春を色で楽しむ!スカートと春コートのお勧めコーディネート

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャケットの下のジレがメンズの結婚式コーデをサポート

普段めったに着ることのないフォーマルなコーディネートは、日常ではないだけに準備が疎かになりがちで...

パーカーをぶかぶかに着る女子にキュン!かわいさアピの方法

ぶかぶかな袖のアイテムを使っている女子は、男子の目にとまるものです。特にパーカーは、使い勝手...

高校生のコート事情!通学用学生コートを女子大学生も再利用

冬になると、制服や私服の上にコートを着ます。学生の場合、学校指定のコートがある学校もあります...

スカートに合わせたアウター選び!冬のコーデはこれで完璧!

冬の到来と共に人によっては一年で最もお洒落を楽しめる季節が訪れることにもなります。この季節を...

インナーはシャツで!セーターの重ね着をすっきり見せるコツ

セーターを着るときにインナーは何を合わせますか?メンズの場合、Tシャツやタートルネックなどを...

ストールとショールの違いはある?おすすめの巻き方をご紹介

防寒対策として、そしてファッションの一つのアイテムとして、ストールやショールを取り入れている人も...

ジーンズの加工は上手な専門店にオーダーするのがおすすめ!

ジーンズは、とても人気のあるファッションアイテムです。男女どちらにも似合いますし、着...

ニットとの重ね着コーデ!意外と人気なのはレースアイテム

お洒落女子たちは皆、それぞれ独自の重ね着コーデをお持ちのようですね。様々な情報や経験からご自...

このアウターがおすすめ!冬に人気のメンズ向けジャケット!

冬は重ね着をすることが多く、アウターがコーディネートの中心となります。メンズ向けの冬用アウタ...

アウターの種類を理解して快適おしゃれに冬を過ごそう!

肌寒い季節が近づくと、今年はどんなアウターを着ようかとあれこれ考えるのもファッションの楽しみ...

デニムにはハイヒールが合う!ストッキングは必要?不必要?

普段、デニムにハイヒールを合わせてコーディネートを楽しむ女性は多いですよね。タイトなデニムに...

パーカーはスポーツ用品メーカーの有名ブランドがおすすめ!

パーカーは、四季を通して楽しめるアウターの1つです。夏はTシャツの上にそのまま羽織れますし、...

ジャケットは紺がお洒落!レディースコーデを大人クールに!

紺色のジャケットをさっそうと羽織る女性は格好良く映りますよね。誰もが憧れてしまうのではな...

足を細く見せるレギンス!夏は白でおしゃれにコーディネート

夏場、ふわっとしたロングTシャツの下に何を履きますか。ジーンズは暑い、スパッツは短すぎる、ス...

ジャケットをミリタリー調に!ワイルドメンズコーデが人気!

近年はタフな印象に無骨な雰囲気がお洒落と、男女問わずにミリタリールックのコーデが注目されています...

