フレア&タイトスカートが似合わない原因と対処の仕方!

スカートは周囲に女性らしい印象を抱かせてくれるアイテムで、毎日のようにスカートを身に着けているなんて方も多いはずです。

一方で、「本当はスカートを身に付けたいのに似合わない気がするから…」と着ることをためらってしまう方もいらっしゃいます。

そこで、今回はスカートの中でも代表的な「フレアスカート」と「タイトスカート」が似合わない原因と、そのときの対処の仕方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスコートは薄手でも暖かい理由を理解してオシャレに!

寒い季節には、暖かいコートの出番です。 暖かいのは、なんと言ってもダウンですが、ダウンはモコモ...

ジーンズを合わせた春夏のレディースコーデはこれで決まり!

春夏は待望のジーンズの季節! もちろん、ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムに...

ジャケット選びに苦労!レディース用の大きいサイズは少数?

食生活や運動、遺伝など様々な理由で、普通サイズの服よりも大きいサイズの服を必要とする人がいます。...

春に女性へストールを贈ろう!シルクのブランドものが理想的

愛する奥様や彼女、気になる女性へのプレゼントでお悩みならば、ストールはいかがでしょうか。 ...

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか? 最近は、制服のスカートは...

スカートが静電気でまとわりつく!静電気対策で快適な休日を

寒い冬の季節は着るものが多くなり、外出時はファッションにも気合が入りますよね。 しかし、せっか...

アメカジ定番アウター「ミリタリジャケット」その種類を紹介

アメカジファッションの定番アウターの1つに、ミリタリージャケットが挙げられます。 無骨な雰囲気...

スカートをより楽しむために!素材は季節によって工夫する!

女性にとって、スカートはおしゃれを楽しむための最重要アイテムですよね。 スカートを穿くだけで、...

コートにかける値段は?お金を無駄にできない40代の選択

皆さんは、コートを何着くらい持ち、そしてコートにどれくらいの値段をかけますか。 また、季節や用...

ダウンベストとパーカーの重ね着でメンズコーデもバッチリ!

なかなかお洒落アイテムとして登場する機会が少ないダウンベスト。 使い勝手とそのコーデに頭を悩ま...

ニットはノースリーブハイネックが人気!おしゃれコーデは?

ニットにはさまざまなデザインのものが存在しますが、中でも特に人気なのがノースリーブのハイネッ...

コートにキャップはおかしい?先入観を捨ててコーデを見直す

コートとキャップ、一見おかしい組み合わせと思いがちですよね。 色やかぶり方によっては、違和感を...

可愛いスカートのチュール!大人イメージの付け方はあるの?

フワフワのチュールスカートはいくつになっても女性の憧れですね。 一方では、チュールスカートは子...

トップスとボトムスを同じ色に合わせる!これはあり?なし?

毎日の服装コーディネート、お洒落女子には非常に頭を悩ませる問題になります。 中でも最も悩むのが...

古いTシャツをおしゃれにリメイク!カットだけでお手軽に

よく着ていたTシャツでも、新しい服が増えることで出番が減り、いつの間にか着なくなってしまうことも...

スポンサーリンク

フレアスカートが似合わないのは腰骨が原因?!

ふんわりしたシルエットが女性らしさを感じさせて、ファンも多いのがフレアスカートではないでしょうか。

着用すればかわいらしくみえるうえに体型も隠せるため、一石二鳥といえますよね。

スカートのなかでも、フェミニンな雰囲気のお洋服を好む女性たちに人気があるフレアスカートですが、一度身に着けてみたものの、「何だか似合わないな」なんて感じる人もいるようです。

そこで、ここからはフレアスカートが似合わない原因について紐解いていきましょう。

まずは、「腰骨が原因となっている」ことが挙げられます。

腰骨の張りが目立つことにお困りになっている方もいるかと思います。

そのようなタイプの方がフレアスカートを身に着けてみると、着膨れ感が生じてしまう傾向にあるため、気になってしまう人が多いようです。

そのため、フレアスカートに挑戦したい思いがあっても諦めてしまう人もいるのですが、フレアスカートの選び方に着目できれば、問題なく身に着けることが可能になります。

コットン生地の商品・パリッとした生地の商品・ハリがしっかりある商品であれば腰骨は気にならなくなるでしょう。

身体全体のバランスが悪いのもフレアスカートが似合わない原因かも

フレアスカートが似合わない原因として、先ほどは腰骨だけが原因になっているパターンを挙げてみました。

他によく聞く原因としては「フレアスカートを身に着けて身体全体のバランスが崩れてしまうこと」も挙げられます。

これに当てはまるのは、肩回りなど上半身の骨格がしっかりとしているタイプや、筋肉質であるタイプの人です。

フレアスカートは見た感じで分かるように、横にふんわりと広がるのが特徴的ですよね。

上記のようなタイプの方がふんわり感の強いフレアスカートを身に着けた際、身体全体が横に膨張したような見え方になってしまう場合があるのです。

そのため、バランスが崩れてしまうことから違和感を覚えてしまうことが多いのですね。

このときの対処法もあるのですが、こちらもフレアスカートの選び方に配慮してみましょう。

ポイントは「ボリューム感を少し抑えたフレアスカート」です。

このようなフレアスカートを身に付ければ、下半身のシルエットが抑え気味になり、膨張感もなくオシャレに見せてくれます。

トップスが原因でフレアスカートが似合わない可能性も

腰骨や上半身の骨格が原因となっている場合もあれば、フレアスカートと合わせるトップス選びを間違えてしまっているがためにスカートが似合わないように見えてしまう場合もあります。

