カーディガンで暖かく!キッズフォーマルコーデ(男の子)

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャケット選びに苦労!レディース用の大きいサイズは少数?

食生活や運動、遺伝など様々な理由で、普通サイズの服よりも大きいサイズの服を必要とする人がいます。...

大人可愛いサロペットの着こなし!冬のマタニティを楽しもう

お腹が大きくなるマタニティライフは、おしゃれも楽しみたいですよね。マタニティウエアは...

レディースコートの色は紺で決まり!マフラーはどうしよう?

秋冬のお洒落はコートが主役だという方も多いことでしょう。そんなお洒落女性の皆様、コートの色は...

スカートコーデの基準は色?男ウケ?どっちもアリ!

コーディネートで意外と重要な役割を占めるのはスカートかもしれません。折角なら男性に可愛く...

ジーンズをはくなら?年代別レディースのおすすめブランド

ジーンズはほとんどの方がはいたことのあるアイテムではないでしょうか。もしくは、1本は持ってい...

さまざまな種類から選ぶ!コートのおすすめの色はどんな色?

秋冬に欠かせないコート、着まわしのしやすさから複数着買い揃えているという方も多いでしょう。だ...

デニムのアレンジはダメージが基本!自分でも簡単にできる!

何となく物足りなくて、タンスで眠っているデニムはありませんか?可もなく不可もない、そんなデニ...

シャツの選び方とは?オンオフ使い分けるメンズを目指そう!

シャツを選ぶときにメンズの皆さんは、どのようなことに重きをおいた選び方をしているでしょうか。...

ニットアイテムは白のワンピースがお洒落見えのモテコーデ!

白のニットワンピースは、お洒落女性の王道モテアイテムになります。清楚な白に可愛らしいニット、...

「アメカジ」でおしゃれ女子になろう!〈シーズン別コーデ〉

今回は、ラフなのにかわいい「アメカジファッション」を特集します。メンズではなく女子が着こなす...

パーカーを腰巻きして作るメンズのカジュアルファッション

かつて、公園や山道で見かけた腰巻きスタイルを、ストリートでもみかけるようになってきました。...

トップスって何?今更聞けないメンズ服の種類や名称もご紹介

ネット通販で服を買いたいとき、「欲しい服のイメージはあるけれど、ジャンルや名称が分からず上手く探...

ライダースジャケットの肩掛けコーデ!落ちない方法はある?

ライダースジャケットは着るだけでなく、現在は肩掛けにして魅せるコーデが主流です。ライダースジ...

ワイシャツのオーダーメイドができる東京のお店をご紹介

皆さんはワイシャツのオーダーメイドを利用したことはありますか。ワイシャツはメンズ向けのの衣服...

ストールの巻き方で差を付けよう!冬のオシャレに大活躍!

防寒対策としてはもちろん、最近では冬のオシャレのマストアイテムとなっているマフラーやストール。...

スポンサーリンク

入学式のキッズコーデは悩む!上はカーディガンとシャツだけの男の子も

晴れの舞台では、子供をとびきりかっこよくしてあげたいですよね。

スーツに革靴、ヘアスタイルもしっかり整えてあげたキッズコーデ。

近年は革靴ではなく、歩きやすいスニーカーをはかせることも多いようです。

はじめて子供の入学式を経験するママさんにとっては、悩むことが多いのではないでしょうか。

スーツは何色を選ぼうか、短パンにしようか長いズボンにしようか、ネクタイは必要か…。

悪目立ちするのはイヤだけどおしゃれに見せたい、そう思う方も多いと思います。

入学式では、ジャケットではなく、カッチリしたカーディガンだけを着せることもあるようです。

ジャケットのように見えるカーディガンは、カジュアルなイメージがありますが、普段着にも使いまわせるので便利ですね。

おそらくスーツ上下で行く男の子のほうが多いので、個性を出すことができます。

とはいえ、スーツにネクタイ姿というのが一番多いスタイルかと思いますので、ここでは「ジャケットの中に着るカーディガン」ということで考えていきます。

入学式の基本のキッズコーデ!

入学式にのぞむ男の子が、きちんとしたイメージに見えるためには、どんなキッズコーデを選んだらいいのでしょうか。

〈基本となるアイテム〉

・スーツ上下
・ネクタイ
(カーディガンやニットベスト)

グレー、ネイビー、ブラウン、ブラックなど、暗い色味のスーツがいいでしょう。

黒が一番フォーマルな印象です。

その次にネイビーで、グレーやブラウンはカジュアル寄りになります。

ストライプやチェックのシャツも、男の子をかわいらしく見せてくれます。

サイズはぴったりのものを選んでください。

一度しか着ないことがほとんどです。

ただし、「動きやすい」「ジャケットの下に重ね着する」ということを考えて、なるべく試着してから買うといいかもしれません。

動きにしっかりフィットする生地か、張りがあって動きにくい生地か、試着してみるとよく分かります。

また、あまりにも早く準備してしまうと、入学式になってサイズが合わない可能性があります。

ブカブカだったり、ピッタリしすぎたりしているスーツを着せたくないなら、秋~冬ごろに少しだけ余裕のあるサイズを選んだほうがいいですよ。

レンタルやフリマアプリ、リサイクルショップでもキレイな状態で売っているので、費用を抑えたい場合はそちらも見てみてください。

男の子の正装はカーディガンでもいいの?

