スカートの静電気が不快!防止や排除の方法は何があるの?

頻繁にスカートを身に着ける女性の方は、一度はスカートの静電気にお困りになったことがあるかと思います。特に寒くなってくると、スカートにストッキングやタイツを合わせて履く機会が多いですし、空気が乾燥状態になってしまっているため、どうしても静電気が発生してしまうケースが多いのですね。そこで、今回はそんな不快な静電気を前もって防止する方法や、困ったときの排除方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

足を細く見せるレギンス!夏は白でおしゃれにコーディネート

夏場、ふわっとしたロングTシャツの下に何を履きますか。ジーンズは暑い、スパッツは短すぎる、ス...

スカートにフレアーをチョイス!オシャレ見えなのはロング丈

スカートはレディースならではのオシャレアイテムです。そのスカートも種類がたくさんあって、選ぶ...

シャツを爽やかに着こなす鉄則!メンズのおしゃれに必見

メンズのカジュアルなシャツは、四季それぞれのデザインでバリエーション豊かに揃っています。お手...

簡単にできる!カーディガンにできた毛玉の正しい取り方とは

カーディガンなどのニット類は、気がつくと毛玉ができていることが多いです。毛玉がついたままでは...

ダウンで冬を暖かく!パタゴニアキッズのおすすめをご紹介

アメリカ発のアウトドアブランド、パタゴニアは世界的にその名を知られています。アウトドアブラン...

シャツでのレディースコーデ!春に映える種類や合わせ方は?

春は、シャツを合わせたレディースコーデが最も映える季節かもしれません。春らしいふんわりとした...

スウェットのインナーとしてフリルネックを合わせるコーデ!

カジュアル感の強いスウェットのインナーに、フリルネックアイテムを合わせるレディースコーデが、おし...

定番スカートは膝丈が無難!?膝から何センチがお洒落?

年齢を重ねるごとに「なんとなくスカートが似合わなくなった」と感じる人も多いのではないでしょうか。...

パーカーは色味?サイズ感?レディースコーデでのポイント!

暖かく動きやすいパーカーは非常に便利なアイテムで、ほとんどの方が一枚はお持ちなのではないでしょう...

スカート&靴下を大人っぽく決める!40代におすすめのコーデ

最近、スカートに靴下を合わせるコーデが、大人女性の間でも流行しています。スカート&靴下コーデ...

デニムの「サルエルパンツ」大人のメンズの穿きこなし方

股上が深く、股下がゆったりしていることから、「脚が短く見える」と言われている「サルエルパンツ」で...

スカートがブルーの場合のおしゃれな全身コーディネート!

スカートを穿きたいけど、いつもパンツばかり穿いているのでどんなスカートを選んでコーディネートした...

スカートの生地が重要!冬はスカートでおしゃれを楽しもう

普段からスカートが好きで、よく着用するという女性は多いでしょう。暖かい時期はあまり気...

ライダースを着るメンズファッションは本革にこだわる

ジャケットといえばテーラードジャケット、コーチジャケットといった、ライトなものを思い浮かべるかも...

ジーンズを当て布でおしゃれに変身!縫い方も大事な工程!

ちょっとした動きだけでジーンズが破れてしまった経験がある方もいらっしゃいますよね。ダメージジ...

スポンサーリンク

どうしてスカートに静電気が発生してしまうのか

よくスカートを履いているという女性の方は、寒い時期になってくるとスカートにストッキングやタイツを合わせて履きますよね。

そんなときに気になるのが、スカートがストッキングやタイツにくっついてきたり、ひどい場合は上のほうに上がってきてめくれそうになってしまったりするという現象ではないでしょうか。

実は、この現象のもととなっているのは「静電気」なのです。

では、どうしてスカートに静電気が発生してしまうのでしょうか。

まず、ひとつめの条件として挙げられるのが、「空気が乾燥状態にある」という点です。

乾燥対策に加湿器を使用している方も多いと思いますが、寒い冬場は特に、空気が乾燥状態に陥っています。

ふたつのめ条件として挙げられるのが、「摩擦が発生している」という点です。

どこに摩擦が発生しているのかというと、具体的は「スカートとストッキングやタイツの間」で、生地どうしが擦れあっているのです。

生活するうえでどうしても摩擦は発生してしまいますから、仕方のないことだといえるでしょう。

以上の条件がそろうと、スカートに静電気を招く引き金となってしまうので、何とか防止したいものです。

「素材」に着目することはスカートの静電気防止に役立つ

前項で挙げたように「空気が乾燥状態にある」ことに加えて「摩擦が発生している」という場合であると、静電気が発生する引き金となります。

この項でスポットを当てて考えていきたいのは、以上のうち「摩擦」のほうです。

なんと、スカートやストッキング、タイツの素材が、静電気の発生に深く関係しているとのことです。

そもそも、材質はそれぞれ、プラスの電気を帯びるものとマイナスの電気を帯びるものがあります。

そして、プラスに帯電するものとマイナスに帯電するものが擦れあったときに、静電気が溜め込まれるのです。

つまり、プラスに帯電するものとマイナスに帯電するものが擦れ合わないようにすれば、静電気が発生することはありませんから、防止に繋がりますよね。

そこで、重ね着をする際にはプラスに帯電するものとマイナスに帯電するものを合わせて着ないように気をつけてみましょう。

スカートやストッキング、タイツと一口に言っても、いろいろな種類の素材でできている製品が販売されていますよね。

ですから、どのような素材がどちらの電気を帯びやすいのか、また、合わせ着しても問題がない素材は何なのかを知っておくと、静電気防止に役立ちます。

例を挙げると、ポリエステル素材でできたスカートはマイナスの電気を帯びることから、これと同じくマイナスの電気を帯びる素材でできたストッキングやタイツを選択するのが賢いですよね。

