シャツとカーディガンでオフィスコーデ!着こなし方は?

オフィスで働く女性のなかには、毎日のコーディネートに頭を抱える方も少なくないようです。

オフィスの雰囲気にマッチさせながら、上品にコーディネートしていきたいものですよね。

そこで今回は、オフィスにぴったりなシャツとカーディガンのコーディネートをご紹介します。

オフィスはもちろん、大人カジュアルとして、幅広いシーンで活躍するコーディネートですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アシンメトリーな服が流行!レディース向けコーデをご紹介!

「アシンメトリー」という言葉を最近よく耳にするのではないでしょうか。 美容業界においてヘアカッ...

冬の必需品!ダウンで迷ったら?キッズにおすすめのブランド

真冬の寒さでもキッズは元気いっぱいですよね。 キッズが外の寒さに負けないためにも、暖か...

ジャンパーのプリントの剥がし方!綺麗に剥がして素敵に変身

あなたが今お持ちのジャンパーですが、プリントの部分を剥がしたいと思ったことはありませんか? ジ...

シャツとトレーナーを重ね着するメンズコーデに熱い視線が!

メンズ・レディース問わず、トレーナーを愛用する方は多いのではないでしょうか。 トレーナーと言え...

万能アイテム・スウェット!無地を選べばキッズの魅力アップ

キッズが着ていることの多いアイテムとして、スウェットが挙げられます。 また、その中でも無地のも...

冬向けアウターはこれがおすすめ!メンズに人気のもの5選

冬は寒いので、屋外ではアウターが必需品です。 防寒性や使いやすさと同時に、ファッション性もアウ...

オシャレなコートも生地を選べば暖かい着こなしに!

モフモフに膨らんだアウターは見た目にも暖かそうです。 しかし、冬の必須アイテムであるコートには...

【メンズコーデ】「スウェットシャツ」は重ね着してみよう!

メンズファッションの万能アイテム「スウェットシャツ(トレーナー)」は、いろいろな組み合わせで「重...

1枚でもおしゃれなTシャツ!おすすめブランドの人気アイテム

Tシャツはそれだけではもちろん、インナーとしても活用できるファッションアイテムです。 デザイン...

ダウンから中綿が出てくる!その原因とは?対策はあるの?

ダウンジャケットは、ほかのコート類と比べても非常に暖かく、防寒アイテムとして優秀です。 そして...

デニムをリメイク!カットオフデニムにセルフでする方法とは

何にでもあわせやすいデニムははき続けていくうちに、裾がどんどんボロボロになっていきますよね。...

ジーンズで太めパーツをカバー!細見え狙いレディースコーデ

丈夫で使いやすくく、カジュアルコーデには欠かせないジーンズは、いくつでも欲しくなるアイテムですね...

コートの種類でもう迷わない!どんなコートが人気?

どんなに寒くても見た目は重要ですよね。 分厚すぎるアウターは着膨れして太く見えるから着たく...

男性受け抜群のデニムのデートコーデ!夏コーデを楽しもう!

夏のデートコーデは、女性にとって悩みどころですよね。 男性に意外と人気なのは、デニムを合わせた...

