セーターとニット帽は、お洒落メンズの秋冬定番コーデ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「ジレ」のレディースコーディネート特集!~秋の着こなし~

今回は、レディースコーディネートのポイントとなる「ジレ」についてお話ししていきます。オールシ...

コートはファッションの主役!子供に人気のかわいいブランド

冬のファッションの主役は、コートやジャケットといったアウターですね。特に子供の場合、動きやす...

意外と簡単!デニムのブリーチ加工を自宅で行う方法を紹介!

デニムには使い古したユーズド感やビンテージ感を表現するために、様々な加工方法があります。本来...

ダウンに半袖が登場!Tシャツ感覚で使える着こなし方とは!

ダウンと言えば、当初は襟が大きく、全体的にもこもことするアイテムでした。しかし近年になってダ...

ジャケットが肝心!ここぞという時のキッズフォーマルウェア

入学式や卒業式、習い事の発表会や結婚式のお呼ばれ、七五三など、子供でもフォーマルな服装が求められ...

女性を美しく魅せる!スカートは花柄+ミモレ丈で決まり!

レディースコーデの場合に、パンツスタイルも良いですが、女性らしさを表現するのであればスカートがテ...

おすすめのコートは?おしゃれなメンズ向け冬のアウター

冬のコーディネートは、アウターが中心です。なぜなら、目のいきやすいアウターがファッシ...

コート×スニーカー×スカートに挑戦!おすすめのコーデは?

コート×スカートのコーディネートは、普段からしている方が多いかもしれませんね。そこにあえ...

おすすめニットコーデ!ノースリーブニットは冬も活用できる

ほど良い肌見せで上品かつフェミニンに見せてくれるノースリーブニットは、近年とても人気の高いアイテ...

コートは何色?人気のコートの色とは?色の印象もチェック!

あなたがお持ちのコートは何色でしょうか。コートは面積が大きな衣類であるうえに、洋服のいち...

定番ジーンズは夏にも大活躍!涼しい素材のジーンズをご紹介

カジュアルファッションの定番アイテムといえば、なんといってもジーンズでしょう。ジーンズは...

コートとマフラーが同色でも大丈夫!もやっとしない方法とは

マフラーを新調した後に、家にしまってあったコートと色が同色になった経験はありませんか。コート...

ストールは春夏秋冬使える!おすすめの巻き方をご紹介!

秋冬の場合は防寒として、春夏では日焼け予防などのためにストールは使われることが多く、そのファ...

ウェーブ体型とは?似合う服のヒントは体型のタイプにあり!

服を選ぶときに、どのような方法で選んでいますか?好みだけで選ぶと何だかしっくりこない...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

スポンサーリンク

よく混同されるニットとセーターの違い!

今回ニット帽とセーターを使った秋冬のおすすめコーデをご紹介してまいりますが、まずはその前によく誤解されることについてご説明させていただきます。

意外に多くの方が「ニットとセーターは同じではないの?」という勘違いをされています。

確かにこの2つは、同じものとしてセーターを指して使われることが多いですね。

【ニット】

生地を生成する際に、縦糸と横糸の2本の糸を垂直に交差してつくられる「織物」と、1本の生地を編み込んで作る「編み物」があります。

ニットというのは、後者である「編み物」全般を指して使われます。

つまり、セーターだけではなく、マフラーや手袋、帽子など編み物で作られればニット製品なのですね。

【セーター】

セーターとは、上記でもご紹介しましたがニット製品の1アイテムで、洋服の種類を指しています。

この中で頭から被るタイプのものがセーターとなります。

お店によっては、ニットとセーターの違いを知っている人がいる場合もありますが、「ニットありますか?」と聞くと、セーターと理解されることが多いのもまた事実です。

こういったことからも、「ニット」と「セーター」が混同されていることがわかりますね。

ニット帽とのコーデも決まりやすいお洒落なセーター!

