コートは何着持つ?おしゃれ大好きな女性必見の衣類整理術

肌寒い季節にはコートが欠かせません。

おしゃれが大好きな女性はコートを何着も持っていて、コーディネートを楽しんでいるという方も少なくないでしょう。

しかし、クローゼットに収納できないほどの洋服を持っていて、全く着ていないコートがあったらどうでしょうか。

洋服をたくさん持っているだけで着ていないのであれば、それはおしゃれさんとはいえません。

そこで今回は、衣類の整理術を学び、コートは何着持つのがベストなのかを一緒に考えていきましょう。

また、着まわし力のあるコートについてもお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レインポンチョで雨の日の送迎も濡れない!自転車ママ必見!

子供の保育園や幼稚園の送迎を、自転車で行っているママは多いでしょう。 自転車での送迎で...

デニムスカートで春をお出迎え!種類別の着こなし一覧

暖かな春の季節がやってくれば、穏やかな青空の下、お散歩やピクニック、ショッピングと、どこへ出かけ...

ダウンから羽毛が飛び出る!そんな場合の対策方法はこれ!

寒い冬場には、暖かくて軽いダウンがとても有り難いものです。 すでに愛用している人や、これから購...

スカートに靴下を合わせても自然!30代に合うコーディネート

スカート着用時に履くのはストッキングですか、それとも靴下ですか。 寒い時にはタイツを履くことも...

大注目のオーバーオール!夏の暑い季節もお洒落に着こなそう

オーバーオールは可愛らしい印象を与えてくれるうえに履きやすいのですが、どうしても夏のような暑い季...

スウェットは夏にピッタリ!レディース向けのコーデをご紹介

スウェットと聞いて、どのような衣類を思い浮かべますか。 おそらく、リラックスウェアやスポーツウ...

只今人気のポンチョ!これを使ったコーデが秋冬の注目の的!

カーディガンだと少し不安、でもコートだと少し重たい。 そんな時に役に立つ秋冬アイテムに、只今人...

レディースコーデ!ジーンズの冬の色使いは今では「淡」へ!

これまでの冬のジーンズの色味といえば、「濃」が主流でした。 しかし、最近の冬のジーンズシーンに...

男性はニットの重ね着がおしゃれ!インナーには何を着る?

男性のみなさんは、普段ニットの下にどのようなインナーを重ね着していますか。 ほとんど隠...

黒のトップスで夏のレディースコーデをクールビューティに!

着回し力が抜群に良いのが黒のトップスです。 一方、熱を吸収する特性が災いし、夏のトップスとして...

スカートのベルトの使い方しだいで、印象は大きく変わる!

学生の時、スカートにベルトを組み合わせて、ミニスカートにした人も多いのではないでしょうか。 学...

ニットの種類を知ろう!「ふわふわ」なニットとは?

ふわふわ、モコモコのニットに包まれると、優しい気持ちになりますよね。 ニットには、ふんわりと見...

アウターは何色を選ぶ?シーンに合ったアウターの選び方は?

温度変化の大きな季節に重宝するアウターですが、アウターを選ぶ際にどのような基準で選んでいますか?...

おすすめのコートはノーカラーコート!お洒落なコーデは?

秋冬はお洒落の定番、コートが活躍する時期になります。 人気を集め、おすすめとなるコートは女...

ジーンズの人気アイテムと人気レディースブランドをご紹介!

ジーンズは老若男女問わず、誰しも所有する人気のファッションアイテムです。 今では国民的なアイテ...

スポンサーリンク

たくさんある!女性用コートの種類

「防寒」という目的だけであれば、コートは1着でも十分です。

しかし、おしゃれを楽しみたいという目的が加わると、合わせる洋服の雰囲気に合わせて何着ものコートが必要と感じる女性も多いかもしれません。

それもそのはず、コートといってもいろいろな種類があります。

・ステンカラーコート
・スタンドカラーコート
・ノーカラーコート
・トレンチコート
・チェスターコート
・ボアコート
・ピーコート
・ダッフルコート
・ダウンコート
・ロングコート
・ラップコート
・キルティングコート
・トレンチコート

こちらに挙げたコートの種類だけでも、13種類あります。

また、コートの種類は同じでも、色や柄、素材やサイズ感などの違いから、コーディネートが変化するのも楽しいですよね。

ただし、持っているコートをきちんと着こなしている方が、本物のおしゃれさんです。

もう何年も袖を通していないコートや、押し入れやクローゼットの奥で眠っているコートはないか、整理していきましょう。

コートは何着持ってる?全部出してみよう

気付くと増え続けている洋服は、定期的に整理しましょう。

コートと共にほかの洋服も整理すると、押し入れやクローゼットがスッキリします。

物を整理するときの法則は、全て出して分けることです。

まずは家にある衣類を一か所にまとめてみましょう。

一か所に衣類をまとめてみると、こんなにも洋服を持っていたのかと驚く女性もいらっしゃるかもしれません。

押し入れやクローゼットは思っているよりもたくさんの物を収納することができるのです。

そして「コート」「トップス」「ボトムス」と、アイテムごとに分けていきます。

アイテム別に分ける際に、必要な洋服なのか、それとも必要ではない洋服なのかを考えながら仕分けていきましょう。

着ている洋服と着ていない洋服を仕分ける作業ですが、単純であるからこそ難しいと感じるかもしれません。

着ていない洋服を手放したほうがいいのは分かっていても、なかなか手放せないという方は多いでしょう。

しかし、それらをまた戻してしまえば、大切な洋服を収納するスペースに、必要のない洋服が何着も混ざっている状況を作り出してしまいます。

手放せないコートの特徴!自分には何着必要?

