デニムとパンプスの合わせ方!寒い冬でもできるコーデは?

デニムとパンプスの組み合わせが好きな方の中には、冬のコーディネートに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?足元の冷えを気にして、冬にパンプスを履くのを敬遠している方もいるでしょう。しかし、選び方や合わせ方を工夫すれば、冬でもデニムにパンプスを合わせることはできます。しっかりとポイントを押さえて、冬しかできないデニム×パンプスコーデでおしゃれを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スウェットは夏にピッタリ!レディース向けのコーデをご紹介

スウェットと聞いて、どのような衣類を思い浮かべますか。おそらく、リラックスウェアやスポーツウ...

レギンスを穿いてメンズも「防寒+おしゃれ」に決めよう!

レギンスと聞くと、レディースのファッションアイテムだと思う方も多いでしょう。しかし、今ではレ...

大人気デニム着物を着こなす!街歩きが楽しくなるコーデ術!

近頃話題にあがっているおしゃれに、デニム着物があります。近年では着物を愛用する若い人も、少し...

ジーンズにスニーカー、靴下でお洒落なレディースコーデを!

ジーンズにスニーカーそして靴下、レディースコーデにおいてはそれぞれが重要な役割を担うアイテムです...

アウターは何色を選ぶ?シーンに合ったアウターの選び方は?

温度変化の大きな季節に重宝するアウターですが、アウターを選ぶ際にどのような基準で選んでいますか?...

レギンスはリブ編みスリットが流行!そのおすすめコーデは?

廃れたと囁かれた時代から見事に復活を果たしたレギンスですが、その人気は未だに健在です。一時の...

シャツをタックインでおしゃれに着こなすには?【メンズ編】

皆さんは「タックイン」というワードをご存知ですか。メンズファッションにおいては、シャツなどの...

スカートは生地選びをポイントにするのがおすすめです!

「スカートが大好き!」という女性はたくさんいます。スカートには、いろいろな魅力が詰まっている...

デニムはストレッチ性が高いと劣化する?素材のお話

ストレッチデニムは、ヴィンテージとしての価値が低いと言われることがあります。「劣化しやすい」...

シャツには裾の形状が2種類ある!着方に合わせて長さを変更

手持ちのシャツでコーディネートを考えると、裾の長さが長すぎたり短すぎたりで収まりが悪いことがあり...

おしゃれなアウター!キッズで人気のプチプラブランドとは?

暑い夏が終わり、秋から冬になると徐々に肌寒さを感じ、暖かいアウターが必需品になりますね。...

女性を美しく魅せる!スカートは花柄+ミモレ丈で決まり!

レディースコーデの場合に、パンツスタイルも良いですが、女性らしさを表現するのであればスカートがテ...

コートとバッグの組合せ!TPOや季節に合わせて同じ色に!

服装にはTPOというものがあります。時と、場所と、目的ですね。それによって、私たちは服装...

デニムをプチプラでゲット!美脚に見えるおすすめをご紹介!

デニムは普段使いにお出かけにと、使い勝手のいいアイテムなので、だれでも1本は持っているのではない...

デニムは夏に履くと暑い!暑くない夏向きデニムについて解説

デニムというと、ジーンズとほぼ同じ意味合いで使われている、非常にポピュラーな言葉です。...

スポンサーリンク

女性に人気のあるデニムの種類

カジュアルなおしゃれを楽しむ女性にとって、デニムは欠かせないアイテムの一つですよね。

どんな服装にも合わせやすく、組み合わせによっては、かしこまった場面でも取り入れることが可能です。

それでは、どのデニムを選べばおしゃれに可愛く着こなすことができるのでしょうか。

これから、今だから選びたいデニムの種類についてご紹介していきます。

●ストレートデニム

基本となるのが、腰から足まですとんとまっすぐに伸びたストレートデニムです。

春夏秋冬、季節を問わず使うことができる、オーソドックスなデニムの種類といえます。

●スキニーデニム

裾に向かって細くなっていくのがスキニーデニムです。

パンプスを取り入れることで、きれいめコーデが楽しめます。

ストレッチ素材でできていることが多いので、動きにくいということはありません。

●ボーイフレンドデニム

ゆったりとしたシルエットで、カジュアルなコーデを楽しめるのがボーイフレンドデニムです。

●ハイウエストデニム

ハイウエストデニムは、ウエストを高い位置に持ってくることで脚長効果を期待できるデニムです。

コーデのバランスを取るために、トップスをデニムにインするのがおすすめです。

この他にも、バギーデニムやフリンジデニムなど、今流行りのデニムがたくさんありますので、デザインやシルエット、カラーなども気にしながら選んでみましょう。

デニムに組み合わせたい靴とは?

