コートにパーカーを合わせる!フードを出してこなれコーデに

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツコーデにスカーフをプラス!メンズの必須アイテムに?

メンズコーデにおいて、シャツコーデにスカーフをプラスするスタイルがお洒落と人気を集めています。...

爽やかなシャツが1番!メンズの夏コーデはここに注目しよう

日本の夏は蒸し暑いので、それに合わせてファッションを選ぶ必要があります。メンズ向け夏コーデと...

ダウンから中綿が出てくる!その原因とは?対策はあるの?

ダウンジャケットは、ほかのコート類と比べても非常に暖かく、防寒アイテムとして優秀です。そして...

パープルはグレーとの相性は良いの?他の色との相性はどう?

秋冬は勿論、トレンドカラーとして注目を集めるパープル。非常に鮮やかな色彩ゆえ、初めての場合に...

ライダースを着た時のサイズ感とは?レディースのご紹介!

ライダースジャケットは「かっこよく見えすぎそうで挑戦しにくい」と思っている女性の方もいるのではな...

アシンメトリーな服が流行!レディース向けコーデをご紹介!

「アシンメトリー」という言葉を最近よく耳にするのではないでしょうか。美容業界においてヘアカッ...

ニットはノースリーブハイネックが人気!おしゃれコーデは?

ニットにはさまざまなデザインのものが存在しますが、中でも特に人気なのがノースリーブのハイネッ...

デニムを古着で楽しもう! 東京の古着専門店をご紹介

東京には古着を扱うお店が数多くあります。今回は、古着屋の多い街や、デニムに特化した古着屋をご...

大人のニット帽コーデ!30代からのニット帽おしゃれ活用術

「ニット帽をつかったコーデは若い子たちがするもの…」と思い込んではいませんか?実はそのような...

ストールを冬に巻く!巻き方を習得しておしゃれメンズに変身

ストールは女性だけでなく、メンズのおしゃれアイテムとしても定着しつつあります。マフラーなら厚...

ワンピースを上品に着るコツ!40代向けワンピースをご紹介!

ワンピースは、オフィスやカジュアル、どちらの場面でも大活躍してくれる優秀アイテムですね。...

Tシャツを選ぶならブランドやロゴに注目!おすすめをご紹介

皆さんは、Tシャツを選ぶときにどのような点を気にしているでしょうか。Tシャツの生地の素材だっ...

ボトムス一つで印象大違い!おすすめメンズおしゃれボトムス

ファッションではどうしてもトップスに目が行きがちですが、ボトムスを変えるだけで印象はがらりと変わ...

あか抜ける!「ニット帽」を取り入れたコーディネート〈冬〉

冬のおしゃれアイテムといえば、どんな服装にも合わせやすい「ニット帽」が思い浮かぶでしょう。か...

レギンスなどを合わせるレディースコーデは柄スキニー時代!

柄の入ったレギンスや細身のパンツをボトムスに合わせる柄スキニーが、レディースコーデで注目を集めて...

スポンサーリンク

コートにパーカーを合わせる!フードを出してこなれ感を出そう

冬のコートには、インナーにニットやカーディガンを合わせる方が多いかもしれません。

しかし、こちらでご紹介したいのは、コートとパーカーとの組み合わせです。

コートだけでは単調になってしまいそうなコーデも、パーカーを下に着ることによってこなれた印象に変えることができます。

コートからは、パーカーの袖やフード部分をさりげなく出して、パーカーのカジュアルな可愛さを出していきましょう。

なお、パーカーのフードは、コートから必ず出します。

コートを着ながらパーカーの可愛さを最大限に出すには、フード部分がコートから出ていることが大切なのです。

また、コートだけだとカチッとし過ぎてしまうような場合にも、フードがあるパーカーを合わせると、一気にカジュアルダウンさせることができます。

コートのきちんとしたイメージと、パーカーのカジュアルなイメージがちょうど良く合わさることからも、コートとパーカーの組み合わせはおすすめでしょう。

フードつきパーカーとの組み合わせはバッチリ!合わせたいチェスターコート

フードがついているパーカーに組み合わせたいコートは、チェスターコートです。

チェスターコートは、形がカッチリして大人っぽい雰囲気がありますが、パーカーと合わせることによってカジュアルダウンさせることができ、こなれた印象に変化させることでしょう。

