お気に入りスカートは水色!冬に誰よりも輝いていたい!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニムのアレンジはダメージが基本!自分でも簡単にできる!

何となく物足りなくて、タンスで眠っているデニムはありませんか?可もなく不可もない、そんなデニ...

アメカジコーデの基本はアイテム!トップスなどの定番は何?

人気のアメカジファッションをするうえで、基本ともいえるのがアイテム選びです。アメカジは広義で...

ニットに一工夫!日常を楽しくお洒落にするリボンの結び方

ニットは、ファッションの定番です。着用している人も多く、人気素材の一つと言えるでしょう。...

このアウターがおすすめ!秋のメンズ向けファッション

過ごしやすい秋は、ファッションの面でも楽しめる季節です。着用するファッションアイテム...

スカートに花柄を合わせるなら黒地!大人お洒落感がグッド!

「花柄は可愛いけども、甘すぎた感じになるから苦手…」このように考える大人女子は意外と多いのだ...

コートの前合わせ、オシャレな女性でも右前はアリ!

オシャレなコートを見つけたけど、前合わせが右前になっている。これは男物なのだと思って諦めた方...

カーディガン(キッズ・女の子)のおすすめ商品!種類を選ぶ

カーディガンはきちんとしたデザインで、女の子のベーシックコーデにぴったりですし、サッと脱げて便利...

コートとロングスカートを合わせるコーデはバランスが大切!

秋冬になると、一段とお洒落を楽しむことができる季節になります。この時期のコーデの主役となるの...

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか?最近は、制服のスカートは...

パーカーをカップルでお揃いに!ペアルックをプレゼント!

カップルでお揃いのものを身に着ける「ペアルック」ですが、挑戦したことはありますか?最近、手軽...

意外と簡単!デニムのブリーチ加工を自宅で行う方法を紹介!

デニムには使い古したユーズド感やビンテージ感を表現するために、様々な加工方法があります。本来...

スカートは生地選びをポイントにするのがおすすめです!

「スカートが大好き!」という女性はたくさんいます。スカートには、いろいろな魅力が詰まっている...

セーターの生地や編み方にはどんな種類がある?基礎を知ろう

セーターと一口にいっても、その生地や編み方には種類があります。こちらでは、セーターの種類や名...

シャツで清潔感をプラス!レディースのオフィスカジュアル

今回は、レディースの「オフィスカジュアル」についてお話ししていきます。オフィスカジュアルの定...

ジャケットの大きめな着こなしが旬なレディースコーデに!

最近レディースコーデにおいてトレンドとなっているのが、大きめジャケットの着こなしです。実はこ...

スポンサーリンク

冬の水色のスカートはあったか素材を選ぶ!

冬だからといってスカートの色に水色を控えることはありません。

水色は誰もが好きな色の一つだからです。

街でも冬に水色のスカートはよく見かけます。

冬用のスカートによく用いられる生地としては、ドレスのようなシルク素材はともかくとして、ウール素材、ウールとポリエステルの混紡生地、ウールとポリエステルとレーヨンの混紡生地などが用いられることが多いようです。

