ニットの着ぶくれ感はオフショルで解消!着方もお洒落に!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニムは夏に履くと暑い!暑くない夏向きデニムについて解説

デニムというと、ジーンズとほぼ同じ意味合いで使われている、非常にポピュラーな言葉です。...

コート+パーカー+マフラーのあたたかコーデはダサくない!

コート・パーカー・マフラーはそれぞれ単品で、コーデの主役となるアイテムたちです。しかし、...

ダウンコーデのポイント!バッグはダウンの特徴に合うものを

冬の防寒やおしゃれに大活躍するダウンジャケットは、デザインによってモコモコとしたボリュームやすべ...

ダウンから中綿が出てくる!その原因とは?対策はあるの?

ダウンジャケットは、ほかのコート類と比べても非常に暖かく、防寒アイテムとして優秀です。そして...

シャツはアレンジ次第で大変身!ワンランク上の着方を知ろう

以前に購入したシャツや、上手く着こなせず自宅のタンスに保管されっぱなしのシャツをお持ちの人は少な...

アウター選びは色が決め手!レディースコーデのおすすめは?

秋冬のレディースコーデの主役「アウター」!アウター選びは何を基準にされていますか?アイテ...

スカートとブーツをかっこよく着こなすにはバランスが大切!

秋冬コーデの定番ともいえる「スカート」と「ブーツ」。スカートとブーツを合わせてかっこ...

ジーンズを当て布でおしゃれに変身!縫い方も大事な工程!

ちょっとした動きだけでジーンズが破れてしまった経験がある方もいらっしゃいますよね。ダメージジ...

No Image

オーバーオールをベビーに着せておしゃれにコーディネート!

よちよちと歩き出した赤ちゃんは、好奇心が旺盛です。だんだんとアクティブに動くようにな...

冬の必需品!ダウンで迷ったら?キッズにおすすめのブランド

真冬の寒さでもキッズは元気いっぱいですよね。キッズが外の寒さに負けないためにも、暖か...

セーターは素材によって暖かさが違う! おすすめの選び方とは

セーターは冬にかかせない衣料品ですが、使われている素材にはさまざまなものがあります。選び方は...

おしゃれなペンドルトン!ネイティブアメリカン柄が人気!

「ペンドルトン」というブランドをご存知でしょうか。ペンドルトンはアメリカのオレゴン州で19世...

コートやスカートは長さにバランスを!低身長女性おしゃれ術

低身長女性の場合、「コートにスカートを合わせるとなんとなくおしゃれに見えない」という声があります...

Tシャツをセルフリメイク!おしゃれなフリンジの作り方

クローゼットの中にまだまだ着ることができるTシャツがある方もいるかと思います。再度そのTシャ...

ジーンズの選び方を意識して、理想のメンズスタイルに!

誰からも愛され、今や老若男女問わず幅広いシーンで人気アイテムとなっているジーンズ。しかし、そ...

スポンサーリンク

着方次第でお洒落感倍増!オフショルニットとは?

そもそも「オフショル」というのは、洋服の襟元・ネックラインがオープンになっていて、肩から胸にかけて肌を露出して見せるデザインになります。

女性らしさが強調され、人気があります。

もともとは「肩からずり落ちている状態」を指す「off the shoulder」に由来します。

これが元となり、上述のような肩部分を露出するデザインがオフショルダーと称されるようになりました。

このオフショルダーが略されて「オフショル」と呼ばれ、今ではこちらの呼び方が主流かもしれませんね。

オフショルのニット素材のものがオフショルニットです。

秋冬の防寒が基本となる時季の程よい肌見せは、男性からの人気が非常に高いですね。

また、秋冬でも女性らしいファッションができること。

ニット特有のモコモコ感もこのオフショルニットであれば、エレガントに変身させてくれることなどから、女性からの人気も高くなっています。

しかし、これらは着方次第で印象ががらりと変わってしまいます。

上品な装いが「品がない」とならないように気を付けなくてはいけません。

オフショルニットをお洒落にするインナーの着方は?

