コートに高級ファーを合わせたい!憧れのセレブレディースへ

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

Tシャツのプリントは洗濯で色移りしやすい?落とし方は?

オリジナルの手作りTシャツは、インクジェットプリントなどで作られることが多いですよね。インク...

ジーンズに靴下、スニーカーはカジュアルコーデ三種の神器!

いつもお洒落に気を配る女性も、たまには息抜きでラフな着こなしを楽しみたいですよね。そこで便利...

シャツを贈るならオーダー!大切な人のプレゼントにおすすめ

大切な人へのプレゼントは、何を贈ろうか悩むことが多いですよね。思い出に残る贈り物がしたければ...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

ライダースはレディースコーデのカギ!本革ライダースご紹介

ライダースジャケットというと、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。ハード、クール、タイトな...

おしゃれなアウターが欲しい!赤いアウターのコーデとは?

赤いアウターは「ハードルが高い」と感じる方も多いでしょう。ただ、ポイントを押さえると大変おし...

流行のブルゾンでメンズの春コーデをお洒落&アクティブに!

スポーティかつ軽快、アクティブな着こなしが魅力的なブルゾンは、春に活躍してくれる優秀アイテムです...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

ブルゾンを合わせるレディースコーデなら黒の色味が大活躍!

男性が着ている印象が強いブルゾンですが、レディースコーデにおいても人気が高いアイテムです。パ...

お手入れラクチン!ワイシャツはノーアイロンがおすすめ!

ビジネスマンの男性は、清潔感やきちんと感があると相手によい印象を与えられます。清潔感やきちん...

ニットの素材で暖かいものはどれ?冬の暮らしをぽかぽかに

寒い冬を乗り切るために、ニットのセーターは手放せませんよね。しかし、ニットの種類は幅広く、ど...

シャツの着こなしがコーデのポイント!冬ならこう着こなそう

シャツは、季節を問わずに着用できるファッションアイテムです。春は爽やかに、夏は涼しく、秋は華...

春の装い!スカートに花柄を取り入れるなら冬のうちから!

女性の定番ともいえる花柄のスカート。これを取り入れるのであれば、もうすぐ春を迎える冬のうちか...

ジーンズとスニーカーのコーデをお洒落に仕上げる冬の装い!

ジーンズとスニーカーと言えば、カジュアルコーデにおいては相性抜群の名コンビです。季節を問わず...

スカート?ワンピース?どっちを買おうか迷った時には!

女性は、いくつになっても女性らしさを心がけていたいものです。そのため、自身の体型、服装、お化...

スポンサーリンク

レディースの憧れ高級ファーコートの事情!

本記事では、レディースの憧れ高級ファーコートについてご紹介します。

まずは、その主役となるファーコートについてご紹介しましょう。

ファーコートとは、動物の毛皮・ファーでつくられたコートを総称して使われます。

基本的には、外観全てがファーとなるものを指しています。

中には、襟や袖など一部分にファーを用いるコートもありますが、これらは「ファー付きコート」とされることが多いですね。

しかし、ファーコートには大きな問題が起こっているのです。

というのも、世界的に動物愛護という精神が広まっています。

動物の毛皮を使う、このファーコートもその注視対象となっているのです。

「動物の毛皮を衣装に使うのはひどい。かわいそうだ。」というのが、その主張になりますね。

もちろん、それはそれで間違いではありません。

これにより、ただでさえ高級であったファーコートが、より高価なものへと変わりつつあるのです。

レディースの憧れ高級ファーコートが、より遠のいてしまう可能性があるのですね。

これに、呼応するように登場したのがフェイクファー・エコファーです。

高級ファーコートに代わる?フェイクファーにエコファー!

