スカートにレギンスを合わせるのはもう古い?答えはNO!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニム浴衣でメンズならではの浴衣ファッションを楽しもう

夏になると、お祭りや花火大会などで浴衣姿をよく見かけます。一時期、浴衣などの着物は下火になり...

スカートを魅力的に履きたい方へ!しわを防ぐ座り方や対処法

スカートは、身につけるだけで女性らしさが演出でき、魅力的なアイテムですよね。その一方で、座り...

上質なニットのおすすめレディースブランドをご紹介!

Tシャツやジーンズなど、いつの時代でも流行に左右されない定番アイテムがあります。ニットセータ...

コート選びは肩幅が大切!レディース向けコート選びのコツ!

真夏の暑い盛りを除き、一年を通してレディースコートは大活躍のアイテムですね。自分により似合う...

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか?最近は、制服のスカートは...

ニットのロングワンピを着こなす!アウターは何を合わせる?

毎年秋冬は、ニットのロングワンピを着ている女性をよく見かけます。カジュアルなのにどこか女性ら...

ダウンジャケットは登山におすすめ!レイヤリングを楽しもう

登山の必需品ともいえるダウンジャケットは、「モンベル」や「ナンガ」「ザ・ノース・フェイス」な...

コートとバッグの組合せ!TPOや季節に合わせて同じ色に!

服装にはTPOというものがあります。時と、場所と、目的ですね。それによって、私たちは服装...

デニムを上下セットアップで着るのはダサい?ダサくない?

デニムのセットアップはダサいという評価をよく耳にします。しかし、デニムのセットアップが雑誌で...

コートとマフラーが同色でも大丈夫!もやっとしない方法とは

マフラーを新調した後に、家にしまってあったコートと色が同色になった経験はありませんか。コート...

スカートにリボンが今人気!アレンジ次第でさらにお洒落に!

可愛らしいリボンがお洒落な「ウエストリボンスカート」が女性に人気です。可愛らしくもあり、大人...

メンズコーデにおけるトップスとボトムスの理想的な色使い!

世のお洒落メンズの方々は、コーデにおけるトップスとボトムスの色使いをどのようにされていますか?...

Tシャツのプリントは洗濯で色移りしやすい?落とし方は?

オリジナルの手作りTシャツは、インクジェットプリントなどで作られることが多いですよね。インク...

Tシャツにオリジナルプリントをして大切な方へプレゼント!

目次 1 オリジナルプリントTシャツをプレゼントしよう!2 Tシャツデザインを考える際のポイント3 ...

サロペットがアツい!着こなしに一工夫して秋こそお洒落に!

サロペットはオーバーオールのイメージからか、可愛らしさやユニセックス感が強いアイテムです。し...

スポンサーリンク

スカートに合わせるのは古いとされるレギンス。でもレギンスって?

一昔前には一大ブームを巻き起こしたレギンスですが、今ではもう「古い?」ともされてしまいました。

以前よく見かけたスカートの下からレギンスを覗かせている女性の姿も、確かに懐かしく感じてしまうかもしれませんね。

今回はそんなレギンス事情をご紹介するのですが、その前にレギンスについて少しおさらいをしておきましょう。

レギンスは、ボトムスの一種でピタッと脚にフィットして女性の脚を綺麗に見せてくれる特徴があります。

実はレギンスとは、2006年頃にファッション業界が仕掛けて流行らせたアイテムなのです。

もともとは西洋で腰から下足首までを保護するゲートルとして使われていました。

そこにファッション業界が目を付けたのですね。

このようにレギンスは日本では比較的新しいアイテムで、当時はそれがズバッとはまりレギンスの一大ブームが巻き起こったのです。

しかし、それ以前にもレギンスと同様の「スパッツ」が存在しておりました。

30歳以上の方にはスパッツというほうが馴染み深いかもしれません。

ファッション業界にはよくあることで、同じようなものの呼び方を変えて流行らせる手法です。

実際に、レギンスとスパッツには明確な違いは存在しておりません。

中には、微妙な違いを主張される方もいるかもしれませんが、一般的には区別はないとされています。

スポーツ時に短パンの下に穿いたり、通常のスカートの下に穿くなど様々なシーンでレギンスは存在感をアピールしていました。

古いレギンス感はサヨウナラ!スカートにも合うレギンス!

