Tシャツなどとあわせておしゃれに!スカーフの巻き方を紹介

近年人気のコーデの1つにシンプルコーデも挙げられますが、ずっとシンプルなコーデを着ていると「何だか物足りないな…」と思う方もいるのではないでしょうか。そのような方に向けて、今回おすすめするのは「スカーフ」です。Tシャツなどのトップスにあわせやすく、シンプルコーデのアクセントとしても機能します。この記事でスカーフの巻き方などをお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あったかインナーシャツで冬を暖かく!メンズのおすすめは?

目次 1 冬のメンズインナーシャツはどう選ぶ?ポイントは「吸湿発熱素材」2 あったかインナーシャツは...

セーターを手編みで簡単に作るには?道具や編み方をご紹介

目次 1 手編みのセーターができる大まかな流れを簡単に知っておこう2 セーターを編む前に手編みの種類...

旬のテーパードパンツをおしゃれに穿きこなすメンズコーデ術

目次 1 メンズにもレディースにも人気のテーパードパンツ2 テーパードパンツの選び方と穿き方3 バラ...

Tシャツ1枚4000円は高い?安いものと高いものは何が違うの?

目次 1 1枚4000円は高い?Tシャツにどのくらいお金をかけられる?2 安いTシャツと高いTシャツ...

シャツをおしゃれに着こなしたい!冬のコーデをご紹介!

目次 1 冬のシャツの着こなしは2パターン!昨今人気の羽織りスタイル!2 チェックシャツをおしゃれに...

コート特集!女子中学生・女子高校生に人気のコートブランド

目次 1 女子中学生・女子高校生のスクールコートの選び方2 女子中学生・女子高校生の着るスクールコー...

コートは防寒が重要!暖かいおすすめのコートの素材とは?

目次 1 冬のコートの素材選びで重要なこと2 コートの定番素材!丈夫で暖かい「ウール」がおすすめ3 ...

トップスもボトムスも迷う40代…どう着こなす?レディース編

目次 1 40代はファッションの転換期2 上品なレディーストップスで素敵な40代に!3 ロングカーデ...

シャツの襟裏のプラスチックとは?カラーステイについて解説

目次 1 シャツの襟裏についたプラスチック・カラーステイとは?2 カラーステイの種類やサイズはどんな...

スウェットのような部屋着が人気!かわいい派?シンプル派?

目次 1 かわいい部屋着といえば「ジェラートピケ」2 「ピーチジョン」の部屋着は大人かわいい3 「ピ...

テーラードジャケットでレディースコーデ!【オフィス編】

目次 1 レディースファッションの1つ!オフィスカジュアルコーデとは?2 オフィスカジュアルコーデの...

ジャケット生地はどう選ぶ?シーンに合ったおすすめ生地は?

目次 1 ジャケット生地の基本をおさえよう2 新しく誕生したおすすめのジャケット生地3 コーデが広が...

春のテーラードジャケットはグレーで決まり!おすすめコーデ

目次 1 近年人気!グレーのテーラードジャケットの魅力2 ビジネスシーンでも大活躍!セットアップで着...

オーバーオールのおしゃれなコーデ!冬の着こなしをご紹介

目次 1 デニムのオーバーオールはニットとあわせた冬コーデを!2 白コーデュロイのオーバーオールは冬...

【ワンピースコーデ】大人レディース向けカジュアルスタイル

目次 1 大人レディースコーデ!タートルネックロングワンピースでカジュアルに決める!2 レディースな...

スポンサーリンク

シンプルなTシャツコーデのアクセントにもなる「スカーフ」

数年前にトレンドにもなったノームコアコーデ。

ノームコアは「究極の普通」という意味で、おしゃれなシンプルコーデを指します。

例えば、夏であれば白の無地Tシャツにスキニージーンズ、シルバーのバレエシューズというようなコーデです。

カラーはモノトーンやアースカラーで統一することがポイントです。

海外セレブなどもノームコアコーデをしていることが多く、今もなお人気のコーデの1つといえるでしょう。

しかし中には、シンプルなコーデにマンネリ化している方もいるかもしれません。

コーデに何かしらのアクセントをつけたいと思う方は、スカーフを取り入れてみることをおすすめします。

1枚あるだけで、ワンランク上のコーデにすることもできますので、この機会にスカーフでおしゃれを楽しんでみてください。

この記事で簡単にできるスカーフの巻き方と、スカーフを取り入れたコーデの例をご紹介していきます。

はじめは、スカーフの巻き方の基本ともいわれている「ループノット」の巻き方からご紹介しますので、参考に見てみてください。

基本のスカーフの巻き方!「ループノット」

スカーフの巻き方の基本ともいえるのが、「ループノット」という巻き方です。

シンプルで簡単な巻き方ですが、無地のTシャツなどとあわせれば一気に華やかなコーデにすることができます。

〈ループノットの巻き方〉

①スカーフの裏面を上にして、角を中心まで折ります。

②反対側の角も同様に、中心まで折ります。

③手順①②の両端を、さらに折ります。

このときスカーフの中央は少しあけておきましょう。

④手順③を、さらに三つ折りします。

⑤三つ折りしたスカーフの中央に、ゆるめの結び目をつくります。

⑥結び目を首の正面に当て、両端を首の後ろで交差させます。

⑦交差させたら両端を、結び目の穴に通します。

⑧結び目に通した両端を左右に引き絞り、形や長さを調整したら完成です。

シンプルなトップスと合わせたとき、スカーフの結び目をそのまま前に持ってくれば大人かわいい印象になりますし、サイドに持ってくれば上品な印象になります。

ループノットでワンランク上のコーデに!

