カーディガンのインナーにレースでもババシャツに見せない!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コートは軽い素材なら疲れにくいかも!素材別の特徴を紹介

おしゃれでも重たいコートは、毎日のように長時間着ていると疲れてきてしまいますよね。軽いコート...

おすすめのコートはノーカラーコート!お洒落なコーデは?

秋冬はお洒落の定番、コートが活躍する時期になります。人気を集め、おすすめとなるコートは女...

ライダースはレディースコーデのカギ!本革ライダースご紹介

ライダースジャケットというと、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。ハード、クール、タイトな...

レディースの定番デニムは人気のプチプラブランドから探そう

デニムは、カジュアルファッションに欠かせないアイテムですよね。レディースのデニムでは...

あなたのコートの袖丈は適正!?おしゃれは適した長さから!

さまざまな季節のコーディネートに使われるようになったコート。コートは暖かいという機能以外にも...

ニットに一工夫!日常を楽しくお洒落にするリボンの結び方

ニットは、ファッションの定番です。着用している人も多く、人気素材の一つと言えるでしょう。...

就活でトラブル!スカート(タイト)の黒い汚れやしわを解消

女性の皆さんは仕事でスーツを着ることはありますか。スーツといっても、学生が就職活動で使うよう...

ストールの活用!アレンジ次第で服装のお洒落が劇的に変化!

お洒落とプチ防寒を兼ねて、機能面はもちろん、服装のアクセントとなるアイテムとして定番化してきたス...

おしゃれなペンドルトン!ネイティブアメリカン柄が人気!

「ペンドルトン」というブランドをご存知でしょうか。ペンドルトンはアメリカのオレゴン州で19世...

スカートのお洒落コーデ!柄物を使って冬コーデも華やかに!

冬はお洒落の季節、お洒落女性がより一層輝く季節でもありますね。そんな冬コーデにおいて、より華...

女子の間で話題のニットガウチョ!そのおすすめコーデは?

レディースファッションアイテムとして定着した感のあるガウチョパンツ。穿き心地の良さが魅力です...

ジーンズを自分で加工するならダメージを与える方法が簡単!

デニム生地は、使えば使うほど風合いが増すので、そのジーンズだけの個性を作り上げることができま...

テーラードジャケットを取り入れておしゃれレディースに!

おしゃれにジャケットを着こなしたいと思っても、「難しい」と感じる女性は少なくないでしょう。自...

ジレを取り入れておしゃれなレディースコーデに仕上げよう!

毎日のコーデがワンパターンになってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなの...

コートは生地にこだわるのも大切!高級とされるものは?

コート選びは何を基準に選ばれていますか?色や形、お気に入りのブランドなど人それぞれ様々な選び...

スポンサーリンク

カーディガンのインナーにレーストップスで甘さをプラス

カーディガンやセーターなどのインナーとしてレーストップスを選ぶと、ガーリーな雰囲気を演出できますよね。

レースが好きでも、全体的にレースがあしらわれたワンピースやスカートだと、甘すぎて着こなせない女性も多いのではないでしょうか。

その点、重ね着してレースをチラッと見せるだけなら、甘さを抑えた着こなしにできて、こなれ感もアップするかもしれません。

肌寒い季節に重ね着用として着るレーストップスは、暖かい素材が使われていることが多い傾向です。

襟元だけにレースがあしらわれているトップス、全体的にレースが重ねられているトップス、襟と腕だけにレース素材があるトップスなど、デザインはさまざまです。

襟も、ハイネック、Vネック、ラウンドネック、スクエアネックなど、多くのデザインから選べます。

また、色も重要です。

白いレースなら清潔感があって上品で、やさしい印象になりますし、黒のレースならセクシーで大人っぽい印象です。

グレーならクール、ピンク、ラベンダーなどのレースなら可憐なイメージになります。

色やデザインは、どんなアイテムと重ね着したいのかイメージしながら選ぶといいですね。

レーストップスをインナーとして着るとババシャツに見える?

カーディガンやセーターの下に着るおしゃれなレースインナー。

「ババシャツ」と間違えられることだけは避けたいものです。

●ババシャツとは

・女性用の肌着
・体にフィットして着心地がいい
・淡いベージュやピンクなどが多い
・部分的にレースがあるデザインが一般的

上記のような要素がある肌着を「ババシャツ」と呼び、おしゃれアイテムとしてではなく、防寒の目的で使われていました。

うっかりチラ見えすることはあっても、チラ見せする服ではありません。

生地は汗をよく吸い、モコモコとしていることも多いです。

一方、おしゃれインナーとして着るレーストップスには、下記のような特徴があるようです。

・レースを魅せるようなデザイン
・レースの風合いや質感が今風
・全体的に薄手の素材
・腕やデコルテがレースだけで透け感があるものも
・キャミソールタイプも多い

着心地や防寒性よりはデザイン性を重視し、あえてざっくりとしたレースでポップに着られる服や、薄手でふんわりした素材の服など、機能性重視の「ババシャツ」とは明らかに違います。

