コート選びは肩幅が大切!レディース向けコート選びのコツ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

ジーンズの選び方を意識して、理想のメンズスタイルに!

誰からも愛され、今や老若男女問わず幅広いシーンで人気アイテムとなっているジーンズ。しかし、そ...

【ニットのコーデ特集】ノースリーブニットで初秋コーデ!

8月が終わり9月に入ると、季節も夏から秋に変わりますね。とはいえ、9月に入っても天候...

おしゃれアイテム「スウェット」レディースを扱うブランド

今やスポーツシーンで着るだけでなく、ファッションアイテムのひとつとしてスウェットは定番となりまし...

春を色で楽しむ!スカートと春コートのお勧めコーディネート

私たちが着るコートには、秋・冬・春、そして梅雨時のコートがあります。秋には秋の、冬には冬の、...

レギンスだって夏は涼しい!涼しく夏コーデが楽しめる!

レギンスは夏にどうしても蒸れてしまいがちという問題点があります。春秋冬はスタイルアップに一役...

コートからスカートがはみ出る場合にお洒落な基準はあるの?

秋冬のお洒落の定番で欠かすことができないのがアウターとして活用するコートですね。ただ、このコ...

コートの着丈、決め方の目安は?身長別に似合う着丈をご紹介

コートには、ショート、ロングなどさまざまな着丈のものがあります。そして同じ着丈のコートでも、...

コートに高級ファーを合わせたい!憧れのセレブレディースへ

お洒落な高級ファーコート、一度は袖を通したいレディースの憧れのアイテムです。高級ファーコート...

デニムをおしゃれに着こなして他のメンズに差をつけよう!

メンズの中で、デニムを履いたことのない人は少ないものです。デニムは気軽に履くことができるので...

スカートの丈によって細く見える?細見えのスカート丈とは?

女性の皆さんはスカートを履いていますか?最近では形がおしゃれで細く見えるパンツが多い...

ブルゾンの可愛い着こなしとは?お洒落なレディースコーデ!

最近ではMA-1などの流行も手伝って、ブルゾンを上手に着こなしているお洒落女子も増えてきています...

ニットを贈るならブランド物!イギリスのおすすめブランド

冬のトップスの定番は、やはりニットですよね。クリスマスのギフトなどに、家族や恋人へニ...

自分だけのデニムのワッペンを手作り!どんな生地でもOK!

ワッペンは、無地のカバンやシャツにつけても使えますし、柄のあるものにつけても使えます。しかし...

再びレギンスファッションが人気!秋冬お洒落に要チェック!

最近のファッションシーンにおいて、再びのレギンスブームが来ています。以前にレギンスが大ブーム...

スポンサーリンク

コートの定義

普段何気なく使っているコートという言葉ですが、その定義とはいったいどのようなものなのでしょう。

コートの定義は、「袖付きで丈はウエストから足首あたりまでのもの、いちばん外側に着る衣服」です。

防寒、防風、雨除けのために着るものという意味も込められているようです。

この定義に当てはまる衣服は、全てコートと呼べるのです。

メンズ、レディースともに同じ考え方ができます。

そう考えると、コートには非常に沢山の種類があることが容易に想像できるでしょう。

コートに対しての認識は、日本と海外では若干異なります。

海外では、コートとは、外出時に服の上から着る、ヒップよりも長い丈の上着とされているようです。

もっとも、日本においてもそれに近い認識が一般的かもしれません。

ウエストあたりまでの丈のものよりもある程度の長さのある、肩幅がしっかりととられた上着をコートとしてとらえているのではないでしょうか。

近年人気のレディースコートの種類は?

レディースコートは非常に沢山の種類がありますが、近年人気のデザインや丈はどのようなものなのでしょうか。

ここ数年よく見かけるコートのひとつに、チェスターコートがあります。

丈の長い背広のようなデザインが特徴的なチェスターコートは、もともとは男性の外出用コートだったといわれています。

肩幅は程よくとられ、大きな襟を持ち、全体的にスマートなシルエットであるため、きちんとした場面でも使いやすいコートです。

近年では、さまざまなカラーのチェスターコートが発売されており、女性人気の高いコートのひとつとして愛用されています。

その他に、丈の短めなコートやさまざまな素材のコートにも注目が集まっていることがうかがえます。

マウンテンパーカータイプやファーコート、キルティング素材のコート、モッズコートなど、その丈も素材も多種多様です。

また、襟のないノーカラーコートの人気も高まっています。

ノーカラーコートは、女性の柔らかな雰囲気によく合います。

襟付きのコートに比べ、印象がソフトです。

ノーカラーコートならば、ロング丈のものだとしても気軽に着ることが出来ますね。

レディースコート選びのポイントは肩幅!

