レギンスに靴下の組み合わせはダサい?お洒落にするポイント

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートに花柄を合わせるなら黒地!大人お洒落感がグッド!

「花柄は可愛いけども、甘すぎた感じになるから苦手…」このように考える大人女子は意外と多いのだ...

一歩上級のおしゃれ!スカートの生地素材で季節感を出そう!

日本には四季がありますので、季節によって着る服を変えたり、アウターを増やしたりしますよね。季...

ストールがカーディガン風にもなる!色々な巻き方を楽しもう

ストールというと、首に巻くだけだと思いがちですよね。しかし、実際のストールの巻き方はさまざま...

上手に簡単に!スカートに合わせたベルトとリボンの結び方

皆さんは、いつもどんなスカートを履いていますか。シンプルなセミタイトスカートですか。...

スカートの花柄は幼見えが心配?ロング丈にすれば心配なし!

花柄のスカートは女性らしい雰囲気を醸し出すことができ、上手に合わせることができれば大人女子でも着...

白シャツ×ジーンズで大人レディースコーデにしてみよう!

大人カジュアルコーデの定番ともいわれる「白シャツ×ジーンズ」のコーディネート。万能なコーディ...

Tシャツをセルフリメイク!おしゃれなフリンジの作り方

クローゼットの中にまだまだ着ることができるTシャツがある方もいるかと思います。再度そのTシャ...

ジーンズのメーカーが多い岡山は日本を代表するデニムの産地

ジーンズは、世界的に人気のあるファッションアイテムです。ジーンズを扱うメーカーも多く...

スカートがブルーの場合のおしゃれな全身コーディネート!

スカートを穿きたいけど、いつもパンツばかり穿いているのでどんなスカートを選んでコーディネートした...

おしゃれデニムにリメイク!ダメージ加工をセルフで行うには

もしご自宅のクローゼットの中に、はかなくなったデニムがあるようなら、リメイクしてみませんか?...

シャツの胸ポケットは必要?不要?不要なら外すのもアリ!

ビジネスシーンでは欠かせないワイシャツですが、ワイシャツに着いた胸ポケットは必要なものなのでしょ...

ダウンのレディースコーデはダサい?女性らしく着るためには

ダウンジャケットは女性が着ると、「ダサい」「おばさんっぽい」と思われることもあるようです。そ...

使いやすいカットソー!レディースで人気の七分袖って?

レディース向けのアパレルショップに行くと、カットソーと書いてあるもの見かけることがありますが、カ...

ジーンズのウエストがゆるいので何とかしたい!良い方法は?

「痩せたせいか、ジーンズのウエストがゆるい…」このようなことは多々あるようです。...

高校生のコート事情!通学用学生コートを女子大学生も再利用

冬になると、制服や私服の上にコートを着ます。学生の場合、学校指定のコートがある学校もあります...

スポンサーリンク

レギンスと靴下の組み合わせを考える前に!そもそもレギンスとは?

今回、レギンスと靴下の組み合わせについて色々とご紹介をしてまいります。

その前に、主役の一つとなるレギンスについて少しお話をさせてください。

レギンス【leggings】とは、伸縮性のある素材を使った脚にぴったりとフィットするパンツでくるぶしを覆わない丈感のものをさしています。

このレギンスは2006年頃に爆発的なブームとなり、街にはレギンス姿の女性が溢れていました。

2006年以前からスパッツは存在していましたが、お洒落な運動着の域を脱することが出来ずにいたところをファッション業界がレギンスとして大々的にアピールしたのです。

これが功を奏して、レギンスは一大ブームとなりました。

元々はスパッツとして存在していたレギンスです。

ファッション業界にはよくあることですが、この2つを同じとする説と別物とする説があります。

「長さが違う」「インナーとアウター」「同じもの」

たいていの場合にこの3つの議論になるようですが、正直なところどれが正解とは誰にも言えないかもしれません。

ここでは、レギンスの派生状況からスパッツとレギンスは同じものとしてご紹介してまいります。

またややこしいことに、トレンカというアイテムが存在します。

これは、実はレギンスともスパッツとも明確な違いがあります。

トレンカはレギンスに土踏まずにかける紐(生地が)ついた物で、明確に異なるのです。

レギンスの機能面から靴下との組み合わせの有無を考える!

前項でレギンスについてお話をさせていただきました。

本項ではレギンスの持つ機能性をご紹介いたします。

この機能性を考えますと、レギンスと靴下を組み合わせるコーデが「あり」なのか「なし」なのかもご理解いただけるでしょう。

レギンスの復活は、以前のような一過性のファッションアイテムではなく、機能性も含めしっかりとしたお洒落アイテムとしてのものになります。

秋冬などの寒くなる季節には、脚にフィットした綺麗見えのスタイルアップ効果にくわえて簡易的な防寒アイテムとしても役立っているのです。

スカートやワンピースなどの下に合わせることで、ファッション性や女性らしさを保ちつつ防寒効果が得られるのです。

レギンス一枚とはいえ、あるとないとでは大違いですから女性には助かりますね。

ここで注目していただきたいのが、防寒性なのです。

防寒性のためにレギンスを合わせるお洒落が復活したのですから、もう少し防寒性にも気を付けたいですね。

レギンスはお洒落なのですが、丈がくるぶしあたりまでと足元の防寒性には少々難があります。

タイツであれば、つま先まで覆いますので問題はありませんが、レギンスの場合には足元までその防寒性を与えることができないのです。

お洒落にレギンスを合わせて防寒性も得たのですから、ここに靴下を合わせてお洒落に防寒性をアップさせるのはありではないでしょうか。

このことからレギンスに靴下を合わせるのは「あり」となるのです。

ファッション面でも靴下で差し色効果を与えられるのは映えますので「あり」ですね。

黒のレギンスに白の靴下の組み合わせは失敗知らず!

