スカートにリボンが今人気!アレンジ次第でさらにお洒落に!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガウンや部屋着をプレゼント!ブランドものなら嬉しいはず!

大切な奥様や彼女へのプレゼントには、ブランドもののガウンや部屋着がおすすめです。何と言っ...

デニムはストレッチ性が高いと劣化する?素材のお話

ストレッチデニムは、ヴィンテージとしての価値が低いと言われることがあります。「劣化しやすい」...

ライダースジャケットは「合皮」と「本革」どちらを選ぶ?

すっかり人気の定着したライダースジャケット。しかし、まだお手元のファッションアイテムに加わっ...

パーカーとネルシャツでラフに!レディースのおしゃれコーデ

パーカーは、カジュアルファッションの定番アイテムとして、レディースファッションでも人気ですよね。...

ニットの着ぶくれ感はオフショルで解消!着方もお洒落に!

オフショルはセクシーで色香も漂い、女性に人気の高いファッションです。季節は秋冬、「もうオフシ...

ジャケットにストライプアイテムを合わせる着こなしが旬!

縦のラインが細見え効果を生み、大人っぽい印象を与えてくれるストライプ柄。ジャケットスタイルに...

スカートにレギンスを合わせるのはもう古い?答えはNO!

以前には一世を風靡したレギンスですが、今はあまり見かけなくなってしまいました。スカートに合わ...

ジーンズを自分で加工するならダメージを与える方法が簡単!

デニム生地は、使えば使うほど風合いが増すので、そのジーンズだけの個性を作り上げることができま...

シャツには裾の形状が2種類ある!着方に合わせて長さを変更

手持ちのシャツでコーディネートを考えると、裾の長さが長すぎたり短すぎたりで収まりが悪いことがあり...

冬の必需品!ダウンで迷ったら?キッズにおすすめのブランド

真冬の寒さでもキッズは元気いっぱいですよね。キッズが外の寒さに負けないためにも、暖か...

シャツの種類はさまざま!ポリエステルや綿などの特徴とは?

仕事でワイシャツを着用する男性も多いことでしょう。そんなワイシャツの素材で使われることが多い...

セーターは素材によって暖かさが違う! おすすめの選び方とは

セーターは冬にかかせない衣料品ですが、使われている素材にはさまざまなものがあります。選び方は...

ストールでお洒落美人!おすすめの色や柄を知っておこう!

ストールには魅力がいっぱいつまっています。首に巻きつけるだけで、ファッションのイメージをガラ...

カーディガンのインナーは何を合わせる?【オフィス編】

カーディガンは仕事でもプライベートでも、季節を選ばず使える便利なアイテムですね。合わせるイン...

デニムを切るやり方を知っておこう!デニムのハギレは優秀!

近年、デニムの生地は手芸屋のほか、様々なお店で見かけるようになりました。デニムは、簡単に言え...

スポンサーリンク

スカートは勿論!今「ウエストリボン」ボトムスが人気!

様々なお洒落コーデが流行する中、やはり定番のコーデは「可愛らしさ」や「女性らしさ」に落ち着きます。

ウエストマークでスタイリッシュなシルエットに仕上げるのも格好良いですが、そこをベルトの代わりにリボンにするだけで、華やかさが溢れてきますね。

そして今、パンツやスカートにこのウエストリボンを施したコーデが注目されているのです。

何といっても、飾り気のないシンプルなパンツやスカートがこのウエストリボンが一つあるだけで、大人の可愛らしさがくわわるのです。

これを見逃す必要はありません。

・簡単にお洒落コーデができる
・可愛くスタイルアップ効果が期待できる
・ガーリーなだけでなく大人お洒落も可能

ただ単にリボン一つを付けるだけで、これらの魅力を得られるウエストリボンですが、実際にはアレンジ次第でもっと多くの効果が期待できるのです。

これらから、スカートやパンツのボトムスのメジャーなお洒落アイテムとして人気が高まっています。

また、この人気はさらにボトムスを超えて、トップスやアウターにまでも飛び火しているのです。

まずはアレンジ抜き!スカートのウエストリボンを上手に結ぶコツ!