前項同様に、もう少しセーターについてお話しします。

ここでは、セーターの中でも、お洒落なセーター選びをご紹介します。

これをおさえておけば、ニット帽とのお洒落コーデが決まりますよ。

セーターは首元(襟元)の形状「ネックライン」と、編み方で様々な種類に分類されます。

その中でも、おすすめするのは、ネックラインが丸首となる「クルーネック」で、網目が細かく綺麗な素材感を感じられる「ハイゲージ」なものになります。

・人を選ばない
・着回し幅が広く、様々なコーデが楽しめる
・綺麗な素材感はそれだけでお洒落に感じられる

これらの理由から、「クルーネック」に「ハイゲージ」を選んでみましょう。

【サイズ】

サイズ感は着回しの幅が一番広いことから、ジャストサイズがおすすめです。

あまり小さいと中にインナーを着るのに苦労してしまいますので、それを踏まえたジャストサイズとご理解ください。

ドロップショルダーやオーバーサイズもトレンドとなりますが、これらは2着目以降のお洒落とされた方が良いですね。

【カラー】

セーターのカラーとしてはお好みもあると思いますが、合わせやすさを考えると「ホワイト」「ブラック」「グレー」「ダークレッド」がおすすめです。

これらはチョイスしておけば、基本的に外すことは無いカラーです。

しかし、アウターやパンツ、インナーなどに白系や黒系、グレー系を使う頻度が高いような場合がありますね。

それらを考えると「ダークレッド」が映えますね。

ニット帽をコーデにお洒落に取り入れるコツ!

前項までに、セーターについて色々とご紹介をいたしました。

もう一つの主役でもあるニット帽、こちらについてもセーターとのコーデに、お洒落に取り入れるコツをご紹介します。

【デザインはシンプルなものがおすすめ】

ニット帽にも、様々な種類のものが存在します。

そのような中でも、特にはじめてニット帽を取り入れるような場合には、シンプルなものがおすすめです。

あまり特徴的なものは、コーデに不向きで取り入れにくくなります。

コーデを考えるのであれば、普通の形で無地なものがいいでしょう。

【カラーも地味目】

上述同様に形状だけでなく、カラーも地味目がおすすめです。

まずは「黒」「紺」「グレー」これらからはじめて、徐々に派手目なものにしていきましょう。

【全体的な調和を考えて】

ニット帽をセーターとコーデする場合には、コーデ全体として色の調和を考えなくてはなりません。

そうするとこで、ニット帽だけが浮いてしまうようなこともなく、綺麗なまとまりを保つことができます。

差し色としてあえて目立つ色を使う場合もありますが、とりあえずは綺麗にまとまったコーデを目指しましょう。

ニット帽のお洒落なかぶり方!

セーターにニット帽を合わせるコーデの場合に、ニット帽のかぶり方も重要になります。

ここではニット帽のかぶり方のチェックポイントをご紹介しましょう。

【額の見せ方は大切】

ニット帽を着用する際に、最も印象を左右するのが正面になります。

この正面部分の額をどのように見せるのかで、印象が随分と変わっていくからです。

人それぞれで、これが正解という答えはありませんが、基本的には「生え際が隠れる程度」が理想かもしれません。

これ以上でも以下でもバランスが微妙になりがちです。

【耳の出し方】

耳の露出に関しては好みが分かれるところですが、耳は半分程度隠すようなかぶり方がおすすめです。

ニット帽の形状によっても異なりますが、たいていの場合にどちらでも対応可能になります。

しかし、耳を出す場合、耳にニットの圧がかかり、すこし不自然にゆがんだりしてしまいます。

これらを避けることと、耳の凹凸が無く見た目にシュッとしたイメージとなる、耳を半分程度隠すパターンがおすすめですね。

【前髪の露出】

額同様に前髪が見える見えないでも、印象は随分と変わります。

前髪を出すと中性的な可愛らしいイメージで、前髪を隠すと爽やかな清潔感のあるイメージが強くなります。

こちらの場合にはどう映りたいのかによりますが、前髪を出さない方がメガネやサングラスなどの小物とのバランスも良く見えます。

これらのアイテムをお使いであれば、前髪は出さない方がよいかもしれません。

以上の3つを意識されて、ご自身のもっともベターなニット帽のかぶり方を探してみてください。

ニット帽・セーターのコーデ!セーターは重ね着で差を付けろ!

