作業着を一新!ジーンズとワンピースの重ね着コーディネート

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャケットの大きめな着こなしが旬なレディースコーデに!

最近レディースコーデにおいてトレンドとなっているのが、大きめジャケットの着こなしです。実はこ...

メンズ必見!ニットの選び方やアウターとの合わせ方をご紹介

寒い時期になると、多くの店ではニットが出回ります。着ることでメンズが魅力的に見えるニットがあ...

シャツとカーディガンでオフィスコーデ!着こなし方は?

オフィスで働く女性のなかには、毎日のコーディネートに頭を抱える方も少なくないようです。オフィ...

スカートとコートのコーデはバランスが命!そのコツをご紹介

スカートとコート、いずれも女性のコーデには欠かせない主役級アイテムですね。面積が広く...

スカートコーデの基準は色?男ウケ?どっちもアリ!

コーディネートで意外と重要な役割を占めるのはスカートかもしれません。折角なら男性に可愛く...

ジャケットは秋コーデの主役!メンズにおすすめトップス5選

暑い夏が終わると、一年の中でも過ごしやすい秋がやってきます。秋はスポーツや、行楽にとても適し...

上手に簡単に!スカートに合わせたベルトとリボンの結び方

皆さんは、いつもどんなスカートを履いていますか。シンプルなセミタイトスカートですか。...

レディースコートの色は紺で決まり!マフラーはどうしよう?

秋冬のお洒落はコートが主役だという方も多いことでしょう。そんなお洒落女性の皆様、コートの色は...

コートにパーカーを合わせる!フードを出してこなれコーデに

冬もパーカーを楽しみたいような女性は、パーカーとコートの重ね着で、パーカーのフード部分を出す着こ...

デニムベストを着ているバイカーファッションに迫る!

ワイルドなアメリカンバイクをこよなく愛するバイカーを見てみると、ファッションにもこだわりを感じま...

ダウンジャケットの高級ブランド!レディースの人気はどこ?

本格的な冬の到来!お洒落レディースたちは、アウター準備に余念がありませんね。そのような中...

ニット素材もノースリーブアイテムなら夏のお洒落にも活用!

ニットといえば、秋冬のイメージが強いアイテムです。しかも着回しも良く可愛らしいのでコーデには...

ブルゾン活用法!レディースライクな春の着こなし!

春先などの季節の変わり目は、コーデの雰囲気を春らしくしたくても、少し寒い日が訪れたりでコーデが難...

シャツとネクタイのおしゃれな組み合わせとは?選び方を解説

ビジネススタイルに欠かせないシャツとネクタイ。スーツとの相性や、柄や色、素材によってその組み...

アメカジにネックレスを取り入れよう!おすすめブランドは?

アメカジに合うアクセサリーとして、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。ピアスやネ...

スポンサーリンク

いつもと違う!ジーンズのジャンパーとワンピースの重ね着

ジーンズは別名デニムとも呼ばれます。

ジーンズといえばジーパン、ジージャンというイメージが強いですね。

他にもジーンズのシャツやワンピースもあります。

しかし、いずれも作業着や普段着として利用していませんか。

まずは、作業着として使われていたジージャンとワンピースを合わせてみましょう。

以前は、ジージャンことジーンズのジャンパーには、ジーパンを合わせるものが当たり前でした。

しかし、今では可愛いワンピースの上にジージャンを羽織るのは、珍しいことではありません。

例えば、春の淡い色のギャザースカートのワンピースにジージャンを合わせると、春らしくてジージャンが柔らかい雰囲気になりとてもおしゃれです。

中が七分袖のワンピースなら、重ね着をしたジージャンも袖を2つくらい折って七分袖にしてみます。

デートやママ友ランチの時に、ただワンピースを着るだけよりも、おしゃれな雰囲気になります。

普段、ワンピースにカーディガンやノーカラーのジャケット、テーラードのジャケットを重ね着していますか?

