ジーンズで太めパーツをカバー!細見え狙いレディースコーデ

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レギンスをはきこなすメンズはおしゃれで注目の的!

昨今、「メンズレギンス」をはきこなすおしゃれな男性が増えてきています。メンズレギンスはハード...

トップスに赤色を合わせたレディースコーデは存在感が抜群!

赤トップスをレディースコーデに取り入れると、非常にインパクトがあり抜群の存在感を表現してくれます...

スカートは季節によって素材を選ぼう!冬に合うものとは?

「寒い冬でも、スカートをはいておしゃれを楽しみたい」という女性は多いのではないでしょうか。...

レディースコーデ!ジーンズの冬の色使いは今では「淡」へ!

これまでの冬のジーンズの色味といえば、「濃」が主流でした。しかし、最近の冬のジーンズシーンに...

シャツの裾をスカートにインするコーデがお洒落でおすすめ!

シャツの裾をスカートに入れるか、入れないか。人によっては些細なことかもしれませんが、お洒落の...

スカートと黒タイツをおしゃれに着こなすには靴もポイント!

秋冬のスカートコーデで欠かせないアイテムが「タイツ」です。定番の黒タイツであれば引き...

デニムの裾上げに挑戦!自分でも簡単にできる方法を紹介

デニムはほかのアイテムと合わせやすい、オシャレの幅を広げてくれるアイテムです。ネットショップ...

シャツとカーディガンでオフィスコーデ!着こなし方は?

オフィスで働く女性のなかには、毎日のコーディネートに頭を抱える方も少なくないようです。オフィ...

デニムとパンプスの合わせ方!寒い冬でもできるコーデは?

デニムとパンプスの組み合わせが好きな方の中には、冬のコーディネートに悩んでいる方もいるのではない...

サロペットで大人かわいく!おすすめコーデ秋冬編をご紹介

近年トレンドのサロペットは、ゆるりとしたシルエットが魅力です。どんな体型の方でも着こなしやす...

ダウンが欲しい!暖かい上質なレディースダウンをご紹介!

冬になると暖かいダウンジャケットが欲しくなりませんか。沢山販売されているので、どれを選んだら...

キーワードは【トラッド】大人のメンズファッション講座!

近年人気の「トラッドファッション」をご存知ですか?英国紳士のような気品あふれるスタイルで、2...

ニットの可愛いレディースブランドは?おすすめブランド6選

木枯らしの秋や、かじかむ冬では、あたたかいファッションアイテムが欲しくなりますね。寒い季節に...

パーカーはデートで着ても大丈夫?パーカー女子の着こなし術

デートの予定があると、当日はどんなコーディネートにしようか悩みますよね。特に屋外でデ...

デニムをおしゃれに着こなして他のメンズに差をつけよう!

メンズの中で、デニムを履いたことのない人は少ないものです。デニムは気軽に履くことができるので...

スポンサーリンク

太めが気になる人は取り入れて!レディース服の着こなし

人間にとって、脂肪は余分なだけの存在ではありません。

程良く脂肪が付いた体は安定感があり、温度変化などの外的環境の変化にも強いものです。

特に女性は妊娠、出産が可能な性ということもあり、その機能を守るために体に脂肪が付きやすくなっているのです。

とはいえ、体型のお悩みは、特に女性にとっては尽きないものですね。

女性にとって脂肪が気になるお悩みポイントとしてよく聞かれるのは、二の腕、背中、お腹周り、太ももなどでしょうか。

実際にはさほど太めではないにもかかわらず、太っていることがコンプレックス、と思い込んでいる方が多いように感じます。

しかし、実際に脂肪を落とし、自分の理想の体型に近づけることは、なかなか根気のいるきつい作業です。

健康面で問題のない程度の脂肪であれば、きつい思いをしてまで無理やり落とす必要はないのかもしれません。

それよりも、毎日着るもので上手に体型カバーすることから始めてみませんか。

レディース服は、女性に多いお悩みをカバーするためのさまざまな工夫が凝らされています。

トップスは全体的なゆとり、袖丈や着丈、素材などに工夫が凝らされ、肉感を感じさせない作りとなっています。

ジーンズなどのボトムスは、ポケット位置やゆとりなどに工夫が見られるものが多い印象です。

ジーンズの基本の形、あれこれご紹介

私たちにおなじみのレディースジーンズですが、その形はさまざまです。

大まかに分けると、次のようになります。

まず、最もポピュラーな形、ストレートです。

ももから足首までまっすぐなラインを描くストレートは、どなたにも履きこなしやすいスタイルです。

ひざから下がタイトシルエットになっているテーパードは、足をすっきりと見せたい方におすすめです。

ももの部分にはゆとりを持たせているため、ももが太めなのが気になる方にもぴったりです。

足にピッタリとフィットしたスキニーは、足のラインを強調したい方におすすめのスタイルです。

全体的にゆとりをもたせたワイドシルエットのジーンズは、足のラインを目立たせずに履くことができます。

体のラインを拾わないため、筋肉や骨太が気になる方にもおすすめです。

そのほか、ウエスト位置にも違いがあります。

ウエストが高めなハイウエスト、低めなローライズでは、履き比べたときの印象がだいぶ違います。

ハイウエストはウエストラインをしっかりと強調することでメリハリを持たせ、スタイルアップにつながります。

ローライズは、小尻効果が期待できます。

気になる部分をカバー!レディースジーンズ選びは慎重に!

