セーターを着こなそう!グレー・ブラックのセーターコーデ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズペイントは塗料次第で色々なおしゃれ加工が楽しめる!

「今履いているジーンズも飽きてきたし、そろそろ潮時かな?」そんなことを考える前に、今までお世...

意外と知らない人ばかり!ニットのネクタイの結び方を知る!

ニットでできたネクタイである「ニットタイ」、名前を初めて聞いた人もいるのではないでしょうか。...

デニムから色移り!?キャンバス地トートバック色移り予防策

「ふと気が付くと、お気に入りのキャンバス地のトートバックにデニムの色移りがしていた!」このような...

アウターの色がカッコよく決まる!メンズの着こなし技

メンズアウターは、華奢な男性に合わせるように、スリム化とオシャレ化が進んでいます。色も鮮やか...

ストール利用で豪華に!レース素材は結婚式のドレスに最適

ストールには、色々な素材があり、用途も様々です。冬の外出用にウールのストール、振袖の上に羽織...

スウェットのインナーとしてフリルネックを合わせるコーデ!

カジュアル感の強いスウェットのインナーに、フリルネックアイテムを合わせるレディースコーデが、おし...

ワンピースやトップスにレースがおすすめ【結婚式の服装】

結婚式のゲストに招待されたとき、喜びやうれしさを感じつつも「何を着て行こうか?」と悩む女性は多い...

ダウンのコーディネートを決める!レディース選びの注目点!

ダウンは、真冬のコーデには欠かせないアイテムですよね。そんなダウンですが、自分に合うものをき...

トップスで印象大違い!定番ジーンズの大人おしゃれコーデ術

ファッションの定番アイテムであるジーンズは、トップスに何を合わせるかでかなり印象が変わります。...

シャツには裾の形状が2種類ある!着方に合わせて長さを変更

手持ちのシャツでコーディネートを考えると、裾の長さが長すぎたり短すぎたりで収まりが悪いことがあり...

大人可愛いサロペットの着こなし!冬のマタニティを楽しもう

お腹が大きくなるマタニティライフは、おしゃれも楽しみたいですよね。マタニティウエアは...

部屋の中で着る服ならスウェットがおすすめ!部屋着の選び方

部屋着というと、どんな服装を思い浮かべるでしょうか。人によって、「近所なら部屋着のまま外出し...

デニムのもうひとつの顔「バックポケットステッチ」の魅力

デニムにはいくつかのポケットが付いています。バックポケットがふたつ、フロントポケットもふたつ...

ライダースを着るメンズファッションは本革にこだわる

ジャケットといえばテーラードジャケット、コーチジャケットといった、ライトなものを思い浮かべるかも...

オーバーオールをレディースコーデに合わせる春夏のお洒落!

春夏の暖かい季節になると、レディースコーデで活躍をしてくれるのがオーバーオールです。着脱が楽...

スポンサーリンク

セーターにはどんな種類がある?

今回は、冬の定番ファッションアイテムとして人気の「セーター」にスポットを当てていきます。

使いやすいカラーとして、グレーやブラックのセーターを一枚は持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、セーターと一口にいっても、さまざまな形や編み方のものがあり、それぞれ印象やコーディネートが変わってきます。

まずは、どのような形があるのかをご説明していきましょう。

●ハイネック

首までの長さの形のものをハイネックといいます。

少し長いものや、首がすっぽりと収まる長さのものなどさまざまなタイプがあります。

●タートルネック

ハイネックよりも長く、折り返したり、くしゅくしゅっとさせて着るものがあります。

首元が温かく、ボリュームのある襟が女性らしい華奢さを演出してくれます。

●Vネック

デコルテが見えるような、V字のネックラインが特徴です。

温かさもありつつ、すっきりとした着こなしをしたい方におすすめです。

●クルーネック

Tシャツのように首元が丸くなっている、ベーシックなタイプのセーターです。

シャツなどをレイヤードすることで、さまざまなコーディネートを楽しむことができます。

さまざまなコーデに使えるセーターの種類とは?

さきほどは、セーターの形の種類についてご説明しました。

形が違うだけで、印象が変わってくることがわかったでしょうか。

つづいては、セーターの編み方ついてご説明していきましょう。

●ワッフルニット

ワッフルのような凹凸が特徴なのが、ワッフルニットです。

シンプルでありながらも、存在感のあるワッフルニットは、どのようなコーディネートにも使いやすいのが特徴です。

グレーやブラックだけでなく、攻めたカラーのものでも比較的チャレンジしやすいでしょう。

●ケーブルニット

立体的な縄のような編み目が特徴です。

ザ・セーターというような見た目ですね。

インパクトがあるので、一枚でさらっと着ていてもおしゃれに仕上がります。

●リブニット

凹凸がストライプのようになっている編み目が特徴です。

伸縮性が高く、薄手のものが多いです。

そのため、春先でも活躍するセーターといえるでしょう。

ピタッとしたものを選ぶと、女性らしいシルエットに仕上がります。

レディースコーデにピッタリなふわふわセーターは?