コート選びの際、どのようなことをポイントとして選びますか?

コートの色やデザイン、丈など、人によってそのポイントは異なるでしょう。

レディースコート選びのポイントのひとつとしておすすめしたいのが、肩幅にこだわるということです。

肩幅がジャストサイズのコートは、コートのデザインにもよりますが、きちんとした印象を与えます。

一方、肩幅が広めのコート、例えば肩の位置が曖昧なドロップショルダーのコート、ビッグシルエットのコートなどは、着ている人を華奢に見せます。

ゆったりした印象にしたいときにもおすすめのデザインです。

このように、コートはデザインや丈などだけでなく肩幅にもこだわることで、ぐっと雰囲気が変わります。

肩幅ジャストのコートが決まる!華奢体型

コートの雰囲気には肩幅も関係があることが分かりました。

自分の体型を生かすコートの肩幅を知っておくことで、より似合うコート選びができます。

体に凹凸があまりなく、全体的に華奢な体型の人には、肩幅がジャストサイズのレディースコートがおすすめです。

コートでしっかりと肩の位置を強調することは、スタイルアップにつながります。

さらに、ウエストを絞ったデザインのコートを選べば、よりメリハリある着こなしになります。

ハリのあるしっかりとした素材のコート、オーバーサイズのコートなど、それ自体に存在感があるものはなるべく避けた方が良いでしょう。

存在感あるコートは、華奢さを際立たせてしまいます。

おすすめのコートの素材は、あまり厚くなく、しなやかで伸縮性のある素材、また薄手の素材などです。

華奢な体型の人には、体に沿う素材がしっくりくるでしょう。

肩幅がしっかりしている体型の人は、ルーズシルエットのコートがおすすめ!

肩幅が広く、骨格がしっかりしている人には、肩幅の存在感を和らげるデザインのコートがおすすめです。

例えば、ドロップショルダー、ビッグシルエット、長めでストンとしたデザインなどをキーワードにレディースコート選びをしてみましょう。

体の輪郭を緩やかにカバーするこれらのデザインのコートは、がっしりとした体型を上手にカバーしてくれます。

また、しっかりとした厚手素材のダッフルコートやPコートも良く似合います。

ゆったりしたフード付きのモッズコートやダウンコートなどのように、コート自体に存在感のあるものも着こなせるのが、この体型です。

近年よく見かけるチェスターコートも、肩幅のある体型の人に似合うコートのひとつです。

その際には、やや大きめなサイズのデザインのものを選ぶのがおすすめです。

ビッグシルエットのコートをさらっと羽織ってもコートの存在感に負けることなく、素敵に決まります。

体型別、レディースコートコーデご紹介!

華奢な体型、がっしりとした体型、それぞれに似合うレディースコートをご紹介しました。

ここでは、それぞれの体型ごとにおすすめのコートコーデをご紹介しましょう。

まず、華奢な体型の人におすすめのコートコーデです。

ウエストを絞った薄手のトレンチコートにスキニーパンツの組み合わせは、華奢な体型を感じさせずメリハリを生みます。

足元は華奢なヒールできれいにまとめてみましょう。

ショート丈やミドル丈のコートが似合うのも華奢な体型の人の特徴です。

ふんわりと広がるAラインワンピースにショート丈ミドル丈のコートを合わせると、全体のバランスが良くなります。

肩幅がしっかりとしている体型の人は、すとんとした縦ラインを強調するコーデがおすすめです。

中でも上半身に厚みのある人は、Vネックのカットソーなどでまず首回りをすっきりと見せましょう。

きれいなシルエットを描くチェスターコートにセンタープレスのパンツとあわせると、すっきり、きちんとしたコーデに仕上がります。

肩幅があり、かつ骨格が目立つタイプの人は、ドロップショルダーのコートを使ったコーデが断然おすすめです。

インナーはスクエアネックやボートネックなどがすっきりと見えます。

ロングスカートとロング丈のドロップショルダーのコートの組み合わせで、体に曲線を感じさせるコーデの完成です。

肩幅に注目して、本当に似合うコートに出会おう!

ここでは、コートの定義やレディースコート選びのコツのひとつとして肩幅に注目すべき理由、体型別に似合う着こなしなどをお伝えしました。

肩幅のあまりない人は強調し、肩幅のある人はそれをカモフラージュするようなコートを選ぶことで、よりスタイルアップできます。

コートのボリューム感や丈、肩幅などと着る人の体型との間には、相性の良し悪しが確実に存在するようです。

自分の体型をよく知り、本当に似合うコートを選んでください。