前項でご紹介したように、レディース憧れの的、高級ファーコートにピンチが訪れています。

そのピンチを救うために登場したのがフェイクファー・エコファーです。

【フェイクファー・エコファーについて】

フェイクファーにエコファー、ともに合成繊維を用いてリアルファーを模してつくった人工的なファーのことです。

呼び方が違いますが、同じものを指しています。

もともとはリアルファーに対するものとして、フェイクファーが使われていました。

しかし、この「フェイク(偽物)」にはネガティブな印象があるために、「エコ」というプラス思考のネーミングも使われるようになったのです。

これよりはエコファーで統一していきます。

エコファーの構造は、タオル地やベロア、コーデュロイと非常によく似たつくりになります。

ループパイルをカットし開き、起毛を加えて、ファーのような毛並みを再現しているのです。

長さ調節やカラーリング調整で、本物同様の毛並みをリアルに再現できます。

リアルファーに比べて、「優れた耐久性」を持つこと、「美しい仕上がり」にできること、「安価で購入」できること、などのメリットがあります。

その一方で、熱や湿気(水分)に弱いというデメリットもありますね。

今回は高級ファーが主役ですので、「エコファーは、高級ファーと対峙するアイテム」として、覚えておいていただければ幸いです。

レディース用高級ファーコートの主な種類!

続いて、レディース用高級ファーコートに用いられる主な毛皮の種類をご紹介しましょう。

種類分けは、メーカーなどにより異なるようですが、ここでは代表的な種類をご紹介します。

■ミンク 最も人気の高い毛皮の種類が、このミンクです。

また、最も有名で「毛皮=ミンク」と思われている方も多いですね。

■セーブル 最高品質の毛皮と称されるのが、このセーブルです。

一般的には、ロシア産のロシアンセーブルを指して使われます。

■フォックス フォックスは、毛足が最も長くなる毛皮で、美しい仕上がりが特徴的です。

色味によって、「シルバーフォックス」「ブルーフォックス」「レッドフォックス」「シャドーフォックス」などがあります。

■チンチラ シルクのような滑らかな肌触りが特徴的なのが、このチンチラです。

毛の密度も非常に高いのですが、取り扱いには最も気を付ける必要がある種類でもあります。

■ヌートリア 褐色または薄茶色で光沢の美しい毛皮が、このヌートリアです。

ビロードのような肌触りに、防水性が高いことから人気があります。

■ラビット 毛色や種類が非常に多い毛皮が、このラビットです。

レッキスやアンゴラなどは、非常に有名ですね。

■ラクーン 「アメリカンラクーン」「カナディアンラクーン」などの種類がある毛皮です。

「チャイニーズ」「ロシアン」「フィン」などのラクーンは、アライグマではなく狸で、異なる種になります。

この他にも「ウィーゼル」「アーミン」「フィッチ」「ムートン」「リス」「オポッサム」「ビーバー」「マスクラット」などの毛皮も有名です。

高級ファーコートがレディースに人気の理由!

前項のように様々な種類のある高級ファーコートですが、レディースが憧れる理由とは何なのでしょうか。

もちろん高級感という大前提はあると思いますが、それ以外にも、もう少し奥深い理由があるようです。

【流行に左右されずに着られる一生もの】

高級ファーコートがレディースに支持される理由としては、一生もののコートであり、流行に左右されずに着続けられることがあります。

高級なファーコートこそ長く着続けたいですよね。

高級ファーコートであれば、流行に左右されませんし、丁寧に扱えば一生もののコ-トとして着続けることができるのです。

【機能性とファッション性】

コートを合わせる目的としては、防寒に保温があります。

高級ファーコートであれば、これらは文句なく備わっています。

また、非常に軽くて着心地が良く、通気性があり長時間の着衣にも耐えられるという、非常に素晴らしい機能性があります。

さらに、カジュアルにもフォーマルにも上品に合わせられる、ファッション性を兼ね備えていることも大きな魅力です。

【人工では表現できない美しさ】

高級ファーコートに使われるのは、希少性の高い動物の毛です。

その動物の個体だけが持つ天然の柄で、言ってしまえば究極の一点ものになります。

これは、決して人工では表現できない個性であり、美しさでもありますね。

オリジナリティにこだわるのであれば、高級ファーコートはおすすめのアイテムなのです。

【高級感】

高級ファーコートなので、当然と言えば当然ですが、そこにはお金に換算できない高級感があります。

高級ファーコートでは、装飾品などではあらわしきれない自然の気高さがあるのです。

上述のように、決して人工では表現できない光沢感や滑らかさ、真の高級感をファーコートは表現するのです。

高級ファーコートのケア方法!

