スカートは生地選びをポイントにするのがおすすめです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストールはアレンジ次第でボレロにも!アレンジ術をご紹介!

一般的には肩かけや襟巻きとして使用されるストールは、アレンジ次第で別のものとして活用すること...

素敵なスカートとスニーカーで秋にピッタリのコーディネート

大人の女性の中には、スカートにはスニーカーよりもパンプスで、と考える人もいるのではないでしょうか...

パーカータイプのスポーツウエアで手軽なメンズファッション

スポーツをする時、試合を観戦する時、持っていると便利なものがパーカーです。パーカーは半袖や薄...

コートは軽い素材なら疲れにくいかも!素材別の特徴を紹介

おしゃれでも重たいコートは、毎日のように長時間着ていると疲れてきてしまいますよね。軽いコート...

パーカーはおすすめのアウター!冬のコーデに取り入れよう!

冬はアウターが、コーデの中心アイテムとなります。なぜなら、アウターはとても目につきや...

レギンスを格好良くはきこなしたい!海外のコーデに学ぼう!

レギンスは、はきやすく、どんなスタイルにも取り入れやすいファッションアイテムのひとつです。し...

ジャケットでも涼しく!夏向きレディースジャケットをご紹介

温暖化対策の一環としてのクールビズが、近年浸透してきていますね。ジャケット不要といわれるクー...

Tシャツでレディースコーデ!大人女子におすすめの白Tを厳選

目次 1 大人女子におすすめの白Tシャツ!選ぶときのポイント2 レディースTシャツだからこそ!サイズ...

冬の必需品!ダウンで迷ったら?キッズにおすすめのブランド

真冬の寒さでもキッズは元気いっぱいですよね。キッズが外の寒さに負けないためにも、暖か...

スカートと靴下でおしゃれコーデ!靴下の長さはどのくらい?

近年ではパンプスを履くときにも、ストッキングやタイツではなく靴下を履くなど、おしゃれ女子の間で靴...

ジャケットは生地にこだわろう!春夏秋冬のおすすめをご紹介

毎日のファッションに欠かせないアイテムのひとつ、それはジャケットではないでしょうか。ジャケッ...

ジャケットとパンツは色の組み合わせ次第でお洒落が決まる!

ジャケットとパンツを組み合わせるジャケパンスタイル。カジュアル感が強いですが、最近ではビジネ...

もうニットで失敗しない!メンズにおすすめの選び方をご紹介

メンズニットを選ぶ時、どのようなものが良いのか迷うこともあるでしょう。気に入って選んだはずな...

デニムのダメージ加工は裾にも!流行りのカットオフ!

デニムというアイテムは、非常に特殊なアイテムになります。他では考えられない、破れや擦り切れ汚...

可愛いコートを着たい!ピンクも年齢関係なく着こなしたい!

冬は毎日のようにコートを着るという方が多いでしょう。どんなコーディネートにも合うように、無難...

スポンサーリンク

スカートを女性におすすめする理由とは?

スカートは好きですか?

それとも苦手ですか?

