ジーンズの加工は上手な専門店にオーダーするのがおすすめ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズをリメイク!ダメージやブリーチのやり方をご紹介

ジーンズと一口に言っても種類はさまざまで、ストレートやスキニーなど形が違うものも多いですし、...

メンズコーデでジーンズと合う靴の種類!色味はどうする?

カジュアルの代表と言えば、真っ先にジーンズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。トップ...

Tシャツをおしゃれに着こなそう!おすすめレディースTシャツ

Tシャツは1枚でも重ね着でも、万能に使えるファッションアイテムです。Tシャツをさらりと素敵に...

Vネックセーターを着こなす!レディース向けおすすめコーデ

春や秋の少し肌寒い時期や、本格的に冷え込む冬には、ニットのセーターが手放せませんよね。その中...

ニットに一工夫!日常を楽しくお洒落にするリボンの結び方

ニットは、ファッションの定番です。着用している人も多く、人気素材の一つと言えるでしょう。...

パーカーとニット帽で、あったか可愛いレディースコーデ!

パーカーもニット帽も、秋冬に大活躍するアイテムで、男女共に使える心強い味方です。特にニット帽...

ストールを冬に巻く!巻き方を習得しておしゃれメンズに変身

ストールは女性だけでなく、メンズのおしゃれアイテムとしても定着しつつあります。マフラーなら厚...

シャツの生地選びをマスターして暑い夏を涼やかに暮らす!

日ごとにうだるような暑さが続く夏。シャツの生地を選べば、暑い夏が涼しく過ごせることを知ってい...

ZARAのカーディガンをコーデに取り入れておしゃれを楽しもう

目次 1 ZARAってどんなブランド?2 ZARAのカーディガンの特徴とは?3 ZARAのカーディガ...

セーターは素材によって暖かさが違う! おすすめの選び方とは

セーターは冬にかかせない衣料品ですが、使われている素材にはさまざまなものがあります。選び方は...

ブルゾンを使ったレディースコーデ!ポイントを押さえよう

寒さがそれほど厳しくならないような季節の変わり目には、ブルゾンが大活躍してくれます。男性的な...

ダウンジャケットを購入するなら有名ブランドが断然おすすめ

ダウンジャケットは暖かく、そのうえ軽いので、とても人気のあるファッションアイテムです。...

スカートに靴下とパンプスを合わせるのってあり?なし?

スカートに靴下、そしてパンプスを合わせるコーデはありなのか、それともなしなのか。実はこれ、多...

流行のスカートコーデはフレアスカートにミモレ丈で決まり!

今注目したいのが、ミモレ丈のフレアスカートです。ふくらはぎあたりまで隠れるミモレ丈は、一番細...

シャツとジャケットとパーカーはメンズコーデの基本アイテム

おしゃれなメンズを目指すなら、コーデについて知っておくのがとても大事です。とはいえ、どこから...

スポンサーリンク

ジーンズ加工の楽しみ方

ジーンズ加工の楽しみ方には、次の3つの方法があります。

・加工済みのジーンズを購入する
・自分で加工する
・専門店に依頼する(オーダー加工)