ポリウレタン素材でできたストッキングやタイツであればマイナスの電気を帯びるため、これらを組み合わせても問題は発生しません。

参考までに、ウールやナイロンはプラスの、ポリエステルやポリウレタンはマイナスの電気を帯びる性質がありますよ。

不快なスカートの静電気!基本的な防止法をおさえる

オシャレに敏感な方やスカートを愛用しているという方は、季節問わずにスカートを身に付けたいというのが本音ですよね。

もちろん、静電気が気になる冬場などの時期にも着用したいものです。

そこで、ここからは不快なスカートの静電気に悩まされないように基本的な防止法をお伝えしていきます。

まずは、「静電気防止スプレー」と呼ばれる便利なスプレーを使用することをおすすめします。

こちらはスカートに現れる静電気防止策として人気が高い製品ですね。

サッとスプレーしておくだけのお手軽な方法ですが、1日中効果が持続するとの声もあり、頼りになりそうです。

鞄にしのばせておくこともできるミニサイズの製品もあるので、外出先でも気兼ねなく使用可能ですね。

理想的な使用方法としては、スカートの裏面→外面へと付けていくことです。

また、スカートにまんべんなくスプレーを使用するのがポイントです。

除菌スプレーもスカートの静電気防止に有効!?

先ほどは、スカートの静電気防止策として「静電気防止スプレー」の存在をお伝えしました。

こちらの製品は静電気防止のために作られたものですから、使用方法を間違えなければ抜群の働きが期待できますよ。

一方で、静電気対策用のアイテムではないにもかかわらず静電気防止効果が期待できるとの情報が寄せられているスプレーがあります。

それは、意外かもしれませんが「除菌スプレー(洋服用のもの)」です。

お家にひとつは持っているという方も多いのではないでしょうか。

除菌スプレーは名前の通り、除菌を目的とした製品ですが、どうしてスカートの静電気防止に役立つと考えられているのでしょうか。

それには除菌スプレーに含有される水分が深く関わっています。

静電気が発生しやすい条件として「乾燥している」を挙げましたが、スカートに水分が付着して湿り気を帯びると帯電していた静電気が空気中に放出されるのです。

このように、除菌スプレーには裏技のような意外な使い方もあったのですね。

ハンドクリームでスカートの静電気防止!これもひとつの方法

「ハンドクリームって手の乾燥を防止するものでしょ?」と思うのが通常でしょう。

こちらも裏技的な発想かもしれませんが、ハンドクリームでスカートの静電気防止が可能だといわれています。

ハンドクリームがどうして静電気防止効果を発揮してくれるのか、その秘密はとある成分に隠されています。

それは、グリセリンと呼ばれる成分で、大半のハンドクリームには入っているものです。

グリセリンは高い保湿性を持つ成分ですが、他にも静電気を排除する効果が期待できるのです。

スカートの静電気防止目的としてハンドクリームを使用する場合の理想的な使い方ですが、少量のハンドクリームをストッキングやタイツに馴染ませておいてください。

静電気防止の効果が持続する時間としては、8時間くらいを目安にしておくと良いでしょう。

ハンドクリームをこのような用途で利用できるなんて興味深い話ですよね。

防止ではなく今すぐ静電気を排除したい場合はコレ!

ご自宅にいる場合や、スカートの静電気防止アイテムを持参している場合なら話は別ですが、仮にそうではない状況下でスカートの静電気にお困りになってしまうというパターンもよく聞く話ですよね。

外出していて頼りになるアイテムを何も持参していない場合は諦めるしかないのかというと、そうでもありません。

以下の対処法を頭に入れておくのがおすすめです。

例えば、「スカートの裏面に水分を含ませる」というのが有効な手段のひとつでしょう。

ティッシュやハンカチなどに少量の水をつけて、軽く湿り気を与えるだけでずいぶん軽減されます。

他にも、「スカートのすそを掴んで離すことを繰りかえす」という方法も存在しています。

これだけで、スカートの静電気を解き放つことが可能なので、どうしても困ったときには試す価値はあるといえますね。

前もって静電気を防止する&排除法を知っておくのが◎

スカートに静電気が発生してしまうと、歩きにくいですし、違和感や不快感がありますよね。

やはり、スカートの静電気を招かないように前もって防止しておくことと、いざとなったときに行える静電気の排除法を知っておくほうが断然過ごしやすくなるかと思います。

なかには驚くべき方法で静電気を防止&排除していたものもあるかと思いますが、一度試してみることをおすすめします。