レディース用高級ファーコート、すでにお持ちの場合や、将来的に所有することを想定して、そのケア方法をご紹介しておきましょう。

「ダメにしてしまったから次のものを」と気軽に言えるアイテムではありません。

大切に取り扱う必要があるのです。

【日常のケア】

高級ファーコートの日常のケアにおいては、直射日光を避け、湿気を取り除くことに尽きます。

着用後は、風通しの良い保管場所に吊るして湿気を取り除きます。

その際に、軽くたたいたりして、着用時に付いた埃などを優しく取り除きます。

最後に洋服用のブラシで毛並みをそろえるように、軽くブラッシングをしましょう。

日常のケアはこれで、充分です。

【雨などで濡れてしまった場合のケア】

外出時に雨などで濡れてしまった場合には、湿気をすぐに取り除きましょう。

まずは、乾いたタオルで付着した水分を丁寧に拭き取ります。

充分に拭き取り終わったら、ハンガーにかけ風通しの良い場所で陰干しをして、自然乾燥させます。

最後に、洋服ブラシでのブラッシングで仕上げます。

【襟や袖が汚れた場合のケア】

高級ファーコートは基本的に、ご自宅での洗濯はできません。

しかし、少し汚れるたびにクリーニングに出すのも経済的ではありませんね。

襟や、袖などの部分汚れの場合には、ご自宅でケアすることも可能です。

まずは、30度以下の水に「おしゃれ着用洗剤」を通常使用量の半分の量入れて洗剤液をつくります。

ここでつくった洗剤液にタオルを浸し、固く絞ります。

まずは、毛並みに逆らうように、続いて毛並みに沿って拭いていきます。

汚れを取り終わったら、新しいタオルを水に浸し、同様に固く絞ります。

同じように毛並みに逆らうように、続いて毛並みに沿って、洗剤を綺麗に拭き取ります。

綺麗に拭き取りができたら、風通しの良い場所で陰干しをして、自然乾燥をさせましょう。

最後に洋服ブラシのブラッシングで仕上げます。

レディース用高級ファーコートの代表的なブランド!

それでは最後に、レディース用高級ファーコートの代表的なブランドをご紹介しておきましょう。

もちろん様々なブランドがあり、どれも素晴らしいアイテムを揃えてきます。

しかし、ここではその中から有名でおすすめとなるブランドをご紹介します。

【フェンディ】

イタリアのメジャーファッションブランド「フェンディ」です。

「フェンディと言えばファー」と称されるほどのブランドです。

フェンディの歴史そのものがファーとも言えるように、その始まりはローマで構えたファー工房なのです。

ファーカテゴリーを絶えず改革し、活気をみなぎらせることで、フェンディは成長し続けてきました。

ファーコレクションなど、ファーへの思いは今なお熱いブランドです。

【エンバ】

ファーであれば、非常に有名、しかも安心の国産ブランド「エンバ」です。

ファーコートはもちろん、マフラーなどの小物まで、エンバならファー製品が何でも揃います。

当然ながら、ファーコートは一級品が揃っております。

高級ファーのミンクから、フォックスやラクーンなど様々な種類が勢揃い、また国産ブランドならではの、日本人向けスタイリングなのも嬉しい魅力です。

これら以外にも、「シャネル」や「フォクシー」、「イヴサンローラン」などがおすすめのファーコートブランドとしてあったのです。

しかし、動物愛護の影響でファーから撤退や縮小化するなど、今では中古品に値が付くような状況でもあります。

高級ファーコートでコーデもご自分もお洒落に!

今回、高級ファーコートについてご紹介をしました。

既にお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、一度は袖を通したいレディース憧れのアイテムですね。

動物愛護の観点から、少々向かい風吹く高級ファーコートですが、それでもその素晴らしさは変わることはありません。

高級ファーコートでお洒落に着飾り、コーデだけではなく、人としても一つ上へと格上げをしたいところです。