スカートコーデを楽しもう!冬でも防寒対策でぽかぽかに!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストール使いのコートスタイルでコーディネートの幅をUP!

秋冬のお洒落の定番となるコートですが、自然とヘビーローテーションとなってしまいます。これによ...

シャツの裾をスカートにインするコーデがお洒落でおすすめ!

シャツの裾をスカートに入れるか、入れないか。人によっては些細なことかもしれませんが、お洒落の...

クールビズはYシャツで決まる!快適な素材で夏を爽やかに!

夏に向け気温が上昇してくると、各企業や団体ではクールビズが始まりますね。仕事上、一年中Yシャ...

日本ジーンズのメッカ倉敷デニム!そのブランドと魅力とは?

ジーニストであれば、ジーンズの聖地と言えば岡山県、というのは常識かもしれません。ジーニストの...

コートは軽い素材なら疲れにくいかも!素材別の特徴を紹介

おしゃれでも重たいコートは、毎日のように長時間着ていると疲れてきてしまいますよね。軽いコート...

パーカーとマフラーによるレディースコーデで秋冬を楽しもう

レディースコーデとして、パーカーとマフラーはどちらも使いやすいアイテムですが、パーカーにはフード...

ニットにデニムの色移りがしてしまった!その予防・対処法!

ある時気が付くと、お気に入りのニットにデニムからの色移りがしてしまっていた。このような経験は...

ニットアイテムを上手に使った大人女性の上品な色気コーデ!

「色気のある○○」と形容される言葉を耳にしますが、抽象的でイメージのわきにくい印象ですよね。...

コート選びに迷っちゃう!素材から見るおすすめポイント

コートは春、秋、冬とお世話になる必須アイテムです。頻繁に買い替えをしないアイテムのため、コー...

ジャケットで決まる!?フォーマルな場でのキッズを好印象に

フォーマルな場にキッズを連れていく時には、どのような服装をさせるべきか迷うものです。また、フ...

おしゃれニットを低価格で!安いブランドが知りたい!

ニットは冬のコーディネートには欠かせないアイテムです。ニットのデザインはあまたあり、価格も高...

コートを着こなすにはボトムス丈とのバランスがポイント!

秋冬ファッションの主役といえば「コート」ですよね。そんなコートをおしゃれに着こなすに...

ニットの可愛いレディースブランドは?おすすめブランド6選

木枯らしの秋や、かじかむ冬では、あたたかいファッションアイテムが欲しくなりますね。寒い季節に...

アメカジ定番アウター「ミリタリジャケット」その種類を紹介

アメカジファッションの定番アウターの1つに、ミリタリージャケットが挙げられます。無骨な雰囲気...

ストールの色は何が良い?季節ごとのおすすめ商品もご紹介!

昨今多く見かける女性のファッションアイテムの1つに、ストールがあります。人により選ぶ色にも違...

スポンサーリンク

冬でもスカートを履きたい!コーデを決める前に生地選びもしっかり!

冬でも、スカートを使ったコーデを楽しみたいという方は多いですよね。

しかし、スカートはズボンなどと比べ、寒さを感じやすいです。

特に足腰が冷えてしまうので、女性の身体には悪いことばかりです。

そのため、冬にスカートを履きたいという場合は、さまざまな対策をすることが必要になってきます。

まず、スカートの生地選びです。

●裏起毛

一つ目は、スウェット生地プラス裏起毛になっているものです。

毛足が長めの裏起毛生地を選べば、毛布をまとっているような温かさを実感できるでしょう。

●フリース

フリース生地は、軽いうえに温かさを保ってくれます。

どんなコーデにも違和感なく溶け込むでしょう。

●コーデュロイ

コーデュロイは、保温性が高く空気をしっかりと留めてくれます。

見た目もさることながら、寒さ対策もばっちりです。

冬のスカートコーデは足首を温めよう!

先ほどは、冬におすすめのスカート生地についてお話ししました。

ここからは、具体的な防寒対策をご紹介していきます。

●タイツ・レギンスはマスト!

まず、冬のスカートコーデにマストなのがタイツです。

生足は、冬場はもっての外です。

ストッキングがいいという方も多いかもしれませんが、防寒を優先するのであればデニールの厚いタイツを履きましょう。

ロングスカートなどで、あまり脚が見えない場合は、レギンスを履いてしまえればばっちりです。

●スパッツも忘れずに

タイツを履いたら、スパッツも忘れずに履きましょう。

毛糸のものなど、温かい素材のものがおすすめです。

●靴下もプラス!

防寒対策の基本として挙げられるのが、3つの首を温めることですよね。

その中の一つが足首です。

タイツを履いていれば大丈夫ということはありません。

脚は温かいけれど、足の指先は感覚がなくなっているなんてことも少なくないのです。

そのため、冷える夜も外出するようであれば、靴下もプラスして履きましょう。

さらに、靴下用のカイロもすれば、足元の防寒はばっちりです。

●靴にも気を遣う!

