スカートのベルトの使い方しだいで、印象は大きく変わる!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

意外と簡単!デニムのブリーチ加工を自宅で行う方法を紹介!

デニムには使い古したユーズド感やビンテージ感を表現するために、様々な加工方法があります。本来...

スカートにトップスインしたいけど似合わない!どうしよう?

近頃は、スカートやパンツのボトムスにトップスをインするコーデが流行ですよね。店頭に並ぶアイテ...

ウェーブタイプをもっとかわいく!おすすめサマーコーデ

みなさんは「骨格診断」をご存知ですか?骨格診断とは、個人の骨格や肉付きのタイプを3つに分け、...

このアウターがおすすめ!冬に人気のメンズ向けジャケット!

冬は重ね着をすることが多く、アウターがコーディネートの中心となります。メンズ向けの冬用アウタ...

ニットの寿命って何年?長持ちさせる方法をご紹介!

年間通して活躍する「ニット」ですが、寿命が何年くらいかご存知でしょうか。洋服にはそれぞれ寿命...

あか抜ける!「ニット帽」を取り入れたコーディネート〈冬〉

冬のおしゃれアイテムといえば、どんな服装にも合わせやすい「ニット帽」が思い浮かぶでしょう。か...

スカートを赤色のロング丈で合わせる!どんなコーデが正解?

赤色のロングスカートを合わせることで、コーデの印象が随分と華やかに変わります。それほどまでに...

ひと手間でおしゃれに変身!ジーンズのブリーチのやり方!

ジーンズが好きな方のなかには「自分で好きなようにブリーチをしてみたい」と思う方がいるのではないで...

自分らしさを表現!コートやマフラーの色で差がつくワザ

冬の装いに取り入れたいコート、マフラーといったアイテムの色はどのようにコーディネートしていますか...

シャツの着こなしがコーデのポイント!冬ならこう着こなそう

シャツは、季節を問わずに着用できるファッションアイテムです。春は爽やかに、夏は涼しく、秋は華...

レディースコートブランド特集!人気の高級ブランドはどれ?

秋冬のレディースファッションにおける主役となるのは、コートです。防寒などの機能性はもちろん、...

ストールはオシャレのアイテム、男性らしい巻き方をご紹介!

男性の中にはストールはオシャレだと感じていても、女性だけのアイテムと思っていたり、マフラーとの使...

ジャケットをオーダーメイドで!東京近郊でオススメのお店

ジャケットが欲しいけれど、自分の体型に合う気に入ったものがなかったら、どうしますか。スーツ専...

お洒落なスカートは生地で決まる!夏を楽しく過ごしましょう

女性なら誰もが憧れるスカートは、女性らしさを最大限に表現できる特別な存在です。特に夏のスカー...

ジャケットを夏コーデに取り入れよう!おすすめ素材もご紹介

コーデがいまいち決まらない、という時に大活躍なのがジャケットではないでしょうか。さっと羽織る...

スポンサーリンク

学生の時どうしてた?スカートの折り方とベルトの使い方!

