レギンスは冬にこそ穿くべき!「寒い」はコーディネート次第

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コートは白で決まり!大人可愛いくかつエレガントに行こう!

秋冬はお洒落度をアップさせてくれる嬉しい季節です。この時期にテッパンのお洒落アイテムといえば...

ジーンズの加工は上手な専門店にオーダーするのがおすすめ!

ジーンズは、とても人気のあるファッションアイテムです。男女どちらにも似合いますし、着...

スカートが静電気でまとわりつく!静電気対策で快適な休日を

寒い冬の季節は着るものが多くなり、外出時はファッションにも気合が入りますよね。しかし、せっか...

ジャケットとジーンズを着こなして他のメンズに差をつけよう

ジャケットにはいろいろな種類があり、秋から春にかけて重宝するものばかりです。インナーで温度調...

鮮やかパーカーのオレンジを着こなしたい!トレンドコーデ!

今トレンドになっているパーカーの中でも、オレンジ色のパーカーが話題になっています。鮮やかな色...

丈に悩む?スカートとアウターの上手なバランスのとり方とは

秋や冬のコーディネートにアウターは欠かせませんね。そのアウターにフェミニンなスカートを合わせ...

ストールを使ったコーデ!春らしい装いを楽しもう!

温かい陽気に気持ちもついワクワクしてしまう春は、ファッションを色々と楽しめる季節です。冬のフ...

可愛いコートを着たい!ピンクも年齢関係なく着こなしたい!

冬は毎日のようにコートを着るという方が多いでしょう。どんなコーディネートにも合うように、無難...

パーカーを巧みにコーディネートするオシャレ女子が急増中!

パーカーの魅力といえば、動きやすくて着心地も良いことです。このことから、部屋着として使っ...

アシンメトリーな服が流行!レディース向けコーデをご紹介!

「アシンメトリー」という言葉を最近よく耳にするのではないでしょうか。美容業界においてヘアカッ...

インナーはシャツで!セーターの重ね着をすっきり見せるコツ

セーターを着るときにインナーは何を合わせますか?メンズの場合、Tシャツやタートルネックなどを...

山ガールに人気!ダウンスカートはアウトドアにもおすすめ

山ガールという言葉は、昨今ではもはや定着しつつあるのではないでしょうか。登山ブームとともに、...

スーツに合うメンズコート!失敗しないサイズの選び方とは?

寒い季節には、コートの着用は欠かせません。コートは一度購入すると、何年か着ることにな...

就活でトラブル!スカート(タイト)の黒い汚れやしわを解消

女性の皆さんは仕事でスーツを着ることはありますか。スーツといっても、学生が就職活動で使うよう...

一歩上級のおしゃれ!スカートの生地素材で季節感を出そう!

日本には四季がありますので、季節によって着る服を変えたり、アウターを増やしたりしますよね。季...