前項までに、ニット帽とセーターそれぞれの特徴やおすすめをご紹介してまいりました。

それぞれの持ち味や選び方などは、ご理解いただけたかと存じます。

これより、実際におすすめのコーデをご紹介していきます。

基本となるのが、セーターは重ね着(レイヤード)で差をつけるということです。

ニット帽とセーターにパンツ、アウターでトータルコーデを施します。

この際に、セーターは一枚のみ着ている状態だとお考えください。

これでもシンプルでお洒落であることは事実です。

しかし、電車やバスなどでアウターを脱ぐとなると、少しインパクトに欠けてしまいますね。

しかし、セーターを派手目でお洒落にすると、前述のように今度はトータルコーデのバランスが悪くなってしまいます。

さらに、室内に入ればニット帽も脱いでしまいますよね。

そうなると尚更、地味なイメージが強くなりがちです。

ただ、ここにアクセントをくわえるだけで随分と変わります。

このセーターの下に、シャツやタートルネック、ロングTシャツなどを着て、セーターのネックラインや袖、裾からワンポイントを見せてみましょう。

こうすると、アウタ-やニット帽を脱いでもお洒落感は充分に保たれます。

もちろん、アウターやニット帽着用時でもそこまでの自己主張ではないので、トータルコーデの邪魔はいたしません。

これらのことからセーターの場合には、重ね着・レイヤードがおすすめになります。

セーター・ニット帽おすすめコーデ!

それでは最後にセーター・ニット帽を活用した、具体的なお洒落おすすめコーデをご紹介いたします。

【グレーのアウター、パンツ、ニット帽に黒セーター】

グレーと黒というシンプルかつ渋めで、全体的な統一感を意識したコーディネートとなります。

アウターにパンツ、ニット帽を全てグレー系で統一感を持たせて、グレーの邪魔をしない黒のセーターを用いて着用するのです。

もちろん黒のセーターの下には柄物のシャツを着て、セーターのネッククラインと裾からお洒落なワンポイントとして光らせます。

渋めの中にもちょっとしたワンポイントになりますね。

【ダッフルコートにジーンズ、ダークレッドのセーター、ニット帽】

コートとニット帽、コートとセーター、セーターとジーンズ、ニット帽とジーンズ相性が良いものを全てミックスしてみました。

ベージュのダッフルコート中にはダークレッドのセーター、ネックラインからは白のタートルネックがのぞきます。

そして頭にはダークレッド系のニット帽、このスタイルはいかがでしょうか。

中のセーターとニット帽の色合いを合わせたコーデになります。

寒さ対策もバッチリで、お洒落度もグッと高くなりますよ。

セーターとニット帽のカラーをダークグリーンに変えても良いですね。

【グレーのセーター、黒パンツ、黒ニット帽】

こちらはアウターを羽織らないタイプになります。

グレーのセーターの中には黒いシャツ、パンツもニット帽も黒で統一感がありますね。

グレーのセーターが誇張し過ぎないカラーの変化を与えてくれるので、のっぺりとした感じにはならずに、清潔感を与えてくれるシンプルコーデです。

もう少し明るさが欲しいような場合には、黒のシャツを白に変えると、明るめのイメージに変えられます。

これら以外にもコーデはたくさんありますので、ご自身にぴったりのコーデを見つけてみてください。

ニット帽にセーターで秋冬のお洒落楽しもう!

今回、秋冬にも楽しめるニット帽と、セータのお洒落メンズコーデについてご紹介しました。

このアイテムは、秋冬にこそお洒落を楽しめるアイテムですよね。

しかも、お互いの相性も、それぞれ他のアイテムとの相性も非常に良いのでコーデが楽しくなります。

いつもと違う渋めの自分に、ちょっと中性的な可愛らしい自分に、ニット帽とセーターの力で楽しく変身してみましょう。

寒い季節が楽しくなりますよ!