カーディガンを使ったレディースファッション!夏の活用法!

夏は暑い季節ですので、できるだけ薄着で過ごしたいですよね。

しかし、建物の中に入った場合は、薄着だと寒すぎてしまうことがあります。

オフィスやレストランで寒さに悩む女性も多いことでしょう。

こちらでは、夏のレディースファッションにカーディガンを取り入れた活用法をご紹介します。

暑い時期も自分らしく快適に過ごせるよう、おすすめの素材や形を確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ライダースは真冬には寒い!あの手この手で暖まりたい

ライダースは女性をクールに見せてくれますよね。 色やデザイン、硬さなどのバリエーションが豊富で...

冬のアウターはジャケットが人気!メンズにおすすめ冬服5選

メンズ向けの冬用アウターには、いろいろな種類があります。 その冬のはやりとなっているアウターも...

デニムのアレンジはダメージが基本!自分でも簡単にできる!

何となく物足りなくて、タンスで眠っているデニムはありませんか? 可もなく不可もない、そんなデニ...

アウターにカーキ色アイテムを!レディースコーデが広がる!

お洒落レディースの皆様は、何色のアウターをお持ちでしょうか。 人気のある「白」「黒」「グレー」...

おすすめのコートは?おしゃれなメンズ向け冬のアウター

冬のコーディネートは、アウターが中心です。 なぜなら、目のいきやすいアウターがファッシ...

ジーンズの色落ちを復活!様々な方法でプラスにして楽しむ!

ジーンズが好きで穿いている方は、ジーンズが色落ちしたことがあるのではないでしょうか。 ジーンズ...

良質コートは素材で決まり!おさえておきたい高級素材!

秋冬に活躍する定番アイテム、コート! その善し悪しは使われている生地・素材によって決まると言っ...

「ジレ」のレディースコーディネート特集!~秋の着こなし~

今回は、レディースコーディネートのポイントとなる「ジレ」についてお話ししていきます。 オールシ...

ストールの使い方をマスターしよう!女性におすすめの使い方

ストールはスカーフよりも生地が厚く、マフラーに比べて生地が薄いため、素材によってオールシーズン活...

冬のパーカーコーデならセーターとシャツの重ね着がおすすめ

冬用のアウターにはいろいろな種類がありますが、普段使い用としてはパーカーがおすすめです。 なぜ...

黒のトップスで夏のレディースコーデをクールビューティに!

着回し力が抜群に良いのが黒のトップスです。 一方、熱を吸収する特性が災いし、夏のトップスとして...

ジーンズ選びは何基準?オシャレ女子はブランドで探してる!

カジュアルファッションを代表するジーンズ。 今では、誰でも一本は持っている国民的ボトムスと...

セーターをスカートインして冬のおしゃれコーデを楽しもう!

昨今、女性のコーディネートの定番として、スカートにセーターなどのトップスをインする女性を多く見か...

シャツは種類が豊富!秋のメンズコーデにおすすめのものは?

秋はとても過ごしやすい季節で、スポーツや行楽にとても適しています。 また、芸術の秋とも言われよ...

春夏レディースコーデ!トップスはシースルーの黒で決まり!

お洒落女子であればシースルートップスを一枚はお持ちかもしれませんね。 この春夏に断然おすすめし...

スポンサーリンク

夏でも寒い!レディースファッションに欠かせないカーディガン

夏は暑いのが当たり前ですが、過ごす場所によっては夏でも寒く感じる場合がありますよね。

外は暑いのに、建物の中に入ると次第に寒くなってしまう経験をした女性も多いのではないでしょうか。

レディースファッションではノースリーブのものも多くありますので、そのままの恰好ですと建物の中ではかなり寒く感じることもあるでしょう。

夏の暑さから汗でベトベトになっているのであれば、建物の中に入った途端、涼しい風を感じるのはとても爽快かもしれません。

しかし、薄着をしている女性の場合は、何か羽織るものが必要となるでしょう。

その場合に活用してもらいたいのが、カーディガンです。

カーディガンは春夏秋冬使えるアイテムで、もちろん夏に使うこともできます。

今は薄い生地で素材も涼しいものが増えていますので、夏に羽織っても暑くなく、建物の中で使うのに温度調節をしてくれるタイプも選べることでしょう。

次項からは、夏に使えるカーディガンとして、素材や形などに注目して確認していきます。

夏に使うレディースのカーディガン!天然素材と言えば?

