カーディガンを70サイズのベビーに!おしゃれに着こなそう!

ロンパースのベビー服をセパレートにと考える親御さんは、初めての育児だとタイミングがよく分からないことも多いことでしょう。

セパレートのベビー服を着せると、成長を感じられますよね。

季節や個人差もありますが、小さなベビーでも体温調節がしやすく、便利なアイテムにカーディガンがあります。

こちらの記事で、セパレートにする目安や、サイズが70くらいになったベビーにおすすめのカーディガン、ベビー服ブランド、コーディネートなどについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

Tシャツのシワなくきれいに!アイロンのかけ方をご紹介!

目次 1 お気に入りのTシャツはベストな状態で!アイロンのかけ方を知っておこう2 Tシャツにアイロン...

ストールはオシャレのアイテム、男性らしい巻き方をご紹介!

男性の中にはストールはオシャレだと感じていても、女性だけのアイテムと思っていたり、マフラーとの使...

このアウターがおすすめ!秋のメンズ向けファッション

過ごしやすい秋は、ファッションの面でも楽しめる季節です。 着用するファッションアイテム...

コートは生地にこだわるのも大切!高級とされるものは?

コート選びは何を基準に選ばれていますか? 色や形、お気に入りのブランドなど人それぞれ様々な選び...

このアウターがおすすめ!メンズ向け冬物のコーディネート

冬物のファッションアイテムは種類が豊富で、いろいろな組み合わせ方ができるため、コーディネート...

ジーンズの選び方を解説!今人気の形は?自分に似合う形は?

使いやすさや履き心地のよさで人気のジーンズは、いまや毎日のコーデに欠かせないアイテムといってよい...

スカートを穿いてデートにやって来てくれた女性の心理とは?

「女の子の気持ちが全然分かっていないのね!」 このような恐ろしい台詞を言われた経験はありません...

パーカー女子が急増中!ジャンル別かわいい着こなし特集

パーカーは、プチプラからでも手に入りやすく、無理をしたくない日や、ちょっとおしゃれをして出かけた...

注目のスカート!スリットが前に入ったフロントスリット!

セクシーな表情から男性の視線を釘づけにしてしまうのがスリットスカートですね。 実際には「コーデ...

パーカーを取り込んでオシャレにキメるストリートコーデ

街に溢れるオシャレを楽しむ人たち。 その中の一人のはずなのに、手持ちのアイテムでは組み合わせが...

春を色で楽しむ!スカートと春コートのお勧めコーディネート

私たちが着るコートには、秋・冬・春、そして梅雨時のコートがあります。 秋には秋の、冬には冬の、...

ダウンが欲しい!暖かい上質なレディースダウンをご紹介!

冬になると暖かいダウンジャケットが欲しくなりませんか。 沢山販売されているので、どれを選んだら...

寒い季節に活躍するコート!暖かいものはどんな素材のもの?

気温が低くなると欠かせないコートですが、その素材は実にさまざまです。 寒い季節を快適に過ごせる...

ストールをおしゃれに着こなす!ピンの留め方がポイント!

毎日の服装に、ちょっとしたアクセントをつけるのに便利なのが、ストールです。 様々な巻き方が日々...

コートからスカートがはみ出る場合にお洒落な基準はあるの?

秋冬のお洒落の定番で欠かすことができないのがアウターとして活用するコートですね。 ただ、このコ...

スポンサーリンク

ベビー服をセパレートにする目安は?70サイズになったら?月齢?

ベビー服は、ロンパースタイプとセパレートタイプがあることをご存知の方は多いかと思います。

簡単にいうと、ロンパースはつなぎのベビー服で、セパレートは大人が着るように上下で分かれたベビー服のことです。

このロンパースからセパレートのベビー服に変える時期は、いったいどのくらいが一般的なのでしょうか。

ベビー服をセパレートに移行するのは、「お座りができるようになったら」「寝返りをうちだしたら」といったタイミングが多いそうです。

もちろん体格などに個人差があるでしょうから、ベビーそれぞれでタイミングは異なってくるでしょう。

基本的に、セパレートのベビー服は首が座ったら着せられるといわれています。

しかし、親御さんによっては着せづらかったり、まだ早いと考えたりすることもありますよね。

セパレートの服は、メーカーやブランドにもよりますが、60や70のサイズから展開していることが多いようです。

そのため、とくに70サイズになったから、生後◯ヶ月になったから、といった決まりはなく、着せてみたいと思ったタイミングで着せ始めるのがおすすめかもしれません。

次項からは、ベビー服の便利アイテムであるカーディガンについてお話ししていきましょう。

カーディガンはベビーの体温調節に便利なアイテム!