前項でレギンスに靴下を組み合わせるコーデについて「あり」、そしてその理由も防寒性にファッション性とのお話をいたしました。

「それでは早速!」と行きたいところですが、やはりそこには注意が必要になってしまいます。

何も考えずに無頓着にレギンスの上に靴下を重ね履きしてしまうと、仕上がりに違和感を覚え、「ダサい」と映ってしまうことがあります。

これがレギンスに靴下を組み合わせることを「なし」とする方々の意見なのです。

基本的には「あり」とした組み合わせですが、そこには「ダサい」とならないようにするという大前提が存在します。

ここが非常にやっかいなところですね。

しかし、せっかくのお洒落ですから、気楽に楽しみたいものです。

そのような場合には、失敗の少ないテッパンとなる組み合わせがあります。

それが「黒のレギンス」に「白の靴下」を組み合わせるコーデです。

黒と白はあらゆる色の最濃色と最淡色になりますので、合わない色はないのです。

「悩んだら白と黒のモノトーンコーデ」と言われるほどに失敗の少ない組み合わせになります。

レギンスに靴下を組み合わせるコーデもまずはここから入られてみてはいかがでしょうか。

黒レギンスに白靴下を組み合わせたおすすめコーデ!

前項でご紹介した「黒のレギンス」に「白靴下」を組み合わせるコーデは失敗が少ない優秀なコーデになります。

ここでは、実際にそのおすすめのコーデを見てみましょう。

【黒のワンピースにベージュのブルゾン】

黒のワンピースの下に黒のレギンス、足元には白の靴下に黒のショートブーツを合わせるコーデはいかがでしょう。

大人可愛い黒のワントーンコーデの足元で白の靴下が上品に輝きますね。

黒のカラーなので全体的に細見えシルエットと、靴下のワンポイントで脚長効果も期待できます。

ここにアウターとしてベージュのブルゾンを合わせて、ボリューム感を持たせるのもおすすめです。

黒のIラインにベージュのブルゾンがくわわったYラインがお洒落に映えます。

【緑のニット】

トップスに鮮やかな緑のニット、その下にインナーとして白シャツをレイヤードコーデで合わせます。

ボトムスの黒のホットパンツからは、すらりと黒レギンスの美脚が覗きます。

足元には白の靴下に黒のスニーカーを合わせてお洒落カジュアルに仕上げます。

鮮やかな緑が爽やかさを強調してくれるスタイリッシュコーデに、白シャツの裾と白靴下のワンポイントがお洒落に映えます。

黒のレギンスにグレーの靴下の組み合わせで難易度アップ!

前項でレギンスと靴下を組み合わせる失敗の少ないコーデ「黒レギンスに白靴下を組み合わせる」コーデをご紹介いたしました。

この項では少しだけ難易度をあげてグレーの靴下にしてみましょう。

こちらもあまり失敗は少ないですが有色のグレーになりますので、見栄えもだいぶ変わってまいります。

【ベージュのニット】

トップスにベージュのボートネックニット、その下に白のロングTシャツを首元と裾から覗かせたレイヤードコーデで合わせます。

ボトムスには白のショートパンツに黒のレギンスの重ね穿きをしてみます。

白のショートパンツとトップスの覗く白い裾が絶妙にマッチした柔らかい印象のほっこりコーデに仕上がります。

足元には、グレーの靴下と黒のスニーカーでお洒落感をアップさせましょう。

ベージュのトップスとグレーの靴下がコーデ全体の印象を引き締めてくれます。

白靴下の場合の明瞭な差し色とは趣が異なり、緩やかな差し色効果もお洒落度が上がりますね。

白靴下に飽きてきたら、グレー系などに少しづつ挑戦して色味を変えていくと良いですね。

レギンスと靴下さらなる上級者向けコーデに挑戦!

さて、最後の項ではこれまでの安定した黒レギンスに白やグレーの靴下を合わせるモノトーンコーデから少し冒険した上級者コーデに挑戦してみましょう。

まずはカラー靴下を組み合わせてみましょう。

多くの「ダサい」失敗はこのカラー靴下によるものです。

ポイントはコーデの中に同色の色使い、絶妙の相性の色使いをしておくと悪目立ちしません。

【赤のカラー靴下】

トップスに白のニット、ボトムスに黒のタイトスカート、この下に黒のレギンスを重ね穿きします。

こちらも秋冬のお洒落カジュアルコーデのテッパンですね。

アウターに黒系のコートを合わせましょう。

お洒落なモノトーンコーデに仕上がります。

足元には少し冒険して赤のカラー靴下に黒のスニーカーを合わせます。

静かなモノトーンコーデに足元の赤が鮮やかな彩をくわえてくれます。

この場合には、赤と黒の色馴染みが良いのでこのままでも充分にお洒落なレディースコーデとして通用します。

しかしどうせなら、首元に赤のチェックマフラーを合わせるとポイントとなる赤が首元と足元に分散されるので、より馴染んだレディースコーデに仕上がります。

レギンスに靴下はあり!ならばやってみましょう!

今回レギンスに靴下を合わせるコーデについてご紹介をしてまいりました。

様々な議論もあるレギンスに靴下を合わせるコーデですが、防寒性にファッション性いずれの面からも「あり」とさせていただきました。

そうであるならば、さっそくチャレンジしてみましょう。

寒さが大変なスカートコーデを暖かくお洒落なスタイリッシュコーデへと変身させてくれるのです。

そうであれば、やらない手はありませんね。