シャツの裾をスカートにインするコーデがお洒落でおすすめ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブルゾンは季節に合ったものを選ぶべき?いつ着てもいい?

おしゃれには季節感が大事、と言われることが多いです。「このブルゾン、来週のデートに着ると変か...

コートとマフラーが同色でも大丈夫!もやっとしない方法とは

マフラーを新調した後に、家にしまってあったコートと色が同色になった経験はありませんか。コート...

セーターとニット帽は、お洒落メンズの秋冬定番コーデ!

秋冬は、お洒落コーデを楽しめる季節ですね。それは何も、女性に限ったことではありません。メ...

質の高いデニムが欲しい!価格の安いブランドってどれ?

誰もが一本は持っているくらいの人気アイテムと言えば、デニムパンツです。一口にデニムパンツとい...

デニム生地のオンスって何?着心地にも関わるオンスを解説!

デニムは、ジーンズに使われる生地としておなじみですね。そんなデニム生地を表す際に使われるオン...

ジャケット風ボレロでフォーマルな場にふさわしい着こなしを

結婚式などのフォーマルな場には、それに合った服装が求められます。定番の結婚式のお呼ばれファッ...

シャツの種類はさまざま!襟なしシャツの魅力を知ろう! 

シャツと一口にいっても、種類はさまざまですよね。シャツの生地の種類も豊富ですし、色やデザイン...

オシャレなコートも生地を選べば暖かい着こなしに!

モフモフに膨らんだアウターは見た目にも暖かそうです。しかし、冬の必須アイテムであるコートには...

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

注目のライダースジャケット!有名ブランドが定番で安心!

メンズファッションの定番の一つに、ライダースジャケットがあります。シンプルコーデにライダース...

驚くほどあるスカートの種類!生地の違いを加えると無限大!

スカートには驚くほど種類があるのをご存知ですか?スカートの種類に加え、生地やデザインの違いを...

おすすめのコートはノーカラーコート!お洒落なコーデは?

秋冬はお洒落の定番、コートが活躍する時期になります。人気を集め、おすすめとなるコートは女...

ダウンは最強のアウター!レディースアイテムのおすすめは?

寒さが厳しくなる真冬でも、華奢なレディースの身体を暖かく包んでくれるダウンは最強のアウターです。...

スカートに合うベルトなら輪っかがお洒落なリングベルトで!

ベルトのバックル部分が2つの輪っかになっているリングベルトをご存知ですか?パンツには勿論、ス...

コート選びに迷っちゃう!素材から見るおすすめポイント

コートは春、秋、冬とお世話になる必須アイテムです。頻繁に買い替えをしないアイテムのため、コー...

スポンサーリンク

シャツの裾をスカートに入れ込む「タックイン」!