スポンサーリンク

レギンスは楽ちん!寒い冬でもおしゃれに

ナチュラル系のファッションが好きで、よくワンピースを着る方にとって、レギンスは必須アイテムと言えるのではないでしょうか。

タイツだと、締め付けられている感じが気になりますよね。

楽に穿くことができて、さりげなくカワイイレギンスは、肌寒い季節のお役立ちアイテムです。

脚を優しく包み込むコットン生地のリブレギンスなど、ぬくもりを感じさせる風合いのものも人気です。

12分丈で、足首でくしゅっとたるませることができるレギンスも、革のブーツなどと合わせると、やわらかい雰囲気に見えてすてきです。

パンプスと合わせて、足の甲を見せて抜け感を出すのもおすすめですよ。

レギンスにはさまざまなタイプがあり、重ね着を楽しめるアイテムでもあるので、「冬は寒い…?」と心配する必要はありません。

商品によっては、ジーンズよりはるかにあたたかいものもあります。

あたたかく着れるおすすめ商品をご紹介する前に、レギンスの種類やコーデ術についてご紹介します。

レギンスにはいろいろな種類がある!寒い冬でも大丈夫

●スリット入りレギンス

スリットが入っていると、足首をチラ見せできます。

中に差し色になる明るい色の靴下をはいてもいいですし、引き締めカラーの黒や紺の靴下を選んでもいいですよね。

華奢な足首をさりげなく強調できて、フェミニンに見せられるアイテムです。

●リブ風に見えるレギンス

脚に心地よくフィットしてスッキリ穿けるリブレギンスが人気ですが、リブ風に細かい縦じまが入っていて、肌触りがサラッとしたレギンスもあります。

コットンがブレンドされているリブ風のレギンスなら、汗をほどよく吸収してくれるでしょう。

●サーマルレギンス

サーマル素材を使用したレギンスです。

サーマルというのは、小さい凹凸のあるもので、保温性が高いのが特長です。

ワッフル生地のトップスなどを想像していただくと、分かりやすいでしょう。

リブレギンスよりも、カジュアルでスポーティなイメージです。

寒い冬に穿くのもおすすめですよ。

●ベロアレギンス

ベロア生地のレギンスは、光沢感があって、脚をやわらかく包み込みます。

見た目があたたかそうですし、肌触りもいいですよね。

ベロアがトレンドになっているときには、ぜひ取り入れてみましょう。

レギンスを穿いたコーディネート

レギンスを取り入れた、寒い季節でもできるコーディネートのアイディアをご紹介します。

◎タートルネックニット×膝下丈スカート×レギンス

オーバーサイズで萌え袖のゆったりニットに、冬らしい厚手のスカートを合わせて、落ち着いた上品コーデにします。

スカートと同系色で、やや暗めの色合いのレギンスを穿いて足首の素肌をチラ見せすれば、全体的に重いシルエットでも抜け感が出ます。

髪が長い方はまとめて、斜めがけできるミニバッグを持つと、バランスのいいコーディネートに近付けるはずですよ。

足もとはヒールの高い革靴を選んで、カジュアルすぎるコーディネートを引き締めてみてください。

◎ロングワンピース×レギンス

体のラインを見せないロングワンピースに、レギンスの組み合わせは定番ですよね。

素足を見せるより、センスよくコーディネートすることもできます。

花柄のロングワンピースの上にニットやパーカーを着て、足もとにはスリット入りのレギンスを穿くコーディネートや、キレイめニットワンピースの下に、あえてレギンスを穿くコーディネートもおすすめです。

足もとはスニーカーやブーツなど、マニッシュなアイテムを合わせてもいいのではないでしょうか。

寒い冬におすすめ!超あったかレギンス

ここでは、レギンスのおすすめ商品をご紹介します。

〈ハニーオンデイズ 暖か裏起毛 裏起毛レギンス ボトムス〉

足首近くまでしっかりとフィットするレギンスです。

素材はレーヨン・ナイロン・ポリウレタンで、寒い冬でも下半身をポカポカとあたためてくれます。

カラーバリエーションも豊富で、

・ブラック
・ネイビー
・モカ
・グリーン
・ワイン
・カーキ
・マスタード
・アイボリー
・ロイヤルブルー

の9種類から選べます。

スキニーのように着こなして、女性らしいコーディネートを楽しめますよ。

〈iLeg レギンス 裏起毛 10分丈 HEAVY TYPE〉

ポリエステル、綿、ポリウレタンから成る裏起毛厚手生地で、肌触りがよく耐久性に優れたレギンスです。

ストレッチ性が強く、しっかりとフィットして熱を逃がしません。

HEAVY TYPE以外にも、薄さによってMIDDLE、LIGHTがあり、季節に合わせて使い分けることができます。

色はブラックの1色です。

レギンスだけじゃ寒いならレッグウォーマーをプラス

レギンスだけでは寒い真冬には、他の防寒グッズも活用しましょう。

たとえば、レッグウォーマーや足首カイロ、腹巻などです。

レッグウォーマーは、長さや厚さがさまざまですが、厚手レギンスの上に合わせるなら、薄手のふんわりしたタイプでもいいかもしれません。

くしゅくしゅとたるませるレッグウォーマーで足もとにボリュームを出せば、かわいらしいイメージになります。

同系色のちがう素材を、組み合わせるのもおすすめですよ。

また、レッグウォーマーをたるませずに、ニーハイソックスのように伸ばして付けることもあります。

ロングスカートなど、足首だけにボリュームが出るのが不自然な場合は、伸ばして使ってもいいでしょう。

安く手軽に防寒対策ができるレッグウォーマーを、ぜひ取り入れてみてください。

寒い冬の足もと防寒対策!

レッグウォーマー以外の防寒対策をご紹介します。

寒い冬にレギンスを穿く際に、組み合わせてみてください。

●靴下の重ね履き

「冷え取り術」としてお馴染みの、靴下重ね履きもおすすめです。

薄手の5本指靴下、吸湿性に優れた靴下、保温性に優れた靴下などが、セットで販売されていることもあります。

●腹巻

ポケットが付いていて、カイロを入れられる腹巻もあります。

寒い冬のワンピース×レギンスコーデには持ってこいのアイテムですね。

●足首カイロ

足首に巻けるカイロも販売されています。

特に寒い場合は、こうしたカイロを巻いて、その上からさらにレッグウォーマーを付ければ、防寒対策はバッチリです。

足首は「第二の心臓」と呼ばれ、冷え性の方は、あたためて血流をよくしておくのがおすすめです。

足首以外でも、手首や首などはあたためるようにしましょう。

皮膚が薄く、太い血管が外気から近い位置にあるからです。

●あったかブーツ

モコモコしたムートンブーツ、ボヘミアンスタイルにマッチするフリンジブーツ、膝下丈のジョッキーブーツなど、足首をカバーできるブーツは、真冬のお助けアイテムです。

少し大きめのサイズを選ぶと快適に履けますよ。

レギンスは冬ファッションでも優秀なアイテム

レギンスは、おしゃれの幅を広げてくれるアイテムです。

素材や色の組み合わせで、足もとを可憐に彩ることもできますし、クールに見せることもできます。

特に、スリットの入ったレギンスは、「どう着こなそうかな」と楽しく悩めるアイテムなのでおすすめです。