カーディガンとの重ね着は、とても柔らかく女性らしいですね。

ワンピースの上に、ノーカラーやテーラードのジャケットを重ね着すると、少し固いフォーマルな雰囲気になります。

カーディガンも良いですが、ジージャンとの重ね着はいつもの雰囲気と違って見えます。

ノーカラーやテーラードのジャケットのような、堅苦しさはありません。

いつもワンピースの上にはカーディガンやノーカラー・テーラードのジャケットの人も、たまにはジーンズ生地のジャケットを合わせてみませんか。

いつもとは違う雰囲気を味わうことができます。

ジージャンに重ね着!ジーンズ生地以外の色々ワンピース

ジージャンの中に着るワンピースの生地はジーンズ生地でも良いですが、ニットやシフォンの生地でも合います。

例えば、ジージャンの中にIラインのニットワンピースを着てみませんか。

Iラインというのは、アルファベットの形からもわかるように、ストレートの形をしたワンピースです。

ニットのワンピースならカジュアルに、毛素材のワンピースなら通勤用にも合わせられます。

服装が自由な職場なら、ジージャンも利用できます。

ジージャンの中にシンプルな毛素材のIラインのワンピースの重ね着のコーディネートなら、それほど砕けた感じになりません。

デートやママ友のランチの時は、柔らかいシフォンのギャザースカートのワンピースの上にジージャンを重ね着してみましょう。

Iラインのワンピースにジージャンは、ぽっちゃりさんもすっきりと見せます。

ワンピースに重ね着すると、ジージャンそのものも柔らかい雰囲気になります。

薄手のカラージーンズ生地のジージャンなら、白いワンピースにも合います。

スカート丈が長めのワンピースにジージャンの重ね着は、背の高い大人の女性にピッタリです。

色々な色のワンピースとコーディネートして、色々な雰囲気を味わってみましょう。

可愛らしさを表現したいなら、バルーンスカートのワンピースがお勧めです。

バルーンスカートのワンピースの上にジージャンを重ね着します。

小柄で細身の女性にお勧めです。

中学生や高校生くらいの女の子でも、20代30代の女性でも可愛い雰囲気になります。

スキニージーンズとワンピースの重ね着コーディネート

ジージャンにワンピースの重ね着をご紹介しましたが、次はワンピースにジーパンを重ねてみましょう。

ワンピースの下にジーパンを履くというと、違和感を感じるかもしれません。

しかし、こういった重ね着ならどうでしょう。

ニットの短いワンピースの下に、スキニーパンツやスパッツを合わせることがありますね。

スキニーパンツの代わりにスキニージーンズを合わせてみましょう。

可愛いらしさの中に、活動的な女性を演出するコーディネートになります。

ワンピースの形は、Iラインのストレートワンピースか、バルーンスカートのワンピースが良いですね。

下に履くのがジーンズ生地のスキニージーンズになりますので、ミニ丈のワンピースでも恥ずかしくありません。

スキニージーンズの上には、長めのオーバーシャツやオーバーブラウスのようにワンピースを重ね着します。

若くて小柄な女性ならバルーンスカートのワンピースが可愛いらしくなります。

Iラインのワンピースなら、年齢を気にせずに利用できる重ね着のコーディネートです。

特に、オーバーブラウスにもなるミニ丈のワンピースは、高齢の女性でもおかしくありません。

スキニージーンズに色々なワンピースを重ね着してみましょう。

防寒対策にも!ワンピースと重ね着できるジーンズ

ジーンズにはスキニーの他にスリム・タイトストレート・ルーズストレート・ストレート・テーパードといった形があります。

スキニージーンズの他に、テーパードやタイトストレート・スリムといったジーンズもワンピースに合います。

テーパードジーンズは、スリムやスキニージーンズと違い太もも部分はゆったりとしてますが、ひざ下はピッタリとシェイプされたジーンズです。

丈も短めで、ワンピースと重ね着をするのにピッタリです。