今回スカートなどのボトムスを中心にお洒落なウエストリボンアレンジをご紹介していきます。

しかし、その前に大前提となる基本的なリボンの結びが難しいと感じている方も多数いらっしゃるようです。

ここで、そのオーソドックスなリボンの結び方をスカートリボンを想定して解説しておきますね。

コツさえ掴めば決して難しくありませんので是非お試しください。

【リボンの上手な結び方】

今回はスカートのフロント部分で結ぶリボンでご紹介します。

1 スカートを着用しウエストのフロント部分で2本のリボンをまっすぐに伸ばして持ちます。

リボンが皺になったり、ねじれたりしないように気を付けてください。

2 右側のリボンが下に、左側のリボンが上になるようにクロスさせます。

クロスさせた時点では左手に下にある右側のリボン、右手には上になる左側のリボンを持つことになります。

3 右手にある左側のリボンを一度下から上にくぐらせてかた結びをします。

4 左のリボン垂れ下がっている方で輪っかを作り、右は上から通すようにしてフロント中央部分でリボンを作ります。

この作業時にも皺やたるみなどができないように気を付けてください。

5 皺などがないか確認して微調整をすれば完成です。

このように簡単な5つの工程で可愛らしいリボンが作れます。

皆様も是非チャレンジしてみてください。

スカートリボンのアレンジ「結ばない」

前項でスカートのウエストリボンの基本となる結び方をご紹介しました。

勿論、このようにきっちりと仕上げることでも、可愛らしさや女性らしさは充分に表すことができます。

しかし、もう一工夫アレンジを施すことでよりスタイリッシュにより着こなし感を出すコーデにもなるのです。

ここで、そのようなリボンアレンジをご紹介します。

【今の流行はリボンは結ばずに垂らす】

こちらは、スカートだけでなくパンツやトップス、アウターなどでも活用されるアレンジになります。

今っぽさを演出するには、紐やリボンを結ばずに垂らすのも流行になります。

自分らしくアレンジをくわえ、オリジナリティあふれるスタイリングに変化させてみましょう。

このアレンジが効果的なのは最近流行のオーバーシルエットのアイテムになります。

少し大きめのサイズのアイテムをゆるっと着こなすのが「アンニュイ」な雰囲気が表現されるお洒落として評判なのです。

ベルトやリボンが着いたコートやカーディガン、ワイドパンツにジャンパースカートなどこれらを留めずにゆったりと着こなすと着こなし感が生まれてお洒落に映ります。

数年前であれば「だらしなさ」に直結してしまうアレンジが、今ではこなれたお洒落の最先端となるのですから、ファッションは不思議ですよね。

トレンドのオーバーシルエットをお持ちの方は是非一度試してみてください。

ひもやベルトなどの場合には垂らす部分を長めに見せると縦のラインが作れるのでよりスタイリッシュに仕上がります。

その他のリボンアレンジ

前項でご紹介したリボンアレンジの「結ばない」が旬なアレンジの一つになりますが、その他にも様々なアレンジがあります。

ここでその代表的なものをご紹介します。

【リボンの位置をずらす】

通常スカートのフロント中央部分で作るリボンを、少しずらすだけでもこなれたお洒落コーデに変身します。

中心からリボンをずらすと、さりげないファッションポイントになります。

これによりポイントはありつつもシルエットがすっきりと感じられます。

種類によっては、サイドや後ろでリボンを作って全く別のコーデに見せてしまうのも良いですね。

【リボンにしない】

これは前項の結ばないと似ていますが、リボンではなく結んで垂らします。

ポイントになりながらもシュッとした感じのお洒落に落ち着きます。

気分に合わせて変えてみるのもおすすめです。

垂らすことで縦ラインもできますね。

【左右の長さをアシンメトリーにする】

これは、均等な綺麗なリボンではなく左右のリボンの形の長さを変えてアシンメトリーにしてしまうものです。

斜めになるリボンのシルエットがまたお洒落な感じを与えてくれますね。

ポイントは、下側になる方を長くすると綺麗に見せることができます。

以上、少しの工夫でお洒落なリボンアレンジができてしまいますので、是非お試しください。

また、これら以外にもご自身なりのオリジナリティあふれるアレンジを探されてみてはいかがでしょうか。

ウエストリボンスカートをシックなカラーでアレンジコーデ!