パーカーとチェスターコートの組み合わせは、パーカーの良さとチェスターコートの良さをそれぞれ引き出してくれると言っても良いかもしれません。

ただ、この2つの組み合わせで気をつけたいのは、サイズ感です。

大人な雰囲気にしたい場合は、パーカーもチェスターコートもピッタリサイズがおすすめです。

カジュアル感を出したいのであれば、パーカーやチェスターコートは少し大きめのサイズが良いでしょう。

下のボトムスは、スキニーパンツやデニムパンツが合わせやすいですが、ワイドパンツなどと合わせてもカッコよく決まるはずです。

また、パーカーとボトムスのサイズ感にも注意が必要です。

パーカーが大きめならボトムスはコンパクトに、パーカーがコンパクトならボトムスはワイドなものにするとバランスが良いでしょう。

フードがあるパーカーに合わせるコート!ブルゾンやGジャンを使っても

コートと言っても色々な形がありますが、フードがあるパーカーは基本的にどのようなコートでも合わせることができるでしょう。

ただし、コートにはフードがついていないことが大切です。

コート自体にフードがついていると、パーカーのフードと合わさり、重たい印象になってしまうでしょう。

パーカーに合わせやすいコートには、丈が短いブルゾンタイプがあります。

パーカーと同じくらいの丈感が、ブルゾンコートとよく合います。

ボアブルゾンなら、パーカーのカジュアル感とボアの暖かいイメージが程良くマッチするでしょう。

また、Gジャンを短いコートとして使用するのも良いです。

ボトムスを大人っぽい雰囲気に変えれば、パーカーとGシャンのカジュアル感を薄めることができます。

なお、Gジャンはオーバーサイズがおすすめです。

他には、ミリタリージャケットとパーカーの組み合わせも良いですね。

ミリタリージャケットのメンズっぽさにパーカーのカジュアル感を合わせると、レディースのコーデでありながらメンズの雰囲気も漂うおしゃれな着こなしになるでしょう。

フードが可愛いパーカー!コートと着るなら種類や色はどうする?

フードが可愛いパーカーですが、パーカーには、被りタイプとジップアップタイプの2種類があります。

コートと合わせる場合はどちらが良いのか迷いそうですが、実はどちらを合わせても問題ありません。

被りタイプのパーカーなら、パーカーだけがコートの下から見えますが、ジップアップタイプだとチャックを閉めていれば前面のチャックが目立ち、チャックを開けていればその下に着るトップスも大切になるでしょう。

基本的に、スッキリと見せたいのであれば被りタイプが良いと思います。

しかし、ジップアップならレイヤードの着こなしが楽しめたり、チャックを開閉することによって温度調節したりできます。

次に、パーカーの色の選び方です。

パーカーにおすすめしたいのは、合わせやすい白・黒・グレー・ネイビー・ベージュなどの色です。

ただし、基本的にコートも同じような色がおすすめなため、パーカーとコートの色が被らないことは大切です。

同じ色でもニュアンスの違う同系色を選ぶようにすれば、一緒に合わせた時に違和感がないでしょう。

コートとパーカーの組み合わせのコツ!首周りはスッキリと仕上げる

コートとパーカーの組み合わせのコツとして、首周りをスッキリと仕上げるということが挙げられます。

コートからパーカーのフードが出ることを考えて、コートの襟はスッキリしたものを選びましょう。

ノーカラーのタイプのコートも沢山出回っていますので、パーカーを重ねる着こなしを楽しみたい場合にはノーカラーのコートを選ぶと良いです。

また、髪の毛が長い場合は、アップスタイルがおすすめです。

長い髪の毛を下ろしたままにしていると、せっかく出したパーカーが髪の毛で隠れてしまい、全体的にもさっとした印象になってしまいます。

アップスタイルにすることによって、フードの良さが生かされるでしょう。

また、コートとパーカーの組み合わせには、ショートヘアもおすすめです。

冬のショートカットは寒い印象がありますが、コートとパーカーを組み合わせれば、パーカーのフードのボリュームが暖かい雰囲気にしてくれるでしょう。

パーカーのフードを生かすためには、ヘアスタイルにもひと工夫が必要なのです。

コートとパーカーのコーデ!フードを生かしたスタイルをご紹介

コートとパーカーのコーデとして、フードを生かしたスタイルをご紹介します。

◯ベージュチェスターコート×白パーカー×黒スキニーパンツ

ベージュのチェスターコートは形のきっちり感はあるものの、ブラウン寄りのベージュを合わせることによって柔らかい印象になります。

白のパーカーを合わせれば、より優しい印象になるでしょう。

ボトムスには黒のスキニーパンツを合わせて、全体のコーデを引き締めます。

◯黒ピーコート×グレーパーカー×濃グレーチェックパンツ

黒のピーコートにグレーパーカーを合わせると、コンパクトなカジュアルコーデになります。

下に濃グレーチェックパンツとパンプスを合わせれば、全体的に大人っぽい雰囲気に仕上がるでしょう。

◯白ボアコート×ベージュパーカー×茶色ワイドパンツ

白のボアコートはそれだけで暖かい雰囲気がありますが、ベージュパーカーと合わせることで優しい雰囲気になります。

茶色のワイドパンツと合わせれば、冬っぽいコーデの完成です。

コートとパーカーの組み合わせ!フードは出して着よう

コートとパーカーの組み合わせは、フードを出して着るだけでこなれた雰囲気に仕上がります。

基本的にどのようなコートでも似合いますが、チェスターコートやブルゾンコートなどが合わせやすいです。

色は、コートもパーカーも合わせやすい白・黒・グレーなどの基本色がおすすめです。

また、首周りはスッキリとさせたほうが、フードの良さが生きるでしょう。

コートとパーカーの組み合わせを試して、冬のコーディネートにひと工夫してみてください。