シャツなどのトップスの裾をスカートなどのボトムスにインするか否かをあらわす言葉に「タックイン」「タックアウト」「前だけイン」があります。

まずはこの3つのワードについてご説明させていただきますね。

【タックイン】

タックインというのは英語で「Tuck In」となり「押し込む」という意味になります。

ファッション用語としての使い方は、シャツやセーターなどのトップスの裾をパンツやスカートなどのボトムスの中に入れ込む着こなしのことを指して使います。

タックインをすると真面目できちんとした印象になりますね。

また清潔感が得られるのもタックインの魅力になります。

そしてタックインには、スタイリングをよく見せてくれる効果も期待できます。

例えば、ハイウエストのパンツなどは綺麗にタックインをすると綺麗にくびれも整うのでメリハリのあるシルエットになります。

ボトムスにインをしないと裾(丈)のバランスが悪くなったり、だらしなく見えてしまうようなトップスの場合にはこのタックインが基本になります。

同じような使い方で「パンツイン」という表現もあるようですが、「タックイン」と使われるほうが多いようですね。

また「Tuck」には「たくし上げる、まくり上げる」という意味もあることから、裾をまくり上げる場合にも使われることがあるようです。

「タックアウト」と「前だけイン」

シャツなどのトップスの裾をスカートなどのボトムスにインするか否かをあらわす言葉として、前項で「タックイン」についてご紹介いたしました。

ここでは残りの「タックアウト」と「前だけイン」についてご説明させていただきます。

【タックアウト】

タックアウトとは前項のタックインに対して作られた言葉で、トップスの裾をボトムスに入れ込まずに外に出すコーデのことになります。

ただし、正式にはタックアウトという言葉は存在しておらず、あくまでもタックインの対義語として派生したもののようです。

ファッション用語としても使われる方と使われない方が混在するようですね。

タックアウトの着こなしをするとカジュアルな印象になります。

また、タックインとは反対に抜け感のあるリラックスした着こなしになるのが特徴的です。

裾部分にデザインや特徴があるようなトップスの場合には、このタックアウトが基本になります。

タックインすると違和感の出てしまう、厚手の生地やボリュームのあるものの場合もタックアウトが基本になります。

【前だけイン】

こちらの前だけインは、新しく流行となったスタイルですね。

トップスのフロント部分の裾だけをボトムスにインする施し方です。

最近はこちらのスタイルが流行になっているので、街を歩いているとお洒落に前だけインをした女性を見かけることも多いのではないでしょうか。

タックインのようにはかっちりとしていませんが、タックアウトよりかっちりとした感じと表現する方が多いです。

しかし、タックインとタックアウトの中間というよりは、全く別のコーデとして認識されているようにも思えます。

双方にはないこなれ感がそう感じさせるのかもしれません。

「前だけイン」の施し方

ここまでにシャツなどのトップスとスカートなどのボトムスの着こなし方として「タックイン」に「タックアウト」そして「前だけイン」についてご紹介してまいりました。

ここで、新しいコーデである「前だけイン」についてその施し方をご紹介いたします。

割と簡単にできますので、是非チャレンジしてみてください。

①まずはスカート、そしてシャツをそのまま着てみます。

勿論、このタックアウトの状態でもおしゃれですが、ここから前だけインに移っていきます。

②その状態のまま、シャツであればボタン下から2つ目程度(ニットセーターなどの場合には5センチ程度)をスカートにインします。

どの程度を入れるのが良いかで迷われる方が多いようですが、トップスの種類や素材によって様々に変化します。

慣れてくるとご自身なりの丁度良い深さが見つけられると思います。

また、左右対称や非対称も好みが分かれてきますね。

シャツなどは非対称でこなれ感が出ますし、ニットセーターなどは対象で山を描く感じにするとお洒落に映ります。

③シャツであればスカートの中央にシャツのボタンを合わせます。

この中央が基本です。

慣れてくれば、ここからバランスを崩したり整えたりしてよりお洒落度をアップさせましょう。

④出ている裾部分をブラウジングして微調整をすれば完成です。

出ている裾部分を伸ばしたり、たるみを与えたりして丁度良い感じに仕上げましょう。

以上が前だけインの基本的な施し方になります。

意外な程簡単ですよね。

ここから、ご自身オリジナルのスタイリングに仕上げてみてください。

前だけインを施す際の注意点

前項でシャツをスカートに前だけインする施し方をご紹介いたしました。

前述のようにその施し方は簡単で、誰でもすぐにできます。

しかし、前だけインを施す際には次の注意点にお気を付けください。

【注意点】

前だけインをする時には、次のことに気を付けましょう。

・柔らかい素材のもので行う

前だけインは、はみ出したサイドとバック部分のシルエットがお洒落感を与えてくれます。

硬い素材やごわついた素材のものでは、これが上手に表現できません。

・サイド部分のインは厳禁

こちらもシルエットの問題ですが、インするのはあくまでもフロント部分です。

サイドは後ろに向かい斜めの線が描かれるのが理想です。

・ロング丈のものでは施さない

ロングTシャツなどの丈が長めのものを使用すると、フロント部分にもたつきが生じてしまいます。

・きちんとしたコーデや上品なコーデでは施さない。

きちんとしたものや上品さが感じられるもので、前だけインを施すとだらしなく映ってしまう場合があります。

カジュアルに遊べるコーデで抑えておきましょう。

また、トップスのシャツはできるだけゆったりしたシャツで施すと綺麗なシルエットに仕上がります。

シャツをスカートに前だけインするおすすめコーデ!

