カーディガンのインナーは何を合わせる?【オフィス編】

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コートはファッションの主役!子供に人気のかわいいブランド

冬のファッションの主役は、コートやジャケットといったアウターですね。特に子供の場合、動きやす...

アウターは暖か可愛いボアで決まり!注目のボアコーデ!

暖かくもこもこで可愛いと、世の女性たちから今熱い視線を浴びているアウターがボアになります。「...

トップスとボトムスを同じ色に合わせる!これはあり?なし?

毎日の服装コーディネート、お洒落女子には非常に頭を悩ませる問題になります。中でも最も悩むのが...

ブルゾンを合わせたレディースコーデが最も輝く季節は秋冬!

秋冬のレディースコーデで、お洒落カジュアルを担ってくれるアウターにブルゾンがあります。ブルゾ...

トップスの色選びがレディースコーデの鍵に!おすすめは赤!

レディースコーデの場合に、トップスの色選びは多くの女子たちが頭を悩ませるようですね。レディー...

デニムは日本製が人気!レディース向け国内ブランドをご紹介

デニムは毎日のコーデに欠かせない、超定番アイテムのひとつですね。もともと海外発祥のデニムです...

クールビズでのジャケットは何を選ぶ?夏のビジネスシーン

昨今、夏にクールビズを取り入れる企業が増えてきています。クールビズでは、ノーネクタイや通気性...

アメカジファッションの「スニーカー」定番ブランドはどれ?

メンズファッションの定番テイスト「アメカジ」では、スニーカーを合わせることが多いでしょう。そ...

ウェーブタイプをもっとかわいく!おすすめサマーコーデ

みなさんは「骨格診断」をご存知ですか?骨格診断とは、個人の骨格や肉付きのタイプを3つに分け、...

トップスの色に「ワインレッド」をチョイス!〈女性コーデ〉

トップスのカラーリングは、コーディネートの雰囲気を大きく左右するものですが、今回は「ワインレッド...

トラッドスタイルの靴!本格的なレディースファッションに

レディースのトラッドスタイルには、どんな靴をはくといいでしょうか?まずは、「トラッド」がどう...

おしゃれデニムにリメイク!ダメージ加工をセルフで行うには

もしご自宅のクローゼットの中に、はかなくなったデニムがあるようなら、リメイクしてみませんか?...

メンズコーデにおけるトップスとボトムスの理想的な色使い!

世のお洒落メンズの方々は、コーデにおけるトップスとボトムスの色使いをどのようにされていますか?...

パーカーのチャックがよれよれに…長く着るためのコツ

肌寒い時期やちょっとした外出の時に気楽に着られる服といえばパーカーですよね。普段着として愛用...

ブルゾンを使ったレディースコーデ!ポイントを押さえよう

寒さがそれほど厳しくならないような季節の変わり目には、ブルゾンが大活躍してくれます。男性的な...

スポンサーリンク

オフィスカジュアルとはどのようなもの?注意点は?

近年、オフィスでのファッションに、「オフィスカジュアル」「ビジネスカジュアル」という言葉をよく見聞きします。

もしも、働く女性がオフィスカジュアルの装いを取り入れるのであれば、そのルールを理解しておかなければなりません。

分かりやすくいえば、「お客様の対応に相応しい装いでありつつも、堅苦しすぎないファッション」です。

とはいえ、会社によってはOKなラインとNGなラインはまちまちなため、その社風に合わせるのが肝心です。

基本は、ジャケットやカーディガンに、インナーにシャツ、ボトムスはスカートやパンツ、シンプルなデザインのパンプスといったスタイルが無難でしょう。

また、この基本のアイテムは守れていても、相応しくない素材や丈感などがあります。

オフィスカジュアルに相応しくないのは以下のようなものです。

・デニム素材のトップスやボトムス

・ジャージー素材のトップスやボトムス

・かかとの出るサンダルやミュールといった靴

・ショートパンツ

・ミニスカート

・ボディラインが過度な衣類

・スカートのときはストッキングを使用し素足は厳禁

このようにプライベートで着るような素材の服や、露出の多いファッションは避けるのが賢明です。

周りに不快感を与えることがなく、仕事をするうえで支障のない程度の落ち着いたファッションが、オフィスカジュアルのルールと覚えておきましょう。

オフィスカジュアルの着こなしのポイントとは?

