お気に入りのスカートにベルト通しがない!調整する方法は?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボトムスをおしゃれに着こなそう!メンズにおすすめとは?

メンズボトムスの種類はたくさんあるので、「どれを選んだらいいか分からない」という方は少なくないで...

ダウンを活用したメンズコーディネート!色合わせがポイント

最近の流行りとして、身軽で動きやすいダウンコートがメンズに好まれています。色も明るいものから...

デニムワンピースは一年中大活躍!季節別コーデをご紹介

カジュアルなイメージのあるデニムワンピースですが、エレガントにも着こなすこともできるので、コーデの幅...

知らぬ間にスカートが回る原因は骨盤の歪みに有り?対策方法

スカートを堂々と履くことができるのは、女性の特権ともいえますね。しかし、スカートを履いて歩い...

ジーンズのダメージを裾に施すカットオフスタイルが今人気!

ジーンズのお洒落として、ひざやももの部分が破けるなどのダメージ(加工)がありますよね。これら...

ニットに一工夫!日常を楽しくお洒落にするリボンの結び方

ニットは、ファッションの定番です。着用している人も多く、人気素材の一つと言えるでしょう。...

アウターに悩む男性必見!冬におすすめのアウターの種類は?

新しいアウターを新調しようとお考えで、どのようなアウターを購入するか、迷っている方はいらっし...

アウター選びは色が決め手!レディースコーデのおすすめは?

秋冬のレディースコーデの主役「アウター」!アウター選びは何を基準にされていますか?アイテ...

パーカーとマフラーによるレディースコーデで秋冬を楽しもう

レディースコーデとして、パーカーとマフラーはどちらも使いやすいアイテムですが、パーカーにはフード...

就活でトラブル!スカート(タイト)の黒い汚れやしわを解消

女性の皆さんは仕事でスーツを着ることはありますか。スーツといっても、学生が就職活動で使うよう...

スカートの静電気が不快!防止や排除の方法は何があるの?

頻繁にスカートを身に着ける女性の方は、一度はスカートの静電気にお困りになったことがあるかと思いま...

デニムはスキニーで大人かわいくコーデ!おすすめ着こなし術

女性のファッションアイテムとして、定番化しているものの1つに「スキニーデニム」があげられます。...

ジーンズペイントは塗料次第で色々なおしゃれ加工が楽しめる!

「今履いているジーンズも飽きてきたし、そろそろ潮時かな?」そんなことを考える前に、今までお世...

コートの裏地にはどんな生地が使われる?その種類や目的とは

コートやジャケット、スカートなどの衣服には裏地のついたものがありますよね。裏地があることの目...

このアウターがおすすめ!冬に人気のメンズ向けジャケット!

冬は重ね着をすることが多く、アウターがコーディネートの中心となります。メンズ向けの冬用アウタ...

スポンサーリンク

スカートが緩い!ベルト通しもない!そんな時まずは応急処置を!

目の前にあるお気に入りの可愛いスカート。

しかし、どうもウエストサイズが一回り大きいようで穿いているとズレ落ちてしまいそう。

しかもベルト通しがない!

こうなると最悪の場合を想定すると穿くことに躊躇してしまいますね。

どうしてもすぐに穿きたいような時にはとりあえず応急処置を施してみましょう。

勿論、長い付き合いをするにはきちんと修正を施すのが理想になります。

この応急処置はアイテム次第で比較的簡単に施せます。

順を追ってご紹介してまいりましょう。

最初にご紹介するのは最もシンプルなスカートのウエスト部分を折り込んで穿く方法です。

【ウエストを折って穿く】

このウエスト部分を折って穿く場合には、ジャケットなどを脱がないことが大前提になります。

一度スカートを穿いた状態で、ウエスト部分を内側又は外側に折り込んで調整すれば出来上がりです。

折り込んだ分、スカート丈が短くなりますが一切道具も使わない非常に簡単な方法ですね。

途中外れるのではないかと不安を感じる場合には、事務用のダブルクリップなどで留めておくと安心感が高まります。

あくまでも応急処置ですが、会社の制服などでは意外と多くの女性がやっている方法です。

スカートを安全ピンで縮める!時間がない時の応急処置としてはあり!

ベルト通しがないスカートが緩い場合の応急処置として、安全ピンを使ってウエストサイズを調整するのも手軽で便利な方法になります。

前項でご紹介したウエスト部分を折る方法は、スカート丈がその分短くなるので抵抗がある方もいらっしゃる場合もあります。

こちらの安全ピンであれば、スカート丈が短くなることはありません。

【安全ピンを使ってウエストを調整】

スカートを穿いた状態で親指と人差し指を使って生地の内側を摘まみ長さを調整します。

この摘まんだ部分を安全ピンで留め整えれば完成です。

この際、摘まむのは脇のところにすると目立たなくて良いですね。

また、一部を安全ピンで留めるこの方法は、その部分が皺になりやすいので上手に調整をしてください。

なお、サイズ感がかなり大きい場合には、複数個所で調整をしたほうが良いでしょう。

また、前項でも使えるとしたダブルクリップで留めるのもありです。

【ブラウスにスカートをくっつける】

この安全ピンを使う方法で究極となる使い方ですね。

安全ピンでブラウスにスカートをくっつけてしまうものです。

ブラウスにピンの穴が開くというデメリットもありますが、落ちる心配はありません。

また、ブラウスの内側に安全ピンをしまい込んでしまえば、よほど注視されなければ周りにばれてしまう心配もありません。

ゴムベルトを使えばベルト通しがないスカートでも楽ちん!