スポンサーリンク

前を開けるスカートとコートのおしゃれコーディネート

冬のコートは、寒さ対策で前をしっかりと留めて着ます。

コートを脱がなければ、中に何を着ているかなんてわかりません。

誰にも見えないので、スカートとのコーディネートを気にしない人もいます。

しかし、春先のコートは、暖かいと前を開けて着ることもあります。

そのために、中にどんな服を着ているか、周囲の人にも見られてしまいます。

例えば、コートが水玉で、中のブラウスも水玉模様なら、周囲の人はあなたのことを「水玉が好きな人に違いない」と見ています。

色も同じです。

コートの色が緑で、緑のスカートを合わせて履くと「緑好き」と見られます。

そこで前を開けたときに、さりげなくおしゃれに見えるために、どんなスカートを合わせたらいいかを考えるのが、春のコーディネートです。

そして、春コートを着る時の大切なポイントになります。

さらに、スカートだけでなく身につけるトップスや靴も合わせると、素敵なコーディネートが出来上がります。

それでは、春コートと合わせて履くスカートには、どんな色や柄があるのでしょうか。

春のコートとスカートのコーディネート

春のコートは薄い水色・ピンク・ベージュ・クリームが主流です。

冬の黒や茶・濃いグレーといった色のコートは、暖かみがある一方、重苦しさも感じてしまいます。

そこで、春コートは全体に淡いパステルカラーに変わります。

また、同じトレンチコートでも、裏地のない薄手のものになります。

そんな春コートにも、時代に合ったトレンドがあります。

最近ではいつものパステルカラーに加えて、赤や緑・黄色・オレンジといった華やかな色が増えています。

春先、ベージュや薄いグレーのコートは、時代に関係なく着ている人を見かけますね。

オーソドックスな春コートは通勤用にピッタリなので、流行に関係なく着られています。

通勤だけでなく、ベージュや薄いグレーのコートは、パステルカラーのセーターに緑のギャザースカートといった、プライベートでのコーディネートにもぴったりです。

しかし、鮮やかな赤や黄色、オレンジといった純色のコートは、中にどんな色の服を着たらいいのか、どんな色のスカートを合わせたらいいのか迷ってしまいます。

そのため、お店で見たときは欲しいと思っても、どうしても購入するのはためらってしまうこともありますね。

しかし、コートだからこそトレンドを取り入れるという考えもあります。

例えば、仕事着はビジネスシーンということもあり紺やグレー・黒などの落ち着いた色が中心になります。

そんなとき、オレンジのコートを通勤で着ていても、会社に行けば脱いでしまいます。

仕事中に着ているわけではないので、コートの色を気にすることはありません。

オレンジと紺、黒は相性もいいので、電車の中で前のボタンを外して中の衣類が見えても、違和感なく合わせることができます。

緑や黄色も同じです。

形をトレンチにするだけで、色鮮やかなコートでも通勤着として着ることができます。

実際に朝のお天気を伝える気象協会の女性は、春先になるとオレンジや黄色・ピンクのトレンチコートを着て、カメラの前に立っています。

ルーズな春コートは通勤には向きませんが、オレンジや黄色のトレンチコートは、春コートとして通勤に合わせることもできます。

会社訪問や入社式といったかしこまった場ではオレンジや黄色のコートは派手ですが、普通の通勤なら特におかしいということはありません。

仕事用スカートに春コートのコーディネート

業種によっては、堅い服でなくても良いという会社もあります。

プログラマーやコールセンター・看護師・薬剤師のように、接客業ではない、制服があるという業種なら通勤の服装も比較的自由です。

そんなときは、自分らしいスカートに明るい色の春コートをコーディネートして、仕事に出かけましょう。

仕事先ではかっちりとしなくてはいけないのだから、せめて通勤くらいは華やかで明るい気持ちになるのも良いかもしれません。

中には、家から一歩出たらしっかりと会社モードになりたい、という人もいます。

それでも、どんよりとした暗い色のコートを着るよりも、明るい色の春らしいコートを着たいものです。

ルーズなスタイルでは気分の切り替えができないなら、ひざ下丈のグレーのプリーツスカートや紺のフレアースカートをコーディネートしてみましょう。

プリーツスカートは、学生の制服にもよく使われます。

気持ちを引き締めるにはちょうど良い感じにコーディネートできます。

私服で仕事ができる業種なら、プリーツスカートやフレアースカートは、そのまま仕事着としてもおかしくありません。

コートが黒やグレーであれば、同系色の紺のスカートよりも、辛子色や白のスカートの方がコーディネートしやすくなります。

ルーズなスカートと春コートのコーディネート

プライベートのときは、思い切りルーズなスタイルで気持ちを切り替えましょう。

私服のときまで、堅いセミタイトスカートやプリーツスカートでは疲れてしまいます。