学生の時のスカートの折り方とベルトの使い方には、人によって個性が出ていましたよね。

一般的に学生の時のスカートベルトの使い方は、スカートの長さを調節してからベルトを使います。

しかし問題はそのスカートの折り方で、これを間違ってしまうとキレイにスカートのプリーツが出ません。

他にもベルトを隠すために上着を着なければならない、ずれやすいと言った難点もあります。

それでもスカートベルトは、カンタンにスカートの丈を短くできるので、人気が高いアイテムです。

制服のスカートでスカートベルトをするときは、通常は好きな丈までスカートを上げてから使う人が多くいます。

ここで使いたいのがスカートの折り方への工夫です。

まずスカートを普通に履いて、プリーツがきちんとなっていることを確認、調整をします。

できたらスカートのウェスト部分一周折ってから、もう一度鏡で確認してベルトをします。

この方法でスカートベルトを使うと、ベルトも落ちにくくなるので、好みの丈にスカートを折ってから使いましょう。

スカートベルトを使うときに折ったことが無い人におすすめの方法です。

基本はすべての要!スカートベルトの基本的な使い方を知る

大人のスカートベルトは、サッシュベルトや細ベルトなどの名前で販売されていることがあります。

サッシュベルトは柔らかく、太めのデザインになっているベルトを指し、最近人気になっているベルトです。

一方細ベルトは、名前の通り細いデザインのベルトで、スカートとセットの使い方が多いベルトです。

どちらのベルトもファッションとして見せるためのベルトになっているので、服の上から装着するのが基本です。

合わせたい服を着た後、ベルトをウェストに通してベルトを固定すれば完成となります。

学生のときとは違い、上着で隠す必要がないので、コーデの幅が広がりますね。

ベルトを固定する方法はベルトの種類によって異なりますが、基本的には全て同じです。

アクセサリーとして使用するベルトの場合は、ベルトそのものが取り付け式のデザインになっていることもあります。

取り付け式のベルトの場合は、ベルトとしての機能はほぼないと考えて、服装を選ぶ必要があります。

サイズが大きくて落ちてきてしまうスカートやパンツに合わせることは、機能的にムリだと考えていいですね。

スカートベルトを選ぶ方法!見せるか見せないかで変わる

スカートベルトの選び方は見せるか見せないか、そして身につける服によって変わってきます。

見せないのであれば「履いているものが固定できればいい」でも良いのですが、見せる場合はそうはいきません。

見せるベルトを選ぶ場合は、必ず使うスカートやパンツ、もしくは小物に合わせることが必須条件です。

またビジネスでも併用する場合は、細めのデザインを選びます。

太いデザインはどちらかと言えばカジュアル寄りのファッションなので、ビジネス用スーツには合いません。

プライベートでの使い方の場合は、自分が普段身につけることが多いファッションの、アクセントとしてベルトを探します。

より女性らしいスカートなどと合わせる場合には、ウエストをより強く見せるベルトを使って、ゆったりとさせましょう。

また細く長めのベルトでは、結び方や身につけ方のコツを知るだけで、同じベルトでも印象を変えることができます。

「たくさんのおしゃれをしたいけど、予算がない…」という場合には細いベルトにすると、応用がしやすくなりますよ。

ベルトの使い方を知れば、ファッションはもっと進化する!

先程、スカートベルトに細く長めのベルトを使うと、結び方や使い方を変えることで、印象が大きく変わるとお伝えしました。

近年、細く長いベルトをウエスト部分に巻いて細さを強調したり、やわらかく結んだりという使い方がされています。

すぐできる結び方には、留めて余ったベルト部分を上から下、下から上に通してバックルに差し込む方法があります。

一部がカタマリになるイメージですので、カタマリ部分をアクセサリーのように使うと考えていいでしょう。

他にウエストで短く収まるベルトを使って、しっかりとした印象を与えることもできてしまいます。

細いベルトだけでなく、太いベルトでもできますので、同じ結び方でも印象を大きく変えることが可能になりますよ。

他にも細いベルトでは、トップスの上から巻く、ゆるいボトムやスカートに合わせるという使い方もできます。

一方太いベルトのほうには、サッシュベルトやコルセットベルトなど、単品でコーデの一部になるベルトが多くあります。

ワンピースや丈の長いシャツと合わせるだけで、十分バリエーションが広がるのが特徴です。

またリング付きの太いベルトは全身同系色の中にプラスするだけで、ワンポイントになります。

太いベルトはそのまま、ベルト自体のデザインを活かしたコーディネートに組み合わせましょう。

100均でも買えちゃう!使い方次第でスカートベルトに!

便利なスカートベルトですが、こだわったデザインになるとお値段も相応になります。

単純にスカートの丈を上げるだけの使い方をしたい場合には、ちょっと手が出しにくいのです。

そこで活用したいのが100円均一ショップです。

当然、ほとんどの商品が100円と消費税で購入できてしまいます。

こだわりがなければ普通の男性用ベルトでも代用できてしまいますが、サイズの問題もあります。

今ネットでは、100円均一ショップで購入できるスカートベルトとして、ゴムベルトが注目を集めています。

スカートにこだわらず、パンツでも使えますし、サイズが異なる人のほとんどが使えるという嬉しい部分も。

どちらも見た目で選ぶことができるので、ちょっとしたおしゃれに挑戦したい場合にも使えます。

ゴムベルトは、ベルトループが無い女性用の制服でも、ずれ落ちることがほぼありませんよ。

スカートベルトの代用品の使い方!使うのはまさかの紐!?

スカートベルトで他に使えるものとしては、ゴムの他にも紐を使う方法があります。

スカートを固定する目的で使うのであれば、ビニールテープなどでもできないことはありません。

制服のスカートの丈を調節したい場合は、ゴム紐を使ったほうが、使い勝手も使い方もわかりやすいのです。

しかし、大人のファッションや、ベルト部分が見えてしまう場合は困りますよね。

ここで使う紐というのは、スズランテープなどではなく、コートや普段着についている紐です。

使い方もベルトを本体から外して、そのままスカートに付けるだけですよ。

長い時間つけたままの場合、履いている服の色が紐にうつってしまう場合もあります。

実際に使う場合には、できるだけ擦れないように固定する方法や、早めに取り外すといった処置をしてくださいね。

スカートベルトも使い方しだいでファッションが変わる!

スカートベルトと一口で言っても、使い方もデザインも多種多様です。

実際に自分が持っている服装との組み合わせ方で印象も変わります。

ベルトを見せるか見せないかだけでも、選び方は重要ですね。

見せる場合は細いベルトほどビジネスの時に、太いベルトほどカジュアルな時に使うのに適しています。

最低でも太さによって使えるシーンが変わるということだけは覚えておきましょう!