スウェットパンツは女子がはくと部屋着みたいになりがち?

みなさんは、スウェットパンツを持っていますか?

外出用に購入したという方でも、なんだか部屋着のようで着なくなってしまったということが少なくないのではないでしょうか。

女子は特に、そのような印象を与えてしまうことは避けたいですよね。

そんなスウェットパンツですが、しっかりとポイントをおさえることで女子らしくおしゃれに着こなすことができます。

今回は、スウェットパンツを選ぶポイントから色別のコーデまで、徹底的にご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【セーターの縮みを直す方法】ウールやカシミアの場合!

ご自宅でウールのセーターを洗濯したら、生地が縮んでしまったことはありませんか? お気に入りのセ...

セーターの収納に困ったら圧縮袋でコンパクトにしよう!

セーターは冬の間に活躍する衣類ですが、オフシーズンに収納しようと思ってもかさ張るため、場所に困っ...

ニットにできたシミは落とせる?簡単にできるシミの取り方!

寒い冬の季節になると、冬の定番アイテムであるおしゃれなニットは欠かせませんよね。 しかし、着る...

パーカーの袖が思ったより長い!リメイク次第でまだ使える!

パーカーを購入すると、裾の部分と袖口の長さが思ったものと違うことがありませんか。 試着した...

ニットに付いたシミが取れない!お家でできる対処法とは?

ニットはおしゃれなファッションの定番アイテムですね。 夏にはサマーニット、寒にはセーターなどを...

スカートを簡単リメイク!おしゃれなレースの付け方をご紹介

シンプルなスカートにレースを付けて、イメージを変えてみたいと思ったことはありませんか。 古くな...

スカートを可愛く演出!ギャザースカートを手縫いしよう

自分の服を作ったことはありますか? 小学生や中学生の時に、ナップザックを作ったりハーフパンツを...

スカートに裏地や糸ループが付いているのはなぜ?役割は?

最近、スカートに裏地が付いていないものが増えています。 スーツや制服のスカートに裏地がついてい...

なぜスウェットに毛玉はできるの?毛玉の取り方を教えて!

スウェットは、部屋着に普段着にスポーツにパジャマ代わりにと大活躍をしてくれるウェアーですよね。 ...

インナーで快適さが左右!?冬スポーツにおすすめのインナー

目次 1 冬スポーツのインナーは機能性の高さが重要2 冬スポーツで着用するインナーに欠かせない「保温...

セーターが虫食いなどにより穴が開いた!その修理方法は?

衣替えの時に、久しぶりにお気に入りのセーターを出したものの、虫食いやその他の理由によって「穴が開...

シャツのたたみ方!旅行のときも困らないたたみワザを活用!

シャツを旅行用のスーツケースにしまおうとすると、思っていた以上にかさばっていたということはよくあ...

セーターの首元のよれよれをなんとかする方法を知りたい!

気に入っているセーターやシャツなど、何度も洗濯して着ていると、首元がよれよれになってしまいます。...

スカートの裾がほつれた!まつり縫いを覚えて自分で直そう

スカートの裾がほつれて困ったことはありませんか。 こんな時、皆さんはどうしますか。 スカート...

困った!お気に入りのニットが虫食い?!修繕方法のご紹介!

お気に入りのニットに見慣れない「穴」を発見したらショックですよね。 その穴の原因は「虫...

スポンサーリンク

スウェットパンツ女子必見!部屋着に見えてしまう原因は?

スウェットパンツを着用していて、部屋着のように見えてしまうという女子は少なくありません。

では、なぜ外出用として着ているのに、部屋着のように見えてしまうのでしょうか。

原因をいくつかご紹介します。

●従来のイメージ

もともと、スウェットはスポーツウェアとして着られていたものです。

近年では、ファッションの多様化が進み、さまざまなファッションが受け入れられるに伴いスウェットも普段着として認識されるようになりました。

そのため、一歩間違った着こなしをすると、昔のイメージも後押しし部屋着という印象を与えてしまうのです。

●体型

スウェットは、他のファッションアイテムと同様に、体型によって似合わないことがあります。

例えば、身長の低い人の場合ですと、スウェットのダボッとした印象が目についてしまい、どうしても部屋着に見えてしまうでしょう。

●サイズ感

上では、体型によって似合わない人がいるとご紹介しました。

しかし、サイズ感や丈を間違わなければ、おしゃれに着こなすこともできます。

逆に言えば、すらっとした女子でも、間違ったサイズ感のものを選んでしまうとNGということです。

●色選び

スウェットパンツを着こなすには、色選びも重要になります。

色によっては、さらに部屋着感を引き立たせる要因になりかねません。

部屋着なんて言わせない!女子のスウェットパンツの選び方は?

先ほどは、スウェットパンツが部屋着のように見えてしまう原因をいくつかご紹介しました。

それをふまえ、スウェットパンツの選び方をみていきましょう。

●印象はシルエットで決まる

スウェットパンツが部屋着に見えてしまう場合、ダボッとした印象を与えていることが多いです。

おしゃれに着こなしたい場合には、ジャストサイズのものを選ぶことが大切です。

ジャストサイズのものを選ぶことで、すらっとした印象になり、一気に部屋着っぽさから脱却することができます。

●色

部屋着スウェットの定番といえば、グレーではないでしょうか。

あまりスウェットを着こなす自信がないという方は、絶対に避けるべき色です。

まずは、無難なブラックから挑戦してみましょう。

ブラックであれば、サイズ感を間違っていなければ、女子らしくおしゃれに着こなすことができるでしょう。

黒スウェットパンツはどう着こなす?女子におすすめのコーデ!

