スカートにトップスインしたいけど似合わない!どうしよう?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スウェットは夏にピッタリ!レディース向けのコーデをご紹介

スウェットと聞いて、どのような衣類を思い浮かべますか。おそらく、リラックスウェアやスポーツウ...

シャツとカーディガンでオフィスコーデ!着こなし方は?

オフィスで働く女性のなかには、毎日のコーディネートに頭を抱える方も少なくないようです。オフィ...

スカートコーデの基準は色?男ウケ?どっちもアリ!

コーディネートで意外と重要な役割を占めるのはスカートかもしれません。折角なら男性に可愛く...

コートはなぜ生まれた?ルーツを知ることで着丈の目安になる

コートの目的は防寒と防水でした。作業効率を優先させたショートコートやハーフコート、雨への防水...

スカートの生地が重要!冬はスカートでおしゃれを楽しもう

普段からスカートが好きで、よく着用するという女性は多いでしょう。暖かい時期はあまり気...

ストールは春夏秋冬使える!おすすめの巻き方をご紹介!

秋冬の場合は防寒として、春夏では日焼け予防などのためにストールは使われることが多く、そのファ...

人気のコートブランドが知りたい!レディースコート特集

カジュアルシーンにもビジネスシーンにも欠かせない、寒い季節のファッションアイテムといえば「コート...

セーターにネックレスを付ける場合、どんな合わせ方が良い?

秋冬の季節に欠かせなくなるのが暖かいセーターですね。その暖かさからついついセーター頼りになっ...

ジーンズとヒールの合わせ方!ださいと言われないポイント

カジュアルの中にも女性らしさや大人っぽさがあるコーディネートは、幅広い世代から人気のあるコーディ...

パーカーでキッズファッションは決まり!おしゃれを楽しもう

パーカーは首元にフードがあり、子どもが着るとかわいらしくておしゃれですよね。動きやす...

レギンスを格好良くはきこなしたい!海外のコーデに学ぼう!

レギンスは、はきやすく、どんなスタイルにも取り入れやすいファッションアイテムのひとつです。し...

パーカーでお揃い!仲良しカップルにおすすめなブランド

仲良しカップにおすすめしたいのは、お揃いの洋服です。お揃いの洋服を着ているだけで、なんだか楽...

シャツをおしゃれに着こなし!メンズはどう着こなせば良い?

メンズコーデの定番アイテムの1つにシャツが挙げられます。そんなシャツでコーデしようとしたとき...

ジーンズの種類にはどんなものがある?【レディース編】

ジーンズの種類にはたくさんのものが流通しています。特にレディースのジーンズの場合には、形から...

ジャケット風ボレロでフォーマルな場にふさわしい着こなしを

結婚式などのフォーマルな場には、それに合った服装が求められます。定番の結婚式のお呼ばれファッ...

スポンサーリンク

スカートのトップスインが似合わないのは体形から?

今回はスカートのトップスイン(タックイン)が似合わないとお悩みの場合の対応策を考えていきます。

まず、この場合の似合わない理由として最も多いのが体形からくるものかと思われます。

例えば、今非常にブームともなっているタックインの着こなしですが、脚長効果にスタイルアップ効果と憧れの言葉が並びます。

しかしながら、ポッコリお腹が気になっている場合には無理してタックインをしてしまうのは危険です。

確かに脚長効果は見えますが、それ以上にお腹ポッコリがあからさまに表現されてしまうこともあるからです。

また、くびれが少ないような場合には余計に寸胴体形が目立ってしまいますし、背が低いとスタイルアップより上半身が窮屈そうに映ってしまいますね。

このようにスカートにトップスをタックインする場合に似合わないのは、体形からくる直接的な要素がまずは考えられます。

これは経験者にしか理解できない切実なお悩みですね。

しかし、それでもタックインコーデを楽しむことはできるようです。

そのお悩み別に対応策はあるようですので、まずはそれらを見てまいりましょう。

体形別スカートのタックインが似合わない場合の対応策!

