トップスインが似合わない!苦手な方へのコーディネート例!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャケットに合わせるスカート!色違いで様々コーディネート

ジャケットとスカートのコーディネートで出かけることはありますか。この組み合わせは仕事や子供の...

ダウンはネイビーが定番カラー!おすすめの着こなし術は?

冬の到来と共に、存在感を示してくれるのが最強のアウターと称されるダウンかもしれません。メンズ...

自分らしいコートを選ぼう!高校生のファッションの楽しみ方

高校生のコート選びは校則があるため、自分好みのファッションを楽しめないと思っていませんか?...

コートはファッションの主役!子供に人気のかわいいブランド

冬のファッションの主役は、コートやジャケットといったアウターですね。特に子供の場合、動きやす...

ジーンズを冬の寒い時期でも暖かく穿く!防寒テクと最新商品

ジーンズは、デイリーアイテムとして男女問わず愛用されるファッションアイテムです。コーディネー...

世界に日本のジーンズを広めた立役者「エビス」もうダサい?

カモメペイントで一世を風靡した「エビスジーンズ」をご存知ですか?名前は知らなくても、ヒップポ...

季節にあわせたアウターでキッズのおしゃれを楽しもう!

アウターは、春夏秋冬で使うアイテムです。アウターというと上着というイメージから、冬や秋、春と...

おしゃれニットを低価格で!安いブランドが知りたい!

ニットは冬のコーディネートには欠かせないアイテムです。ニットのデザインはあまたあり、価格も高...

ダウンジャケットは登山におすすめ!レイヤリングを楽しもう

登山の必需品ともいえるダウンジャケットは、「モンベル」や「ナンガ」「ザ・ノース・フェイス」な...

ダッフルコートを大学生男子が大人っぽく着る秘訣とは!?

大学生男子は、おしゃれに精通している方も多く、コーディネートを見ているだけでも参考になりますよね...

アウターにトップスの組み合わせ!同じ色にトレンドを入れて

アウターとは、コートやジャケット、ジャンパーなど服の一番外側に着るもののことをさします。トッ...

日本ジーンズのメッカ倉敷デニム!そのブランドと魅力とは?

ジーニストであれば、ジーンズの聖地と言えば岡山県、というのは常識かもしれません。ジーニストの...

ライダースは黒?茶?ネイビー?さまざまな着こなしをご紹介

ライダースジャケットは、その名の通り、もともとはバイクに乗る人のために作られた特徴的なジャケ...

オーバーオールをレディースコーデに合わせる春夏のお洒落!

春夏の暖かい季節になると、レディースコーデで活躍をしてくれるのがオーバーオールです。着脱が楽...

パーカーは部屋着でも活躍!レディースのおすすめをご紹介

パーカーは、カジュアルファッションとして欠かせないアイテムですよね。このパーカーは、「部屋着...

スポンサーリンク

トップスインが似合わない!体型別のポイントを知ろう

トップスインにチャレンジしたいけれど、自分には似合わないと思い、避けている方は多いと思います。

そこで、まずは体型別の着こなしポイントをご紹介していきます。

自分の気になるポイントを探し、着こなし方を押さえておきましょう。

●お腹が気になる

トップスインを避けている方の中には、「お腹まわりが見えてしまって落ち着かない」と考える女性がとても多いようです。

その場合、トップス・ボトムともに、しっかりとした厚い生地を選ぶことをおすすめします。

肉感を出しやすい柔らかい生地を避け、ハリのある綿素材やデニム素材などを選び、ゆとりを持たせてインすると、気になるお腹をカバーする効果が期待できます。

●小柄な女性

小柄な女性は、トップスインすると子供っぽく、幼い印象になってしまうことが多いです。

それを避けるには、ボトムスのボリュームを控えることが効果的です。

七分丈のボトムスや、すっきり見えるパンツなどを選んで、全体のバランスを良くしましょう。

●寸胴を避けたい

トップスインすると、腰まわりが太く、寸胴に見えてしまうことがあります。

その場合、ボトムスなどのウエストラインにベルトを閉めて、ウエスト部分を強調させるのがおすすめです。

ベルトで締めてメリハリを出すことで、スタイルアップ効果が期待できるでしょう。

トップスインのきれいな着こなし方は?ポイントはある?

体型別の着こなしポイントを頭に入れたところで、続いてはトップスインのきれいな着こなし方を知っておきましょう。

トップスインが似合わないと思っている女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

●たるみを持たせる

ボトムスにトップスインする時、体にフィットするようにピタッと入れてはいけません。

上半身のシルエットが前面に出てしまい、どこか古臭い感じがしておしゃれに見えないからです。

トップスインする場合、指で少しトップスをつまみ、たるみを持たせましょう。

こうするだけで上半身のボリュームを抑えられ、全体のバランスが良く見えます。

ウエストラインも余裕があったほうが、スタイルが良く見えますよ。

●ボトムス選びに注意する

きれいに着こなすには、トップスインに適しているボトムスを選ぶことも重要です。

ウエストラインの生地が何枚にも重なったデザインのものや、厚めの素材のボトムスだと、お腹まわりをカバーできるためおすすめです。

また、大振りのリボンやベルトなどがついたものも、ウエストが締まって見えるため、きれいな着こなしにはおすすめと言えます。

トップスインが似合わないなら!「ロングカーディガン」を活用しよう!