では、先ほどおすすめした黒いスウェットパンツのコーデからご紹介していきましょう。

●トレンチコートでピシッとしめる

黒いスウェットパンツに白いTシャツをラフにインします。

上には、ベージュのトレンチコートを羽織りましょう。

足元は、パンプスにすることで、女子らしい抜け感を出すことができます。

トレンチコートの袖をくしゅっとまくるだけで、春先でも爽やかに着こなすことができるでしょう。

●スウェットパーカーと合わせてカジュアルに

ジャストサイズのグレースウェットパーカーと合わせたカジュアルコーデです。

大きめチェスターコートと合わせれば、カジュアルすぎず仕上がります。

足元は、スニーカーでもいいですね。

●大きめTシャツでお散歩コーデ

カーキの大きめTシャツをラフにインすれば、お散歩コーデの完成です。

シンプルですが、自分に合ったスウェットパンツ選びができていれば、部屋着っぽさが出ずにキマります。

●大きめロンTでゆるくキメる

秋は、大きめの白ロンTと合わせましょう。

やはり、ラフにインすることでイマドキ感が演出できます。

ちょっとカフェに行こうという時におすすめのコーデです。

部屋着感を出さずに着るには?グレーのスウェットパンツ!

スウェットパンツ初心者には、黒がおすすめですが、グレーも挑戦してみたいという方もいますよね。

黒のスウェットパンツコーデに慣れてきたら、ぜひ挑戦してみてください。

●ニットでフェミニンに着こなす

グレーのスウェットパンツはフェミニンに着こなせば部屋着には見えません。

ネイビーのニットの中に、白いシャツを着てチラ見せしましょう。

足元は、スニーカーにすることで抜け感がでます。

●白いスウェットパーカーと合わせてかわいらしく

グレーのスウェットパンツと白いスウェットパーカーを合わせると、女子らしいかわいいコーデに仕上がります。

足元も、白で統一しましょう。

●ビッグ原色トレーナーで個性派に

大きいサイズの原色トレーナーと合わせれば、一気に個性派に仕上がります。

トレーナーと合わせる際には、部屋着に見えがちなので、特にスウェットパンツのサイズ感に注意しましょう。

●チェックシャツでアメカジ

ジャストサイズのネイビートレーナーと合わせて、腰にはチャックシャツを巻くことでアメカジスタイルのできあがりです。

ニット帽を被れば、さらにおしゃれ度アップです。

おしゃれ女子はベージュのスウェットパンツを着こなす!

先ほどご紹介した、黒とグレーのスウェットパンツは比較的無難といえます。

ここでは、おしゃれ上級者の女子が着こなしているベージュのスウェットパンツコーデをご紹介します。

一歩間違うと、部屋着よりもダサくなりがちな難しいアイテムです。

●デニムジャケットでおしゃれに

ベージュのスウェットパンツは、おじさんぽくなりがちです。

デニムのジャケットと合わせることで、おしゃれに仕上がります。

インナーは、アースカラーにすることできれいにまとまるでしょう。

また、ヘアスタイルやピアスを凝ると女子らしさがアップします。

●ワッフルロンTで大人カジュアルにキメる

黒いワッフルロンTと合わせると、大人カジュアルにキマります。

ゴールドのピアスをつけると、上品な印象もプラスできるでしょう。

●大きめロンTでとことんラフに

大きめの白いロンTと合わせた、とことんラフなコーデもおすすめです。

足元は、黒いスニーカーにすることで、締まった印象に仕上がります。

いつものデニムコーデもスウェットパンツに!

スウェットパンツでも、デニムのような見た目のものがあります。

デニムよりも動きやすく、ラフに着こなせるので、いつものデニムコーデをスウェットパンツにチェンジしてみるのもおすすめです。

●白いVネックTと合わせて爽やかに

濃いデニムっぽいスウェットパンツには、白いVネックTシャツを合わせましょう。

ウエスト部分をラフにインすると、部屋着っぽくならずに仕上がります。

小物を取り入れることで、おしゃれさがグンとアップするでしょう。

●白いVネックニットと合わせる

秋は、薄い色のデニムに白いVネックニットを合わせましょう。

肌寒い時には、コートを羽織るといいですね。

足元は、女子らしさを強調させたシンプルなパンプスがおすすめです。

●パーカーと合わせてカジュアルに

グレーのパーカーと合わせると、一気にカジュアルに仕上がります。

特に、部屋着感が出てしまいがちな組み合わせなので、髪型や帽子などを工夫しましょう。

部屋着だけではもったいない!スウェットパンツでおしゃれを楽しもう!

今回は、部屋着のようだと思われがちな、スウェットパンツについて詳しくお話しをしました。

確かに、スウェットパンツは従来のイメージや組み合わせ方によってはそのような印象を与えてしまいます。

しかし、しっかりとポイントをおさえておくことで、女子らしくおしゃれなコーデを楽しむことができます。

一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。