さて、レギンスのおさらいをさせていただいたところで、レギンス事情についてご紹介いたします。

古いと言われているレギンスコーデも時代と共に進化を遂げて、スカートとも今風にきっちりとコーデができるようです。

以前は短めのチュニック丈スカートに膝下丈のレギンスを合わせるスタイルが定番でしたが、最新のレギンスコーデには次のような進化が見られるのです。

【最新のレギンスコーデの特徴】

・ワンピースとのコーデがお洒落

・ロング丈のワンピースやスカートと合わせるのが主流

・レギンスの丈はフルレングスが主流

・リブ編みのレギンスが今風でお洒落

勿論、これら以外にもたくさんの最新レギンスコーデの特徴はありますが、この部分は頭に入れておいてください。

これらにより最近ではお洒落ファッションシーンでレギンスが見事に復活しているのです。

勿論以前の一大ブームという程ではありませんが、そのブームを経て安定のお洒落アイテムへとして確立をしたと言えるかもしれませんね。

しっかりとポイントをおさえておけば、ワンピースやスカートとのコーデも「もう古い」とは言わせません。

もう古いとは言わせない!レギンスをお洒落に見せるポイント!

前項でレギンス事情(特徴)をご紹介いたしました。

これと合わせて、レギンスをお洒落に見せるポイントもご紹介しておきますね。

前項と本項をご理解いただき堂々とスカートからレギンスを覗かせるコーデを楽しんでください。

【トップスにボリュームを持たせる】

トップスにパーカーやニット、スウェットなどのビッグシルエットとなるものを持ってくるとバランスが良くなることと脚のスタイルアップが期待できます。

【スリットレギンスがお洒落!】

レギンス自体も進化を遂げています。

流行のレギンスでは裾のサイドにスリットが入ったスリットレギンスが注目です。

スリットスカート程のセクシーさではなく肌を見せることでお洒落な抜け感をあたえスタイリッシュに仕上がります。

丈が長めのスカートから覗くスリットレギンスはカジュアルで大人っぽい雰囲気が表現できます。

【ワンピースとのコーデが人気!】

前項でもご紹介したので少々重複してしまいますが、今ワンピースにレギンスを合わせるコーデが非常に人気となっています。

最新の人気コーデはワンピースでレイヤードスタイルになります。

もう「古い!」とは言わせません。

これらをおさえて、早速レギンスコーデを実践しましょう。

タイトスカートにレギンスを合わせるおすすめコーデ!

それではもう「古い!」とは言わせない、レギンスとスカートのおすすめコーデをご紹介いたします。

ここではレギンスと非常に相性の良いタイトスカートを使ったコーデになります。

【黒のレギンス】

黒のレギンスに黒のタイトスカートを合わせてみましょう。

落ち着いた深めグリーンの緩ニットをトップスに合わせると、上がゆったり下がぴったりとしたトレンドとなるバランスが完成します。

足元には足の甲が見えるパンプスを合わせると女性らしさが引き立ちます。

黒のレギンスにブラウンのチノタイトスカートを合わせてみましょう。

トップスにボーダー柄をアウターにふんわりカーディガンを合わせれば、大人カジュアルスタイルの完成です。

足元にはパンプスでやや軽く、スニーカーでラフな感じに仕上げても良いですね。

【グレーのレギンス】

黒のコーデュロイタイトスカートにグレーのリブレギンスを合わせてみましょう。

トップスにボーダーシャツ、秋冬であればアウターに渋めのモッズコートを合わせればお洒落なカジュアル女子スタイルが完成します。

足元もグレーで合わせるのがポイントですね。

【ベージュのレギンス】

黒のマキシ丈タイトスカートにベージュのサイドスリットレギンスを合わせてみましょう。

トップスも黒のワントーンにしておくと、ベージュのレギンスの存在感がアップします。

レギンスはワッフル素材のものをチョイスすればスタイリッシュコーデが完成します。

【白のレギンス】

ベージュのマキシ丈タイトスカートに白のリブニットレギンスを合わせてみましょう。

トップスに緩めの白いニット、頭には少し濃いめのベージュのベレーを持ってくると、ベージュと白の交差がふんわり女子感の中にもメリハリを与えてくれます。

ロングスカートから覗く白いレギンスがお洒落に映えますね。

デニムスカートにレギンスを!おすすめコーデとは?

