意外と悩んでしまうデニムに合わせる上手なベルトの色使い!

お洒落に敏感なメンズの方々は、デニムのコーデの場合にベルトはどうされていますか?

意外と多いのがベルトをしていないというタイプです。

しかし、Yシャツにネクタイを合わせるとお洒落感がアップするのと同様に、デニムにベルトも実は必須アイテムといっても過言ではありません。

ベルトを着用するお洒落コーデに仕上げましょう。

しかし、その場合にもう一つ問題があります。

それが、合わせるベルトの上手な色選びなのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おさえておきたいレディースコートは定番のロング丈に黒色!

冬のレディースコーデで活躍するのは、もちろんコートです。 その中でも人気となる黒色のロング丈コ...

スカートに花柄を合わせるなら黒地!大人お洒落感がグッド!

「花柄は可愛いけども、甘すぎた感じになるから苦手…」 このように考える大人女子は意外と多いのだ...

ジャケットとジーンズを着こなして他のメンズに差をつけよう

ジャケットにはいろいろな種類があり、秋から春にかけて重宝するものばかりです。 インナーで温度調...

ダウンの色に迷う人のために、失敗しない選び方を知る!

近年、様々な色のダウンが登場し、選ぶ側としては迷うこともあるでしょう。 定番の色ももちろんあり...

ストールで男性の魅力もアップ!?おすすめの選び方や巻き方

ストールは、服装に取り入れることで、男性を魅力的に見せる効果が期待できると言われています。 そ...

質の高いデニムが欲しい!価格の安いブランドってどれ?

誰もが一本は持っているくらいの人気アイテムと言えば、デニムパンツです。 一口にデニムパンツとい...

シャツには裾の形状が2種類ある!着方に合わせて長さを変更

手持ちのシャツでコーディネートを考えると、裾の長さが長すぎたり短すぎたりで収まりが悪いことがあり...

コート好きのメンズ必見!カジュアルコーデに取り入れる方法

コートは、とても使い勝手のよいアウターです。 着用するだけでおしゃれに見えますし、種類が豊富な...

ジャケットに合わせるスカート!色違いで様々コーディネート

ジャケットとスカートのコーディネートで出かけることはありますか。 この組み合わせは仕事や子供の...

ジーンズのダメージ加工って実際にはどんな種類があるの?

飽きが来て履かなくなってしまったジーンズもほんの少しダメージ加工を施せば、お洒落なアイテムへと変...

手持ちのデニムをダメージ加工!ポイントは裾の仕上げにあり

手持ちのデニムをダメージ加工して、楽しんでいる人たちが増えています。 デニムのダメージ加工は以...

アウターとインナーの色選び!お洒落に見える着こなしルール

春や秋のはじめのころなど、肌寒い時期の着こなしにはアウターが欠かせません。 アウターは、屋外で...

カーディガンのインナーにレースでもババシャツに見せない!

ナチュラルコーデやガーリーコーデが好きな方は、カーディガンやセーターのインナーとして、レーストッ...

デニムは日本の岡山が熱い!レディースも注目の岡山デニム!

「デニムの聖地」と呼ばれる日本の岡山県は、世界中のジーニストから熱い視線が注がれている場所です。...

シャツとニットのドッキングトップスでおしゃれな秋コーデ!

1枚でぐっとこなれた印象のコーデにすることができる、ドッキングトップス。 ほかのトップスとレイ...

スポンサーリンク

デニムとベルト合わせる!色味はどんなのが理想?

今回デニムとベルトを合わせる際の色使いに焦点をあててご紹介していきます。

最初にまずこのデニムにベルトを合わせるということについてお話をさせていただきます。

デニムの場合に、ベルトを着用しないスタイルの方も多くいるようです。

それはそれでカジュアル感やワイルド感として味があるのですが、やはりYシャツにネクタイを合わせることで引き締まるように、デニムにもベルトをしていただきたいものです。

パンツの中でも、デニムはベルトとの相性が非常に良いのです。

これによりスタイリッシュになりデニムのこなれたお洒落感がアップすることにくわえ、デニム自体に高級感を与えてくれます。

また、ベルトには形状や素材感、バックルなどで様々な違った装いにすることができます。

そのような中でも一番目につきやすいのは色味ですね。

身体の中心となるウエスト部分に合わせられるベルトの色味はコーデの重要な位置づけになります。

勿論、デニムの持つ性質上どのようなベルトを合わせても上手なコーデへと仕上がりますが、色味によりイメージが変わってしまうとご理解ください。

デニムに合うベルトの色選び!

それでは、デニムに合うベルトの色選びはどのようなところをポイントとすればよいのでしょうか。

まず大前提として、前述したようにデニムにはどのようなベルトを合わせても失敗は少ないです。

これは、デニムが究極のカジュアルウェアでありコーデにおいてきちんと定められた決まりがないことが一番の要因ですね。

しかし、失敗は少ないとはいえ、与えるイメージはベルトの色味によって様々な表情に変わってしまいます。

勿論、理想通りの表情にしたいものですね。

ベルトに関して言えば、定番となる色は黒や茶色系になります。

この2系統の色使いもデニムとの相性は抜群で、外すことはほとんどありません。

どのようなトップスや足元の靴などに合い、いかなるデニムコーデにも黒や茶系のベルトを合わせれば失敗はしないですむでしょう。

しかし、「無難」という言葉が良い意味でも悪い意味でも付いて回ってしまう危険があります。

折角ですので、少し個性を出して、引き立つお洒落感を演出してみましょう。

一体どのような色をどう差し込むのが良いのでしょうか。

爽やか系白色のベルトをデニムに合わせてみる!

