オーバーオールに合ったアウターは?冬ならこれを選ぼう!

オーバーオールは、世代を問わずに愛されているファッションアイテムです。

頑丈なので、いたずら盛りの子供たちにぴったりですし、カントリーテイストがあるので、女性たちにも人気です。

男性の作業着としても、とても使い勝手がよいので好まれています。

このように人気の高いオーバーオールですが、寒い冬には別にアウターが必要です。

ではオーバーオールには、どのようなアウターがマッチするのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーカーは大人っぽく着るのがおすすめ!色で印象が変わる

パーカーはカジュアルなイメージがある服で、女性が大人っぽく着こなすのは難しいかもしれません。 ...

デニムのアレンジはダメージが基本!自分でも簡単にできる!

何となく物足りなくて、タンスで眠っているデニムはありませんか? 可もなく不可もない、そんなデニ...

ライダースは真冬には寒い!あの手この手で暖まりたい

ライダースは女性をクールに見せてくれますよね。 色やデザイン、硬さなどのバリエーションが豊富で...

春の装い!スカートに花柄を取り入れるなら冬のうちから!

女性の定番ともいえる花柄のスカート。 これを取り入れるのであれば、もうすぐ春を迎える冬のうちか...

アウターは何色を選ぶ?シーンに合ったアウターの選び方は?

温度変化の大きな季節に重宝するアウターですが、アウターを選ぶ際にどのような基準で選んでいますか?...

お気に入りのスカートにベルト通しがない!調整する方法は?

「少しウエストが緩いけど、このスカート可愛いからどうしても欲しい。でもベルト通しがない!」 こ...

レギンスは夏コーデの味方!夏におすすめの柄や素材をご紹介

暑い夏、少しでも涼しく過ごしたいものですね。 冷房を使ったり冷たいものを飲食するなど、涼を取る...

スカートが似合わないのは体型のせい?スカート選びのコツ!

スカートにはさまざまな丈、形、色などがありますが、似合うスカートばかりではなく、何だかしっく...

ジーンズに破れが!プラスに変える裏技でおしゃれになる!

お気に入りのジーンズが破れていたらショックですよね。 破れていたから捨てようと考える前に、...

ロング丈スカートと靴のお洒落な合わせ方でコーデを決める!

ロングスカートを着用するレディースコーデをバランス良く仕上げるには、靴の合わせ方が重要なポイント...

デニムを切るやり方を知っておこう!デニムのハギレは優秀!

近年、デニムの生地は手芸屋のほか、様々なお店で見かけるようになりました。 デニムは、簡単に言え...

デニムをプチプラでゲット!美脚に見えるおすすめをご紹介!

デニムは普段使いにお出かけにと、使い勝手のいいアイテムなので、だれでも1本は持っているのではない...

ジーンズをブーツに合わせてロールアップ!着こなし術を伝授

ジーンズは誰もが持っている万能アイテムといえます。 その定番アイテムのジーンズをおしゃれにロー...

ブルゾンの可愛い着こなしとは?お洒落なレディースコーデ!

最近ではMA-1などの流行も手伝って、ブルゾンを上手に着こなしているお洒落女子も増えてきています...

セーターをおしゃれに着こなしたい女性におすすめのコーデ!

寒い冬には、暖かいセーターが欲しくなる女性は多いでしょう。 セーターをおしゃれに着こなすことが...

スポンサーリンク

オーバーオールはファッションアイテムとしても人気!

オーバーオールは、作業用の衣服として作られたものです。

肩ひもで吊るしてあるため、作業時にズボンが下がる心配がありません。

胸当ての大きなポケットが便利ですし、肩や腕を動かしやすいので、作業がはかどります。

胸当てが無いタイプのものは、ウエスト・オーバーオールと呼ばれています。

オーバーオールにはコーデュロイ生地のものもありますが、多くはデニム生地です。

どちらも丈夫な生地で破れにくく、安心して作業を行えます。

特にデニム生地のオーバーオールは、使い込むほど魅力が増すという特徴があるので、ファッションアイテムとしても人気です。

また、胸や腹部を圧迫しない構造となっているため、マタニティウエアとしてもおすすめです。

オーバーオールと似たようなものに、サロペットがあります。

サロペットとはフランス語ですが、特にオーバーオールと区別して使われているというわけではありません。

ただ日本では、背中で肩ひもが交差したタイプのものを、サロペットと呼ぶ場合が多くなっています。

一般的なオーバーオールには質実剛健なイメージがありますし、サロペットにはおしゃれな雰囲気がただよいます。

これらのイメージと好みに合わせ、冬のアウターを選ぶとよいでしょう。

冬用のアウターは種類が豊富

オーバーオールに似合うアウターをご紹介する前に、冬用のアウターについて再確認しておきましょう。

というのは、冬用のアウターはとても種類が多いため、大まかにでも知っておくことがとても大事だからです。

冬用のアウターとしてよく用いられるものとしては、次の4つが挙げられます。

・ジャケット
・コート
・パーカー
・ジャンパー

ジャケットにはフォーマル寄りなテーラードジャケットから、カジュアルコーデに適したコーチジャケット、軽くて暖かいダウンジャケットまで様々なものがあります。

コートもまた、種類の多いアウターです。

コートにはトレンチコートやステンカラーコートのように、ロング丈のものが多いです。

丈の長いアウターはエレガントに見えるので、それを意識してコーデに取り入れましょう。

パーカーは、とても使い勝手のよいアウターです。

フードがついているので、小雪の舞う冬にはとても重宝します。

ジャンパーは、とても動きやすいアウターです。

作業着として、採用している会社も多く見られます。

これらのアウターの中で、特にオーバーオールとの相性がよいのは、パーカーとダウンジャケット、そしてジャンパーです。

オーバーオールにはパーカーが似合う!

