スカートコーデを楽しもう!冬でも防寒対策でぽかぽかに!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬に必需品のコート!似ているのに値段の違いがある理由とは

寒い冬には欠かすことのできない衣服に、コートがあります。そのコートですが、デザインや見た目は...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

ライダースを買うなら本革!おすすめの素材やブランドは?

近年注目度の高いアウターとして、ライダースジャケットがあげられます。ライダースと一口に言って...

おしゃれなペンドルトン!ネイティブアメリカン柄が人気!

「ペンドルトン」というブランドをご存知でしょうか。ペンドルトンはアメリカのオレゴン州で19世...

デニムの「サルエルパンツ」大人のメンズの穿きこなし方

股上が深く、股下がゆったりしていることから、「脚が短く見える」と言われている「サルエルパンツ」で...

知らぬ間にスカートが回る原因は骨盤の歪みに有り?対策方法

スカートを堂々と履くことができるのは、女性の特権ともいえますね。しかし、スカートを履いて歩い...

ジーンズを合わせた春夏のレディースコーデはこれで決まり!

春夏は待望のジーンズの季節!もちろん、ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムに...

テーラードジャケットとパーカーのメンズコーデはダサい?

代表的なジャケットの一つに、テーラードジャケットがあります。そのシルエットの美しさから人気と...

シャツの知識を深める!メンズシャツの種類を詳しくご紹介!

男性の方で、普段からシャツを愛用しているという人は多いでしょう。仕事でスーツの下に着るワイシ...

【メンズコーデ】「スウェットシャツ」は重ね着してみよう!

メンズファッションの万能アイテム「スウェットシャツ(トレーナー)」は、いろいろな組み合わせで「重...

コートと合わせて使いたい!おしゃれなストールの巻き方

ストールと言うと、ちょっとしたアクセントとして首に巻く他、少し肌寒い日に着る巻き方があります。...

コート×スニーカー×スカートに挑戦!おすすめのコーデは?

コート×スカートのコーディネートは、普段からしている方が多いかもしれませんね。そこにあえ...

ストールはレディースの春コーデに不可欠!活用法をご紹介!

ストールは、レディースコーデのワンポイントとして欠かせないアイテムのひとつですね。特...

ジーンズをブーツに合わせてロールアップ!着こなし術を伝授

ジーンズは誰もが持っている万能アイテムといえます。その定番アイテムのジーンズをおしゃれにロー...

コート選びは色味も大切!男受けの良い色ってどんな色?

秋から冬のお洒落シーズンに欠かせないのがコートです。次のコートの購入を考えている方もいら...

スポンサーリンク

冬でもスカートを履きたい!コーデを決める前に生地選びもしっかり!

冬でも、スカートを使ったコーデを楽しみたいという方は多いですよね。

しかし、スカートはズボンなどと比べ、寒さを感じやすいです。

特に足腰が冷えてしまうので、女性の身体には悪いことばかりです。

そのため、冬にスカートを履きたいという場合は、さまざまな対策をすることが必要になってきます。

まず、スカートの生地選びです。

●裏起毛

一つ目は、スウェット生地プラス裏起毛になっているものです。

毛足が長めの裏起毛生地を選べば、毛布をまとっているような温かさを実感できるでしょう。

●フリース

フリース生地は、軽いうえに温かさを保ってくれます。

どんなコーデにも違和感なく溶け込むでしょう。

●コーデュロイ

コーデュロイは、保温性が高く空気をしっかりと留めてくれます。

見た目もさることながら、寒さ対策もばっちりです。

冬のスカートコーデは足首を温めよう!

先ほどは、冬におすすめのスカート生地についてお話ししました。

ここからは、具体的な防寒対策をご紹介していきます。

●タイツ・レギンスはマスト!

まず、冬のスカートコーデにマストなのがタイツです。

生足は、冬場はもっての外です。

ストッキングがいいという方も多いかもしれませんが、防寒を優先するのであればデニールの厚いタイツを履きましょう。

ロングスカートなどで、あまり脚が見えない場合は、レギンスを履いてしまえればばっちりです。

●スパッツも忘れずに

タイツを履いたら、スパッツも忘れずに履きましょう。

毛糸のものなど、温かい素材のものがおすすめです。

●靴下もプラス!

防寒対策の基本として挙げられるのが、3つの首を温めることですよね。

その中の一つが足首です。

タイツを履いていれば大丈夫ということはありません。

脚は温かいけれど、足の指先は感覚がなくなっているなんてことも少なくないのです。

そのため、冷える夜も外出するようであれば、靴下もプラスして履きましょう。

さらに、靴下用のカイロもすれば、足元の防寒はばっちりです。

●靴にも気を遣う!

靴下もしっかり履いたら、靴にも気を遣いましょう。

できれば、足首も隠れるムートンブーツがおすすめです。

そのほかにも、内部がファーになっているものなどがいいでしょう。

上半身もがっつり防寒!冬のスカートコーデで風邪を引かないために

先ほどは、防寒に視点を当てた冬におすすめのスカート生地や、下半身をメインとした防寒対策についてご紹介しました。

下半身をしっかりと防寒をしていても、上半身で気を抜いてしまったら意味がありません。

ここからは、上半身の防寒対策についてご紹介していきます。

●肌着を着よう!

