでも自分のための時間を取るようにしましょう。

今日の自分の気持ちをデニムの色で表現して、一番好きなパンプスを組み合わせてお出かけしてみましょう。

気が落ち込んでいる時には思い切って明るめのパンプスをチョイス。

視覚から得られる、色が与えるパワーは大きいようです。

ポイントで何か一つ、お気に入りの色を取り入れることによって気分が晴れることがあります。

組み合わせを意識することも大事ですが、忙しい時は好きな色を身にまとえば元気づけられることがあります。

健康な心理状態でいるためにも、自分の好きな色で、思い切った色の着用でお出かけをさらに楽しいものに変えましょう。

パンプスは、とっさの行動に対応できるようにヒールは低いものを選びます。

色は黒、足長効果のあるベージュまたはピンクベージュ、あと一足は自分のお気に入りの色を持っていると、どんな用事にもとりあえず対応は出来ます。

家族のためにも自分のためにも、身だしなみから元気とパワーを手に、健康なママで頑張ってください。

キャリアウーマンに!似合うデニムとパンプスの色の提案

キャリアを積んで毎日仕事に忙しくしている方にとって、デニムもパンプスもおしゃれアイテムの一つになっているはずです。

また、それが生活に潤いを与えてくれているのでしょう。

周りの羨望を集めている方は、ファッションリーダーとして見られているかもしれません。

デニムの色はどの色でもきれいに見えますが、積み上げてきた人生の深さを主張するかのようなインディゴブルーと、黒、赤、紫、緑などの鮮やかな色のパンプスがお似合いです。

デニムズボンの幅はスリムタイプかストレートタイプをチョイスすると一層上品に仕上がります。

幅広タイプのデニムであれば、ハイヒールパンプスで決めましょう。

デニムとハイヒールのパンプスで歩く姿は、自身のライフスタイルを主張するかのように優雅な絵になります。

パンプスはビジネスとフリーの時間帯で使い分け、自分だけのライフステージをエンジョイましょう。

グレーヘアの素敵な御髪に似合うデニムとパンプスの色

最近、街中を歩けばグレーヘアの方をよく見かけるようになりましたよね。

外国のブロンドヘアーの女優さんに匹敵するような美しさがあります。

グレーヘアが素敵な皆さんにも、是非デニムと個性的なパンプスでお出かけしていただきたいものです。

デニムは履き心地もよく、素材によって冬は暖かく、夏は涼しく感じられます。

利便性だけでなく長持ちしますので、おすすめのおしゃれアイテムの一つに入れてください。

髪の色に合わせデニムの色はブルー、もしくはソフトブルーのストレートタイプが上品に仕立てることができます。

よくあるスラックス感覚で違和感なくはけることもうれしいですね。

パンツの幅は好みにもよりますが、スキニータイプは体型がはっきりわかってしまうので、よほど自信がある場合を除いて避けた方が無難でしょう。

また、フレアタイプも太った感じを与えてしまい少しルーズな印象を与えかねません。

せっかくのきれいなグレーヘアーなのでパンプスの色は白、クリーム、ピンク、水色、若草色などを選ぶときれいにやさしく映えます。

何色かのヒールの低いパンプスがあればその日の気分次第でお買い物、食事会などに胸を張って出かけられますね。

こんなパンプスはいかが?

個性的なパンプスでは少し勇気がいりますが、パイソン本革(ヘビ皮)やワニ革を使ったパンプスは希少価値の観点から言ってもとても高価な商品になります。

これらの本革をこよなく愛する人はもちろんですが、キャリアウーマンの方や年齢を重ねた素敵なご婦人にあう上品なパンプスと言えます。

これらに合うデニムとしてはブルー、ソフトブルーなどのおとなしめの色です。

本格的なパンプスを引き立てて、より足元をきれいに見せてくれるでしょう。

季節は限られますが、バックスキンのパンプスもあります。

冬の寒いお出掛けの時に、バックスキンのパンプスが足元を暖かく見せてくれます。

装飾品のついた可愛らしいパンプスもあります。

リボンがついたパンプスはほどよいバランスで、自身の雰囲気の色を選べば、年齢に関係なく愛らしくはけるパンプスです。

少々無骨さが気になるという方は、リボンなどの装飾品つきのパンプスはいかがでしょうか。

お気に入りのデニムと好きなパンプスの組み合わせが一番

いくら色の組み合わせが良いといっても、自分が欲しくて買い求めたデニムとパンプスへの思いはひとしおです。

ソフトカラーのデニムには濃い色、淡い色のパンプスどちらでもうまく合わせることができます。

インディゴブルーのデニムにはそれに負けない色の鮮明なパンプスが似合います。

トップの服や小物などのトータルコーディネートで、より自分らしく自信を持って、自分のステージを演じてみてはいかがでしょうか。