ただし、レーストップスの中には、暖かさにこだわって作られた厚手のものもありますし、ベージュカラーのものもあります。

デザインによって、どこまでチラ見せするか考えましょう。

また、「ブラウン系のワントーンコーデ用」のように計算して使うのでない限り、ベージュのレーストップスは老けて見える可能性が高いので要注意です。

カーディガンのインナーに白レースを選ぶときのポイント

カーディガンやセーターのインナーとして、レーストップスを選ぶときには、気を付けたいポイントがあります。

一つずつご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。

●白のレースは万能ではない

白レースなら、いろいろな色のカーディガンとコーディネートできますが、「白」の色味にも注意したいところです。

合わせるアイテムが白なのか、グレーなのか、エメラルドなのか、レッドなのかイメージしてみてください。

同じ色なら色味を揃えれば自然ですが、あえて違う色味の白で、変化を出すのもおすすめです。

たとえば、アイボリーのようなやわらかい白色のカーディガンと、カーキのワイドパンツのコーデ。

肌馴染みのいい、くすんだ白レースを選ぶでしょうか。

それとも、画用紙のような純白レースを選ぶでしょうか。

肌の色や全身のコーデにもよりますが、上記のコーデなら、カーディガンと合わせて黄色を微量に含んだ白の方がうまく馴染むかもしれませんね。

また、アイボリー系の白レースは、原色(レッドやブルー)のカーディガンや、きれいめデニムの清潔感や主張を邪魔してしまうこともあるでしょう。

「白」とひとくくりにせずに、目の前にある白と他のアイテムや自分の肌色が馴染むか、チェックすることをおすすめします。

カーディガンのインナーにレースを選ぶときのポイント

●レースをチラ見せする形と量に注意

カーディガンなら、襟ぐりが深めのVネックレーストップスをインナーとして着るとしっくり来ます。

襟のラインがそろうので、さりげなく見せられますね。

カーディガンの前を開ける場合も、襟は広く開いたデザインか、浅めでも透け感のあるデザインのほうが合うでしょう。

●色合わせで着やせ効果も

ベージュカーディガンと白レースや、エメラルドのカーディガンとグレーレースなど、同系色の淡い色同士だと、やわらかい印象です。

ただし、ふんわりしたカラーコーデは、やや膨張して見えるでしょう。

引き締め効果をねらいたいなら、黒カーデと白レース、オレンジカーディガンと黒レースなど、パキッとしたコーデのほうがおすすめです。

水色のカーディガンに紺レースなど、インナーに引き締めカラーを持ってくると、上品な着やせ効果がねらえます。

それ以外に、ボトムスを引き締め色にしてバランスをとったり、首、手首、足首など華奢な部分を見せたりして工夫しましょう。

どんなカーディガンならレーストップスと合う?

●レースインナーと合わせるカーディガンの種類は?

カーディガンには、丈も素材もデザインもさまざまなものがあります。

オフィスで着るようなコンサバなクルーネックのカーディガンや、ボリューム感のあるボアカーディガンなどには、レースインナーが似合わないことが多いでしょう。

前者はレースの存在感に負けてしまうかもしれませんし、後者はちぐはぐに見えてしまうかもしれません。

厚みがあり、体に添うようなデザインのケーブル編みカーディガンも、ほっこりとした暖かさが甘さを含んでいるため、レースインナーだとしつこくなってしまいます。

おすすめなのは、ゆったりしたショート丈のVネックカーディガンです。

編み目がシンプルで、どこかマニッシュな雰囲気がただようカーディガンのほうが、レースの繊細さが引き立つようです。

腕まわりがふんわり膨らんでいたり、ウエストにくびれがなかったり、大きめでシンプルなボタンが付いていたりして、ラフな雰囲気のあるカーディガンをチョイスしてみてください。

レースの効果を最大限に!アクセサリーやヘアスタイルについて

●アクセサリーをゴチャゴチャつけない

カーディガンのインナーとしてレーストップスを着るときには、ゴテゴテしたネックレスはつけないほうがいいでしょう。

レースの上にネックレスを重ねても、引き立て合うのは難しいことが考えられます。

エレガントすぎてしまい、若々しく見えなくなったり、個性派コーデになったりする可能性があります。

どうしてもつけるならレースと重ならないように、華奢なデザインのネックレスをさりげなくつけてみてください。

もちろん、イヤリングやピアスならOKです。

●ゆるく巻いたヘアスタイルがおすすめ

直毛の方なら、髪の毛にゆるいパーマをかけるか、コテなどで巻いてフェミニンにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

ミディアム~ロングヘアなら、髪の毛をアップにして、結んだ毛や後れ毛を巻くのもおすすめです。

はらりと繊細に落ちる毛束と可憐なレースで、思いきりフェミニンにしてみましょう。

ショートヘアでも、フワッとしたパーマスタイルが似合いますね。

カーディガン×レーストップスで新しい自分を発見!

レースは好きだけどファッションに取り入れるのは抵抗がある方も、インナーとしてチラ見せするくらいならハードルが低いですよね。

「見せられる肌着」は今やおしゃれの必須アイテム。

レーストップスをボトムスにインして、カーディガンの前を開けるコーデも見かけます。

カーディガンをウエストにインしたり、ジャケットの上に羽織ったりするのもアリな時代なので、自分らしいカーディガンの着こなしを見つけてください。