スカートがまとわりつく!静電気除去・防止の裏技とは

冬などにスカートを履いていると、いつの間にかスカートが足にまとわりついてしまうということはありませんか。このようになってしまう原因は「静電気」です。見た目も良くないことから、ストレスに思う方も多いのではないでしょうか。おしゃれを楽しみたい方にとってはどうにかしたい問題ですよね。当記事では、このようになったときの裏技・ならないための裏技についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メンズコーデ!セーターからシャツの襟を出すのがお洒落?

セーターとシャツを重ね着するコーデは防寒性も高まるうえに非常にお洒落と、機能性にファッション性を...

ニット素材の特徴を知ろう!もうセーター選びで失敗しない!

寒い冬に心地よい暖かさで包んでくれるのが、ニット素材で作られたモフモフのセーターですよね。同...

ダウンジャケットを購入するなら有名ブランドが断然おすすめ

ダウンジャケットは暖かく、そのうえ軽いので、とても人気のあるファッションアイテムです。...

おしゃれに欠かせない「ワンピース」人気ブランドをご紹介!

レディースファッションの代表といえば「ワンピース」ではないでしょうか。ワンピースは、デザイン...

デニムでデートは勿論アリ!冬のデートは特におすすめ!

お洒落な雰囲気が漂う秋冬のデートにおいて、女性の場合にはファッションのコーディネートに頭を悩ませ...

ガウン使いで春夏レディースコーデをお洒落にランクアップ!

春夏の季節は、合わせるアイテムが少なくなるのでコーデが難しくなります。そんな時に便利だと注目...

ストールで素敵な春コーデ!華やかなレディースの装いに

春の足音が聞こえてくると軽やかな装いで街へお出かけしたくなりますね。そんな時には、ふわりとし...

ニット帽をコーデに取り入れる!春のコーデにどう合わせる?

ニット帽は、季節を問わず使うことができるファッションアイテムのひとつです。ニット帽を上手に取...

セーターを着こなそう!グレー・ブラックのセーターコーデ!

冬の定番ファッションアイテムといえば、セーターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。...

ダウンに半袖が登場!Tシャツ感覚で使える着こなし方とは!

ダウンと言えば、当初は襟が大きく、全体的にもこもことするアイテムでした。しかし近年になってダ...

カーディガンを使ったレディースファッション!夏の活用法!

夏は暑い季節ですので、できるだけ薄着で過ごしたいですよね。しかし、建物の中に入った場合は、薄...

シャツを使ったコーディネート集!秋に着こなすポイントとは

秋に活躍するアイテムのひとつが「シャツ」です。とはいえ、秋にシャツを着こなすには、あ...

セーターのレディースコーデはシャツとの合わせがおすすめ!

秋冬になると役に立つアイテムと言えば、セーターですよね。しかし、セーターを使ったコーデ、なか...

パーカーをカップルで楽しもう!おすすめのブランドをご紹介

パーカーは、カップルで楽しむのにとても適したアウターです。なぜなら男女ともに似合い、販売され...

ジーンズを染め直してリメイク!黒ジーンズの活用術!

現在、黒いジーンズに人気が集まっています。黒いジーンズはどんな服装でもコーディネートしやすい...

スポンサーリンク

スカートが足にまとわりつくのはなぜ?静電気の原因とは

寒い冬にはたくさんの服を重ねて着ますよね。

そんなときには、高い確率で「バチッ」と静電気が起こります。

もちろんスカートも例外ではありません。

一体なぜ、静電気は起ってしまうのでしょうか。

静電気は、物体が擦れ合うことによって発生します。

また、特に静電気の起こりやすい冬は、発生しやすい条件がそろっています。

・何枚も服を着るため、摩擦が生じやすい

・空気が乾燥している

そして、そのとき着ている服の種類によって、静電気の起きやすさは変わってきます。

最も静電気が起きやすいのは、「ポリエステル・ウール」の組み合わせといわれています。

ポリエステルといえば、タイツなどでもよく使われている素材ですよね。

一方のウールは、その保温性の高さが人気で、冬にはウールのスカートを好んで履く方もいるでしょう。

ポリエステル素材のタイツとウール素材のスカートの組み合わせはとてもおしゃれですが、静電気が起こりやすいという側面もあるのです。

ちなみに、静電気は同じ素材同士であれば起きにくいですが、スカートとタイツの素材はこのように違うことが多く、静電気が発生しやすいです。

とはいえ、スカートとタイツは冬では外せない組み合わせです。

静電気を除去する裏技はないのでしょうか。

静電気を除去する裏技!スカートを絞る!