パーカーは、オーバーオールにとてもよく合うアウターの1つです。

どちらもカジュアル寄りのファッションアイテムですし、シルエット的にもマッチしています。

なによりパーカーは、オーバーオールの下に着ることも可能なアウターです。

オーバーオールとパーカーを合わせ、さらにその上に他のアウターを着用できるので、寒い冬にはとても助かります。

パーカーにはジップアップタイプのものと、プルオーバータイプのものがあります。

ジップアップタイプのパーカーをオーバーオールの下に着ると、ジップの開け閉めが大変です。

プルオーバータイプのパーカーを上からかぶると、オーバーオールの胸あての部分が見えません。

そういった特性を理解し、コーデに取り入れるのが大事です。

また、ブランドもののパーカーは、特徴的なブランドロゴが魅力です。

それらのロゴが隠れないよう配慮しましょう。

パーカーにはマウンテンパーカーという、アウトドアに特化したアウターもあります。

冬の屋外での作業は、雪が降ったり風が吹いたりして大変です。

そういった場合には、マウンテンパーカーをアウターに選ぶとよいでしょう。

冬コーデにはデニムジャケットがおすすめ

デニムジャケットも、オーバーオールと相性のよいアウターです。

というのは、オーバーオールはデニム生地のものが多く、コーデに統一感がプラスされるからです。

また、コーデュロイ生地のオーバーオールはデニムジャケットと合わせると、素朴なイメージがより強くなります。

暖かい雰囲気でまとめたい場合には、コーデュロイ生地のオーバーオールとデニムジャケットの冬コーデがよいでしょう。

オーバーオールのインナーにセーターを選び、上にデニムジャケットを羽織ると、優し気で洗練された装いとなります。

デニムジャケットは、ニット帽やマフラーとの相性もよいアウターです。

そういった冬の小物を上手に活用し、着心地がよく見た目も暖かいコーデにしてみましょう。

襟もとにボアをあしらったデニムジャケットなら、首もとが寒いオーバーオールの弱点をカバーできます。

オーバーオールとのコーデには、ショート丈のデニムジャケットがおすすめです。

そのコーデにするとトップスにボリューム感がでるので、全体のシルエットがきれいに見えるからです。

丈の長いデニムジャケットだと、作業着感が増すので注意が必要です。

特に寒い時期にはダウンジャケットをアウターに

寒い地方に住んでいたり、寒い時期に旅行したりする場合には、オーバーオールとダウンジャケットのコーデがおすすめです。

なぜならダウンジャケットは、アウターの中でも特に暖かい上着だからです。

ダウンジャケットは羽毛を使っているので、とても軽く、しかも保温性に優れています。

ダウンジャケットはモコモコしているものが多く、オーバーオールと合わせることで、どこか懐かしさを感じさせてくれるコーデとなります。

見た目的にも暖かいイメージのあるコーデなので、寒い冬にはぴったりです。

ダウンジャケットには、ショート丈とロング丈のものがあります。

ショート丈は活発に見えますし、ロング丈はエレガントです。

好みによって、使い分けるとよいでしょう。

薄いタイプのダウンジャケットが、このところトレンドになっています。

薄くても保温性能は十分ですし、すっきりして見えるのでコーデに取り入れてみましょう。

また、ダウンジャケットにはもう1つ、ダウンベストというタイプがあります。

ダウンベストは、パーカーなどとの相性もよいアウターです。

オーバーオールとパーカー、そしてダウンベストを上手に組み合わせ、冬をおしゃれに楽しみましょう。

オーバーオールとアウターの冬コーデのポイントとは

ファッションアイテムはどれも、季節によって着こなし方やコーデの仕方が変わります。

たとえば夏には、オーバーオールの裾をまくりあげる(ロールアップ)という着こなしがありますが、寒い冬には向いていません。

オーバーオールの冬コーデで押さえておきたいポイントは、次の3つです。

・胸あてを前にたらす
・小物を活用する
・色の組み合わせを考える

胸あてを前にたらすという着こなし方は、四季を通して活用したい方法です。

冬にパーカーとコーデする場合、胸あてを前にたらすことでパーカーのロゴなどを隠さずにすみます。

また、ライダースジャケットのようなタイトなアウターを着用すると、胸あて部分が窮屈に感じられることがあります。

これも胸あてを前にたらすことで、解消することが可能です。

冬は着用するファッションアイテムが増える季節なので、小物の使い方がとても大事です。

ニット帽やキャップ、マフラーなどを効果的に利用し、冬らしいコーデを表現してみましょう。

ファッションは、色の組み合わせ方がたいへん重要です。

オーバーオールと他のアイテムのバランスを考え、うるさい印象にならないよう気をつけましょう。

オーバーオールに合うアウターで冬を楽しもう

オーバーオールはどこか懐かしさと、親しみやすさを感じさせてくれるファッションアイテムです。

胸あてとベルトの肩ひもが特徴的で、他のものとは違う雰囲気をまとっています。

元気で無邪気なイメージがあるオーバーオールには、それに適したアウターを合わせましょう。

なぜならそうすることにより、オーバーオールの魅力がさらに増すからです。

今回の記事を参考にして、オーバーオールとアウターのコーデで冬を楽しみましょう。