あらかじめ加工してあるジーンズは、一定の人気を誇る商品です。

ウォッシュ系統の加工ジーンズが目立ちますが、ペイントしたものやワッペンなどを縫い付けたもの、ダメージ加工したものなども売られています。

市販されている加工済みジーンズは手軽に買えるので、加工したジーンズとはどんなものかを知るのに便利です。

手持ちのジーンズを、自分の好みに合うように加工するなら、DIYで行うか専門店に加工をオーダーする必要があります。

自分で行うダメージ加工は、工夫次第で安く済ませることが可能です。

また、自分で加工したジーンズには、より愛着が湧くことでしょう。

ただしDIYでのジーンズ加工は、手順が分からなかったり、上手くできなかったりするので注意が必要です。

簡単に見栄えのよいジーンズ加工をしたいのなら、専門店にオーダーするとよいでしょう。

専門店にジーンズ加工を依頼すると料金が発生しますが、完成度は高いです。

両方のメリットとデメリットを考え、自分に合った方を選びましょう。

ジーンズを自分で加工する方法とは

まずジーンズをDIYで加工する方法ですが、手軽に行えるのは次の3つです。

・ダメージ加工
・ペイント加工
・ブリーチ加工

ダメージ加工は文字通り、ジーンズにダメージを加える加工です。

通常、ダメージを受けたトップスやボトムスは、なかなか人前では着用できないものですが、ジーンズなどのデニム商品は違います。

デニムは、使えば使うほど味わいの増す生地です。

ジーンズも同様で、ダメージは使い込んだ証として肯定的にとらえられています。

インディゴブルーに裏地の白が混じって、見た目的にもおしゃれです。

ペイント加工は、ジーンズに自分で文字や模様をペイントする加工です。

アクリル絵の具やペンキなどを使い、自分の表現したいものをジーンズに描くことができます。

ブリーチ加工は、漂白剤などでジーンズを脱色する加工です。

上手に脱色すると、ジーンズのヴィンテージ感を増すことができます。

また、漂白剤を使うだけなので加工も簡単です。

DIYでジーンズを加工する具体的な方法は、ブログや動画サイトを参考にするとよいでしょう。

特に動画は、手順やでき上がりを確認するのに便利です。

道具や染料にお金がかかりますが、オーダー料金ほどは高くないことがほとんどです。

ジーンズ加工は専門店にオーダーするのがおすすめ

DIYでのジーンズ加工は、自分のインスピレーションに従って、世界でたった1つのジーンズを作り出せるのが魅力です。

料金はそれほどかかりませんし、染料などは他の加工にも使えるので無駄にしないで済みます。

手間がかかるほど愛着も増しますし、後でまた加工をすることもできます。

DIYが得意なら、ぜひ1度試してみましょう。

ただし、自分でジーンズの加工を行うのは、失敗することもあるので注意が必要です。

ダメージを与えすぎて履けなくなったり、ペイントに失敗して見栄えが悪くなったりしては元も子もありません。

また、紙やすりやおろし金を使用する際に、怪我をする危険性もあります。

そういった点が心配ならば、専門店にオーダー加工を依頼することをおすすめします。

ジーンズの加工具合にもよりますが、費用はそれほどかかりません。

なにより専門店のジーンズ加工は、仕上がり具合が違います。

というのは、プロ用の器材や道具を使用するからです。

ジーンズ加工に関するプロなので、技術面でも安心できます。

プロの仕上がりを目にすることは、DIYで加工するときの参考にもなります。

お気に入りのジーンズを無駄にしないためにも、オーダー加工を活用してみましょう。

専門店が扱うオーダー加工の種類

ジーンズ専門店のオーダー加工には、いろいろな種類があります。

店によっても違いますが、主なオーダー加工は次の5つです。

・ウォッシュ加工
・ダメージ・クラッシュ加工
・ヒゲ加工
・シェービング加工
・サンドブラスト加工

ウォッシュ加工はさらに細かく分けることができますが、詳しくは次のコーナーでご紹介します。

ダメージ・クラッシュ加工は、やすりやカッターなどでジーンズにダメージを与え、オーダーによっては接ぎ当てや刺しゅうをほどこす加工です。

オーダーするときには、どのくらいダメージを与えるのか、仕上げはどうするのかをしっかりと伝えるようにしましょう。

ヒゲ加工は、ジーンズにヒゲと呼ばれる状態を加えるものです。

ヒゲとはアタリ(擦れた状態)の1つで、股の部分に多く現れます。

猫のヒゲのように見えるので、ヒゲとよばれているのです。

シェービング加工とは、紙やすりやおろし金などでジーンズにダメージを与える加工です。

専門店ではグラインダーなどを使用して加工します。

サンドブラスト加工とは、研磨用の金属の砂を、高圧でジーンズに吹きつけてダメージを与える加工です。

ユーズド感を演出するのに適しています。

ジーンズ専門店でウォッシュ加工してもらおう!

ジーンズのダメージ加工は、ある程度なら自分でも行うことができます。

しかしウォッシュ加工は、加工専門の洗濯機などを有している専門店に任せるのがよいでしょう。

特にストーンウォッシュ加工では小石を使うので、一般家庭用の洗濯機では壊れてしまいかねません。

ジーンズの加工に関する知識と経験が豊富で、特殊なウォッシュも行える専門店にオーダーするのが賢明です。

ジーンズ専門店の主なウォッシュ加工には、次のようなものがあります。

・ワンウォッシュ加工
・ケミカルウォッシュ加工
・ストーンウォッシュ加工
・バイウォッシュ加工

ワンウォッシュ加工は、一度だけウォッシュ加工を行うもので、ジーンズが身体に馴染みやすくなるので人気です。

ケミカルウォッシュ加工は、とても強力な脱色剤でジーンズを部分的に脱色させる加工です。

脱色にムラがあるので、個性的なジーンズにすることができます。

ストーンウォッシュ加工は小石などと一緒に洗濯を行う加工で、全体的にダメージを与えることが可能です。

バイウォッシュ加工は、小石の代わりに酵素を使用するダメージ加工で、自然に仕上げることが可能です。

また、脱色する加工としては、フェード加工とブリーチ加工があります。

オーダー加工に強い専門店を選ぶのが大事

ジーンズの加工を専門店に依頼する場合、作業料金というものがかかります。

店によって料金は違いますし、場合によっては高額になることもあるでしょう。

ワンウォッシュ加工や簡単なウォッシュ加工なら1,000円くらいでできますが、裾にアタリをつけたり、ヒゲを加工したりするのは範囲などによって料金が変わります。

また、店によって得意なジーンズ加工と、あまり得意ではないジーンズ加工があることも。

ジーンズのオーダー加工には、手作業で行う部分も多いものです。

手作業には、経験と熟練度が大きく影響します。

どの専門店に頼んでも、同じというわけではないので注意しましょう。

ジーンズ加工に強い専門店を選ぶには、専門店のHPをチェックするのが大事です。

加工済みジーンズの写真を見比べ、自分のイメージに近い専門店に依頼しましょう。

また、現代はSNSの時代なので、オーダー加工の口コミなども確認し、評判のよい専門店を選ぶのが賢明です。

大事な手持ちのジーンズを加工するのですから、満足のいくものにしたいものです。

友人たちにおすすめの専門店を聞くのもよいですし、ジーンズ加工に関するブログなどを見るのもよいでしょう。

ジーンズを加工して個性をアピールしよう!

ジーンズは加工することによって、いろいろな表情を与えられるボトムスです。

ヴィンテージ感を出すさり気ない加工から、ケミカルウォッシュ加工のような自己主張の強いものまで、好みによって加工の種類を選べます。

自分の個性を出すには、とても適したボトムスだと言えるでしょう。

自分で、あるいはオーダー加工で、手持ちのジーンズを見栄えよく加工しましょう。