ウールの入ったスカートは洗濯表示のチェックは必ず確認してください。

暖かい分繊細な素材ですので、お手入れも気を付けましょう。

フリース素材のスカートもありますね。

また、ブルーデニムのような綿素材は夏は涼しく冬はあったかい性質を持っているので、これらも寒い冬にもおしゃれに楽しむことができる素材の一つになります。

冬用のスカートは、生地の厚みもあり見た目にも寒さを感じさせないデザインになっています。

薄手のスカートであればしっかりとした寒さ対策として、おしゃれなカラータイツと靴下などの組み合わせで、お気に入りの水色のスカートをはきこなしてみましょう。

おしゃれなアイテムは色とりどりで、寒さに対応するグッズも充実しています。

冬に元気アピール!水色のスカートを楽しむメイク

冬だからこそあえて水色のスカートをはいてお出かけしたいという気持ちは誰にでもあるはずです。

しかし、どう頑張っても寒い冬に水色のスカートは寒々としたイメージを与えます。

そんな中、数年前に大ヒットしたファンタジー映画の舞台は氷の宮殿でしたね。

中でも水色の繊細なドレスをまとった主人公の美しさは、今も視聴者の記憶に残っているはずです。

寒い氷の宮殿の中でなぜ主人公たちを「寒そうだ」との印象が強く残らなかったのでしょうか。

それはピンクのチークカラーとリップカラーで柔らかく明るい表情で描かれていたので、寒さより明るさと元気さが際立っていたからでしょう。

たとえようもなく綺麗でしたね。

水色のスカートを身につける時には上着には明るめの色を着用しましょう。

少しメイクをしてあったかい表情を作ります。

チークカラーは少し明るめにしてほんのりリップカラーもプラスすると、水色のスカートを着用していても全体に明るく元気なイメージに仕上げることができます。

控えめなメイクでの清楚な雰囲気づくりによって、水色のスカートを上品にみせることができます。

身につける小物で暖かさを作る

冬に薄い素材の水色スカートは、実際にも見た目にもやはり寒そうなイメージを与えます。

このような時にはお化粧で温かみを出すこともできますが、どこかにフェイクファーのような暖かさを連想させるものを用いると暖かいイメージを作り上げることができます。

ファーイヤリングやファーピアスなどはまさにお顔の横でやわらかくゆれるので、可愛らしく暖かいイメージを作ることができます。

ストールやブーツの一部にでもふわふわのファー使いがあれば、暖かさを連想させてくれます 。

首周りにもこもこの暖かそうなものを身に着けると、より暖かさを感じさせてくれます。

フェイクとわかっていても、見た目には高級感と暖かさを作り出すことができるおしゃれなアイテムのひとつです。

小さな小物までファーの使ったものがたくさん出回っているので、一つ身につけると、そのイメージで暖かさを感じさせる不思議な力があります。

冬の水色スカートはロング丈が無難

フォーマルでなければ、冬にはやはりロングスカートが見た目にも暖かく実際にも暖かく過ごせます。

工夫していくらでも暖かく着用することができるので、薄手の生地でも外出が苦にならずに済みます。

下にどんな防寒対策をしていても隠れてしまうので気にならず、暖かく過ごす冬には必須と言えるアイテムの一つです。

タートルネックのセーターと組み合わせれば、防寒の完璧なスタイルになります。

水色のスカートの丈が長い分寒い感じを与えやすいので、上着のどこかに明るめなものを身に着けましょう。

上着としては短めのジャケットのほうがバランスが良いです。

外出時のコートはスカート丈と同じぐらいの長さがきれいに見えます。

ロングスカートの場合は下半身が重くなるイメージを与えるので、上半身を明るい装いにしたり、上着は短めのものを着用するなどして軽快感がでるように心がけましょう。

それぞれ横に切れる着こなしは太って見えるので気を付けましょう。

スカーフを首元に着けることは、身体を温める効果があるといわれているようです。

春らしいスカーフで春を先取りしましょう。

ブーツの色を明るめにするのもよいですね。

冬でもお気に入りのおしゃれアイテムと水色のスカートで、一足早い春を演出しませんか?

冬のスカートはおしゃれアイテムで足元を暖かく

いくら強がっても、やはり冬に水色のスカートは見た途端に寒さを倍増させる色です。

お出かけの時にはおしゃれな靴下のアイテムがカラフルに充実しているので、取り入れて見た目にも暖かい雰囲気をつくりあげましょう。

ロングスカートは問題ありませんが、短いスカート丈の場合には、靴下の上からレッグウォーマーをはいてみましょう。

長さを調節できるのでスカートの雰囲気に合わせて好きな色を、好きなタイプでおしゃれに取り入れあなたらしく決めましょう。

ミドル丈など少し長めのスカートにはレッグウォーマーは長すぎて、全体のバランスが悪くなります。

くしゅくしゅソックスを試してみましょう。

年代や好みに応じたカラフルなものが揃っているので、明るめのパステルカラー調のものを選べば水色のスカートの持っている雰囲気をこわさずに、きれいに全体を暖かく演出することができます。

靴下の雰囲気が可愛らしく優しいので、水色のスカートにはピッタリの組み合わせになります。

どんな年代の方にも合うように、デザインは様々あります。

好きな長さに調節もでき、冬には欲しい必須のアイテムのひとつに加えてください。

水色のスカートを引き立てる色の組み合わせ

水色はどんな色にも合わせられるミラクルカラーのひとつです。

主張することのない水色を主役に仕立てるには、色に気をつけてやらないといけません。

水色をメインにするにはあまりにもおとなしい色なので、組み合わせは基本「優しいカラーで」ということになります。

水色のスカートを主体にコーディネートしたいのであれば、淡い水色が負けないようなパステル調の上着やコートを着用します。

全体が優しいまとまりになるのです。

また、上着やコートをメインに見せたいのであれば水色のスカートは補色的な存在で、あなたを美しく引き立ててくれます。

スカートの長さはロングなら上着は短め、ショート、ミドル丈などは少しゆったりとした上着を着用してふんわり感を出すと美しく決まります。

冬に水色のスカートは周りに寒いイメージを与えてしまうので、どこか一つに暖かい色を使うことを心がけてください。

冬のお出かけ水色のスカートにプラス暖かさを

スカートの生地が暖かいといっても、見た目が寒そうだとせっかくのあなたのオシャレも輝きを失います。

そこで、ほんのりとしたメイクで健康的に明るくあなたを演出します。

どこかに一つ暖かさを感じさせるものを身につけると、冬の水色のスカートも明るく感じられ、あなたを健康的にみせることができます。

体を温かく包むことは健康面でも大切なことです。

おしゃれで可愛い防寒アイテムがたくさん揃っているので、お好きな物をチョイスして冬でも大好きな水色のスカートを自分の表現アイテムとしてきれいに着こなしてください。