ループノットの巻き方についてお伝えしたところで、ループノットを取り入れたコーデのご紹介をしていきます。

〈きれいめコーデ〉

ベージュのボトルネックTシャツと、黒のテーパードパンツのコーデにスカーフを加えます。

大判スカーフをゆるくループノット巻きし、縦のラインを強調させることで、スタイル良くすっきりとしたシルエットのコーデができあがります。

スカーフとバッグや靴のカラーを統一させると、コーデがまとまり、きれいめで上品なコーデに仕上がりますよ。

〈大人カジュアルコーデ〉

Tシャツだけでなく、スウェットともスカーフはよく合います。

スウェットとジーンズをあわせたカジュアルコーデに、スカーフを取り入れてみましょう。

カジュアルだったコーデが一気に、品のあるコーデに仕上がります。

ループノットで巻くときは、ゆるっとした巻き方にするとこなれ感が出て、女性らしいコーデにすることができます。

ぜひこちらのコーデも参考にしてみてください。

Tシャツともあわせやすい!プチスカーフの巻き方

スカーフのサイズはさまざまで、近年はミニサイズの「プチスカーフ」も人気です。

Tシャツともあわせやすく、初めてスカーフコーデする方にも取り入れやすいものといえるでしょう。

巻き方も簡単で、初心者の場合はチョーカーのように巻くのがおすすめです。

【チョーカー風プチスカーフの巻き方】

①スカーフを細長く折ります。

②首の周りにスカーフを巻いて、首の後ろで結べば完成です。

このチョーカー風巻き方を取り入れたコーデの例もご紹介します。

〈大人マリンコーデ〉

黒の無地Tシャツに、スキニージーンズをあわせます。

ここに、ヴィンテージ調のペイズリー柄のスカーフを合わせると、大人なマリンコーデに仕上がります。

Tシャツだけでなく、シャツにあわせてもおしゃれです。

〈きれいめカジュアルコーデ〉

白のシャツにスキニージーンズを合わせます。

シャツは第1、第2ボタンと1番下のボタンをあけて、ラフに着こなしてみましょう。

ここに、黒のプチスカーフでチョーカー風に巻き、きれいめカジュアルコーデを完成させます。

結び目を見せる巻き方もおしゃれ!大人かわいいコーデに

チョーカー風の巻き方をするときは、首の後ろに結び目を持っていきますが、この結び目をあえて見せるのもおすすめです。

結び目がリボンのように見えるので、大人かわいいコーデにすることもできます。

手順は【チョーカー風プチスカーフの巻き方】と同じで、最後に結び目を見せたい位置に持ってきます。

正面でも良いですし、サイドやななめも良いでしょう。

おすすめコーデもご紹介します。

〈パリジェンヌ風コーデ〉

黒の無地Tシャツに、黒と白のギンガムチェックのフレアスカートをあわせます。

このコーデにあわせるプチスカーフも、できれば黒と白のギンガムチェック柄が良いですね。

プチスカーフはゆるく結び、結び目は正面に持ってきます。

さらに白のスポーツサンダルに黒のソックスをあわせて、コーデをモノトーンで統一し、おしゃれなパリジェンヌ風コーデに仕上げてみましょう。

〈マニッシュ風コーデ〉

黒ジャケットに白シャツをあわせ、黒のテーパードパンツを穿きます。

白シャツは第2ボタンまであけ、少しラフに着こなします。

ここにプチスカーフを加え、結び目は正面から少しななめの位置に持ってきます。

大人っぽいマニッシュコーデにしたい場合は、チェーン柄やシックな色合いのスカーフを選ぶと良いでしょう。

Tシャツにあわせるなら!ビスチェ風に巻くのもおすすめ

最後にご紹介するスカーフの巻き方は、「ビスチェ風」に巻く方法です。

特にTシャツにあわせるとこなれ感を演出し、シンプルコーデのアクセントにもなります。

簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

【ビスチェ風スカーフの巻き方】

①大判スカーフを用意し、三角形になるように折ります。

仕上がりに影響するので、できれば角はしっかりとあわせるようにしましょう。

②手順①でできた三角形の先端から三つ折りしていきます。

このときも、スカーフをきれいに折りたたむことを意識して行いましょう。

③あとはビスチェのように、胸の位置でスカーフを巻き付け、両端を結べば完成です。

同じ巻き方でも、スカーフの大きさや柄のデザインを変えるだけで、仕上がりの印象が変わってきます。

ぜひさまざまなスカーフで、おしゃれなコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

シンプルコーデのアクセント!スカーフをコーデに取り入れよう

シンプルなコーデに物足りなさを感じたら、スカーフを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コーデのアクセントになり、華やかさのあるコーデにも仕上がります。

今回はスカーフの巻き方の基本ともいえるループノットやチョーカー風、ビスチェ風の巻き方などをご紹介してきました。

選ぶスカーフや巻き方次第で、さまざまなコーデを楽しむことができるので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。