セパレートのベビー服になってからはもちろんですが、ロンパースを着ている低月齢のベビーでも、カーディガンやベストといった羽織アイテムは長く活躍します。

とくに、カーディガンは少し大きくなってからも、季節を選ばず着せてあげられるのでおすすめです。

ベビーはまだ上手に体温調節ができないものなので、春秋はもちろん、夏のエアコンの効いた室内などでもさっと着脱できます。

カーディガンやベストのようなアイテムは、1つずつくらい用意しておくと便利で重宝します。

また、外出時もコンパクトに持ち運び可能で、荷物になりません。

70や80でサイズが少し大きくても、袖を折って着せれば思いのほか長く着せられるものです。

まだお持ちでない場合は、ぜひ検討してみてください。

ベビーカーディガンの選び方・50~90のベビーサイズや素材は

ベビー服のカーディガンを選ぶのであれば、どのような点に着目するとよいかお話ししていきましょう。

◯サイズ

ベビー服のサイズ感は、ブランドやメーカーによって変わってくるといいます。

そのため、ベビーの身長や体重に合わせたサイズ選びをするのが肝心です。

また、肌着やトップス、ボトム、カーディガン、アウターといったアイテム別にサイズを選ぶのも大切です。

基本的に日本で販売されているベビー服は、50、60、70、80、90といったように身長に合わせたサイズ表記が多い傾向です。

生後3ヶ月くらいで60、生後半年が70というように目安があります。

なお、海外では3m、6m、9m、12m、18mといったように月齢数(month)で表示しています。

セパレートのベビー服は、大体60や70くらいのサイズから展開されています。

カーディガンはロンパースを着ていても、薄いアウターのようにその上から着せられるため、小さいサイズから展開しているということも考えられますね。

親御さんのなかには、少し大きめのサイズを購入して長く着せる、という方も多くいます。

◯素材

ベビーは、肌がキッズや大人に比べて敏感なことがほとんどです。

低月齢のうちは、ベビーにも優しい素材を選んであげたいですよね。

カーディガンを選ぶときには素材にも着目してみましょう。

できれば、肌触りのよいコットン100%素材がおすすめです。

サイズ70のカーディガンがあるおすすめベビー服ブランド

では、サイズが70、もしくは60から展開しているおすすめのベビー服ブランドをご紹介していきましょう。

◎アンナニコラ(Anna Nicola)

アンナニコラはサイズが70、80のカーディガンの種類が豊富にあるのが特徴です。

なかでもシンカーパイルカーディガンは、綿80%、ポリエステル20%と洗濯のしやすさもうれしい商品です。

◎プティマイン(petit main)

プティマインの取り扱うベビーカーディガンは、ローゲージのざっくりとしたニットや可愛らしい印象のものが多くあります。

女の子のベビーにおすすめのブランドかもしれませんね。

◎ブリーズ(BREEZE)

ブリーズベビーのカーディガンは、デザインで性別を選ばずにお手頃な価格なものが選べるのが特徴です。

とくに、男の子向けのカーディガン探しをしている方には、お気に入りの1点が見つかりそうなブランドです。

サイズが70・80くらいのベビーにおすすめのコーデ

サイズが70・80くらいのベビーとなると、ずりばいやはいはい、お座りができるようになってきているかもしれませんね。

このくらいの月齢のベビーに着せやすく、おすすめのセパレートコーデについてお伝えしていきましょう。

◯男女共に人気のコーデ!トップス×レギンス

性別を選ばず着せやすいコーデに、トップスとレギンスの組み合わせが人気です。

レギンスは各ブランドからさまざまなものが販売されていて、可愛らしいものが多くあるので目移りしそうですよね。

トップスには綿素材の半袖や長袖のものを選び、寒いとき用にベストやカーディガンがあれば安心でしょう。

◯女の子に着せたい!トップス×スカッツ

スカッツはスカートとスパッツが一体になっているので、簡単にコーデが完成します。

スカートにレギンスやスパッツを重ね着させずにすみ、時短も狙えます。

◯女の子ならこれもおすすめ!ワンピース×スパッツorタイツ

ワンピースにスパッツの組み合わせも、簡単に女の子らしいコーデに仕上がります。

寒い時期には薄手のスパッツをタイツに変えることで、温かさも得られるでしょう。

カーディガン以外にも!ベビーにおすすめの羽織ものはこれ!

ここまでは、ベビーの羽織にカーディガンをおすすめしてきましたが、カーディガン以外にもおすすめのアイテムがあります。

それはジップパーカーです。

こちらもベビーの体温調節に一役買ってくれる便利なアイテムです。

ジップパーカーは前にファスナーがついているので、カーディガンと同様に着脱がしやすい構造になっています。

もしかするとカーディガンよりも、各ブランドで種類も多く販売されているかもしれませんね。

カーディガンは、ニットなどの素材によっては型崩れが心配ですが、ジップパーカーなら気軽に洗濯ができて、とくに活発な動きをする70くらいのサイズのベビーにはおすすめです。

こちらも少し大きめを買っても袖をまくって着せられるため、長く使えるアイテムといえるでしょう。

ベビーの体温調節にカーディガンを活用しよう!

体温調節が上手くできないベビーには、羽織アイテムは欠かせないものです。

春秋や寒く感じる室内では、カーディガンは活躍してくれることでしょう。

選び方やコーデについても触れましたので参考にしてみてくださいね。

ブランドによっては60や70といった小さなサイズからでも取扱いがありますので、お気に入りの1点を探してみてください。