ここからは、トップスインが似合わないと抵抗がある女性に、おすすめのコーディネート術をご紹介していきましょう。

まずは「お腹がぽっこりしている」、「腰まわりが大きい」などの悩みがある方への、トップスインのコーディネートです。

【ロングカーディガンで腰まわりをカバー】

スカートやパンツなどにトップスインさせた後に、ロングカーディガンを羽織るコーディネートです。

重ね着スタイルなので、涼しい時期におすすめの着こなし方です。

ロングカーディガンは前開きにすることで、縦のラインが強調されてスリム効果が期待できます。

また、カーディガンの中でトップスインする際は、ハイウエストになるように意識してください。

たるみはほどほどに出し、すっきりとインさせることで、足長効果も期待できます。

お腹やお尻はロングカーディガンで隠れるため、トップスインに抵抗がある初心者の方でも、チャレンジしやすいコーディネートでしょう。

トップスは「とろみシャツを前だけイン」するのもおすすめ!

トップスインが似合わないと考えている女性は、腰まわりが見えてしまうことに抵抗がある方が多いでしょう。

その場合、「シャツを前だけイン」して、腰やお尻まわりはカバーできるコーディネートがおすすめです。

以下で詳しくご説明していきましょう。

【腰まわりが気になるなら!とろみシャツを前だけインする】

とろみシャツとは、滑らかな質感の、触り心地の良いさらさらとしたシャツのことを言います。

とろみシャツに合わせるボトムスは、デニムでもワイドパンツでも、スカートでも構いません。

このとろみシャツの前の部分だけを、ボトムスにインさせましょう。

トップスを前だけでもインすることで、きちんと感が出て、こなれた雰囲気を演出してくれます。

また、インしているのは前部分のみなので、お尻や腰まわりはトップスがしっかりカバーしてくれます。

とろみシャツのようにさらさらした素材のトップスは、このような前だけインにとても向いていますよ。

トップスインに抵抗があるという方でも、チャレンジしやすいおしゃれなコーディネートでしょう。

ロングスカートはハイウエストでトップスインするとスタイルアップ効果あり

トップスインが似合わないと抵抗がある女性の中には、ロングスカートをよく履く方もいるかと思います。

ロングスカートにトップスインすると、スタイルがとても良く見えることをご存知でしょうか。

しかし、スタイルアップさせるには、押さえるべきポイントがあります。

以下で詳しくご紹介しましょう。

【ロングスカートはハイウエストでトップスイン】

ロングスカートにトップスインする場合、ハイウエストにしないとバランスが悪くなってしまいます。

トップスは少したるみを持たせて、不自然でない程度の位置でハイウエストにしてください。

腰の位置を高く見せることで、足長効果が期待できます。

また、程よいたるみは気になるお腹まわりをカバーすることに繋がります。

ロングスカートやミモレ丈スカートなどをトップスインする場合は、ハイウエストになるように意識してコーディネートしてくださいね。

トップスインが似合わない女性必見!NGコーデはこれ!

トップスインが似合わないと感じた場合、それは合わせるボトムスや、トップスとの相性が悪いことも考えられます。

トップスインにも「NGコーデ」が存在するため、以下で詳しくご紹介していきましょう。

●スキニーパンツ

スキニーパンツは、実はトップスインに向いていません。

トップスインしたスキニーパンツは、トップスがもたつき、全体のバランスが悪くなりがちです。

良いコーディネートとは全体のバランスが良いことを意味するため、スキニーパンツにはボリュームのあるトップスを合わせ、それを外に出してメリハリを楽しみましょう。

●デザイン性のあるトップス

デザイン性のあるトップスは、それ1枚で主役になれるアイテムのため、トップスインするのに向いていません。

リボンやフリル、柄などがついていると、ボトムスの中でのごわつきに繋がります。

トップスをきれいに着こなすには、無理にインせず、そのまま生かすことをおすすめします。

苦手を克服してトップスインのおしゃれを楽しもう!

暖かい時期は薄着になるため、トップスインしやすい季節ですよね。

トップスインが似合わないと苦手意識を持っている女性は多いと思いますが、抵抗があるのは最初だけです。

だんだんと自分の姿に見慣れていき、ベストバランスのコーディネートを見つけることができるでしょう。

また、今回はおすすめのトップスインのコーディネートをいくつかご紹介したので、今後の参考にしてくださいね。