スキニージーンズのようにピッタリとしていませんが、ひざ下がスキニージーンズと同じような形になります。

ミニ丈だけでなくひざ丈のワンピースとコーディネートできます。

スキニージーンズほどではありませんが、タイトストレートのジーンズもかなり細いシルエットです。

ワンピースとの重ね着は相性ばっちりです。

タイトストレートのジーンズにミニ丈のワンピースは、スキニージーンズと同じようなコーディネートになります。

可愛いだけでなく、防寒にもなります。

寒い季節、ワンピースに薄手のストッキングやタイツでは足が冷えてしまうという人にピッタリの重ね着です。

ニットやジャージ生地のワンピースと重ね着をすると、とても暖かくなります。

友人たちと遊ぶ時に、可愛くて寒さ対策にもなるワンピースとタイトストレートのジーンズをコーディネートしてみましょう。

ジーンズシャツとワンピースの重ね着

ジーンズ生地のシャツにもワンピースの重ね着ができます。

ジーンズ生地の綿シャツを着る時、いつもこんなコーディネートになっていませんか。

インナーとしてTシャツを着て、下にジーンズのパンツやスカートを履き、上にジーンズ生地のシャツを羽織るといったスタイルです。

重ね着としてはとても定番のスタイルです。

しかし、羽織るものとしてジーンズのシャツを着るならジージャンと同じような組み合わせも良いのでは、と思いませんか。

ここで難しいのが、ジーンズシャツの裾です。

ジージャンの裾はウエストの位置と短めになりますが、ジーンズのシャツはヒップの下まであります。

しかもシャツの裾はカーブしているので、ワンピースの上に中途半端に重なってしまいます。

そこで、少し長めのロングのジーンズシャツを重ね着してみましょう。

ワンピースの丈よりも少し短めか、ほぼ同じくらいの丈のジーンズ生地のシャツがお勧めです。

ロングのシャツはワンピースとして着ることもできますが、中にワンピースを重ね着するコーディネートもできます。

ルーズでナチュラルなワンピースと重ね着すると、さらにゆったり気分を味わえます。

ジーンズのワンピースとの重ね着

ジーンズ生地のロングシャツはワンピースとして着ることもできます。

ジーンズ生地のワンピースとして、前のボタンを留めてウエストに革のベルトをすると、通勤着としてもピッタリです。

このように重ね着をせず、一枚のままワンピースとして着ることもできます。

しかし、中にワンピースを重ねたり、Tシャツの上に羽織ったりするコーディネートもできます。

前を開けて、中にTシャツとロングのギャザースカートや、パンツと合わせてアウターとして使うこともできます。

前のボタンは留めずにウエストベルトだけを軽く締めると、ルーズでナチュラルなイメージになります。

衿付きシャツの上にジーンズ生地のワンピース重ね着をして前ボタンをしめると、固いイメージにもなります。

中に着るシャツの衿を、ワンピースの衿の上に重ねるように出します。

男性用の白いワイシャツでも良いですね。

衿だけが重なり、二重衿のようでとてもおしゃれです。

袖も、カフス部分で中のワイシャツを出して、折り重ねてみましょう。

いつもと違う重ね着コーディネートが楽しめます。

ワンピースの上にカーディガンやジャケットを重ねて着ることもできます。

ジーンズ生地のワンピースですが、カーディガンを羽織るとスポーティなイメージから一転柔らかいイメージにもなります。

逆に、革のジャンパーを重ねると、よりハードなイメージにもなります。

中に合わせるものによっても外に合わせるものによってもワンピースのイメージが変わり、色々な着回しを楽しめます。

イメージを変えるジーンズとワンピースの重ね着

ジーンズと言ってもジャケットにシャツ、ワンピースとそしてジーパン、色々な衣服があります。

今回は、色々なジーンズとワンピースの重ね着のご紹介でした。

ジーンズは、コーディネートによって使う場や雰囲気を変えることができます。

ジーンズと言うと作業着、普段着と思っていた方も、ジーンズのイメージが変わったのではないでしょうか。