メンズジャケットを着こなすためには着丈と身長に注意しよう

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズを合わせた春夏のレディースコーデはこれで決まり!

春夏は待望のジーンズの季節!もちろん、ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムに...

ダウンはどう選ぶ?アウターにおすすめなキッズ商品も必見!

寒さが厳しい時期に役立つファッションアイテムとして、ダウンがあります。ダウンは機能性が高いた...

上質なニットのおすすめレディースブランドをご紹介!

Tシャツやジーンズなど、いつの時代でも流行に左右されない定番アイテムがあります。ニットセータ...

パーカーのチャックがよれよれに…長く着るためのコツ

肌寒い時期やちょっとした外出の時に気楽に着られる服といえばパーカーですよね。普段着として愛用...

上手に簡単に!スカートに合わせたベルトとリボンの結び方

皆さんは、いつもどんなスカートを履いていますか。シンプルなセミタイトスカートですか。...

シャツのきれいな収納とは?方法やおすすめ収納ケースを紹介

ビジネスパーソンにとって、ワイシャツ、ドレスシャツは必須アイテムですよね。洗濯する機会も収納...

スカートの静電気が不快!防止や排除の方法は何があるの?

頻繁にスカートを身に着ける女性の方は、一度はスカートの静電気にお困りになったことがあるかと思いま...

デニム等のレギンスでマタニティ期もおしゃれにコーディネート

妊娠中であっても、「おしゃれをしながら過ごしたい」という方もいるかと思います。そのよ...

ジーンズ選びは何基準?オシャレ女子はブランドで探してる!

カジュアルファッションを代表するジーンズ。今では、誰でも一本は持っている国民的ボトムスと...

流行のスカートコーデはフレアスカートにミモレ丈で決まり!

今注目したいのが、ミモレ丈のフレアスカートです。ふくらはぎあたりまで隠れるミモレ丈は、一番細...

コートを着こなすにはボトムス丈とのバランスがポイント!

秋冬ファッションの主役といえば「コート」ですよね。そんなコートをおしゃれに着こなすに...

トップスインが苦手でもOK!メリハリコーデに役立つアイテム

トレンドは風のように素早く通り過ぎ、常識だと思っていたことが非常識になり、置いてきぼりをくらった...

デニム生地の特徴!それは染料のインディゴと生地の綾織!

気軽に穿けて、丈夫で便利なデニム地のジーンズ。しかし一方で、生地の表と裏で色が違っていたり、...

おしゃれに欠かせない「ワンピース」人気ブランドをご紹介!

レディースファッションの代表といえば「ワンピース」ではないでしょうか。ワンピースは、デザイン...

レディースコーデ!ジーンズの冬の色使いは今では「淡」へ!

これまでの冬のジーンズの色味といえば、「濃」が主流でした。しかし、最近の冬のジーンズシーンに...