レディースジーンズには、さまざまな形があることをお伝えしました。

どのようなジーンズを取り入れることがスタイルアップにつながるのかを確認してみましょう。

ジーンズは、腰から下部分を覆うボトムです。

良くも悪くも、下半身のスタイルを目立たせる衣類であるため、ジーンズなどのボトム選びには慎重になる必要がありそうです。

ジーンズと一口でいっても、色の濃さ、生地の厚み、丈、形などはさまざまです。

ジーンズはその特徴によって、着たときの印象がガラッと変わるものです。

そのため、ジーンズの選び方次第では、下半身の気になる部分を上手にカバーすることが可能といえます。

下半身、つまり足やお尻などの肉付き、また筋肉や骨格などで気になる部分はありませんか。

足が太め、腰が張っている、お尻が大きめ又は貧弱、ひざなどの骨が目立ちゴツゴツしている、華奢でメリハリがないなど、お悩みは人それぞれでしょう。

そんなお悩みをカバーするジーンズはどのような形、素材、丈なのかをよく研究し、ジーンズ選びをすることが大切です。

太めな足が気になる方におすすめ、レディースジーンズ

学生時代にスポーツをしていた方や、現役でスポーツに取り組んでいる方は、足にしっかりとした筋肉が付いている傾向があります。

足、特にももの筋肉は全身の中でも大きな筋肉であるため、しっかりと鍛えられていると代謝が上がり、食べても太りにくい体になります。

脂肪に比べて固く重たい筋肉は、しっかりと付いていることで見た目はやや逞しい印象を受けます。

女性らしい服装を楽しみたいのに、たくましい筋肉がコンプレックスだという方も、おそらくいることでしょう。

また、筋肉ではなく脂肪が多めに付いた太めな足にコンプレックスを感じる方もいることでしょう。

足の適度な筋肉や脂肪は必要であるうえに、その方の魅力をアップさせる要素ですが、自身が理想とする足とはかけ離れている、と感じる場合が多いようです。

そんな方には、レディース用ストレートジーンズがおすすめです。

ジーンズはハリのある素材、厚めの素材を選ぶと、よりすっきりとキレイなラインに見えるでしょう。

ひざから下を絞ったテーパードもおすすめです。

太めなももはゆとりをもたせているため肉感を拾うことなく、細めなひざ下のラインを強調し、すっきりと見せます。

華奢な方にぴったりなジーンズはこれ!

全体的に華奢でほっそりとした体型の方は、筋肉質であったり脂肪が多く太めな体型の方から見ると、羨ましいと思われるかもしれません。

しかし、華奢な体型の方は、筋肉や脂肪などが適度についたメリハリのある体型に魅力を感じるようです。

子供っぽくも見られがちな華奢体型の方は、レディースジーンズの履きこなしで苦労することが少なくないようです。

そんな華奢体型の方には、スキニーやスリムなど、足のラインを表現してくれる形のジーンズが良いでしょう。

華奢な足のラインは思い切って出すことですっきりとしたシルエットを表現でき、スタイル良く見えます。

ハイウエストのものを選び、ウエストマークすると、よりスタイルアップできるでしょう。

ジーンズの素材選びにもポイントがあります。

ハリのある素材、厚め素材のジーンズは、ジーンズそのものの存在感が強まります。

これらは、華奢な方が履くことで、ジーンズに履かれている感じが出てしまうため、あまりおすすめできません。

素材は、柔らかめ、しなやか、伸縮性に富むものが良いでしょう。

がっしり体型の方は、すとんとした太めシルエット

肩幅がしっかりとある、関節の骨が太めで目立つ、腰骨が張っているなど、中性的な要素を持つ女性には独特の魅力があります。

クール、きれいめなど、さまざまな雰囲気を自在に操るイメージでしょうか。

そんな、骨太なしっかり体型の方が女性らしい柔らかさを表現したい場合、どのようなレディースジーンズ選びをしたら良いのでしょう。

そのためには、ごつごつ、固そうな部分をうまくカバーするワイドシルエットのジーンズを取り入れましょう。

体のラインを拾わないワイドシルエットは、柔らかな印象作りが上手です。

特にしなやか素材のワイドジーンズは、流れるようなラインを生み、すとんとしたなめらかなシルエットに仕上げてくれます。

骨太タイプの方の固そうな部分をカバーし、女性の柔らかさを表現できます

また、裾に向かって絞られてゆくシルエットのテーパードも、非常にすっきりと履きこなせます。

腰骨のハリも気にならず、スタイル良く見えます。

ジーンズの素材は、ハリのある厚めのものが似合います。

骨感を拾わず、きれいなラインを保ちます。

ジーンズは奥が深い!こだわって最高の一本を!

下半身が太めなど、体の気になる部位をカバーするレディースジーンズ選びのコツをご紹介しました。

ジーンズといってもその形や素材などはさまざまであり、自分に似合うものを探すためには研究が必要なのですね。

自分の体型の特徴を知り、履いた時の雰囲気を冷静にチェックすることが何より大切です。

しっかりとこだわり、自分をよりスタイルアップしてくれる一本を見つけましょう。