丈に悩む?スカートとアウターの上手なバランスのとり方とは

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーカーを腰巻きして作るメンズのカジュアルファッション

かつて、公園や山道で見かけた腰巻きスタイルを、ストリートでもみかけるようになってきました。...

ジムに通うならレギンス!お洒落スポーツコーデの魅力とは!

健康志向が注目される中、ジムやランニングなどで汗を流す健康女子も急増中のようです。そうなると...

スカートを穿いてデートにやって来てくれた女性の心理とは?

「女の子の気持ちが全然分かっていないのね!」このような恐ろしい台詞を言われた経験はありません...

ストールはレディースの春コーデに不可欠!活用法をご紹介!

ストールは、レディースコーデのワンポイントとして欠かせないアイテムのひとつですね。特...

デニムに合わせたいパンプス!ここに靴下合わせはダサイ?

お洒落デニムのコーディネイトとして合わせて履きたいのがパンプスです。季節にもよりますが、ここ...

ジーンズとヒールの合わせ方!ださいと言われないポイント

カジュアルの中にも女性らしさや大人っぽさがあるコーディネートは、幅広い世代から人気のあるコーディ...

カーディガンは黒と紺どっちを選ぶ?似合う・似合わない問題

黒の服と紺の服、どちらが自分に似合うか悩んだことはありませんか?カーディガンの他にも、コート...

人気のチェスターコート!学生向けの有名プチプラブランド!

シンプルなデザインが多いチェスターコートですが、カジュアルからビジネス使用まで幅広く使えることか...

カーディガンやボレロで仕上げるおすすめキッズフォーマル

入園式・卒園式・入学式・卒業式・発表会など、子供でもフォーマルな服装が求められるシーンがあります...

メンズ必見!ニットの選び方やアウターとの合わせ方をご紹介

寒い時期になると、多くの店ではニットが出回ります。着ることでメンズが魅力的に見えるニットがあ...

質の高いデニムが欲しい!価格の安いブランドってどれ?

誰もが一本は持っているくらいの人気アイテムと言えば、デニムパンツです。一口にデニムパンツとい...

主力のアウターはロング丈で決まり!メンズコーデを楽しもう

メンズファッションのバリエーションは、レディースよりやや少なめになりがちです。しかし、系統の...

ライダースジャケットが欲しい!人気レディースブランドは?

ライダースジャケットは、レディースアウターの定番となりつつあるので、手に入れたいと思っている人も...

ストールの巻き方で差を付けよう!冬のオシャレに大活躍!

防寒対策としてはもちろん、最近では冬のオシャレのマストアイテムとなっているマフラーやストール。...

ダウンジャケットのインナーは場面に合わせ選ぶのがおすすめ

ダウンジャケットは、冬の定番アウターです。保温力が高いうえに軽く、特に寒い時期には欠...

スポンサーリンク

まずはスカートの丈にどんな種類があるか知ろう

最初に、スカートとアウターのバランスのとり方についてお話しする前に、スカートの丈について、どのような長さの種類があるか見ていきましょう。

丈を大まかに知るポイントとして、膝より上か下かで区切ります。

●膝上丈

・マイクロミニスカート…ミニスカート以上に短い丈でスカート丈は30cm~40cmくらいのもの
・ミニスカート…膝上10cm以上のもの
・膝上丈スカート…膝より少し上の丈のもの

●膝丈

・膝丈スカート…ちょうど膝の上にくる丈のもの
・ミディスカート…膝が少し隠れる程度か膝下の丈のもの

●膝下丈

・ミモレ丈スカート…ふくらはぎにかかる程度か、ふくらはぎが半分隠れる丈のもの
・ロングスカート…ふくらはぎよりも下で、スカート丈が70cm以上のもの
・マキシスカート…くるぶし付近の丈のもの

このようにスカートの丈にはいくつか種類があることが分かります。

アウターの丈は大まかに分けて3種類!