それでは、具体的にデニムに合うベルトの色をコーデとともにご紹介していきましょう。

最初にご紹介するのは、清潔感が引き立つ爽やか系白色のベルトです。

【黒のスキニーデニム】

グレーのシャツに黒のスキニーデニムという定番コーデには白色のベルトが似合います。

モノトーンコーデとなることから、明るめの白色でも邪魔をしないのが嬉しいですね。

グレーと黒の中心に爽やかさと清潔感を印象付ける白色がくるところにもセンスを感じさせてくれます。

シャツが白色でも、勿論お洒落です。

ただ、個性を出せるかというとあまりにも定番なので、あえてのグレーシャツなのです。

【真っ黒ワントーンコーデにも】

黒のジャケットに黒シャツ、黒のストレートデニムという真っ黒ワントーンコーデでも、中心に輝く白色ベルトを合わせるとコーデが引き締まります。

【色落ちデニム】

例えば色落ちしているお洒落なデニムの場合にも、白色のベルトは合います。

デニムの色落ちによる白がかった部分と白色ベルトの白が見事にマッチしてお洒落にしてくれます。

この場合にトップスにあまり派手目なものを用いなければ問題ありません。

黄色系のベルトもデニムにマッチ!

続いてご紹介するのは黄色のベルトを使ったデニムとの合わせ方です。

黄色というとあまりベルトではなじみの薄い色使いになりますが、実はこのデニムコーデの場合にはきちんと映えて見えるのです。

【白のデニム】

白色のデニムの場合には、この黄色のベルトが有効的に使えます。

例えば、トップスに白色のシャツを合わせた白のワントーンコーデの場合には、黒や茶色などのベルトで渋めにアクセント付けをするのもお洒落ですね。

しかし、同じ明るめの黄色でアクセント付けを行うことで、白のワントーンコーデのぼやけた印象を無くして、より綺麗によりクリアにしてくれます。

【ブルーデニム】

最も多いブルーデニムにもこの黄色のベルトはお洒落に映えます。

この場合に、できれば薄めの色のデニムの方がおすすめです。

濃い色のデニムですと黄色のベルトの種類にもよりますが、悪目立ちして子供っぽくなる可能性があります。

色落ちデニムや、薄めブルーのデニムの場合には黄色のベルトがお洒落に映えるのです。

例えばシャツやTシャツにブルージーンズという定番コーデも、黄色ベルトを施すと一味違った味わいに仕上がります。

Gジャンを合わせたデニムオンデニムでも見事な差し色で明るくしてくれます。

赤色系のベルトとデニムのコーデもお洒落映え!

続いてご紹介するのはデニムに赤色系のベルトを使ったお洒落コーデです。

女性的な印象が強い赤色系のベルト、こちらも少々意外と感じるかもしれませんね。

しかし、赤色系も落ち着きのあるものであれば、悪目立ちせずにお洒落なアクセントとして有効的に活躍してくれます。

【渋めのブルーデニム】

トップスにグレーのストライプシャツ、インナーに薄めグレーニット、ボトムスに渋めのブルーデニムを合わせたコーデはいかがでしょうか。

渋め脱力系のコーデになりますが、ここに赤色のベルトを合わせてみましょう。

ブルーとグレーで奏でた渋めテイストコーデが、このワンポイントで明るく感じられます。

ただしこの場合には、レザーのような高級感ではなくメッシュ系のさっぱりしたベルトがおすすめです。

一体感の中でのあえての差し色がポイントになります。

【グレーのデニム】

黒のシャツに薄めグレーのデニムはどうでしょう。

こちらも渋めトーンのコーデになりますね。

ここに赤系(ダークレッド)のベルトを合わせると、鮮やかな差し色効果でコーデに華やかさを与えてくれます。

デニムにオレンジ色のベルトで強力アクセント

最後にご紹介するのは、デニムにオレンジ色のベルトを合わせたコーデです。

もはや意外過ぎかもしれませんが、オレンジのベルトの場合には、これまでのようなさりげなさとは異なり、自己主張をしていくスタイルです。

【黒デニム】

アウターに紺のブルゾン、トップスに濃いめグレーパーカー、ボトムスに黒のスキニーデニムを合わせるのはどうでしょう。

ここにオレンジ色のベルトを前で垂らすように合わせます。

渋めの色味の中から覗く、オレンジのアクセントが鮮やかです。

それでいて、子供っぽい仕上がりにならないのが嬉しいですね。

【濃紺デニム】

アウターに黒のライダースジャケット、インナーにグレーのストライプシャツ、ボトムスに濃紺インディゴのデニムというコーデはどうでしょう。

ここにオレンジ色のベルトをきっちりと合わせると、明るいワンポイントがお洒落に映えます。

黒と濃紺と相性の良いオレンジならではの主張が大人感満載ですね。

デニムにお洒落カラーのベルトで変化を!

今回デニムに合わせるベルトの色についてご紹介しました。

デニムに合わせるベルトの色は、定番の黒や茶色系のベルトであれば失敗しにくいです。

しかしどうせなら、いつもとは違う変わったカラーでお洒落に新しい風を吹き込ませてはいかがでしょう。

ベルト一つで様変わりするお洒落感、この変化はきっとお役に立ちますよ。