女性の場合、ブラジャーをしていて肌着を着ていないという方も少なくないようです。

汗をかきにくい冬こそ、しっかりと着用することが大切です。

特におすすめなのが、高機能インナーです。

薄い生地でありながらも、保温性に優れているものがたくさんあります。

着ぶくれをすることがなく、比較的コーデに影響もないので一枚は着ておきましょう。

●保温性のあるものを選ぼう!

上記でも挙げましたが、肌着の上には必ず保温性のある素材のものを着ましょう。

●首元を寒さから守ろう!

先ほどもお話ししたように、3つの首を温めることが大切です。

靴下で守ることができる足首と、首元と手首です。

首元は、マフラーで温めることができます。

そのほかには、ボリューミーなハイネックのトップスを着るという対策もあります。

冬のスカートコーデはお腹の冷えに注意!

●腹巻きでお腹を守ろう!

冬場は、お腹の冷えにも注意が必要です。

お腹が冷えてしまうと、お腹を下してしまったりするだけでなく、腰が痛くなってしまったり、しびれが出てきてしまったりすることもあります。

そのような状態が慢性的に続くと、女性の身体には百害あって一利なしです。

お腹は、冷えていても意外と自覚ができない部分でもあります。

そのため、冷える状態を作ってしまう前にお腹を温めることが大切です。

そこでおすすめなのが、腹巻きです。

スカートを履く場合は、コーデに影響がないよう薄手のものがいいですね。

ウールやシルクの素材がおすすめです。

特に、シルクはお値段が高いというデメリットもありますが、とても薄手でありながらも自分の体温を逃がさない素材です。

また、ポケットがついているタイプの腹巻きであれば、ホッカイロをいれておくこともできます。

しかし、ホッカイロは長時間同じ部分に当てていると低温やけどを起こす可能性があるので注意が必要です。

特に、ハイウェストのスカートでホッカイロを入れている部分を圧迫している状態になってしまうと更に危険度が上がります。

しっかりと、使用方法を守ることを忘れないようにしましょう。

完全防寒には軽量ダウンベストがおすすめ!

●軽量ダウンベストを忍び込ませる!

ここまで、スカートコーデをする時の下半身・上半身の防寒対策についてご紹介してきました。

地域にもよりますが、12月前半くらいであったり、冬に少し外を歩く程度であれば十分だと思います。

しかし、イルミネーションを見るといった長時間外にいるという場合は、さらに防寒した方がいいでしょう。

そこでおすすめなのが、軽量のダウンベストです。

しっかりと重ね着をした上に、ダウンベストを着て、その上にアウターを着ます。

アウターの前部分を閉めてしまえば、中は見えません。

軽量で薄いダウンベストであれば、コーデにさほど影響はないと思います。

コーデによっては、アウターの前部分を開けていてもおしゃれに見える場合もあるでしょう。

そして、軽量のダウンベストであれば、ある程度の大きさのバッグであれば常に持ち歩くこともできます。

急な予定が入り、防寒対策が必要になってしまった時でも、ダウンベストがあれば少しは寒さをしのげます。

一枚は持っておくべきアイテムといえますね。

冬におすすめのスカートコーデは?

最後は、冬におすすめのスカートコーデのご紹介です。

●ハイネックニットと裏起毛タイトスカート

冬の定番、ハイネックニットと裏起毛のタイトカートのコーデです。

上のニットをジャストサイズにすると、女性らしいシルエットが引き立つコーデに仕上がります。

大きめのニットにすると、守ってあげたいような雰囲気になりますね。

おすすめのカラーの合わせ方は、ニットをオフホワイトにボルドーのスカートです。

冬らしい色合いでありながらも、ニットをオフホワイトにすることで暗くなりすぎないコーデになります。

クリスマスデートなどにもおすすめです。

クールに決めたいという方は、オールブラックでまとめるのもいいでしょう。

●パーカーにコーデュロイスカート

パーカーは、防寒には持ってこいのアイテムです。

裏起毛のパーカーを選べば、さらに防寒の効果が期待できます。

おすすめのカラーの合わせ方は、黒いパーカーとブラウンのコーデュロイスカートです。

黒いパーカーを選ぶことで、カジュアルな雰囲気に仕上がります。

ガーリーな雰囲気にしたいという方は、ベージュのパーカーに、オフホワイトのコーデュロイスカートを合わせましょう。

防寒対策をして冬でもスカートコーデを楽しもう!

今回は、冬でもスカートコーデを楽しむための、防寒対策について徹底的にご紹介しました。

下半身はもちろん、上半身の防寒対策も重要であることがわかったでしょうか。

最近では、薄手の肌着やダウンベストが発売されているので、ぜひ活用してみてください。

冬こそ、スカートコーデを楽しみましょう!