夏に使うレディースのカーディガンですが、こちらではよく使われる天然素材をご紹介していきます。

◯綿

綿はコットンとも呼ばれますが、肌が弱い方などは特に綿100%の素材のものを好んで選ばれるでしょう。

綿には肌触りの良さがあり、小さな子供だけでなく使用には安心感が高いと思われます。

吸水性・吸湿性に優れているのが特徴ですが、天然素材特有の速乾性の無さがデメリットだと言えます。

汗をかいている上に綿のカーディガンを羽織ると、肌のジメジメは取れにくいかもしれません。

◯麻

レディースファッションで使われることの多い天然素材は、麻です。

綿同様、肌触りの良さがあり、吸湿性にも優れています。

また、綿とは違い、速乾性にも優れているのが特徴です。

肌に当たってもサラッとした感覚が人気ですよね。

ナチュラルコーデを好む女性に人気の麻は、使い始めは少しゴワゴワする感触もありますが、使い込むうちに柔らかく馴染んできます。

夏の暑い時期に、麻はその特徴からおすすめできる素材と言えるでしょう。

美しい光沢が特徴!夏に使うシルクのレディースカーディガン

シルクは、蚕の繭から作られた天然繊維のことです。

美しい光沢が見られ、吸水性・吸湿性に優れているだけでなく、放湿性にも優れています。

また、シルクは紫外線を吸収する力もありますので、夏の強い紫外線にも効果があるようです。

このような特徴から、夏の暑い時期でもレディースのカーディガンとして、サラッとした使用感が味わえることでしょう。

なお、シルクは保温性にも優れているため、夏だけでなく実は冬の使用もおすすめです。

どの季節にも対応しやすいシルクですが、紫外線を吸収する力が強いため、その分黄色く変色しがちです。

また、縮みが生じやすく摩擦にも弱いため、お手入れに注意が必要なところがデメリットと言えるでしょう。

綺麗に使用するには、取り扱いに気をつけなければならないことを覚えておいてください。

なお、洗濯をする際は洗濯表示を確認し、自宅で洗える場合は手洗いがおすすめです。

洗剤は、できるだけシルク専用の中性洗剤を使うと良いでしょう。

夏なら化学繊維のカーディガンもおすすめ!その特徴は?

ここまでは、レディースのカーディガンの素材として、天然素材のものをご紹介してきました。

天然素材には主に綿・麻・シルクがありますが、どちらもその特徴を確認して自分に合ったものを選ぶ必要があるでしょう。

ここからは、他のおすすめ素材として化学繊維をご紹介していきます。

化学繊維ならではの優れた特徴を確認していきましょう。

◯ポリエステル

ポリエステルは、化学繊維特有の速乾性が特徴です。

汗をかいてもすぐに乾いてくれるため、夏の暑い時期でも快適に過ごせることでしょう。

シワになりにくい特徴もあるため、コンパクトにしてカバンの中にしまっておくことも可能です。

多少のことでは生地がへたることなく丈夫なため、普段使いに重宝するはずです。

化学繊維らしい強さもあり、お手入れも簡単です。

◯レーヨン

レーヨンは、木材の繊維を使って作られており、吸水性・吸湿性に優れた特徴があります。

シルクに似た肌触りが特徴で、柔らかさがあります。

ただし、水に弱く縮みやすかったりシワになりやすかったりするデメリットもあります。

◯リヨセル

リヨセルは、ユーカリの繊維を使って作られています。

吸湿性・速乾性に優れています。

通気性が高いことから、夏のカーディガンにもおすすめです。

夏に着たいレディースのカーディガン!形のおすすめは?

夏の冷房対策にもなるレディースのカーディガンですが、こちらでは形のおすすめをご紹介します。

◯定番のクルーネックは夏の使用もOK

シンプルなクルーネックのカーディガンは定番の形として知られていますが、夏の使用にもおすすめです。

薄手のものを選べば、オフィスでも違和感なく使えるでしょう。

仕事にもプライベートにも使えるクルーネックカーディガンは、1枚は持っておきたいところです。

◯夏にはコンパクトなカーディガンを

夏は建物の中は涼しいものの、大きすぎるカーディガンでは少し野暮ったい印象になってしまいがちです。

コンパクトなカーディガンなら、夏でもスッキリと着こなせます。

また、その形状から全体のバランスが取りやすく、上半身はスッキリと見せ、下半身は足を長く見せることも可能でしょう。

◯薄手のものならロングカーディガンも可

ロングカーディガンは、薄手のものを選べば夏の使用も可能です。

日焼け対策にも有効ですし、体温調節もしっかり行ってくれることでしょう。

レース素材なら、フェミニンな印象に仕上げることもできます。

夏にカーディガンを羽織るなら!色使いにも注意しよう

夏にレディースのカーディガンを羽織るなら、色使いにも注意したほうが良いかもしれません。

色使いでおすすめしたいのは、白・ベージュなどのナチュラルカラーです。

これらの色は下のトップスがどのようなものでも合わせやすく、夏の暑さの中でも見た目の重たさを感じません。

また、淡い色使いのカーディガンも合わせやすいでしょう。

注意したいのが、紺や黒といった濃色系です。

これら濃色系の色を使いたい場合は、生地を薄くし、見た目が重くならないようにすることが必要です。

うまく利用すれば、全体的に引き締まった印象に仕上げられるため、トータルでのコーディネートとしての確認は大切になってくるでしょう。

シンプルな形状のものなら、色違いでいくつか持ち合わせることもおすすめです。

夏のレディースのカーディガンは素材と形が決め手

夏の冷房対策として、レディースのカーディガンは重宝します。

天然素材では、綿・麻・シルクが挙げられます。

化学繊維では、ポリエステル・レーヨン・リヨセルなどが挙げられます。

どちらも特徴を知って、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

形は、シンプルなクルーネック・コンパクトなカーディガンがおすすめです。

素材を選べば、ロングカーディガンでも似合うでしょう。