スカートが苦手と答える方の中には、女性らしさが表に出過ぎてしまう感じが苦手、という方もいるようですね。

しかし、スカートは甘いイメージの表現しかできないわけではありません。

スカートの生地やデザインを変えるだけで、イメージはガラリと変わります。

甘いイメージだけではなく、スタイリッシュなイメージ、大人っぽいイメージ、少年ぽくなど、いろいろな雰囲気を作ることができるのです。

また、同じ形のスカートでも、生地を変えるだけで雰囲気はぐっと変わります。

いろいろな雰囲気を楽しめるスカートはおすすめのファッションアイテムです。

ぜひ生地の特徴などを知って、スカートの魅力を知って頂きたいと思います。

春夏におすすめのスカート生地を知ろう

冬の寒さがやわらぎ、日に日に日射しが暖かくなってくると、それと一緒に気持ちもワクワクしてきますよね。

冬は、足元を隠すような暖かいファッションになりがちですが、春になり、暖かくなるにつれて、爽やかな清々しいファッションをしたくなってきます。

そのような、春をいち早く感じたい時にはスカートがおすすめです。

スカートの軽いふんわりとした雰囲気が、春や夏のイメージにぴったりですよ。

春や夏におすすめしたいスカートの生地に、コットンやリネンがあります。

コットンやリネンは天然素材の生地です。

繊維の先が丸くなっており、そのため肌当たりもとても良く、着心地も快適です。

汗ばむ季節に、肌の弱い方も安心して着ることができるおすすめの生地と言えるでしょう。

特にリネンは吸水性、通気性がとても優れているため、暑い夏を快適に過ごさせてくれます。

しかも、繊維が乾燥している時よりも、濡れている時の方が強度が増すため、洗濯にとても強く、頻繁に洗濯をする夏にはおすすめの生地なのです。

秋冬におすすめのスカート生地を知ろう

暑い夏が過ぎると、今度はだんだんと風が冷たくなってきます。

紅葉の季節となり、秋の気配を感じ始めると、スカートの色は薄くて淡い色から、濃い色や暗めの色に変化していきます。

スカートの生地も暖かみのある素材を求めるようになりますよね。

着ている服の生地が濃いめの色や、厚みのある暖かみのある生地に変わるだけで、秋冬のイメージを表現できるところに、生地が発する表現力を強く感じます。

そんな秋冬の寒い季節におすすめの生地には、ウールやツイード、コーデュロイなどがあります。

どれも生地が厚く、暖かみのある素材です。

ツイードやコーデュロイは、生地そのものに特徴があります。

ツイードの柄、コーデュロイの縦のうねがポイントとなり、シンプルなデザインでも生地そのものがアクセントとなる、冬におすすめの生地です。

冬の生地のスカートは、黒やグレーのタイツと合わせて着ると、さらにお洒落な雰囲気がアップします。

スカートと一緒にタイツを合わせてみてはいかがでしょうか?

オールシーズン使えるスカートの生地は便利でおすすめ!

「スカートは頻繁に履かない」または「服を増やしたくない」といった背景から、オールシーズン使える生地のスカートがあれば嬉しいという方もいると思います。

スカートは、春夏秋冬とそれぞれの季節に合う生地がお店に並びますが、最近では、冬でも暖かいコートの下に薄い生地のスカートを履くというコーディネートも定番になっています。

そのため、春夏に着ていたコットン生地やポリエステル生地のスカートに黒いタイツを合わせて冬に着ることも可能です。

また、昔は裏地として使われていたキュプラという生地は、とても軽くて薄くスカートやワンピースに使われるようになりましたが、この生地もまたトップスにセーターを合わせるととても繊細な雰囲気の出せる、春や秋冬におすすめの生地です。

そして、ポリエステル生地のスカートもオールシーズン使えます。

デニム生地もおすすめです。

甘くなり過ぎず、カジュアルに履けますので、甘さが強すぎるスカートが苦手という方にはデニム生地のスカートがあるだけでとても活躍します。

デニム生地のスカートに濃い色のタイツを合わせ、ブーツを履くと、一気に秋冬らしくなります。

春夏は、パンプスやスニーカー、サンダルに合わせることができるので、万能です。

このように、必ずしも季節にあった素材のスカートを着なければいけないという決まりはありませんので、ぜひ気軽にスカート選びを楽しんで下さいね。

高級感あるおすすめのスカートの生地とは

スカートで高級感を出したいのであれば、シルク生地が素敵ですよ。

シルクの滑らかな生地の手触りや上品な光沢は、とても美しく綺麗です。

自然な輝きがありますので、シルクが少し入った生地でも光沢が出ます。

素材を生かすために、あえてシンプルな着こなしをするのもおすすめです。

そして、最近よく耳にするようになった、ジャガードスカートは繊細で華やかなスカートです。

デザインが生地にプリントされているのではなく、生地に織り込まれています。

織機で花模様などを浮き上がらせた、重厚感あふれるジャガード生地で作ったスカートは、花柄が織り込まれているという造りから、より女性らしい大人の雰囲気が漂います。

冬におすすめのスカート生地では、ベルベットがあります。

レーヨンや絹を使用した織物です。

生地は厚みがありますが、柔らかく表面に豪華な光沢があります。

ベルベットは、水や圧力に弱いので、取り扱いには注意が必要ですが、丁寧に扱うことで長持ちします。

スカートを大切に長く履くということは、経済面で良いのはもちろんのこと、モノを大切にする習慣へと結びつきます。

高級感あふれるスカートで、素敵な時間を過ごしてみませんか。

スカートは体型が目立つアイテムと思っていませんか?

スカートを履く時に体型が気になると悩まれる方がいます。

スカートを遠ざけてしまう原因でもあるようです。

確かにスカートはパンツと違って足元がしっかりと見えますので、隠せない分気になるかと思います。

しかし、スカートでも体型のカバーができることをご存知ですか?

太ももの張りが気になる方は、タイトスカートではなく、Aラインのスカートやフレアスカートを履いてみて下さい。

生地は薄い生地よりも、張りのある生地をおすすめします。

太もも周辺にゆとりが生まれ、張りのある生地の効果ですっきりと見えるため、パンツよりスリムに見えます。

また、ふくらはぎの太さが気になるという方は、膝が隠れる丈のスカートを選ぶと、ふくらはぎの張りが目立たないという視覚効果もあります。

丈がそれ以上長くなると、ふくらはぎが目立ちますので、膝が隠れる丈がベストです。

また、スカートはハードルが高いと思われる方は、マキシスカートやロングスカートから始めてみて下さい。

足首まで隠しつつ、女性らしい雰囲気が作れますのでおすすめです。

スカートで体型がカバーできるということに気が付いていただけることと思います。

スカートは女性らしさアップの強い味方です

スカートは、いろいろな自分を表現させてくれます。

大人っぽく上品に、可愛らしく、またカジュアルにと、生地や形で自由自在に変化を楽しめるのです。

さらにスカートは、スタイルを良く見せてくれるおすすめのアイテムの一つです。

ぜひスカートでいろいろな自分を引き出して下さいね。