スポンサーリンク

ジャケットの着丈と身長の関係を知るのはとても大事

ある通販サイトでは、メンズジャケットのサイズを選ぶ際に、次の3つの身長区分を使用しています。

・166~170センチメートル
・171~175センチメートル
・176~180センチメートル

もちろんこの区分外の方もいるので、その場合は個別の対応となります。

S、M、L、などといった分け方もありますが、大事なのは着丈と身長の関係です。

なぜなら、着丈と身長が合っていてこそ、ジャケットの魅力が引き立つからです。

ジャケットはアウターなので、重ね着したときのサイズ感にも注意する必要があります。

つまり、着丈と身長の割合と、サイズ感の両方がジャケット選びでは重要だということです。

サイズ感は、実際に着用してみるのが1番です。

それに対して着丈と身長の割合は、数字を覚えておけば着用せずともある程度判断できます。

ネット通販で、服を購入しているという方も多いでしょう。

通販の場合は、実際に着用することは基本的にできません。

そのため、自分の身長に合った着丈の長さを知ることが、とても大事になってきます。

また、ショップで購入する場合も、ぴったり合った着丈の長さを知っていれば、買い物がスムーズです。

着丈と身長の関係を知り、ジャケット選びに活かしましょう。

身長が低い場合のジャケット選びの基本とは

日本人の身長は、だんだん伸びてきていると言われています。

メンズの場合、180センチ以上の人も珍しくありません。

とはいえ、全員が高身長というわけではないのです。

中には、160センチほどの方もいることでしょう。

では、そういった身長の低め人は、どんな着丈のジャケットを選べばよいのでしょうか。

低身長の場合は、ジャケットのサイズ感がとても重要なポイントとなります。

ぴったり合ったサイズなら、身長の低さをそんなには感じさせないものです。

それとは逆に、大きめのジャケットを着用すると、着られている感が強くなり身長の低さが目立ってしまいます。

着丈も同様です。

着丈が長いと、実際の身長よりも低く見られる可能性が生じます。

着丈や胴回り、袖が自分の身長に合ってないと感じたなら、仕立て直しを依頼するようにしましょう。

ジャケットは活躍する場面の多いアウターです。

妥協せずに、しっかりとマッチしたものを選ぶのが大事です。

また、ジャケットだけ身長に合わせるのではなく、ボトムスやインナーにも気を配りましょう。

できるだけすっきりしたシルエットになるよう、コーディネートするのが基本です。

テーラードジャケットの着丈と身長の関係とは

テーラードジャケットは、スーツと同じようなシルエットをしたジャケットです。

そのため、着丈と身長の関係はスーツをもとに考えることができます。

もし既にジャストサイズのスーツを所有しているのなら、同じ着丈のものを選ぶとよいでしょう。

ショップで購入するとき、自分の身長と所有しているスーツの着丈を伝えれば、買い物も容易です。

そういったスーツが無い場合は、次のような算出方法が参考になります。

(身長-25センチメートル)÷2-1センチメートル

これで出された数値は、テーラードジャケットの着丈にも応用可能です。

また、テーラードジャケットを実際に着用した際に、ヒップラインの上くらいの長さが丁度よい着丈となります。

前から見て判断する方法としては、ベルトを使用するやり方があります。

テーラードジャケットを着て、ボトムスのベルトより少し下くらいの長さが、着丈としてはベストです。

着丈の長いテーラードジャケットは、冗長に見えてしまいスマートさに欠けます。

ボディラインに合った、少し短めの着丈を選ぶのがテーラードジャケットを着こなす秘訣だと言えるでしょう。

ダウンジャケットは身長に合わせてチョイスしよう!

テーラードジャケットとは違い、ダウンジャケットにはいろいろな着丈のサイズがあります。

ロングコートと同じくらい長いものから、ショート丈のサイズまで、自分の好みとファッションコーディネートに合わせて選ぶことが可能です。

ダウンジャケットのメーカーは、それぞれサイズの基準を設けています。

ダウンジャケットの主な着丈のサイズは、次の5つです。

・ショート丈
・レギュラー丈
・ハーフ丈
・ミドル丈
・ロング丈

ただし、これらはきっちりと分けられていることは少なく、着用する人の身長によって変化します。

たとえば着丈66センチメートルのダウンジャケットは、身長170センチメートルの人にはレギュラー丈寄りのサイズとなります。

ところが同じダウンジャケットを身長180センチメートルの人が着ると、ショート丈サイズとなるわけです。

このように、ショート丈サイズのダウンジャケットという表示があっても、身長によっては違うサイズとなってしまいます。

ドレッシーに見せたいならロング丈を、スポーティーに決めたいならショート丈のダウンジャケットがおすすめです。

自分の身長を考慮し、着丈とサイズを選ぶようにしましょう。

デニムジャケットは着丈の短いものがおすすめ!

デニムジャケットは頑丈で、ストリートで着るにはもってこいのアウターです。

見た目にワイルド感があり、タフなイメージを演出するにはぴったりなジャケットだと言うことができます。

デニムジャケットのコーディネートの基本は、タイト感をいかに出すかという点にあります。

細身のものを選び、すっきりとしたシルエットになるよう着こなしましょう。

また、着丈は短めのものがおすすめです。

着丈の長いデニムジャケットは、少しぼんやりした印象を与えます。

デニムジャケットは短かめのものにし、インナーをロングにするとバランスがよく、メリハリも出ておしゃれです。

身長の高い人がこのコーディネートをおこなうと、脚がさらに長く見えます。

また、実際よりも背が高く見えるので、身長の低い人にもぴったりです。

インナーは白いTシャツか、カットソーが似合います。

特にボトムスもデニムの場合は、白いインナーが引き立つものです。

ボーダーTシャツは応用範囲の広いインナーですが、細めのシルエットでこそ真価を発揮します。

タイト感のある着こなしをしていれば、ボーダーTシャツをより活かすことができるでしょう。

ミリタリージャケットで大事なのはサイズ感!

ミリタリージャケットは、空軍や陸軍、海軍が用途に合わせて製造しているので、それぞれのベストな着丈も違ってきます。

フライトジャケットでもあるA-1は、操縦の邪魔にならないようショート丈ですし、フィールドジャケットであるモッズコート(M-51)は、少し長めのサイズが機能的にぴったりです。

A-1はライダースジャケットのように、腰上で着るスタイルが主流で、モッズコートは太ももの中間までのサイズが人気となっています。

A-1のベストな着丈は見て分かりますが、問題はモッズコートです。

モッズコートは大きめに作られていることが多いので、場合によっては着られている感が強くなってしまいます。

平均身長のメンズの場合、モッズコートの長さは身長から80センチを引いたくらいがベストです。

身長が平均よりも低ければもう少し短くなりますし、高身長なら長くなります。

自分の身長に合ったサイズ感の、モッズコートを選ぶようにしましょう。

ミリタリージャケットの色はカーキが基本です。

ラフなイメージが強いジャケットなので、ボトムスはきれいめのものを合わせるのがおすすめです。

黒いスキニーなどをコーディネートし、野暮ったさを軽減するバランスがとれます。

身長に合った着丈のジャケットを選ぶようにしよう!

メンズジャケットはコーディネートの中心になるものなので、慎重に選ぶ必要があります。

ショップに並んでいるものを適当にチョイスするのではなく、しっかりと自分の身長に合ったものを購入しましょう。

ベストな着丈はジャケットごとに違います。

今回の記事を参考にして、ジャケットの用途に合った着丈のものを選び、自身のファッションコーディネートに活かしてみてください。