靴下もしっかり履いたら、靴にも気を遣いましょう。

できれば、足首も隠れるムートンブーツがおすすめです。

そのほかにも、内部がファーになっているものなどがいいでしょう。

上半身もがっつり防寒!冬のスカートコーデで風邪を引かないために

先ほどは、防寒に視点を当てた冬におすすめのスカート生地や、下半身をメインとした防寒対策についてご紹介しました。

下半身をしっかりと防寒をしていても、上半身で気を抜いてしまったら意味がありません。

ここからは、上半身の防寒対策についてご紹介していきます。

●肌着を着よう!

女性の場合、ブラジャーをしていて肌着を着ていないという方も少なくないようです。

汗をかきにくい冬こそ、しっかりと着用することが大切です。

特におすすめなのが、高機能インナーです。

薄い生地でありながらも、保温性に優れているものがたくさんあります。

着ぶくれをすることがなく、比較的コーデに影響もないので一枚は着ておきましょう。

●保温性のあるものを選ぼう!

上記でも挙げましたが、肌着の上には必ず保温性のある素材のものを着ましょう。

●首元を寒さから守ろう!

先ほどもお話ししたように、3つの首を温めることが大切です。

靴下で守ることができる足首と、首元と手首です。

首元は、マフラーで温めることができます。

そのほかには、ボリューミーなハイネックのトップスを着るという対策もあります。

冬のスカートコーデはお腹の冷えに注意!

●腹巻きでお腹を守ろう!

冬場は、お腹の冷えにも注意が必要です。

お腹が冷えてしまうと、お腹を下してしまったりするだけでなく、腰が痛くなってしまったり、しびれが出てきてしまったりすることもあります。

そのような状態が慢性的に続くと、女性の身体には百害あって一利なしです。

お腹は、冷えていても意外と自覚ができない部分でもあります。

そのため、冷える状態を作ってしまう前にお腹を温めることが大切です。

そこでおすすめなのが、腹巻きです。

スカートを履く場合は、コーデに影響がないよう薄手のものがいいですね。

ウールやシルクの素材がおすすめです。

特に、シルクはお値段が高いというデメリットもありますが、とても薄手でありながらも自分の体温を逃がさない素材です。

また、ポケットがついているタイプの腹巻きであれば、ホッカイロをいれておくこともできます。

しかし、ホッカイロは長時間同じ部分に当てていると低温やけどを起こす可能性があるので注意が必要です。

特に、ハイウェストのスカートでホッカイロを入れている部分を圧迫している状態になってしまうと更に危険度が上がります。

しっかりと、使用方法を守ることを忘れないようにしましょう。

完全防寒には軽量ダウンベストがおすすめ!

●軽量ダウンベストを忍び込ませる!

ここまで、スカートコーデをする時の下半身・上半身の防寒対策についてご紹介してきました。

地域にもよりますが、12月前半くらいであったり、冬に少し外を歩く程度であれば十分だと思います。

しかし、イルミネーションを見るといった長時間外にいるという場合は、さらに防寒した方がいいでしょう。

そこでおすすめなのが、軽量のダウンベストです。

しっかりと重ね着をした上に、ダウンベストを着て、その上にアウターを着ます。

アウターの前部分を閉めてしまえば、中は見えません。

軽量で薄いダウンベストであれば、コーデにさほど影響はないと思います。

コーデによっては、アウターの前部分を開けていてもおしゃれに見える場合もあるでしょう。

そして、軽量のダウンベストであれば、ある程度の大きさのバッグであれば常に持ち歩くこともできます。

急な予定が入り、防寒対策が必要になってしまった時でも、ダウンベストがあれば少しは寒さをしのげます。

一枚は持っておくべきアイテムといえますね。

冬におすすめのスカートコーデは?

最後は、冬におすすめのスカートコーデのご紹介です。

●ハイネックニットと裏起毛タイトスカート

冬の定番、ハイネックニットと裏起毛のタイトカートのコーデです。

上のニットをジャストサイズにすると、女性らしいシルエットが引き立つコーデに仕上がります。

大きめのニットにすると、守ってあげたいような雰囲気になりますね。

おすすめのカラーの合わせ方は、ニットをオフホワイトにボルドーのスカートです。

冬らしい色合いでありながらも、ニットをオフホワイトにすることで暗くなりすぎないコーデになります。

クリスマスデートなどにもおすすめです。

クールに決めたいという方は、オールブラックでまとめるのもいいでしょう。

●パーカーにコーデュロイスカート

パーカーは、防寒には持ってこいのアイテムです。

裏起毛のパーカーを選べば、さらに防寒の効果が期待できます。

おすすめのカラーの合わせ方は、黒いパーカーとブラウンのコーデュロイスカートです。

黒いパーカーを選ぶことで、カジュアルな雰囲気に仕上がります。

ガーリーな雰囲気にしたいという方は、ベージュのパーカーに、オフホワイトのコーデュロイスカートを合わせましょう。

防寒対策をして冬でもスカートコーデを楽しもう!

今回は、冬でもスカートコーデを楽しむための、防寒対策について徹底的にご紹介しました。

下半身はもちろん、上半身の防寒対策も重要であることがわかったでしょうか。

最近では、薄手の肌着やダウンベストが発売されているので、ぜひ活用してみてください。

冬こそ、スカートコーデを楽しみましょう!