コート選びは肩幅が大切!レディース向けコート選びのコツ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストールはオシャレのアイテム、男性らしい巻き方をご紹介!

男性の中にはストールはオシャレだと感じていても、女性だけのアイテムと思っていたり、マフラーとの使...

メンズ向けアウターにはコートとダウンのどっちがおすすめ?

寒い冬には、暖かいアウターが必要です。冬のメンズ向けアウターは種類が豊富なので、選ぶのに困る...

スウェットトップスを合わせるおすすめのレディースコーデ!

スウェットは、動きやすくて着心地も抜群となる優秀なアイテムです。しかし、その少々地味目な印象...

ポンチョはメンズも着ていい?おすすめアウトドアブランド!

みなさんは、普段どのようなレイングッズを使っていますか?傘やカッパなど、定番のものがいくつか...

レギンスはリブ編みスリットが流行!そのおすすめコーデは?

廃れたと囁かれた時代から見事に復活を果たしたレギンスですが、その人気は未だに健在です。一時の...

シャツとカーディガンでオフィスコーデ!着こなし方は?

オフィスで働く女性のなかには、毎日のコーディネートに頭を抱える方も少なくないようです。オフィ...

寒い季節に活躍するコート!暖かいものはどんな素材のもの?

気温が低くなると欠かせないコートですが、その素材は実にさまざまです。寒い季節を快適に過ごせる...

レディースコーデ!ジーンズの冬の色使いは今では「淡」へ!

これまでの冬のジーンズの色味といえば、「濃」が主流でした。しかし、最近の冬のジーンズシーンに...

ニットは着こなしが難しい…お洒落女子はどう対処してる?

暖かいニットは、秋冬に大活躍してくれます。特にふんわりもこもこのニットであれば、女子を可愛い...

ジーンズに革靴を合わせるのがお洒落!特に茶色がおすすめ!

カジュアルを代表するアイテムといえば「ジーンズ」が真っ先にあげられるかと思います。それ程まで...

ストールの巻き方で差を付けよう!冬のオシャレに大活躍!

防寒対策としてはもちろん、最近では冬のオシャレのマストアイテムとなっているマフラーやストール。...

シャツはアレンジ次第で大変身!ワンランク上の着方を知ろう

以前に購入したシャツや、上手く着こなせず自宅のタンスに保管されっぱなしのシャツをお持ちの人は少な...

ジーンズを買おう!アパレル店やブランド店でおすすめは?

普段着の定番として多くの世代に愛されているジーンズですが、新しく購入しようと考えている方もいるの...

シャツのトップスやインナー使いの丈感とレイヤードコーデ!

メンズコーデにおいて、シャツやTシャツなどの丈の問題はなかなか解決の難しい問題です。トップス...

ジーンズにスニーカー、靴下でお洒落なレディースコーデを!

ジーンズにスニーカーそして靴下、レディースコーデにおいてはそれぞれが重要な役割を担うアイテムです...

スポンサーリンク

コートの定義

普段何気なく使っているコートという言葉ですが、その定義とはいったいどのようなものなのでしょう。

コートの定義は、「袖付きで丈はウエストから足首あたりまでのもの、いちばん外側に着る衣服」です。

防寒、防風、雨除けのために着るものという意味も込められているようです。

この定義に当てはまる衣服は、全てコートと呼べるのです。

メンズ、レディースともに同じ考え方ができます。

そう考えると、コートには非常に沢山の種類があることが容易に想像できるでしょう。

コートに対しての認識は、日本と海外では若干異なります。

海外では、コートとは、外出時に服の上から着る、ヒップよりも長い丈の上着とされているようです。

もっとも、日本においてもそれに近い認識が一般的かもしれません。

ウエストあたりまでの丈のものよりもある程度の長さのある、肩幅がしっかりととられた上着をコートとしてとらえているのではないでしょうか。

近年人気のレディースコートの種類は?

レディースコートは非常に沢山の種類がありますが、近年人気のデザインや丈はどのようなものなのでしょうか。

ここ数年よく見かけるコートのひとつに、チェスターコートがあります。

丈の長い背広のようなデザインが特徴的なチェスターコートは、もともとは男性の外出用コートだったといわれています。

肩幅は程よくとられ、大きな襟を持ち、全体的にスマートなシルエットであるため、きちんとした場面でも使いやすいコートです。

近年では、さまざまなカラーのチェスターコートが発売されており、女性人気の高いコートのひとつとして愛用されています。

その他に、丈の短めなコートやさまざまな素材のコートにも注目が集まっていることがうかがえます。

マウンテンパーカータイプやファーコート、キルティング素材のコート、モッズコートなど、その丈も素材も多種多様です。

また、襟のないノーカラーコートの人気も高まっています。

ノーカラーコートは、女性の柔らかな雰囲気によく合います。

襟付きのコートに比べ、印象がソフトです。

ノーカラーコートならば、ロング丈のものだとしても気軽に着ることが出来ますね。

レディースコート選びのポイントは肩幅!