秋冬でもオフショルファッションを楽しめるオフショルニットですが、よりお洒落な着方をするためには、どのようなインナーを持ってくると良いのでしょうか。

この疑問は多くの方が悩まれることと思いますので、オフショルニットに合わせるおすすめのインナーをご紹介しましょう。

【お洒落キャミソールで下着を隠す】

まずは、オフショルニットの下に、レース素材のキャミソールを持ってくるのはいかがでしょう。

レース素材であれば適度な透け感があるので、オフショルニットとの相性は抜群に良いですし、上手に下着のライン(肩紐)を隠してくれます。

ホワイトやブラックのキャミソールであれば、オフショルニット以外の場合にも、インナーとして幅広く活躍してくれるので、1枚は持っておきたいですね。

例えば、ベージュのオフショルニットにブラックのレースインナーを合わせてみると、寒々しさを吹き飛ばして、お洒落さにセクシーさ、可愛らしさをアップしてくれます。

また華やかなカラーのオフショルニットには、白のキャミソールだとチラッと見えた瞬間の可愛らしさが抜群に映えますね。

【チューブトップ(ブラトップ)でセクシーに】

反対に、インナーにチューブトップ(ブラトップ)を持ってきて、下着ライン(肩紐)を無くしてしまえば男性の視線はくぎ付けです。

こうすることで、下着ラインを気にすることもなく、存分にオフショルニットを楽しめます。

セクシーで大人っぽいオフショルニットには、チューブトップがベストかもしれません。

インナーにはベージュなど肌に近いタイプにすると、白のオフショルニットでも透けて見えにくいですね。

ただし、可能であればブラトップ・カップ付きのチューブトップにしましょう。

オフショルニットのお洒落な着方にはアウター選びも重要!

前項で、オフショルニットの中に着るインナーについてご紹介いたしました。

同様にオフショルニットをお洒落にする着方にはアウター選びも重要になります。

あまりぴったりしたアウターですと、脇や肩部分へ力がくわわるので、オフショルがずり上がってきたりします。

そういった意味では、ぴったりとしたアウターは向きません。

ややオーバーサイズのアウターが理想的となります。

寒い冬などの場合にはお洒落も大切ですが、寒さ対策にも気を付けたいですね。

モコモコ系のアウターであれば見た目にも暖かさがあるので、周りにも余計な気苦労をかけません。

また、寒さがまだそこまで厳しくない秋などでは、カーディガンやデニムジャケット(Gジャン)を羽織ると、カジュアルにオフショルニットを着こなすことができます。

中でもオフショルニットとカーディガンのコーデは相性が抜群で、可愛らしさがグンとアップするのです。

例えば、オフショルニットにカーディガンを羽織ったり、プロデューサー巻きすることで目線が上へと向かいスタイルアップ効果につながります。

また、カラーや丈感次第でオフショルニットに様々な表情を与えてくれるのも、カーディガンの特徴です。

様々なオフショルニットを上手に着こなそう!