コートをたくさん持っている人なら、通勤は水色やエメラルドグリーンで、プライベートはオレンジやピンク・赤といった華やかな色にするのもお勧めです。

中は長めのルーズなギャザースカートをコーディネートします。

オレンジのコートには、白やオフホワイトのナチュラルなスカートが合います。

細かい水玉模様やストライプのスカートでも良いですね。

細身の人ならフレアースカートもきれいに合わせることができます。

麻素材のクシュッとなった、ベージュや紺のスカートにも合わせやすいです。

逆にスカートにトレンドの色を持ってくるのもおしゃれです。

オレンジや黄色、若草色のギャザースカートは、春らしいイメージになります。

その上に、オフホワイトや薄いベージュ・クリーム色のフェミニンなコートをコーディネートしてはいかがでしょうか。

柔らかい春らしさを演出します。

ルーズなスカートにロングコートを合わせるのも良いですが、春らしく短めのジャケットコートにしてもぴったりです。

柄のスカートとコートのコーディネート

春になると、細かい花柄のワンピース姿の人を見かけます。

スカートも無地やチェックばかりでなく、細かい花柄や水玉、ストライプといった柄のあるものが増えてきます。

白やオフホワイトの地に柄が入ったスカートなら、外に着るコートは少し濃い鮮やかな色が合うかもしれません。

例えば、きれいな若草色のコートはいかがでしょうか。

華やかな柄の入ったスカートやワンピースの場合、外側のコートの色を淡い色にすると、見る人の視点が収まりません。

白地に細かい柄の入ったスカートなら、表にはオレンジや黄色・緑といった華やかさに加えしっかりとした色のコートにも合わせられます。

しかし、ワンピースやスカートの地が紺や黒でそこに柄が入ると、オレンジや黄色・緑のコートは色がきつすぎて、落ち着きません。

特に、無地ではなく柄のコートに柄のスカートは、着る人のセンスを選びます。

元々おしゃれでセンスが良く、スタイルも抜群ならコートとスカートの両方に柄が入っていても着こなしてしまいます。

しかし、組み合わせ一つで、にぎやかすぎて視点が定まらなくなってしまいます。

柄と柄を合わせるコーディネートは、難しいです。

これはコートとスカート、トップスがすべて違う色の原色の場合も同じです。

もちろん、両方が原色の色でも着こなしてしまう人もいます。

しかし、それは誰にもできることではありません。

コーディネートに自信がないときにはこんな点に注意しましょう。

柄のワンピースやスカートに合わせるときは、地の色によってコートの色を合わせます。

中の地が薄い色ならオレンジや緑のはっきりとした、無地のコートをコーディネートしましょう。

逆に黒や紺といった濃い色の柄のスカートやワンピースなら、上にはベージュやクリームといった淡い無地の色の春コートを持ってきましょう。

スカートの色で秋コートを春のコーディネートに

緑は、深緑やカーキ色になると秋冬になりますが、きれいな若草色やエメラルドグリーンは春コートにピッタリです。

深緑やカーキ色は中に履くスカートのでコーディネート次第で、春らしい装いになります。

カーキ色はどうしてもイチョウや落ち葉のイメージがあるため、秋冬の色と思ってしまいます。

この中に、柔らかい若草色のギャザースカートを合わせてみましょう。

一変して春のコーディネートになります。

同じカーキ色のコートでも、裏地がないカーキ色のコートは軽い感じがします。

そのため、スカートの色や形、素材次第で春コートとして着ることが可能です。

カーキ色は秋に大活躍する色ですが、春先にも使えます。

これは深緑でも同じです。

裏地のない深緑のコートなら、中に淡いピンクのワンピースやスカートを合わせることで、春らしい装いになります。

水色のトップスに合わせても爽やかな感じになります。

逆に茶色や紺のスカートを合わせると、カーキ色や深緑は秋口にピッタリのコーディネートです。

中に合わせる色でイメージを変えることができるのは、カーキ色や深緑だけではありません。

紺や薄いグレーのコートでも同じです。

紺や薄いグレーも中に着る服の色とのコーディネート一つで、春を演出することができます。

秋用、春用と分けてコートを用意するのは面倒、もったいないと思いませんか。

どちらでも合わせることができる色のコートを一枚持っていると、コーディネート次第で春・秋両方に使うことができます。

また、緑や紺のコートは通勤にも普段使いにもできますので、TPOを選ばず便利です。

春を楽しむスカートとコートのコーディネート

暖かくなっても、まだまだコートを着る機会はあります。

春だからこそ、コートと中のスカートの組み合わせは大切です。

中に着ている服やスカートと、コートのコーディネートは、色や柄を変えて色々と楽しむことができます。

トレンドを取り入れながら、それでいて自分なりのコーディネートをして、春を楽しんでみませんか。