オフィスカジュアルを取り入れる場合、どのようなポイントを押さえておけばよいのか、具体的に見ていきましょう。

◎シンプルにまとめる

オフィスカジュアルコーデを楽に完成させるなら、シンプルにまとめることが大切です。

デザインや色をシンプルにして、凝ったものや目立つものを避けるようにします。

◎色使いに注意する

会社によっては派手な色の服はNGとしていることもあります。

オフィスカジュアルに相応しい色使いは、グレーやブラックのモノトーンカラー、ベージュ、ネイビーといったものが定番色でおすすめです。

ただし、このような色使いだけでまとめてしまうと、地味でお堅い印象を与えてしまう可能性もあります。

季節によっては、カーディガンやインナーにパステルカラーや、深みのあるグリーンやブラウンといった色合いのものを取り入れてみてもよいでしょう。

◎堅苦しくないきれいめなスタイル

きれいめなスタイルを目指すためには、インナーに襟付きのシャツ・ブラウス、ジャケットやカーディガンがあれば安心でしょう。

しかし、堅苦しくなりすぎないように、インナーに襟なしのブラウスやカットソーを使用しても、場合によってはよい印象を与えることもあります。

全体の服のシルエットを、タイトすぎずルーズすぎない自然な感じを心がければ、きれいめスタイルを出しやすくなります。

オフィスでは定番!カーディガン×インナーにシャツのコーデ

ではここからは、オフィスカジュアルの定番ともいえる、カーディガンとインナーにシャツを合わせたコーデをご紹介していきましょう。

基本的にオフィスにおいては、インナーのシャツやブラウスはボトムスに入れるのが基本です。

【グレーカーディガン×ホワイトシャツ×ブラックパンツ】

モノトーンでまとめたこちらのコーデは、シンプルかつバランスの取れたコーデです。

カーディガンは普通の丈よりはロング丈のものを選ぶと、縦長のシルエットでスタイルアップが見込めます。

インナーのシャツは、襟付きのものを選んでも、襟なしのものを選んでもよいでしょう。

パンプスはブラックを合わせると、バランスよくまとまります。

【ネイビーカーディガン×ホワイトシャツ×グリーンのミモレ丈スカート】

レギュラー丈のネイビーカーディガンに襟付きのホワイトシャツの組み合わせは、きれいめできちんとした雰囲気を演出できます。

プライベートにも着回し可能なグリーンのスカートは、ミモレ丈を選びましょう。

フレアースカートやプリーツスカートといったシルエットがおすすめです。

バッグや靴は、カーディガンに合わせてネイビーやブラックで統一してみてください。

これもおすすめ!カーディガン×フェミニンアイテムをインナーに

カーディガンのインナーには、シャツだけでなく、フェミニンなカットソーやブラウスもおすすめです。

オフィスカジュアルを意識して、カットソーやブラウスをインナーに選ぶときもボトムスにインして着こなしましょう。

【グレーカーディガン×ホワイトレースカットソー×ピンクフレアスカート】

少し長めのカーディガンに、ホワイトレースのシンプルなカットソーを合わせると、一気に女性らしさを演出できます。

グレーとの相性がよい淡い色合いのピンクのフレアスカートと、グレーのブーティやパンプスを合わせるのがおすすめのコーデです。

【ネイビーカーディガン×とろみ素材のブラウス×レースフレアスカート】

やや長めのネイビーカーディガンに、スタンドカラーのアイボリーブラウスを合わせてみましょう。

ブラウスはとろみ素材のふんわりとしたものをチョイスしてください。

全体にレースをあしらったフレアスカートは、きれいめで大人っぽい雰囲気を醸し出します。

ブラックのシンプルなパンプスを合わせて、全体のコーデを引き締めましょう。

カーディガンをアウター感覚で!インナーを見せないのもアリ

カーディガンはボタンをあけて羽織る印象が強いアイテムですよね。

このカーディガンのボタンをとめて着ることで、ニットトップスとして着こなすのもおすすめです。

インナーにはタンクトップやノースリーブ、キャミソールなどを合わせましょう。

【ネイビーカーディガン×ベージュフレアスカート】

ネイビーとベージュの組み合わせは、落ち着いた上品な印象を与えてくれるので、オフィスカジュアルに適しています。

カーディガンには透かし編みのクルーネックのものを、パンプスはネイビーのフェミニンなタイプを選ぶとおしゃれですよ。

【ブラウンカーディガン×ホワイトスカートコーデ】

ブラウンのクルーネックのカーディガンに、ホワイトのタイトなひざ下スカートを合わせると、きれいめなコーデが完成します。

タイトスカートでもぴったりとしすぎないシルエットのものを選ぶと、クラシックで柔らかい印象になります。

【ブラックミドル丈カーディガン×ワンピース】

インナーにベージュのとろんとした素材のラウンドネックワンピースを選び、これにブラックのカーディガンを合わせても、オフィスカジュアルスタイルが完成します。

ワンピースの色やデザインは落ち着いた印象を与えるものなら、他のものでもOKです。

パンプスはカーディガンに合わせて、ブラックのシンプルなものを合わせてまとめてください。

プライベートでも活用!おすすめのインナーは?

カーディガンを、オフィスだけでなくプライベートでも着たい場合、インナーはどのようなものを選べばよいのでしょうか。

最後にプライベートで着る場合の、おすすめのインナーをご紹介しましょう。

◯Tシャツ・タンクトップ

プライベートで着る機会の多いTシャツは、カーディガンに合わせやすいインナーといえます。

ネックの形や色、デザイン次第では、オフィスカジュアルにも使えるものが多くあるはずです。

プリントのTシャツやタンクトップを合わせるなら、ボーダー柄などのカーディガンでカジュアルさを演出できるでしょう。

◯柄シャツ・デニムシャツ

プライベートでカジュアル感を出すのなら、チェック柄やデニム素材のシャツもおすすめです。

ボトムスもアイテムを選ばないので、幅広くコーデが楽しめるでしょう。

◯ボーダー・ドット柄カットソー

シンプルな無地のカーディガンに合わせるなら、ボーダーやドット柄のインナーもおすすめです。

どちらも着こなしのアクセントとして役立ちます。

◯ワンピース

ワンピースとの重ね着も着まわしやすく、おしゃれなコーデが楽しめます。

カーディガンの丈によっても印象が変わるので、おすすめのインナーです。

オフィスカジュアルにカーディガンはマストアイテム!

オフィスカジュアルにカーディガンは必須アイテムといえます。

基本はシンプルで色使いに気をつけ、清潔感のあるきれいめなコーデにすれば楽にまとめられるはずです。

インナーに迷ったら、こちらでご紹介した例をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

その会社ごとにカジュアルの度合いはOKかNGかは違うので、先輩社員などに聞くなどして、社風に合ったコーデを楽しみましょう。