ダウンに半袖が登場!Tシャツ感覚で使える着こなし方とは!

ダウンと言えば、当初は襟が大きく、全体的にもこもことするアイテムでした。

しかし近年になってダウンの開発が大きく進み、そのものの厚さが薄く、かつ暖かく改良されました。

更に開発は進んでおり、登山用品ブランドが、ダウンを半袖にして販売をはじめています。

半袖ダウンの着こなしのコツは、Tシャツやベストを着る感覚で使うことです。

新しいファッションを、さっそく取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターをおしゃれに着こなしたい女性におすすめのコーデ!

寒い冬には、暖かいセーターが欲しくなる女性は多いでしょう。 セーターをおしゃれに着こなすことが...

ジーンズをブーツに合わせてロールアップ!着こなし術を伝授

ジーンズは誰もが持っている万能アイテムといえます。 その定番アイテムのジーンズをおしゃれにロー...

デニム浴衣でメンズならではの浴衣ファッションを楽しもう

夏になると、お祭りや花火大会などで浴衣姿をよく見かけます。 一時期、浴衣などの着物は下火になり...

スカートを履きたい!ストライプスカートのおすすめコーデ!

スカートの中でもストライプスカートというと、「コーデがちょっと難しそう」と感じる方もいるかもしれ...

コートにパーカーを合わせる!フードを出してこなれコーデに

冬もパーカーを楽しみたいような女性は、パーカーとコートの重ね着で、パーカーのフード部分を出す着こ...

ジャケットは秋コーデの主役!メンズにおすすめトップス5選

暑い夏が終わると、一年の中でも過ごしやすい秋がやってきます。 秋はスポーツや、行楽にとても適し...

トレンチコートのレディースコーデとそのバッグの合わせ方!

トレンチコートは、コーデに取り入れやすい優秀なお洒落アイテムです。 春秋、大人女性のマストアイ...

メンズ向けコートの有名ブランドで女性にも人気のもの5選!

冬のメンズ向けアウターにはいろいろな種類があります。 好みやTPOに合わせて選べますし、機能性...

【メンズコーデ】「スウェットシャツ」は重ね着してみよう!

メンズファッションの万能アイテム「スウェットシャツ(トレーナー)」は、いろいろな組み合わせで「重...

デニムを取り入れたデートコーデ特集!冬におすすめコーデ

デートコーデの定番といえば、スカートやワンピースを取り入れたコーデでしょう。 しかしデートの行...

季節にあわせたアウターでキッズのおしゃれを楽しもう!

アウターは、春夏秋冬で使うアイテムです。 アウターというと上着というイメージから、冬や秋、春と...

ジャケットボタンは留めないのがおしゃれ?マナー面はどうか

ジャケットを着る時、なんとなくおしゃれに見えず、違和感を感じることがありませんか? もしかする...

【ニット帽のかぶり方】ロングヘアのポイントをご紹介

寒い季節に防寒とおしゃれを一緒に楽しむには、ニット帽は欠かせないファッションアイテムのひとつでし...

デニムにサイドゴアブーツを合わせるレディースコーデが旬!

レディースコーデにおいてデニムは、カジュアルファッションの定番アイテムですね。 そのようなデニ...

知らぬ間にスカートが回る原因は骨盤の歪みに有り?対策方法

スカートを堂々と履くことができるのは、女性の特権ともいえますね。 しかし、スカートを履いて歩い...

スポンサーリンク

半袖ダウンとはどんなもの?ダウンベストの着こなしを応用!

半袖ダウンとは、ダウンベストに半袖を付けたもので、半袖タイプのジャケットを指したものです。

登山に関するグッズ類を取り扱うブランドでは多く取り扱われているダウンでもあります。

ダウンジャケットとは異なり中に着るためのインナーダウンとして販売されていることがほとんどです。

もともとあったダウンベストでは温まりにくかった肩口も暖かく使えるため、注目を集めています。

半袖なので、長袖のダウンよりも隠れる部分は少なくなりますが、その分本体に加工がされています。

半袖ダウンの基本的な着こなし方は、ほとんどダウンベストと変わりません。

しかし半袖がついていることで、着こなし方はダウンベストとは少し変わっている部分もあります。

本来ダウンベストや半袖ベストは、登山時にはアウターの下にインナーとして着用するのが一般的な着こなし方です。

ただ近年、ファッションのブランドの一部が、アウター用として半袖ダウンを提案しています。

また、インナーとして使うという登山装備としての用途を知らない人も多くいたため、半袖ダウンをアウターとして着用している人もいるようです。

インナーダウンとは?半袖もベストも着こなしできるコーデ!

先ほど取り上げたインナーダウンとは、アウターの下に着ることで、寒さを和らげるダウンです。

薄い材質ですが、中にはダウンが入っており、アウターと組み合わせることで中の空気を暖めます。

大きめのコートの下に着ることで効果を発揮し、アウトドアに関する装備として開発されています。

半袖ダウンやダウンベストも、このインナーダウンの仲間であり、この着こなし方をすると非常に暖かいのです。

このように、本来の使用目的通りにアウターの下に着る方法もありますが、最近ではアウターとして着るコーデも提案されています。

暖かい日や、少し涼しめで、軽い上着が欲しいときに最適のダウンなので、街中でも重宝しますよ。

色合いやデザインによっては、ビジネスでもジャケットの下に着用可能という特徴もあります。

最初は戸惑ってしまいますが、色によっては違和感も感じにくくなります。

見た目もベスト・ジレに近く、分厚さも感じないため、着ているうちに体に馴染みます。

カジュアルな場面で使う場合は、襟部分の形を確認し、場面に合うものを選ぶ必要があります。

インナーダウンであることを活かすコーデ!コートの下に!?