静電気の起こる原因についてわかったところで、その対策についても考えていきましょう。

実は簡単に行うことができる裏技がいくつかあるのです。

まずは、静電気が起きたらすぐにできる「スカートを絞る」という方法です。

やり方はシンプルで、静電気が起きたら、スカートの裾を両手で集めギュッと絞るだけです。

これを何度か繰り返すことで、スカートにたまった静電気を放電することができます。

一度絞っただけではあまり効果が得られないことがあるので、複数回行うことがポイントになります。

ただし、この裏技を試すときには注意が必要な場合があります。

それは、「スカートの生地によってはシワになってしまうことがある」ということです。

化学繊維の生地でできたものであればその心配は少ないですが、コットンなどであるとシワになりやすいので注意しましょう。

スカートの中にこれをスプレー!静電気除去

先述の「スカートを絞る」という裏技は、できればシワになりやすい素材では避けたいところです。

しかし、スカートの素材を問わず、静電気は起きてしまいます。

そのため、他の方法が必要になることもあるでしょう。

ところで、「髪の毛に静電気が起きてしまった」というときに、水を使って髪の毛を直すということはないでしょうか。

すぐに静電気が収まって便利ですよね。

実は、この水を使う方法は、スカートの静電気を抑えることにも使うことができます。

やり方は、100円ショップなどでも販売しているスプレー容器に水を入れて、スカートの中にスプレーするだけです。

静電気は、空気が乾燥していると起こることが多いです。

そのため、水をスプレーすることで、スカートの中で生じた静電気が水に引き寄せられ、足にまとわりつくのを解消してくれます。

しかし、髪の毛に水をつけたときと同様に、水が蒸発してしまうと再び静電気が発生してしまうため、その都度スプレーをする必要があります。

水をスプレーし過ぎて、濡れてしまわないように注意して行ってください。

寒くない!なでるだけでスカートの静電気を抑える裏技

水を使ったスカートの静電気を抑える裏技は他にもあります。

先ほどのスプレーを使った裏技ですが、「冬なのにスカートの中に水をスプレーするのは寒そう」と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かに、ただでさえ寒い冬に水をかけるのは寒そうですよね。

また、静電気のためにスプレーを常に持ち歩くわけにはいかない場合もあるでしょう。

このような場合には、「ハンカチ」が静電気の除去に使うことができます。

使い方は、手持ちのハンカチを湿らせてスカートをなでるだけです。

ハンカチは湿らせ過ぎず、スカートが濡れない程度で問題ありません。

このようにすることで、湿らせたハンカチに静電気が集まるので、寒い思いをせずにスカートがまとわりつくことを解消できます。

この方法も静電気が発生するたびに行う必要がありますが、なでるだけですので手軽に行えるでしょう。

これでスカートの静電気を防止!ハンドクリームを使った裏技

冬の時期は肌の乾燥も気になり、ハンドクリームが手放せないですよね。

実はこのハンドクリームも、スカートの静電気を抑える裏技に使えます。

静電気は、衣服がこすれることによる摩擦で生じることは述べた通りです。

これはつまり、摩擦を減らすことができれば、スカートが足にまとわりつくことがなくなる、ともいえます。

そこで、ハンドクリームを使って対策を施します。

まずは、いつものようにタイツとスカートを身につけます。

通常であればこのまま外出してしまうところですが、その前に手にハンドクリームを馴染ませ、そのままタイツをなでます。

タイツに厚く塗りこむのではなく、タイツが汚れてしまわない程度に薄く塗っていきます。

このひと手間を行うだけで、スカートの中に静電気が発生することを防ぐことができるのです。

外出中に静電気が発生してしまっても、この方法は簡単に行うことが可能ですので、「ハンドクリームはいつも持っている」という方は一度試してみてください。

おしゃれをしながらスカートの静電気を防げ!意外な裏技

スカートの静電気を抑える裏技は、水を使ったり、ハンドクリームを使ったりと実に様々です。

最後に、おしゃれをしながら静電気の発生を防ぐ裏技をご紹介します。

冬にレザー製のブーツなどを履く方もいらっしゃるでしょう。

実は、レザー製品というのは、静電気の対策にとても向いているのです。

レザー製品の中でも特に取り入れたいのが「靴底にレザーを使った製品」です。

その理由としては、このようなレザー製品を履いていると、自然に体内に溜まった静電気を地面に放電してくれるためです。

勝手に放電してくれるので、何もせずともスカートが足にまとわりつくということがなくなります。

また、靴底にレザーを使った製品でなくても、バッグや財布といったものから、ブレスレットのようなアクセサリーなど、それらでスカートをなでることで同じような効果を得ることができます。

そのため、スカートに限らずドアノブなど「バチッ」となりやすいところに触れる前に、レザー製品に触れておくと痛い思いをすることが減るでしょう。

裏技を使ってストレスから解放されよう!

冬場の乾燥による静電気は、スカートを身につける女性にとっては煩わしい思いをする原因になるでしょう。

静電気の除去を行う方法を知らなければ、とてもストレスになります。

しかし、ご紹介してきたように、スカートに起きた静電気は少しの工夫で簡単に除去・防止が行えます。

取り入れやすい方法を実践してみてください。