それでは、体形別にスカートのタックインが似合わない場合の対応策をみてみましょう。

【お腹周りが気になる場合】

この場合にはトップス生地の選定が非常に重要になります。

柔らかい生地のものをトップスに持ってきてしまいますと、お腹周りの肉感をさらに強調してしまうことになります。

しっかりとしたコットン素材の生地やしっかりと網目のある柔らかすぎないニットなどの生地素材をトップスに合わせると強調しなくなります。

また、この際にスカートもデニム素材やチノ素材などの厚みのある生地を選ぶとより効果的になります。

タックインもツメツメにしてしまうより少し着ぶくれしない程度に緩めにインするのがおすすめです。

【小柄な場合】

これにはズバリ、スカートにボリューム感を持たせないことです。

しかし、実際にこれはなかなか難しいのですね。

ミニスカートが一番良いのですが、ものによっては子供っぽさが出てしまいます。

とにかくロング丈は避けてミディアム丈くらいのタイトなスカート、脚の出ている部分を強調させることがおすすめです。

こうすると、タックインした場合の上半身の詰まり感はおさえられます。

寸胴に見えて似合わない場合のスカートイン対処法!

前項でトップスをスカートへのタックインが似合わない場合、「お腹周り」「小柄」の対処法をご紹介しました。

ここでは寸胴に見えてしまう場合についてご紹介いたします。

【寸胴に見えてしまう場合】

スカートにタックインすることでスタイルアップ効果のはずがむしろ寸胴に見えてしまう。

そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるようです。

この場合には定番中の定番になってしまいますが、まずはサッシュベルトでウエストマークを施しましょう。

実はこれ、「ここがウエストです!」と強調させることで見た目的にも全然違って見え、かなり効果があるようです。

また、意識をさせることでダイエットにも繋がりそうですね。

更には、アウターを使って直線のラインを作ってしまうのも方法です。

アウターはコートでもカーディガンでも大きめのストールでも構いません。

緩めのシルエットをアウターで作ることができれば、中を細く見せることができます。

タックイン以前にそもそもスカートが似合わない?

前項までにスカートへのタックインが似合わない場合の体形別対処法をご紹介してまいりました。

しかし、中にはスカートインが似合わないという以前にスカートが似合わないと拒否反応をお持ちの方もいらっしゃるようです。

中でも最も多いのが「背が高いので丈が合わない、大柄に見られる」「脚が太いから隠したい」というものがあげられます。

【背が高いことがお悩みの場合】

これはある意味では贅沢なお悩みにも感じられてしまいますが、当のご本人にとっては切実なことなのですね。

身長が165センチ以上の女性の場合には、基本的にどのようなスタイリングも綺麗に着こなせるはずです。

しかし、スカートの丈が合わないと感じたり、スカートを穿くとボリューム感も手伝って大柄な印象を持たれてしまうことに嫌悪感を覚える方もいらっしゃるようです。

丈の問題は、マキシ丈を望まれる場合には海外ブランドを探されるのが良いでしょう。

日本のマキシ丈でも、脚の長さを活かしてミディアム丈で穿きこなせば非常にお洒落だと思います。

大柄に見える問題は、マキシ丈で裾が広いものを選ぶとより強烈に感じさせてしまいます。

生地面積をできるだけ少なく見せるのがポイントです。

タイトなミモレ丈をスタイリッシュに穿きこなせると大柄という印象は持たれないでしょう。

高身長の女性の場合には、ポイントを押さえればむしろ格好良くスカートを穿きこなせると思います。

脚が太くてスカートを穿く自信がない?