オフショルニットの上手な着方としては、様々なオフショルニットを上手に使いこなすのも必要です。

オフショルニットの種類に合わせた、それぞれの上手な着方があります

【オフショルニットワピースならこれ一枚で決める】

こちらは、小細工不要な着方です。

これ一枚で充分上品でお洒落を感じさせてくれる、オフショルニットワンピースになります。

このままで勝負する場合には、肩の露出はやや控えると一層上品さが増しますよ。

シルエットもすっきりとしているので、普段使いでもオフィスでも着ることができます。

【タイトなオフショルニットで魅惑の少女感】

身体にピタッとフィットしたタイトなオフショルニットの場合には、セクシーさが全面に押し出されそうですが、サロペットなどと合わせるとまた違った魅力になります。

そのままスカートやパンツでセクシーをアピールしても良いのですが、サロペットなどちょっとコケティッシュな感じを含ませると、魅惑の少女感が演出できますね。

【フリルのオフショルニットで可愛さ全開】

胸元のデコルト部分に袖や裾など、可愛らしいフリルが着いたオフショルニットはいかがでしょう。

フリルのおかげで大人セクシー感をおさえてくれるので、オフィスでも着ることができます。

ガーリーな雰囲気がお好みなら、こちらがおすすめです。

【ズリ落ちが気になる方はオフショルニットプルオーバーで安心】

肩紐がしっかりとズリ落ちをガードしてくれるのが、オフショルニットプルオーバーです。

下着のラインも気にしなくてすむので、いきなりのオフショルニットに抵抗があるような方にはおすすめです。

【2WAYで色々な使い方】

首元の伸縮が大きく、オフショルニットにも通常のニットとしても使える2WAYタイプも便利です。

寒い時は通常ニットとして、ちょっと頑張れる時にはオフショルニットとして、気分次第で使い方も自在です。

オフショルニットの着方!サロペットやワンピースと合わせる!

前述でも少し触れましたが、オフショルニットはサロペットとの相性が非常に良いのです。

同様に、ワンピースやサスペンダーなどとの相性も非常に良くなります。

何といってもオフショルニットがコーデにメリハリを与えるので、バランスが非常に良くなりますね。

これらを活用した着方をすると、またお洒落度も一段とアップします。

例えば、ホワイトのオフショルニットに、ブラックのゆるめのサロペットを合わせてみましょう。

サロペットのストラップが肩の露出割合と下着のラインを隠してくれるので、気を使う必要がありません。

ゆるめのシルエットなので、足元もルーズ感を出しても大丈夫です。

続いて、ワンピースの中にオフショルニットを合わせてみましょう。

デコルテのラインが一層綺麗に輝きますので、お洒落でセクシーですね。

足元をカジュアルにすれば少しゆるくなりますが、足元もパンプスで女性らしさを引き立たせれば、セクシー度がさらにアップします。

また、スカートにサスペンダーを付けてオフショルニットと合わせるのも同様の効果が得られますよ。

その他おすすめのオフショルニットの着方!

最後に、その他のオフショルニットおすすめの着方をご紹介いたします。

【ロングスカートと合わせて女性らしさをアップ】

オフショルニットにロングサカートを合わせると、女性らしさを充分に引き出してくれます。

オフショルニットのセクシーさに、ロングスカートというガードの固さが見事に調和するので、変ないやらしさが無くてグッドです。

小物の活用や、プリーツのロングスカートにするとまたイメージが変わって楽しいですね。

【パンツに合わせて大人シンプルに】

上述のロングスカートよりもさらに甘さをおさえるのが、パンツとオフショルニットの組み合わせになります。

シンプルで大人っぽい特徴的なお洒落になりますよ。

また、前述した2WAYのオフショルニットだと、バリエーションも広がり楽しめます。

【カラーで差を付けよう】

色使いでもかなりインパクトを与えることができます。

例えば、明るめネイビーブルーのオフショルニットに、こちらも明るいオレンジブラウンのパンツという配色にすると秋にぴったりです。

明るいけど落ち着くコーデなので、男女問わず注目されることは間違いありません。

差し色ともなる目にもまぶしいピンクのオフショルニットに、ギンガムチェックのスカートにすると色鮮やかさが際立ちます。

このギンガムチェックスカートをアシンメトリーにするとスタイルも良くなり、また違った印象ですね。

【チノパンもオフショルニットで女性らしく変身】

カジュアルイメージが強いチノパンも、お洒落なオフショルニットと合わせると女性らしさが一気にくわわります。

足元にパンプスを持ってくればなおOKですね。

オフショルニットを着こなして秋冬も女子力アップ!

今回、オフショルニットについて色々とご紹介しました。

オフショルの楽しみは、オフショルニットのおかげで今では秋冬も大丈夫となりました。

つまり、一年を通して楽しめるお洒落になったのですね。

秋冬に活躍してくれるオフショルニットを、思い切り活用しましょう。

着こみがちな秋冬のお洒落も、女性らしさをふんだんに出せるオフショルニットで女子力アップです。