トップスが「ピンク色」のコーディネート!そのポイントは?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツを洗濯してできるシワを防ぎたい!簡単にできる予防法

パリッと綺麗なシャツを着るだけで、気分がシャキッとして仕事や勉強に身が入る方も多いことでしょう。...

スカート選びは人気ブランドで!上品アイテムで大人女子に

スカートは、レディースならではのお洒落なファッションアイテムです。合わせるスカートによっ...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

デニムとワッペンは相性抜群!その付け方から活用方法まで!

何となく着用しなくなってしまったデニムが、タンスで眠っていませんか?そんな時は、デニムと相性...

ストールの使い方をマスターしよう!女性におすすめの使い方

ストールはスカーフよりも生地が厚く、マフラーに比べて生地が薄いため、素材によってオールシーズン活...

ジーンズで太めパーツをカバー!細見え狙いレディースコーデ

丈夫で使いやすくく、カジュアルコーデには欠かせないジーンズは、いくつでも欲しくなるアイテムですね...

プレゼントに!メンズアウター別おすすめブランドをご紹介!

少々お疲れ気味のご主人や彼氏に、日頃の感謝を込めて、アウターをプレゼントしてみてはいかがでしょう...

Tシャツのたたみ方が問題?シワにならないたたみ方と収納法

暑い季節には、Tシャツを着る機会が増えますよね。人によっては何枚も持っているということもある...

流行のポンチョ!中でもニット製は着こなしが楽でおすすめ!

流行りのポンチョ、みなさんはもうお持ちでしょうか。そこそこの防寒性にくわえて可愛くお洒落と、...

上手に簡単に!スカートに合わせたベルトとリボンの結び方

皆さんは、いつもどんなスカートを履いていますか。シンプルなセミタイトスカートですか。...

女性を美しく魅せる!スカートは花柄+ミモレ丈で決まり!

レディースコーデの場合に、パンツスタイルも良いですが、女性らしさを表現するのであればスカートがテ...

「岡山デニム」は世界に誇る日本のブランド!その魅力とは?

長い間、デニムと言えばアメリカのものというイメージが強くありました。それは、アメリカ...

ワンランク上のファッション!薄手のストールの巻き方

お洒落のワンポイントにぜひ取り入れたいアイテムの薄手のストール。色々な色や柄があって形も...

アウターは黒がいい?紺がいい?どちらも効果的に使う方法!

衣類を購入する際、地味な色を選んでいませんか。特に男性の場合は、黒か紺のアウターが多くなりが...

トップスにもインナーにも使える!おすすめレースハイネック

さまざまなトップスの種類がある中で、今回はレースハイネックのトップスをご紹介していきます。レ...

スポンサーリンク

ピンクトップスのメリットとは?

はじめに、ピンクトップスの良さについて考えてみましょう。

かわいらしいイメージのピンク色は、「甘くなりすぎる」「子供っぽい」という理由から、ファッションアイテムのカラーリングとしては避けられがちだと言われています。

しかし、ピンク色のトップスを取り入れることで、以下のようなメリットも生まれます。

◆メリット①:顔色が明るく見える

光の反射効果により、顔色が明るく見えるそうです。

このことから、顔の血色が悪い人や、少しでも肌を白く見せたいという人におすすめでしょう。

◆メリット②:女性らしい雰囲気をアピールできる

ピンク色からは、優しさや柔らかさを感じますよね。

いつもよりエレガントな雰囲気になれるので、立ち振る舞いにまで優雅さが増すかもしれません。

◆メリット③:差し色になる

華やかなカラーリングのピンク色は、一点投入でコーディネートのアクセントにしてみましょう。

例えば、モノトーンコーディネートに、トップスで色味を足すイメージです。

これなら、大人女子でも真似しやすいと思います。

大人女子必見!おすすめのピンクカラー

ここからは、ピンクファッションのポイントについてお話ししていきます。

幼く見せないポイントとしては、トップスの色味に着目してみましょう。

一口に「ピンク色」と言っても、その色味はさまざまですから、以下でおすすめのカラーをご紹介します。

◯くすみピンク

トレンド感がある色味としては、「くすみピンク」が挙げられます。

「ダスティピンク」と呼ばれることもありますね。

灰色がかったピンク色のことで、甘くなりすぎないのが特長です。

こうしたピンク色の場合、くすみカラー同士の組み合わせがおすすめでしょう。

◯ラベンダーピンク

少し紫色が入ったような淡い色味なら、「ラベンダーピンク」となります。

普通のピンク色よりも落ち着いた雰囲気で、大人の女性でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

ラベンダーピンクと相性抜群なのは、「グレージュ」です。

(※グレージュとは…グレーとベージュを組み合わせた色)

フェミニンながらも、エレガントさをまとうピンクコーディネートになるでしょう。

そのほか、ホワイト系のカラーともマッチしやすいです。

◯フューシャピンク

ラベンダーピンクよりもビビッドなのが「フューシャピンク」です。

鮮やかなピンク色ですが、モードなスタイリングにはぴったりだと思います。

大人の色気を感じさせるコーディネートに、ぜひ取り入れてみてください。

ピンクトップスの選び方は?