それでは、スカートにシャツを前だけインするおすすめコーデをご紹介いたします。

何となく前だけインは細身のパンツに似合うイメージが先行しますが、スカートでもお洒落に仕上がります。

是非ご参考にしてください。

【白のゆったりシャツにデニムスカート】

白のゆったりシャツにデニムのスカート、足元はスニーカーのカジュアルコーデはいかがでしょう。

白シャツにデニムスカートでもテッパンのお洒落コーデなのですが、ここに前だけインをするだけで格好良さがプラスされます。

シャツはゆったり目のボリュームシャツ、デニムスカートは細めのもので合わせるとカジュアルの中に女性らしさもアップしますね。

また抜き襟を取り入れれば、セクシーさもプラスされます。

【薄いピンクのゆったりシャツに濃い目のグレーのロングスカート】

淡いピンクのゆったりシャツに濃い目グレーのロングスカート、黒のヒールで女性らしさマックスコーデはどうでしょう。

スカートの後ろにスリットを入れておけば、さらに女性らしさがアップします。

ここに施す前だけインで、変ないやらしさは消し去ってくれて格好良く仕上がりますね。

勿論スタイルアップ効果も!

是非参考にしていただきたいコーデです。

シャツとスカートの「タックイン」「タックアウト」おすすめコーデ

最後にシャツとスカートのコーデ「タックイン」と「タックアウト」のおすすめをご紹介いたします。

こちらも是非ご参考にしてください。

【タックインのおすすめコーデ】

フルタックインをすると、ウエスト周りを気にされる方もいらっしゃるようですが、そのような場合には、たるみをプラスすると良いですね。

少しだけトップスを引き出しウエストにかぶせてカバーする方法です。

こうするとウエスト周りが気にならなくなります。

例えば、白地に紺ボーダー柄のシャツに赤いスカート、足元にはスニーカーでカジュアルコーデはいかがでしょう。

非常に軽やかな印象が素敵に映ります。

これにサスペンダーを差し込むとお洒落度がグッとアップしますね。

フォーマルな装いであれば、ベージュ系のブラウスにブルー系のタイトスカートの組み合わせはどうでしょう。

ウエストに大きなリボンで結ぶスカートであればお洒落アクセントと共に女性らしさが引き出されます。

タックインの場合には、しっかりした感じを出せるのでお洒落クールに決めたいですね。

【タックアウトのおすすめコーデ】

タックアウトの場合にはトップスはニット素材がおすすめになります。

例えば、前後で丈の長さが違う白のハイネックニットにチェック柄のフレアースカートを合わせてみてはいかがでしょう。

足元はフレアースカートと同系色のブーツでまとめれば、可愛らしく女性っぽさが引き立ちます。

ニットの前丈が短いので、タックアウトですっきりと合わせることができます。

ショート丈のニットと黒の無地タイトスカートの組み合わせもお洒落ですね。

スッキリとしたラインをキープしてくれるので、ニットを使ったフワフワが良い表情を見せてくれます。

印象的にもやさしさと温かさを与えてくれますね。

以上がタックイン、タックアウトのおすすめコーデになります。

是非貴女なりのお洒落コーデ探しのご参考にしてみてください。

シャツの裾をスカートにイン!TPOで使い分けて周りと差を付けよう

今回、シャツの裾をスカートにインするか否かについてご説明をさせていただきました。

これには「タックイン」「タックアウト」「前だけイン」という方法が存在します。

シャツとスカートの種類や素材感を見極めてより良い方法でコーデをするのが良いですね。

またそれぞれが持つ特徴がより女性を輝かせてくれます。

TPOでお洒落の使い分けを上手に行って、周りのライバルに差を付けちゃいましょう。