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

スポンサーリンク

失敗しない!自分に合ったシャツの選び方

オフィススタイルに活躍するシャツですが、サイズ感が体に合っていないと、スマートに着こなせません。

はじめに、シャツの選び方から見ていきましょう。

①計測

自分に合ったシャツを選ぶためには、肩幅や腕の長さ、首の周りなどを測っておきましょう。

そして、シャツ選びで重要になるのがトップバストのサイズです。

普段の洋服の感覚で選んでしまうと、胸周りが窮屈になってしまいます。

下着の上から、トップバストはどのくらいかメジャーで測ってみましょう。

ただし、ヌードサイズに合わせて選んでしまうと小さすぎて着れません。

トップバストに対してプラス10cm以上の胸囲のシャツを選んでみてください。

②サイズ感とシルエットをチェック

メーカーの違い、シャツのシルエットなどが違えばサイズも異なります。

同じMサイズでもメーカーの基準は違いますし、ナチュラルなシルエットなのかスリムなシルエットなのかでも、少しずつ長さが違うのです。

そのため、微妙なサイズ感を確かめるためには、シャツのサイズ表で各寸法をチェックしたり、試着して確かめることが大切です。

シャツの選び方に続いて、カーディガンの選び方を見ていきましょう。

オフィスコーデにとり入れるカーディガンの選び方

シャツとコーディネートするカーディガンの選び方についてお話しします。

▼素材

カーディガンに使われている素材により、薄手のものから厚手のものまであります。

着る季節やオフィスの空調に合わせて使い分けてみましょう。

▼丈

ショート丈からロング丈まであります。

丈によって見え方が違いますので、実際に羽織って確認してみましょう。

▼ボタンを留めてみる

カーディガンのボタンを全て留めるとトップスのようにも使うことができます。

トップスのように使えればコーディネートの幅が広くなりますので、カーディガンのボタンが全て留まるか確かめてみましょう。

ボタンを留めてみて、窮屈でないかチェックしてみてください。

④胸元のデザイン

華やかなデザインのシャツであれば、シャツの魅力を引き出してくれるVラインのカーディガンがおすすめです。

胸元は視界に入りやすい場所ですので、コーディネートに合わせて選んでみましょう。

シャツとカーディガンでキレイめコーデ

それでは、シャツとカーディガンのコーディネートを見ていきましょう。

まずは、キレイめでまとめたオフィスコーデです。

●とろみシャツで大人っぽく

トップスはとろみのある白シャツに、ボトムスは黒のワイドパンツを合わせます。

シャツをボトムスにインすれば、脚長効果もあります。

そこに、ベージュロングカーディガンを羽織り、足元は黒のスクエアトゥで引き締めてみましょう。

●すっきりモノトーンコーデ

トップスにVネックシャツ、ボトムスは黒のスキニーパンツを合わせましょう。

シャツをボトムスにインしたら、グレーのロングカーディガンを羽織ります。

足元は、黒のポインテッドトゥを合わせましょう。

全体的に縦長シルエットとなり、スタイルアップのコーディネートです。

●キレイめカジュアルコーデ

ジャストサイズのブルーシャツに、スキニージーンズを合わせます。

ボトムスにシャツをインして、ベージュのカーディガンを肩掛けしましょう。

足元はブラウンのローファーを合わせます。

キレイめでありながら抜け感もあるコーディネートです。

スカートを合わせてフェミニンオフィスコーデ

キレイめコーデの次は、フェミニンオフィスコーデをご紹介します。

シャツとカーディガン、スカートを合わせて大人フェミニンに仕上げていきましょう。

●ワントーンで爽やかに

トップスに白シャツ、グレーのプリーツロングスカートを合わせます。

トップスをインしたら、くすみパープルのカーディガンを肩掛けしましょう。

足元は白ソックスに黒のラウンドトゥを履き、フェミニンかつ爽やかなコーデが完成します。

●シックフェミニンコーデ

白のブラウスシャツに、ダークグレーのチュールスカートを合わせます。

黒のカーディガンを羽織り、ボタンを留めましょう。

白のブラウスシャツが見えるように、下から4つほどのボタンは外します。

足元は、黒のショートブーツを合わせればロマンティックな雰囲気のある、シックなフェミニンコーデの完成です。

カジュアルオフィスコーデはビッグシャツと合わせる

続いて、オフィスにいるときもリラックスしたいという方には、ビックシャツとカーディガンのコーディネートをご紹介します。

●ビックシャツでリラックスコーデ

トップスは白のビックシャツ、とろみのある黒のボトムスを合わせましょう。

そこに、ベージュのロングカーディガンを羽織ります。

重たくならないようにカーディガンをロールアップし、ビックシャツの袖を折って抜け感を出しましょう。

●シャツワンピでゆったりコーデ

ストライプのシャツワンピースに、黒のレギンスを合わせます。

そこに、Vラインの黒ショートカーディガンを羽織りましょう。

シャツワンピースとカーディガンのボタンを1つだけ外して抜け感を出してみてください。

足元は、黒のラウンドトゥで可愛らしくまとめます。

●ボリュームカジュアルコーデ

白のビックシャツに、ロールアップしたデニムを合わせます。

デニムにシャツをインして、ドルマンスリーブのカーディガンを羽織りましょう。

足元は、アーモンドトゥで女性らしさを出します。

ラフな着こなしですが、ボリュームシルエットで可愛らしいコーディネートです。

カーディガンを脱いだらスタイリングを忘れずに!

オフィスにぴったりなシャツとカーディガンのコーディネートをご紹介してきましたが、バランスよくコーディネートをしていくためにはスタイリングも重要です。

シャツをボトムスにインするときや、体温調節のためカーディガンを脱いだときなどは、シャツのスタイリングを忘れずに行いましょう。

【前だけインの手順】

①シャツのボタンを全て留めたら、真ん中あたりの裾を片手で持ち上げます。

②シャツの裾を平らに保ち、ボトムスにインしてください。

このとき、5cmほどインしましょう。

③インした裾と残っている裾が馴染むように、微調整すれば完成です。

おへそからサイドまでインしてしまうとキレイなスタイリングにはなりませんので、気を付けましょう。

また、ロング丈のシャツをインするともたついてしまいます。

インするコーディネートの際は、シャツの丈に注意してみましょう。

【袖ロールアップ】

カーディガンを脱いでシャツだけになるときは、袖をロールアップして大人カジュアルに着こなしてみましょう。

①シャツの袖のボタンを外して、外側に大きく折ります。

② ①で折った長さよりも短く外側に折ります。

折りめが2段になっていればOKです。

キレイに折るよりも、ラフに折るのがポイントです。

③無造作に整えれば完成です。

着回しが効くシャツとカーディガン

シャツとカーディガンのコーディネートはシンプルですが幅広いコーディネートができます。

オフィスコーデとしてはもちろん、大人カジュアルコーデとしてオフの日でも着れますよ。

シャツをとり入れたコーディネートの際は、バランスのとれたスタイリングを完成させるためにも、シャツのスタイリングも忘れずに行いましょうね。