コート選びの際、どのようなことをポイントとして選びますか?

コートの色やデザイン、丈など、人によってそのポイントは異なるでしょう。

レディースコート選びのポイントのひとつとしておすすめしたいのが、肩幅にこだわるということです。

肩幅がジャストサイズのコートは、コートのデザインにもよりますが、きちんとした印象を与えます。

一方、肩幅が広めのコート、例えば肩の位置が曖昧なドロップショルダーのコート、ビッグシルエットのコートなどは、着ている人を華奢に見せます。

ゆったりした印象にしたいときにもおすすめのデザインです。

このように、コートはデザインや丈などだけでなく肩幅にもこだわることで、ぐっと雰囲気が変わります。

肩幅ジャストのコートが決まる!華奢体型

コートの雰囲気には肩幅も関係があることが分かりました。

自分の体型を生かすコートの肩幅を知っておくことで、より似合うコート選びができます。

体に凹凸があまりなく、全体的に華奢な体型の人には、肩幅がジャストサイズのレディースコートがおすすめです。

コートでしっかりと肩の位置を強調することは、スタイルアップにつながります。

さらに、ウエストを絞ったデザインのコートを選べば、よりメリハリある着こなしになります。

ハリのあるしっかりとした素材のコート、オーバーサイズのコートなど、それ自体に存在感があるものはなるべく避けた方が良いでしょう。

存在感あるコートは、華奢さを際立たせてしまいます。

おすすめのコートの素材は、あまり厚くなく、しなやかで伸縮性のある素材、また薄手の素材などです。

華奢な体型の人には、体に沿う素材がしっくりくるでしょう。

肩幅がしっかりしている体型の人は、ルーズシルエットのコートがおすすめ!

肩幅が広く、骨格がしっかりしている人には、肩幅の存在感を和らげるデザインのコートがおすすめです。

例えば、ドロップショルダー、ビッグシルエット、長めでストンとしたデザインなどをキーワードにレディースコート選びをしてみましょう。

体の輪郭を緩やかにカバーするこれらのデザインのコートは、がっしりとした体型を上手にカバーしてくれます。

また、しっかりとした厚手素材のダッフルコートやPコートも良く似合います。

ゆったりしたフード付きのモッズコートやダウンコートなどのように、コート自体に存在感のあるものも着こなせるのが、この体型です。

近年よく見かけるチェスターコートも、肩幅のある体型の人に似合うコートのひとつです。

その際には、やや大きめなサイズのデザインのものを選ぶのがおすすめです。

ビッグシルエットのコートをさらっと羽織ってもコートの存在感に負けることなく、素敵に決まります。

体型別、レディースコートコーデご紹介!

華奢な体型、がっしりとした体型、それぞれに似合うレディースコートをご紹介しました。

ここでは、それぞれの体型ごとにおすすめのコートコーデをご紹介しましょう。

まず、華奢な体型の人におすすめのコートコーデです。

ウエストを絞った薄手のトレンチコートにスキニーパンツの組み合わせは、華奢な体型を感じさせずメリハリを生みます。

足元は華奢なヒールできれいにまとめてみましょう。

ショート丈やミドル丈のコートが似合うのも華奢な体型の人の特徴です。

ふんわりと広がるAラインワンピースにショート丈ミドル丈のコートを合わせると、全体のバランスが良くなります。

肩幅がしっかりとしている体型の人は、すとんとした縦ラインを強調するコーデがおすすめです。

中でも上半身に厚みのある人は、Vネックのカットソーなどでまず首回りをすっきりと見せましょう。

きれいなシルエットを描くチェスターコートにセンタープレスのパンツとあわせると、すっきり、きちんとしたコーデに仕上がります。

肩幅があり、かつ骨格が目立つタイプの人は、ドロップショルダーのコートを使ったコーデが断然おすすめです。

インナーはスクエアネックやボートネックなどがすっきりと見えます。

ロングスカートとロング丈のドロップショルダーのコートの組み合わせで、体に曲線を感じさせるコーデの完成です。

肩幅に注目して、本当に似合うコートに出会おう!

ここでは、コートの定義やレディースコート選びのコツのひとつとして肩幅に注目すべき理由、体型別に似合う着こなしなどをお伝えしました。

肩幅のあまりない人は強調し、肩幅のある人はそれをカモフラージュするようなコートを選ぶことで、よりスタイルアップできます。

コートのボリューム感や丈、肩幅などと着る人の体型との間には、相性の良し悪しが確実に存在するようです。

自分の体型をよく知り、本当に似合うコートを選んでください。