引きつづき、セーターの編み方ついてご説明していきましょう。

●モヘアニット

思わず触れたくなるような、ふわふわな肌触りが特徴なのが、モヘアニットです。

アンゴラやぎの毛を使うことで、その質感を実現しています。

軽いけれど、温かさは抜群です。

●シャギーニット

一見モヘアニットに似ていますが、モヘアよりも毛足が長く、生地の表面が起毛加工されています。

シンプルなものが多く、どんなコーディネートにも合わせやすいでしょう。

モヘアニット・シャギーニット共に、レディースコーデには特におすすめのセーターです。

●ループニット

生地ひとつひとつのループが大きく、ボリュームがあるため、もこもことした見た目が特徴です。

温かさも抜群で、冬の定番セーターです。

次からは、定番カラーのグレー・ブラックのセーターを使ったコーディネートをご紹介していきます。

セーターの別にご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

グレー・ブラックを着こなそう!ハイネック・タートルネックセーターコーデ

ここでは、グレー・ブラックのハイネック・タートルネックセーターのコーディネートをご紹介します。

●ブラックのプリーツスカートで甘すぎないコーディネート

ゆったりデザインのグレーのハイネック、またはタートルネックセーターに、ブラックのサテン生地のロングプリーツスカートを合わせます。

足元は、ブラックのショートブーツにすることで、甘くなりすぎずシックな印象に仕上がります。

袖をラフに捲ることで、女性らしくなります。

また、タートルネックセーターなので、髪をアップにしておくとすっきりしていいでしょう。

●ホワイトのワイドパンツで暗すぎないコーディネート

ブラックのハイネックセーターやタートルネックセーターは、合わせ方によって暗くなりすぎてしまうことがあります。

そこでおすすめなのが、ホワイトのワイドパンツと合わせたコーディネートです。

ワイドパンツは面積が広いため、ホワイトを選べばパッと明るい印象になります。

足元をブラックのスニーカーにすることで、モノトーンコーデの完成です。

コーディネートがシンプルなので、大ぶりのピアスなどを合わせてみるとアクセントになっていいでしょう。

グレー・ブラックのVネックセーターは大人コーデを楽しむ!

つづいては、グレー・ブラックのVネックセーターのコーディネートをご紹介します。

●サロペットでマンネリ脱出

Vネックセーターは、マンネリ化しがちという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、グレーのVネックセーターにベージュのサロペットを合わせたコーディネートです。

ベージュのビッグシルエットのコートを合わせることで、大人っぽい落ち着いた印象に仕上がります。

また、足元もベージュのスニーカーにすると、全体的にモカカラーになるでしょう。

●デニムと合わせてクールに

ブラックのVネックセーターを、太めのデニムにインします。

アウターには、ブラウンのファーコートをチョイスしましょう。

ファーコートを羽織るだけで、一気に垢抜けます。

足元は、コートと合わせたブラウンのショートブーツがおすすめです。

グレー・ブラックのクルーネックセーターは万能アイテム!

最後は、グレー・ブラックのクルーネックセーターのコーディネートをご紹介します。

●カジュアルに着こなすデニムコーデ

グレーのクルーネックセーターに、オーバーサイズのカットソーを下にレイヤードします。

デニムパンツを合わせ、カットソーをチラ見せさせましょう。

ブラックのローカットスニーカーを合わせれば、カジュアルコーデのできあがりです。

●チュールスカートで甘辛ミックス

ブラックのクルーネックセーターに、ホワイトのチュールロングスカートを合わせます。

足元をブラックのスニーカーにすれば、甘辛ミックスコーデに仕上がります。

髪は、アップにして華奢なピアスやネックレスなどをしてみるのもいいですね。

ブラックのセーターは、どうしても大人っぽくなりがちなので、あえて女性らしいアイテムと合わせるのがおすすめです。

クルーネックセーターは、万能アイテムなので、さまざまなコーディネートに合わせることができます。

一枚は持っておくといいアイテムといえるでしょう。

さまざまなセーターでコーディネートを楽しもう!

今回は、セーターの形や編み方の種類、定番カラーを使ったコーディネートなどをご紹介しました。

お話しした通り、セーターと一口にいってもさまざまなものがあります。

それぞれ合わせるアイテムによって、ガラッと違ったコーディネートに仕上げることができます。

今回ご紹介してコーディネートも参考にし、おしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。