デニムの種類をいくつかご紹介してきましたが、よりよいコーディネートにするためには、デニムと組み合わせる靴にも注目していきましょう。

●スニーカー

デニムに合う靴と言ったら、なんといってもスニーカーですよね。

どのデニムの種類でも合わせやすく、コーディネートの幅も広がります。

●パンプス

きれいめカジュアルを目指すなら、デニムにパンプスを組み合わせましょう。

カラーだけではなく、素材もこだわることで、季節が変わっても長く使い続けられます。

●ブーツ

冬にデニムとあわせるなら、ブーツもおすすめです。

デニムとの組み合わせを考えるなら、ミドルブーツを選ぶとバランスがいいでしょう。

●バレエシューズ

履きやすさと可愛らしさを兼ね備えたバレエシューズは、デニムとの相性もピッタリです。

冬にバレエシューズを履くときは、靴下までこだわるとおしゃれ上級者になれますよ。

いくつかデニムに似合う靴をご紹介してきました。

今ご紹介した中でも、今回はパンプスに焦点をあててお話ししていきます。

特に冬でもデニムに合わせられるパンプスについてお話をしていきますので、冬のデニム×パンプスコーデに困っている方は参考にしてみてください。

どれを選ぶ?冬におすすめのパンプス!

寒い冬だとパンプスをコーデに取り入れることが少なくなりますよね。

どうしても、足元が冷えるイメージが頭をよぎってしまいます。

しかし、パンプスの素材を選ぶことで、冬でもパンプスを楽しむことができます。

冬に履くパンプスには、スエード素材やハラコ素材など温かみを感じる素材を選ぶようにしましょう。

スエードやハラコは、傷や汚れがつきやすい素材です。

どちらもレザーという素材の特質上、水洗いも難しいので、着用前にはスプレーをかけて大切な靴を守りましょう。

また、ワンポイントとしてファーがついているものを選ぶのもおすすめです。

冬の定番アイテムと言えばファーですよね。

パンプスの甲部分にファーがついているだけで、見た目にも温かみを感じます。

冬以外の季節でも使えるように、ファーの取り外しが可能なパンプスを選ぶと良いでしょう。

冬にパンプスを履くためには、パンプスだけではなく、足元の防寒対策も忘れてはいけません。

次章では、デニムに合わせたい足元のアイテムをご紹介していきますね。

冬でもパンプスを楽しもう!足元の防寒対策は忘れない!

デニムにパンプスを合わせるときは、防寒対策として靴下やタイツを取り入れてみましょう。

靴下やタイツはブラックを選ぶと、どのコーディネートでも組み合わせやすいです。

また、ブラックカラーは足首を引き締めて見せてくれます。

コーディネートを選ばないブラックカラーですが、おしゃれをもっと楽しみたい方にはカラーソックスやカラータイツもおすすめです。

冬のファッションは、全体的に色が抑えられたコーディネートになることが多いです。

そのため、差し色としてブラック以外のタイツを選ぶことで、コーディネートをさらに楽しめます。

冬におすすめの色としては、グレーやボルドー、モスグリーンなどを選べば、足元に温かみを感じることができるはずです。

また、メリハリをつけるためにあえてホワイトを選ぶのも良いでしょう。

冬のデニム×パンプスコーデには白い靴下を取り入れよう!

冬のデニム×パンプスでワンランク上のコーディネートを目指すなら白い靴下を選びましょう。

靴下を選ぶときは丈の長さに注意が必要です。

デニムとのバランスを考えながら、失敗しない靴下選びにチャレンジしていきましょう。

白い靴下を合わせるなら、黒いヒールパンプスがおすすめです。

裾を切りっぱなしたデザインの薄い色合いのボーイフレンドデニムに、白い靴下と黒いヒールパンプスを組み合わせることで、ラフなのに大人っぽいコーディネートにすることができます。

また、色の濃いスキニーデニムに白い靴下とレオパード柄のスエードパンプスをアクセントとして組み合わせることで、ハイセンスな着こなしを楽しめます。

少し難易度が高いように感じる方もいるかもしれませんが、コツさえ覚えてしまえばコーディネートにも幅を出すことができるでしょう。

デニムに合わせるために!脱げやすいパンプスは選ばない!

ここまで、冬に楽しめるデニムとパンプスのコーディネートについてお話ししてきました。

足元のおしゃれを彩ってくれるパンプスですが、「履きなれなくてパンプスがすぐ脱げてしまう」と悩んでいる方もいるでしょう。

パンプスは足の甲が開いているデザインのものが多いため、自分の足にしっかりとフィットしたものを選ばないとすぐに脱げてしまいます。

そのため、パンプスのサイズをしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

パンプスは歩いている時に脱げてしまうことが多いので、試着するときは歩いているときの状態も確認しておくようにしてください。

また、パンプスが脱げてしまう理由に、左右の足の大きさの違いも挙げられます。

右と左で足の大きさが違う方は、インソールを敷くなどして、サイズ調整を工夫するとパンプスが脱げることも少なくなるでしょう。

デニム×パンプスコーデで冬を楽しもう!

冬でもデニム×パンプスコーデは楽しむことができます。

素材や色合いを少し工夫するだけでも、冬の寒い季節を乗り越えることができますよ。

より一層おしゃれなコーディネートを目指すなら、全体のバランスを見て、靴下やタイツでメリハリをつけるようにしましょう。

パンプスは脱げやすいので、自分の足に合ったものを選ぶようにしてくださいね。