スーツの下にカーディガンを着せたキッズコーデは、「カジュアルすぎじゃないかな」と悩むママさんもいると思います。

たしかに、ベストよりカーディガンのほうがカジュアルな印象が強くなります。

カーディガンは、前でボタンをとじるデザインですから、ジャケットをあけておくと、ボタンが目立つことがあります。

また、一番下のボタンをあけて着ることが多いと思いますが、そのせいでトップスの下部分の直線的なラインが崩れ、ラフな印象になるでしょう。

大人の男性が晴れの舞台で正装する際には、ジャケットの下にカーディガンを着ないことが多いのではないでしょうか。

したがって、もしきちんとしたイメージを崩したくないなら、ジャケットの下にはニットベストを着せるか、スーツとセットのベストだけでコーディネートしてください。

とはいえ、そこまで完璧に正装することが決められているわけではありません。

前述したように、スニーカーをはいてくる男の子もいますし、ジャケットを着ないで式にのぞむ子供もいます。

カーディガンをインに着たキッズコーデでもシックに見せる

ジャケットの下にカーディガンを着てもフォーマルなキッズコーデに見せるためには、色やデザイン、品質にこだわって選ぶといいでしょう。

色はジャケットと同じか、同系色がおすすめです。

ラインが入っているものでもいいのですが、無地のほうが目立ちません。

デザインはスポーティなものではなく、シックなものを選んでください。

ロゴなどがあるカーディガンよりは、アーガイル柄などベーシックなデザインのほうがふさわしいです。

なるべく薄手で、編み目が細かいものを選ぶのもポイントです。

薄手のほうが男の子にとって動きやすいですし、編み目が細かいほうがフォーマルな印象です。

スーツやネクタイ、シャツをショッピングモールやネットショップでセットで購入するには、9,000円~30,000円くらいの予算が必要です。

そこに「カーディガンも」と考えると、安いものを購入したくなるかもしれませんが、少ししか見えないとはいえ、良質なものを選んだほうがいいです。

幸いカーディガンの相場は安く、3,000円~4,000円くらいでも品質がよくベーシックなタイプが売っています。

キッズ用のニットベストもかわいい!

カーディガンを着せるほど寒くなかった場合は、スーツとセットのキッズ用ベストや、ニットベストだけでも送り出せます。

やはり、スーツと同素材のベストが見えていたほうがフォーマルなイメージです。

Vネックでスーツと同じ色のニットベストも、男の子をかっこよく見せてくれます。

カーディガンと同じく、子供らしい柄が入っているものより、無地かシンプルなデザインのものがおすすめです。

自宅で洗えるニットや、ウール混で暖かいニットなど、さまざまなものがあります。

ニットベストも普段着として着まわせるアイテムなので、少し大きめを選びたいところですが、ジャケットの下でもたついて見えないように、できるだけジャストサイズを選んでください。

男の子の入学式で知っておくといいこと

最後に、カーディガンやベスト以外のアイテムについて、知っておくといいことをお伝えします。

●ランドセルと色を合わせたコーディネート

ランドセルの色と合ったスーツを選ぶことをおすすめします。

明るい青のランドセルなら紺色のスーツ、茶系のランドセルならブラウンのスーツなど、さりげなくコーディネートできるとおしゃれです。

●キレイで落ち着いた色の靴

入学式は体育館で行われると思いますので、靴は脱いで上履きにはきかえます。

しかし、校門や校庭で記念撮影をすることが多いので、ピカピカな靴をはかせてあげましょう。

黒っぽいスニーカーなら、革靴でなくても浮きませんね。

●ズボンと靴下のバランス

半ズボンをはくなら、ハイソックスとのバランス感に注意するのがキッズコーデのポイントです。

短すぎる靴下だと素足が見えすぎて違和感を感じさせてしまうでしょう。

長いズボンでも、靴下がチラリと見えますので、白色で無地かワンポイントの、フォーマルなタイプを選んだほうが無難です。

●ネクタイをしている男の子が多い

ネクタイは、スーツセットに付属していることが多く、つけてくる子がほとんどです。

蝶ネクタイもかわいいですね。

●ヘアスタイル

服装をベーシックにした分、ヘアスタイルで変化をつけると、特別感が増しますよね。

ハードワックスでバリバリに固めたり、オールバックにしたりすると目立ちますが、上品とは言えません。

寝ぐせを直して素直な状態にするか、ワックスやスプレーで前髪だけを少し上げてあげるだけのほうがいいかもしれません。

スポーティなソフトモヒカンや、おしゃれなアシメントリ―スタイルも人気があります。

入学式の朝になってあれこれと試すのではなく、事前に試してみて練習しておき、当日は慌てないようにしましょう。

カーディガンは着まわせる!寒さ対策におすすめ

カーディガンをジャケットの下に着ると、ラフなイメージがプラスされます。

しかし、色やデザイン、サイズ感、品質などにこだわってコーディネートすれば、きちんとした服装に見えるはずです。

動きにくさや着ぶくれが気になるならニットベストもおすすめです。