一年中使えるカーディガン!VネックとUネックの着こなし術

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一部で話題!スカート男子のファッションは、ありかなしか?

「スカート男子」なる言葉はご存知でしょうか?ファッションアイテムとしてスカートを合わせる男性...

ニットアイテムを上手に使った大人女性の上品な色気コーデ!

「色気のある○○」と形容される言葉を耳にしますが、抽象的でイメージのわきにくい印象ですよね。...

ライダースジャケットのお洒落な着こなしレディースコーデ!

少し前までは、オートバイマニアの方やパンク・ロックマニアの方に好まれていたのがライダースジャケッ...

デニムを古着で楽しもう! 東京の古着専門店をご紹介

東京には古着を扱うお店が数多くあります。今回は、古着屋の多い街や、デニムに特化した古着屋をご...

ダッフルコートを大学生男子が大人っぽく着る秘訣とは!?

大学生男子は、おしゃれに精通している方も多く、コーディネートを見ているだけでも参考になりますよね...

デニム素材でポーチをハンドメイド!個性を活かして作ろう!

使い古したデニムは、リペアすることで蘇らせることが可能です。リペアしたデニムには独特な風合い...

デニム浴衣でメンズならではの浴衣ファッションを楽しもう

夏になると、お祭りや花火大会などで浴衣姿をよく見かけます。一時期、浴衣などの着物は下火になり...

プレゼントにワンピースを!人気レディースブランドをご紹介

誕生日や記念日を覚えておくだけでなく、その日の記念になるようなものを贈れたら、きっと女性の目から...

パーカーのチャックがよれよれに…長く着るためのコツ

肌寒い時期やちょっとした外出の時に気楽に着られる服といえばパーカーですよね。普段着として愛用...

セーターにマルチボーダーを合わせて旬な着こなしコーデに!

「ボーダー柄のセーターを着た女子はモテないしダサい!」そのような言葉がささやかれることがあり...

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか?最近は、制服のスカートは...

デニムのブリーチは漂白剤でできる!お手軽脱色テクニック!

デニムにはさまざまな楽しみ方があり、ジーンズかジャケットかでも楽しみ方は変わってきます。特に...

ストールで男性の魅力もアップ!?おすすめの選び方や巻き方

ストールは、服装に取り入れることで、男性を魅力的に見せる効果が期待できると言われています。そ...

ジャケットの着こなし術!50代の男性に似合うおしゃれコーデ

「50代の男性の洋服選びは難しい」という声をよく耳にします。確かに、選んだ洋服によっては実年...

デニムのダメージ加工をかっこ良く仕上げるやり方とは?

デニムはどのようなファッションとも相性が良く、使いやすいアイテムですよね。また、履き古したデ...

スポンサーリンク

女性はカーディガンが大好き!