半袖ダウンを、まずはインナーとして使う着こなし方を見ていきましょう。

ほとんどは通常のコーデの上にダウンを着用し、その上にアウターとしてコートやジャケットを使うという着こなし方です。

冬の場合は、半袖ダウンもダウンベストも、アウターで着るよりはインナーとして使うのが無難です。

半袖ダウンの場合は、ダウンベストに袖がついているという見た目も特徴的です。

最初の内はアウターとして着るより、インナーとして着用するほうが使いやすいといえます。

実際はコートやジャケットなど、インナーダウンにの上にアウターを着てしまうため、ほぼ中もわかりません。

インナーダウンとして使用する場合は、どちらかと言えば襟なしのほうが使い勝手が良くなります。

インナーとして使用する場合、スーツの下にダウンを着ることが可能です。

そんなときスーツからダウンの襟が出ていると、どうしても印象もコーデのバランスも悪くなります。

ただし襟なしのシャツの下に着る場合や、マフラーなどの巻物を使わない場合は、別です。

襟があったほうがバランスが取れますし、見栄えも良くなります。

用途によって変わりますので、自分が使う時はどのような時なのかをしっかりと決めてから選びます。

ダウンベストの着こなし方から半袖ダウンのコーデを学ぼう!

半袖ダウンの着こなし方は、ダウンベストをアウターとして使う場合と似ています。

ダウンベストのアウターとしての着こなし方のほとんどが、半袖ダウンの着こなしとして使えるのです。

また色の組み合わせ方も一緒に覚えておくと、更に便利に半袖ダウンを着こなせますよ。

基本的にダウンベストや半袖ダウンをアウターとして使う場合、黒が多く使われます。

この黒という色は、インナーダウンの色としても優秀であり、1枚あるだけで用途はさまざまです。

黒はカジュアルもビジネスも対応できる色なので、気軽に使える色でもあります。

半袖ダウンには、名前の通り半袖の部分がついており、ここが何よりのポイントになります。

ダウンベストよりもアウターとしてはやや扱いにくいという印象が、どうしても拭えません。

しかしアウターとして使う場合、春や秋は気温的にも最適であるため、積極的に使いたいところですね。

薄めの長袖と相性がいいため、アウターとして半袖ベストを使う際は、長袖と合わせてみましょう。

Tシャツを着こなしする感覚!上にも下にも着回し可能です!

長袖と組み合わせる、という着こなし方から、半袖ダウンからなんとなく感じられるものがあります。

それは半袖ダウンの着こなしは、Tシャツを着こなしする感覚とほぼ同じということです。

半袖ダウンは、同じく半袖のTシャツとはバランスが取りにくく、着こなしにくいと感じます。

しかし半袖ダウンであれば、長袖シャツやパーカーとの相性が良くなり、着こなしも簡単になります。

ダウンベストの場合は襟が無いほうが、組み合わせとしては落ち着いて見えます。

半袖ダウンをアウターで着る場合は、どちらかと言えば襟がある方が、着こなしやすいのです。

襟と言ってもハイネックやシャツなど、簡易的なもので問題ありません。

半袖ダウンと下のシャツの襟部分が重なってしまうと、どうしても違和感が残ってしまいます。

少し襟が出ていれば、通常のTシャツでも見た目がおかしくなりませんよ。

パーカーも厚手だと、ピッタリした半袖ダウンとバランスが取れません。

やや薄手のパーカーにすると、ボリュームが押さえられるため、印象も変わります。

職場に行く時に使える!外仕事も楽ちんになる使い方と多様性

半袖ダウンは本来、インナーとして使うダウンです。

そのためスーツと組み合わせることも可能であり、外の仕事をする人にも重宝します。

例えば外での作業着の上、あるいは作業着のジャケットの下に着ることで、暖かさが増すのです。

余裕のあるデザインのジャケットの下に着るのはもちろん、スーツでも袖の違和感が改善されます。

できるだけ薄手のスーツ姿でいることが求められる職の人にとっては、半袖ダウンは有用です。

上着を着ることができないが、もう少し暖かい服装をしたいという人にとっては、まさに救世主。

着こなし方も幅広いのですが、アウターとして着用する場合は、場所を選ぶこともあります。

それでもさまざまな場所、方法で着こなすことができるという点は、寒い冬に最適とも言えます。

半袖ダウンは着こなし次第で大活躍!軽くて暖かい万能グッズ

半袖ダウンは奇抜なデザインではありますが、もとはアウトドア用に作られた防寒着です。

外に着ることも可能ですが、最も力を発揮するのは、インナーとして使用する場合です。

ダウンベストより暖まりやすいデザインであり、スーツの下にも着用することが可能です。

アウターとして使いこなす方法は現在少ないものの、段々デザインとともに開発されています。

効果的に半袖ダウンを着こなして、スマートな防寒をしてみましょう。