フレアスカートのふんわり感を存分に活用してあげるには、トップス選びにも注意が必要なのです。

最も理想的なのは、タイトなトップスにしてあげることです。

トップスがタイトであれば、フレアスカートのふんわりとしたシルエットと相乗効果が発生してベストマッチなのです。

結果的に、スタイルアップ効果が狙えます。

ちなみに、トップスをフレアスカートにインしてみるという手段もおすすめです。

脚を長く見せる効果が期待できるため、同じくスタイルアップ効果を発揮してくれます。

次はタイトスカート!似合わない原因で同じ項目が!

ここまで「フレアスカートを着こなしたいのになぜか似合わない」とお困りの方に向けて、その原因について探ってみました。

それでは、ここからはフレアスカートと同じく人気を博しているタイトスカートが似合わない原因について考えていきましょう。

まず最初に、こちらでもフレアスカートが似合わない原因でも挙げた「腰骨」が深く関わっていることをお伝えしていきます。

やはり、腰骨の張りが目立つタイプの方は、体型が出やすいタイトスカートを身に着けるとより目立ってしまう傾向にあります。

そのため、「ナチュラルな感じで着こなすのが難しいな」と思ってしまう人も少なくはありません。

そんなときには、まっすぐなラインがあるタイトスカートを身に着けるのが得策でしょう。

お困りだった腰骨の張りがそこまで気にならなくなるように見える効果があるため、挑戦してみてくださいね。

脚ががっしり&太いのが悩み!タイトスカートを着こなすには?

以上に挙げた他にも、タイトスカートが似合わない原因があります。

それには、脚に関係するお悩みが関わっているのです。

女性の方のなかには「もともと脚ががっしりとしている」、「スポーツをしていて筋肉がある」、「脚が太いと感じる」と脚に関する悩みを抱えている方も少なくはありません。

このようなタイプの方は、タイトスカートの着こなしに苦労しているとの声をよく聞きます。

タイトスカートは脚のラインを目立たせやすいスカートなので、脚のがっしり感や太さをカバーするのは困難なのですね。

反対に、スラリとした女性らしい脚の人のほうが、タイトスカートとの相性は抜群だともいえます。

では、上記のようなタイプの方にはどのようなタイトスカートが最適なのかといいますと、「厚手のもの」、「頑丈な素材を使ったもの」がマッチしやすいと言われています。

反対にNGなものは、「薄手のもの」、「ニット生地のもの」で、これらはさらに脚のラインが気になるようになってしまう傾向があるので注意しましょう。

スカートが似合わない原因で多い「腰骨の問題」!

フレアスカートでもタイトスカートでも、似合わないように見える原因として挙げられていたのが「腰骨の張りが目立つ」という事柄でした。

それでは、腰骨の張りが目立つタイプの人にとって、上記でご紹介した以外のどのようなスカートが最適だといわれているのかいくつかみていきましょう。

まず挙げたいのが、「ベルト付きのもの」です。

このようなスカートは、ショップに足を運べば数多く発見できますよね。

ベルトが存在している意味合いですが「ウエスト部分に視線を集める」効果を狙うためのものです。

ですから、悩みの種になっている腰骨からウエストへ視線誘導することで、気にならなくするという作戦なのですね。

次に挙げたいのが、「生地がノンストレッチのもの」です。

こちらも安定した人気があるスカートのなかのひとつですよね。

代表的なスカート生地としては、「サテン」や「チノ」などで、腰骨に悩みを抱えている方にとてもおすすめなスカートとなっています。

さらに、身に着けるスカートのカラーにも着目してみてください。

白などの明るいカラーは膨張色なので、思ったよりも腰骨の張りが目についてしまう場合もあります。

ブラック・ネイビー・グレーなどの濃い色味のスカートであれば、腰から脚にかけて引き締まった印象を与えてくれる効果が期待できるので、こちらに近いカラーをチョイスするのが鉄則でしょう。

スカートの選び方に配慮して、もう着たい服を我慢しない!

フェミニンな系統のお洋服が好きな人であれば、スカートを愛用したいと思う人も多いですよね。

今回は種類豊富なスカートのなかでも、フレアスカートとタイトスカートが似合わない原因と、そのときの対処の仕方についてお伝えしてきました。

今までフレアスカートやタイトスカートを身に着けるのを我慢していたという人は、上記でお伝えしたようにスカートの選び方に配慮することができれば挑戦しやすいでしょう。