コートに限らず、着ていないのに手放しにくい衣類は次のような特徴があります。

▼まだ着れる・キレイ

ヨレヨレでシルエットが変わっているコートや変色しているコートは手放せるものの、キレイな状態のコートは手放しにくいかもしれません。

ワンシーズン袖を通さなかったコートの役目は今後もあるのか考えて仕分けましょう。

▼高かった・もったいない

ほかの衣類と比べると値段が高いコート。

買うときに高かったコートは手放しにくいかもしれません。

しかし、「高かった」という理由だけで貴重な収納スペースを埋めてしまうことこそ、もったいないのではないでしょうか。

袖を通してみて、これからも着ていきたいか自分に問いかけてみてください。

▼思い出がある

女性であれば彼氏やご主人にプレゼントしてもらったコート、採用試験の日に着ていたコートなど、思い出があるコートもなかなか手放せないでしょう。

そんな思い出がある衣類は無理に手放さず、着ることがないのであれば思い出の品としてクローゼット以外の場所で保管してみてはいかがでしょうか。

今の自分に必要なものなのか、何着あれば足りるのかなどを考えて判断していきましょう。

おしゃれな女性が目指すべきクローゼット

必要な衣類、手放す衣類に分けられたら、あとは必要な衣類を収納していくだけです。

何着もあった着ていない洋服を手放し、本当に必要な洋服だけになったクローゼットこそ、おしゃれな女性が目指すべき形ではないでしょうか。

今回、不要と判断した衣類は、自分が気持ちよく手放せる方法をとりましょう。

まだ着れる洋服はリサイクルショップやネットオークション、フリーマーケットなどを活用します。

またほかの人に着てもらえるチャンスがあれば洋服も嬉しいはずです。

コートを売る時期としておすすめなのが、気温が低くなる前の10月から11月の間です。

この時期は需要があるため、オフシーズンと比べると高く買い取りをしてくれる傾向があります。

また、ブランドのコートや高級コートは、古着買取専門店に持っていってみましょう。

ブランドや品質に詳しい専門家に判定してもらうことで、適正価格で買い取ってくれるはずです。

シンプルライフを心がけている女性が選ぶコートは?

クローゼットにある衣類の整理術と、衣類の手放し方をお伝えしました。

整理することで、自分に必要な衣類はどれくらいなのかが分かってくるはずです。

衣替えのタイミングなどで、ぜひクローゼットの中を見直してみてください。

さて、たくさんの衣類を着こなすおしゃれな女性がいる一方、何着も衣類を持たずにおしゃれを楽しむ女性もいらっしゃいます。

そんなシンプルライフを目指している女性が選ぶコートはどんなコートなのでしょうか。

コートは必要だけど何着もコートを持ちたくないという方は、参考にしてみてください。

◯トレンチコート

春に秋、冬とスリーシーズン着まわせる優秀なトレンチコートは上品に着こなせるため、ビジネスシーンにおすすめなコートです。

デザイン性のあるトレンチコートも増えてきたため、カジュアルシーンでもコーディネートしやすいでしょう。

カラーは、シックなブラック、女性らしいベージュ、エレガントに映えるネイビーが人気です。

何着も持っていなくても着まわせる万能コート

トレンチコートに続き、ビジネスでもカジュアルにも着れるコートをご紹介します。

◯スタンドカラーコート

襟が立っているスタンドカラーコートは、ビジネスシーンで大活躍するアイテムです。

近頃は、メンズライクを好む女性のカジュアルコーデとしても取り入れられています。

◯チェスターコート

スマートなチェスターコートは、着まわし力も抜群です。

スーツスタイルはもちろん、カジュアルスタイルでもコーディネートしやすいコートでしょう。

このように、ビジネスとしてもカジュアルとしても着まわせるコートを選ぶことで、コーディネートの幅が広がります。

シンプルライフを目指す女性は、1着2役の優秀コートをワードローブにしているのです。

何着ものコートを持っていなくても着まわせるのは、おしゃれ上級者のなせる業なのかもしれませんね。

また、慶弔両方使えるコートを1着持っていると便利です。

慶弔では殺生をイメージする革やスエード、毛皮のコートは避けましょう。

フェイクファーのついているコートやダウンコートも適していません。

無地でシンプルなブラックコートであればため、万能コートとなるでしょう。

衣類を整理しておしゃれを楽しもう!

クローゼットを整理することで、自分に必要な衣類は何着なのかが分かってきます。

持っているだけで着ていない洋服は、この機会に手放してみましょう。

収納スペースを必要とするコートを整理できれば、必ずスッキリするはずです。

選び抜かれた大好きな洋服で、おしゃれを楽しんでいきましょう。