カーディガンは一年中着られるアイテムとして女性から絶大な人気を誇ります。

素材を変えれば真夏でも真冬でも着られますし、さまざまなコーディネートで活躍してくれます。

カーディガンを持っていない、という女性は珍しいのではないでしょうか。

肌寒いときのためにバッグの中に一枚忍ばせている人も多いことでしょう。

女性であれば、年齢を問わず一着はワードローブに加えられていると思います。

カーディガンの魅力は、防寒だけでなく、着回し力の高さにもあります。

ベーシックな着こなしからファッションのアクセントまで、さまざまな目的で使うこともできるのも魅力的です。

ファッションとしてカーディガンを着こなす場合は、ネックラインの形状によって着こなしが大きく変わります。

カーディガンのネックラインというと、VネックとUネックのものが多いですよね。

今回は、VネックとUネックのカーディガンの着こなし方などをご紹介します。

VネックとUネックの特徴

Vネックは、その名の通りネックラインがV字状になっていいます。

カーディガンのボタンを開けて着るとインナーを強調して見せることができますし、ボタンをすべて閉めて着るとデコルテをきれいに見せることができます。

Vの深さによって印象が変わるのも魅力のひとつです。

一方、UネックはネックラインがU字になっているため、アールの丸みがやさしい印象を与えることができます。

同様のネックラインにクルーネックがありますが、こちらはUネックよりも襟ぐりが詰まったものと考えられているようです。

Uネックはクルーネックより襟ぐりが深く、デコルテが見えるものと考えられていますが、その違いは明確ではないようです。

今回は、デコルテまで見えるネックラインをUネックとしてご紹介していきます。

カーディガンの着方!コーディネートによって変えてみよう

カーディガンというと、以前はUネックやクルーネックが主流でしたが、近年はVネックの人気も高まっていますね。

カーディガンの人気が衰えないのは、着回しのよさからくるものと考えられます。

何通りもの着方ができますし、ネックラインだけでなく、素材やカラーによっても大きくその印象を変えることができます。

代表的な着方をご紹介しましょう。

●ボタンをすべて開けて着る

ベーシックな着方といえるでしょう。

少し肌寒いときなどは、ボタンをすべて開けて着ることが多いです。

ラフな着こなしやカジュアルな着こなしにぴったりです。

ロングカーディガンは、この着方で着ると軽やかさが加わるのでおすすめです。

●ボタンをすべて閉めて着る

カーディガンというよりも、トップスのように使う着方です。

近年では、この着方も主流となりつつあります。

トップスのようでありながら、ボタンがちょっとしたアクセントになってくれます。

ショート丈のカーディガンはこの着方がおすすめです。

また、ボトムスにインするとスタイリッシュな着こなしができます。

●肩に羽織る

コーディネートのアクセントにしたいときにおすすめです。

シンプルなコーディネートに明るいカラーのカーディガンを羽織ると、メリハリがついてカッコいいです。

シーンで使い分けるVネックとUネック

VネックとUネックのカーディガンはどちらも汎用性が高く、どちらを選べばよいのか迷うこともあるでしょう。

選び方のポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は「着るシーン」です。

どのようなシーンで着るのかによって、見せたい印象は変わります。

Vネックはシャープなイメージでオフィシャルな印象を与えることができます。

ビジネスシーンやかしこまったシーンでは、Vネックのカーディガンが適しているでしょう。

上記のようなシーンで使いたいときは、あまりV字が深くないものを選ぶか、インナーをしっかり着込みましょう。

デコルテのラインが見えすぎてしまうと、シーンによっては不適切になることもあるからです。

Uネックは、やわらかいラインがカジュアル感やリラックス感を与えてくれます。

普段のファッションに合わせるカーディガンとして、使いやすいでしょう。

しかし、クルーネックよりもカジュアル感が強すぎないため、きれい目のファッションにも合わせることができます。

女性らしさも感じさせてくれるため、デートにおすすめのカーディガンです。

顔の形で選ぶ!シャープに見えるのはVネック

2つ目のポイントは、「顔の形」です。

顔の形によって、似合うネックラインは異なるといわれています。

ネックラインを選ぶときは、自分の顔の形と反対の形を選ぶと、バランスが取りやすくなります。

丸顔の人は、Vネックがおすすめです。

Vの直線がフェイスラインをすっきりシャープに見せてくれる効果が期待できます。

丸顔の人がUネックのカーディガンを着たいときは、できるだけ襟ぐりが深いものを選ぶと丸みが強調されにくくなるためよいでしょう。

Vネックは首を長く見せる効果も期待できるため、首が短い人にもおすすめです。

面長や三角顔の人は、Uネックもしくはクルーネックを選びましょう。

ネックラインのアールが、顔のシャープなラインを和らげてくれます。

首が長いというお悩みをお持ちの人は、クルーネックで首が見える面積を減らすとバランスが整います。

Vネックのカーディガンを着たいときは、できるだけ襟ぐりが浅いものを選ぶとよいでしょう。

体形が華奢な人はUネックのカーディガンがおすすめ

3つ目のポイントは、「体形」です。

バストにボリュームがある人や肩幅が広い人は、Vネックのカーディガンがおすすめです。

Vネックはシャープなラインで上半身をすっきり華奢に見せる効果が期待できます。

しかし、気をつけてほしいのは襟ぐりの深さです。

バストにボリュームがある人が襟ぐりの深いVネックを着ると、下品な印象になることがあります。

浅めのVネックを選ぶか、もしくはインナーを着ましょう。

反対に、上半身が華奢な人や痩せている人はUネックやクルーネックがおすすめです。

胸元をふんわりした印象にすることができるため、体形カバー効果が期待できます。

華奢な人がVネックのカーディガンを着ると、すっきりしすぎて貧相なイメージを持たれてしまうことがあります。

Vネックを着るときは、ボリュームのある素材のものやデザイン性のあるものを選ぶのがおすすめです。

女性は自身の体形にさまざまなお悩みを抱えていると思いますが、このようにファッションの着こなしでそのお悩みが緩和できるかもしれませんね。

工夫で着こなせるかも?!まずは試着を

顔の形や体形などによって、似合いやすいのがVネックとUネックどちらのネックラインかをご紹介してきましたが、あまりとらわれずに工夫をしてみることも大切です。

着こなしに工夫をすれば似合わないといわれているネックラインでもおしゃれに着こなすことは可能です。

襟ぐりの深さによってもかなり印象は変わりますので、気になったら試着してみるとよいですよ。