スカートインが似合わない以前にスカート姿に自信がない場合として、前項で高身長の方の対応策をご紹介いたしました。

ここでは、もう一つの大きなお悩みである脚が太い場合を考えてみましょう。

【脚が太いことがお悩みの場合】

脚の太さにまつわるお悩みは多くの女性が抱える共通のお悩みかもしれません。

脚の太さのカバーには、意外かもしれませんがロング丈のタイトスカートがおすすめです。

足首だけを綺麗に見せることで、抜け感とともに脚全体的なスタイルアップ効果が得られます。

また、セクシーなタイトスカートは身体のラインを綺麗に表現してくれるので、太さカバーにくわえて脚長効果もあります。

そうなると膨張色を避けたカラーが望ましいので、トップスにタイトで明るめのものを合わせて全体的なバランスを保つと良いコーデとなります。

足元もヒールにすることで女性らしさが表現できますね。

【大きいお尻を隠したい】

こちらは悩んでスカートを着用しないのではなく、間違った選択をしている場合が多いのでご紹介しておきます。

魅力的である大きいお尻を隠したがる女性もいらっしゃるようです。

そして、そのためにスカートを愛用するのですが、隠そうとしてフレアースカートなどついついボリュームのあるものに傾いてしまうようです。

しかし、これは間違いです。

フレアースカートなどではボリューム感がプラスされ、必要以上にボリュームアップされてしまい全体的なラインが美しくなりにくい場合もあるのです。

こちらも脚の太さ同様に、タイトスカートがおすすめになります。

こちらは脚のラインに合ったシャープなラインとなるものを選びましょう。

お尻とのメリハリ感で脚が細く見るスタイルアップ効果が期待できます。

お尻が気になる場合には、後丈の長いトップスを前だけインして合わせるとお尻を隠せますので良いですよ。

スカートインが似合わないならしなければ良い!

さて、これまでにスカートインまたはスカートが似合わない場合のタイプ別解決方をご紹介してまいりました。

最後のこちらの項は身も蓋も無くなってしまうかもしれませんが、もし似合わないとお悩みであれば、タックインをしないというのも一つの方法だと思います。

タックインがトレンドになりつつあると言っても全部が全部タックインということではありません。

また、インの方法もこれまで何度か登場しましたがフロントだけ入れる「前だけイン」やフロント片側だけ入れる「サイドイン」などがあります。

サイドインは、着こなしが非常に難しいですが、はまればお洒落度は抜群に上がりますので挑戦されてみてはいかがでしょうか?

サイドインはフロントインよりもインする部分も少ないですし印象がラフな感じなので、こなれ感を出すにはおすすめです。

【サイドインコーデ】

トップスに緩めの鮮やかな赤のタートルニット、ボトムスにデニムのログスカートを合わせてみましょう。

このままタックアウトしたコーデでも可愛らしい印象なのですが、タートルニットをデニムスカートにサイドインしてみましょう。

非常にスタイリッシュに仕上がります。

インした側も生地をさりげなくオンしておくとお腹周りが気になっていてもカバーできますね。

もし満足いかなければそのままタックアウトにシフトチェンジしましょう!

【タックアウトコーデ】

スカートインをしない場合にお洒落に見せるには、シルエットのボリュームをおさえると美しく映えます。

これはタイトスカートでも良いですが、トップスの丈感を短くしてもこなれた感じでお洒落に映えます。

トップスの丈感をおさえるなら、合わせるのはロングスカートで3対7が理想です。

例えば、トップスにブラウンで丈が短めのプルオーバーシャツ、ボトムスにベージュのハイウエストロング丈スカートを合わせてみましょう。

落ち着いた同色系コーデは女性らしさを見事に表現してくれます。

トップスからボトムスにかけてボリューム感を与えないことで非常にスタイリッシュに仕上がります。

短いトップスですがハイウエストスカートなのでおなかの露出は心配ありません。

タックインしなくてもこれだけスタイリッシュに仕上がります。

スカートへのトップスイン、レッツチャレンジ!

今回スカートへトップスをタックインすることが似合わないというお悩みについてご紹介をしてまいりました。

最近では、確かにトップスをインするコーデは多くなっていますからお悩みの方も多いのかもしれません。

しかし、それぞれ対応策はありますので諦めずに是非チャレンジしてみてください。

もし、それでもなかなか納得いくものがなければ、無理にインする必要はありません。

貴女に最適のお洒落を楽しめば良いのです。