それでは、ウエストリボンのおすすめアレンジコーデをご紹介します。

まずは、シックなカラーで合わせるアレンジコーデになります。

【グレンチェックのリボンスカート】

流行のグレンチェック柄のリボンスカートであれば、落ち着いた雰囲気に仕上げることができます。

濃紺のノースリーブタートルニットに黒のバッグ、黒の靴を合わせてみるのはいかがでしょうか。

色馴染みは抜群でシックな大人女子コーデが完成します。

【ベージュのリボンスカート】

ベージュは様々な組み合わせが可能になるカラーです。

例えば、ベージュのタイトリボンスカートに淡いブルーのトップスを合わせてみるのはいかがでしょうか。

大人っぽさや清楚さにくわえてウエストリボンが可愛らしさもしっかりアピールしてくれます。

同系色のパンプスでお洒落なワントーンコーデに仕上がります。

また、トップスを緩めのボーダーTシャツに変えるだけでお洒落な大人カジュアルへとアレンジしてくれます。

【濃紺花柄リボンスカート】

濃紺の花柄リボンスカートに花柄と同系色マスタードカラーのトップスを合わせてみましょう。

花柄スカートの魅力をウエストリボンが強力にアシストしてくれますね。

同系色のマスタードカラーのトップスとのコーデは、シックではありますが明るさを表現してくれますね。

見ているだけでほっこりする癒し系コーデが完成します。

スカートだけじゃない!リボンパンツのおすすめアレンジコーデ!

最後にご紹介するのはリボンスカートではなく、リボンパンツのおすすめアレンジコーデになります。

ウエストリボンの可愛らしさはスカートだけでなく、パンツでも充分に表現できるのです。

【デニムのリボンワイドパンツ】

普段穿きなれているデニムパンツも、ウエストリボンがお洒落さをアップさせてくれます。

デニムのリボンワイドパンツに鮮やかな花柄ブラウスを合わせるのはどうでしょうか。

花柄とリボンが絶妙にマッチして女子力を引き上げてくれます。

足元はパンプスで女性らしさを表現して、トレンド感満載のお洒落女子コーデを完成させましょう。

また、花柄ブラウスを黒の緩いTシャツに変えると、ガラッと雰囲気が変わりシンプルモードになります。

足元はサンダルなどでカジュアル感アップさせましょう。

なお、デニムワイドパンツの場合には前述した「締めない」や「ずらす」などのリボンアレンジも引き立ちますね。

【黒のリボンワイドパンツ】

黒のリボンワイドパンツに、こちらは少し控え目な花柄のギャザー入りパフスリーブトップスを合わせてみるのはどうでしょう。

花柄を控えめにすることでシンプルな色使いに落ち着きますが、お洒落感は崩れませんね。

黒のリボンも存在感があるので魅力的に映ります。

以上が、リボンボトムスのおすすめのコーデ例になります。

是非ご参考にしてみてください。

ウエストリボンで可愛さとクールさ、両方楽しもう!

今回は、リボンスカートを中心にウエストリボンのアレンジ方法をご紹介しました。

これまでは、可愛らしさと女性らしさを表現する最強のアイテムであったウエストリボンもアレンジ次第でクールさもくわえることができるのです。

可愛らしさにクールさと両極のお洒落を一つのリボンで表現することができるのですから嬉しいですね。

これを見過ごす手はありませんよ。

可愛くてクールなご自分を表現しちゃいましょう。