前項に続いて、もう「古い!」とは言わせない、レギンスとスカートのおすすめコーデをご紹介いたします。

こちらでご紹介するのは、デニムスカートに合わせるコーデです。

足首を出すことでスリムに見えるデニムスカートとレギンスのコーデは、デニムの一アイテムとしておさえておくと重宝します。

【ロング丈デニムスカートに黒のレギンスを合わせる】

グレーのフロントスリット入りロング丈デニムに黒のレギンスを合わせてみましょう。

トップスに黒の長めのニットを持ってきてレイヤードコーデにすることでスタイリッシュに仕上がります。

【ロング丈デニムスカートにグレーのレギンスを合わせる】

薄め黒のロング丈デニムスカートにグレーのレギンスを合わせてみましょう。

トップスに黒のニットを持って来れば、上から下へ黒のモノトーングラデーションコーデが完成します。

グレーのレギンスの抜け感が全体を締まりあるものにしてくれますね。

【デニムスカートに白のレギンスを合わせる】

普通丈のデニムスカートに白のレギンスを合わせてみましょう。

トップスにラフな白のブラウスなどを合わせ、GジャンをアウターにデニムONデニムのお洒落コーデが完成します。

ルーズシルエットがカジュアル感満載ですが、統一感がしっかりとした印象を付けてくれますね。

白のレギンスがいかに下着のようには見せないことがお洒落ポイントです。

これら以外にもリブ編みレギンスやスリット入りレギンスを上手にデニムと合わせることでデニムコーデが甘辛様々な表情を見せてくれます。

外すことはできない!ワンピースとレギンスのコーデ!

最後にご紹介する、もう「古い!」とは言わせない、レギンスとスカートのおすすめコーデは、これまでさんざんお伝えしてきたワンピースのコーデです。

実は、レギンスの復活はこのワンピースとのコーデが起爆剤になったとも言えるほどなのです。

これらより、このワンピースとレギンスのコーデは外すことができませんね。

【ワンピースにグレーのレギンス】

レギンスの定番は黒とお考えの方も多いかもしれません。

しかし、黒よりも軽い感じのグレーのレギンスもおすすめなのです。

例えば黒のワンピースに合わせてみましょう。

たったこれだけでシックなカジュアルコーデが整います。

白のワンピースにグレーのレギンスをレイヤード使いでコーデしてみましょう。

シンプルですが、クオリティの高いお洒落感が漂います。

このようにグレーのレギンスとワンピースのコーデは簡単お洒落が実現できます。

【シャツワンピース】

上品なイメージが強いシャツワンピースもレギンスと合わせると、お洒落カジュアルに着こなすことができます。

例えば、清楚かつ上品さが漂う白のシャツワンピースに黒のスリット入りレギンスを合わせてみましょう。

ワンピースにサッシュベルトでウエストマークを施せば、女性らしさは表現できますね。

足元の黒の差し色がお洒落に映えます。

また、デニムのシャツワンピースに黒のレギンスをレイヤードコーデして軽快なカジュアル感を演出してみましょう。

こちらは黒のベルトでウエストマークを施すことでスタイルアップ効果は勿論、ウエストと足の差し色が美しく映えますね。

【柄物ワンピース】

女性らしさが溢れるお洒落な柄ワンピースもレギンスを合わせると上手にカジュアルダウンができます。

例えば白地にグレーのストライプ柄のワンピースにグレーのレギンスを合わせてみましょう。

セットのような滑らかな仕上がりは好印象です。

足元は白のスニーカーで清楚カジュアルに!

白地に黒ドット柄のワンピースにも黒のレギンスを合わせてみてください。

ワンピースだけだと女性らしさが全面に出ますが、レギンスを合わせることでカジュアル感が出て親しみが持てそうです。

例えば花柄の場合でもそうですが、柄とレギンスの色を合わせるだけで繋がりができるので非常にスムーズな見栄えがくわわります。

女子力高めの柄物ワンピースの新たなコーデ手法として取り入れてみてはいかがでしょう。

レギンスは今風お洒落で堂々と!

今回レギンスとスカートのコーデについて色々とご紹介してまいりました。

もしかしたら「もう古い!」を耳にしてタンスにレギンスをしまい込んでいませんか?

実はそのお考えがもう古いようです。

女性らしさにくわえてスタイルアップ効果抜群のレギンスをお洒落アイテムから外す必要はありませんね。

早速、レギンスを活用したお洒落ファッションに身を包んで、街へと繰り出しましょう!