ここでは、ピンクトップスの選び方を見ていきましょう。

そのポイントは、「デザイン」「シルエット」「素材感」にあります。

①デザイン

幼さや甘さを抑えるためには、トップスのデザイン(装飾)に注目してください。

リボンやフリルがついたものは、ガーリーテイストのファッションになっています。

こなれ感や抜け感のある着こなしがしたいときには、なるべくシンプルデザインのものを選びましょう。

②シルエット

体にフィットしないオーバーサイズだったり、はっきりとしないシルエットだったりすると、幼い印象になってしまいがちです。

このことから、ピンクトップスはややタイトなシルエットがおすすめです。

ニットやカットソーの場合、首元は「Vネック」だと女性らしさがアピールできますよ。

また、「スリット」デザインのトップスは、トレンド感もあっておしゃれです。

③素材感

イマドキのコーディネートにしたいときは、素材感にもこだわりましょう。

シャツやブラウスなら「とろみ感」のあるものがおすすめです。

なるべく柔らかい生地を選んでみましょう。

カジュアルさのあるTシャツなら、リネンやコットンなどの自然素材がおすすめです。

ピンクトップスのコーディネート!「くすみピンク」の場合

ここからは、ピンクトップスのコーディネート例をご紹介していきます。

先ほどおすすめした三色「くすみピンク」「ラベンダーピンク」「フューシャピンク」を使い、大人かわいいスタイルをつくります。

はじめに取り上げるのは、肌馴染みの良い「くすみピンク」です。

くすみカラー同士のコーディネートで、優しい雰囲気に仕上げてみましょう。

~くすみピンクトップスのコーディネート例~

◯トップス:くすみピンクのブラウス

◯ボトムス:くすみブラウンのワイドパンツ

◯シューズ:ベージュのパンプス

くすみピンクとくすみブラウンの組み合わせは、統一感が出ておすすめです。

ブラウスだけでなく合わせるワイドパンツも、とろみ感のあるものを選んでみましょう。

こうしたコーディネートは楽なだけでなく、おしゃれ上級者に見えますよ。

「ラベンダーピンク」を使うコーディネートは?白いスカートで軽やかに

続いてご紹介するのは、「ラベンダーピンク」のトップスを使ったコーディネートです。

淡いラベンダーピンクなら、爽やかなホワイトのロングスカートを合わせてみましょう。

~ラベンダーピンクトップスのコーディネート例~

◯トップス:ラベンダーピンクのシャツ

◯ボトムス:ホワイトのロングスカート(ギャザーデザイン)

◯シューズ:ホワイトのスニーカー

明るめのカラーコーディネートで、あたたかい春先にぴったりの装いとなります。

かわいらしいアイテムを取り入れているので、足元のスニーカーでカジュアルダウンさせています。

ラベンダーピンクのシャツは、タックインして全体のバランスを取りましょう。

こうしたコーディネートなら、子供っぽい印象にはなりませんね。

「フューシャピンク」コーディネートで大人の色気を演出!

最後にご紹介するコーディネートは、「フューシャピンク」のトップスを使ったコーディネートです。

鮮やかな色合いのフューシャピンクなら、このようなコーディネートはいかがでしょうか。

~フューシャピンクトップスのコーディネート例~

◯トップス:フューシャピンクの薄手ニット

◯ボトムス:ブラックの細身パンツ

◯シューズ:ブラックのヒールブーツ

フューシャピンクの薄手ニットをアクセントにして、ブラックのスキニーパンツとヒールブーツを合わせたコーディネートです。

派手な色味の一点投入で、おしゃれな仕上がりとなっています。

華やかな大人コーディネートの完成ですね。

今回は、トップスでフューシャピンクを取り入れていますが、バッグやスカーフ、ソックスなどの小物にフューシャピンクを持ってくるのも良いと思います。

フューシャピンクが引き立つように、ほかのアイテムはモノトーンカラーで抑えましょう。

ピンクトップスで大人かわいいコーディネートを!

ピンク色のトップスに抵抗のある人でも、ポイントを押さえることでおしゃれにコーディネートできるはずです。

幼く見られたくないときは、「くすみピンク」「ラベンダーピンク」「フューシャピンク」の色味を選んでみましょう。

また、トップス選びでは、デザインやシルエット、素材感にも着目することが大事です。

この記事を参考に、ピンクコーディネートにチャレンジしてみてくださいね。