スカートの次はアウターの丈についてです。

アウターは寒い時期には外側に着るアイテムなので、スカートやパンツといったボトムスとのバランスが重要となってきます。

●ショート丈

ショート丈のアウターには、ショート丈のコート・ジャケットのほかに、ブルゾンや厚手のカーディガンなどもあります。

●ミドル丈、ヒップ丈

腰回りやお尻のあたりまでくるタイプのアウターは、使いやすくバランスのとりやすい丈です。

この丈にはさまざまなコートやジャケットの種類がありますが、分かりやすいところでいうと、Pコートやスプリングコートなどがあげられるでしょう。

●ロング丈

ロング丈のアウターは、膝丈やそれより下にくるもののことをいいます。

内側に着ているアイテムをすっぽりと覆い隠すので、見た目の重心が下がって見えがちです。

アウターの内側に着ているアイテムとのバランスを考えないと、失敗しやすくなります。

ショート丈のアウターならスカート丈を選ばずバランスがとれる

ここからはアウターに合わせたスカートのバランスについてお話ししていきましょう。

まずは、ショート丈のアウターです。

ショート丈のアウターはスカートとのバランスがとりやすく、スカートの丈を選ばないので合わせやすいといえます。

アウターの丈が短いため、ロング丈のスカートやボリュームのあるボトムとの相性は良好です。

ロング丈のボックス型のスカートや、ロング丈のプリーツスカートを合わせても、コーディネートが決まります。

また、ミディアム丈のスカートとの組み合わせもおすすめです。

膝丈のワンピーススカートとも組み合わせやすいですし、ミモレ丈スカートでもバランスよく着こなせます。

ボリュームのあるボアジャケットやファーアウターには、台形のスカートを合わせればすっきりまとまりますね。

また、ライダースジャケットに膝下丈のフレアースカートを合わせると、上半身をすっきり見せて、下半身にボリュームが出てバランスがとれ、おしゃれな着こなしになるでしょう。

ミドル丈のアウターのスカートとのバランスはどうとる?

アウターの種類のなかでも、ミドル丈のものは種類も豊富です。

パンツスタイルなら簡単にバランスよく着こなせることが多いミドル丈ですが、スカートを合わすのであれば少し工夫が必要です。

そこで、簡単なバランスのとり方の1つとして、アウターの丈と同じ丈のスカートを選ぶようにすることです。

アウターの丈に合わせるとなると、スカートは必然的に膝上のものになりますね。

さらに、防寒もかねてタイツやブーツをとり入れ短めのスカートと合わせれば、すっきりとまとまりのあるコーディネートになるでしょう。

背の低い方でもバランスがとりやすくおすすめです。

また、膝丈やミモレ丈のスカートも、スカート2:アウター3くらいの割合でまとめれば、全体的にバランスよく見えます。

ロングスカートを合わせるなら、思い切ってくるぶしくらいまでくる長さのものを選ぶのもアリです。

その場合はタイトスカートを合わせるなどして、すとんと落ちるI型のシルエットを意識してみるとバランスよくなるでしょう。

ロング丈のアウターならスカートバランスはどうとる?

ではロング丈のアウターにスカートを合わせるなら、どのようにバランスととるのがおすすめなのでしょうか。

まずは、ミドル丈のときと同様に、コートの丈と合わせるようにするとバランスよく見えおすすめです。

例えば、膝丈アウターにフレアースカートを合わせるとしたら、同じくらいの丈か、少し膝が隠れるくらいの丈のスカートを選ぶようにします。

そうすることで、全体的な印象がきちんとした上品な感じに仕上がるので、通勤のときやキレイめなコーディネートにしたいときにおすすめです。

ボリュームのあるロング丈ダウンコートをあわせるなら、スカート丈をアウターと揃えて広がらないシルエットのスカートを合わせるとすっきりして見えるでしょう。

次に、ロング丈は見た目が重くなりがちなので、内側のスカートをアウターの丈より短くするのもおすすめです。

足元がすっきりするので、バランスアップ効果も期待できます。

もしも、スカート丈を短くするのであれば、ミドル丈のときと同様に靴をブーツなどにしてバランスをとるとよいでしょう。

また、あえて前開きにするとインナーやスカートも見せられるので、コーディネートに動きが出るようになりますよ。

アウター選びは自分の身長や体型に合わせたバランスが大切!

ここまで、アウターの丈ごとに、スカートとのバランスや選び方についてお話ししてきました。

しかし、自身の身長や体型に合わせて、アウターとのバランスを考えることも大切です。

特にアウターは外側に着る服であり、体型や欠点がよりわかりやすくなるアイテムとなりえます。

最後にそのことについて触れていきましょう。

まずは身長について見ていきます。

身長が高い方におすすめなのは、ショート丈のアウターかロング丈のアウターがおすすめです。

その特徴に合わせてロング丈のアウターを選べば、スタイルよく見せスタイリッシュな印象にしてくれるはずです。

一方ショート丈のアウターなら、脚の長さを強調できますね。

一方背が低い方におすすめなのはショート丈やミドル丈のアウターです。

ショート丈のアウターは、低身長でもスカートが合わせやすいですし、ミドル丈のアウターもスカートの丈を合わすなどの工夫をすれば、見た目のバランスがとりやすくなります。

また、体型についてですが、ぽっちゃりした方や、肩幅ががっちりした方には、体型をカバーしやすいミドル丈のアウターがおすすめです。

ショート丈のアウターだと気になる箇所がより目立ってしまいがちですし、ロング丈だとより重たい印象になってしまう可能性もあります。

アウター選びの際はぜひこちらも参考にしてください。

アウターの丈ごとにスカートとのバランスを考えるようにしよう!

スカートとアウターのバランスは、アウターの丈ごとに違ってくることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、身長や体型もアウターやスカートのバランスをとるうえで、見逃せない要素でもあります。

もしもスカートとアウターのバランスに悩んだときには、こちらでお話ししたことを思い出していただければと思います。