お洒落アイテムでありながら非常に便利に使える「ゴムベルト」をご存知でしょうか?

もしかしたら、既にお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

「ベルト通しがないような洋服にもOK」何にでも使えると今注目を集めているのです。

お洒落として、アウターのウエストマークとして、ウエストアップ効果として、そして今回のようにベルト通しがない洋服のベルトとしても機能を発揮してくれます。

まさに万能アイテムなのです。

これを機に1本入手してみてはいかがでしょうか。

今回の主旨とは異なりますが、華奢に見せることができる細ベルトタイプ、フロントアクセントがプラスできる太ベルトなど様々なお洒落コーデとしても使えます。

いつものコーデにメリハリをつけるのにうってつけですね。

勿論、今回のように本来のベルトの役割、しかもベルト通しがないスカートを落ちないようにする為の機能も備わっています。

お気に入りのスカートを穿ける喜びと同時にもう一つお洒落なアクセントも手に入れることができますね。

サイズが調整できますし、安心感とお洒落を一緒にゲットするならゴムベルトで決まりです。

お洒落なサスペンダーでベルト通しがないスカートをコーディネート!

ベルト通しがないスカートが緩かった場合の応急処置最後の切り札は、サスペンダーですね。

サスペンダーというと男性のイメージが強いですが、女性の愛用者も実は多いのです。

勿論、パンツに使用する例が多いのですがスカートにサスペンダーも可愛いと評判です。

サスペンダーであれば、前項でご紹介したゴムベルト同様に、現状のスカートそのままに一切手をくわえる必要がないのも嬉しいですね。

むしろお洒落として緩いスカートを楽しんでしまいましょう。

スカートの種類にもよりますが、ガーリーな雰囲気やこなれた大人女子に変身することが可能です。

今まで、サスペンダーを使ったことがない方でも、これを機にお洒落アイテムとして使い始めてみてはいかがでしょうか。

有名なブランドからも様々なお洒落なサスペンダーが販売されています。

きっとあなたらしいコーデが見つかります。

しかし、このサスペンダーには唯一の欠点があります。

それは「肩こり」です。

人によっては肩こりが酷くなる場合もあります。

お洒落と肩こりを天秤にかける選択になるかもしれません。

ベルト通しがないスカートでもホックがあるのなら位置を変えてみよう!

さて、ウエストが緩いベルト通しがないスカートを着用するための応急処置としては、これまでにご紹介したようなものがあります。

しかし、折角なら応急処置ではなくきちんと自分に合ったスカートに直したいと思う方も多いでしょう。

ここから、その手直し処置をご紹介してまいります。

まず比較的簡単に行えるものとして今ある「前カン」のアイの位置をずらすまたは新しくつけることです。

前カンとはカギホックのことで、カギとなる部分をホック、ホックを差し入れるアナ部分をアイといいます。

ホックは動かせませんが、アイの位置は動かすことが可能です。

しかも縮めるのであれば、今あるアイはそのままでも普通に隠せるので新しく取り付けても大丈夫ですし今あるものを動かしても構いません。

外して付けるという手間を考えると、新たに付けてしまうほうが良いかもしれませんね。

専門店や100円均一ショップなどでも前カンは簡単に入手できます。

アイであれば上下2か所を縫い付ければ比較的簡単に施せます。

もう一つスプリングホックの場合もありますが、こちらも同様にリング状のアイを新たに取り付ければ問題ありません。

ベルト通しがないスカートをきっちり直すならウエストを詰める!

さて、ベルト通しがないスカートの最終処置はウエスト詰めを施して修正することです。

こちらは、プロであるお店に頼むのが一番確実なのですがお金がかかります。

この際、ご自身でやってみましょう。

実はスカートを切ったりするなどの作業はなく、裁縫さえできれば誰でも簡単にできる方法があるのです。

詰めるのは一か所ではなく複数ヶ所に施します。

これは一か所だけで行うと、変なしわになったりしてスカートの表情が変わってしまう恐れがあるのでそれを避けるためです。

例えば4センチ詰めるのであれば、後ろ脇部分二ヶ所を2センチ詰めるようにします。

①まず、詰める部分を1センチつまみます。

②つまんだまま後ろの中心に向かって折り畳み待ち針で固定します。

折った部分が上から見て「Z」の形になっていれば正解です。

③玉留めが内側に来るように内側から針を入れて縫い付けていきます。

イメージとしては折り返しの山の部分(2か所)を丁寧に縫い付けます。

この際、糸はスカートと同系色のものを使い、たるまないようにきつめに張りながら縫っていくと綺麗に仕上がります。

④縫い付けが終了したら一ヶ所目が終了です。

⑤同様の作業でもう一ヶ所施せば完成です。

ベルト通しのないスカートが緩くても何とかなる!

今回、ベルト通しがないスカートの対処法をご紹介してまいりました。

例え、ベルト通しがないスカートでサイズが緩かったとしても諦める必要はありませんね。

応急処置やアイテムの駆使、さらには修正とスカートを身に着ける方法はいくつもあります。

アイテム駆使などは、よりお洒落に磨きをかけられるかもしれませんね。

お気に入りのスカートで、ファッションコーデを楽しみましょう!